Office プログラムで Office XP のテンプレートを管理する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290232
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290232
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、場所を説明します。Microsoft Office XP では、テンプレートをどのように テンプレート ダイアログ ボックス (クリック 標準のテンプレート 使用可能なテンプレート、およびレジストリを作業ウィンドウ) が表示されます。カスタム テンプレートを検索する場所を制御する設定です。

Office XPすべての新しいカスタム テンプレート ファイルを作成する 1 つの場所に保存されます。Microsoft Office プログラムします。

すべての Office XP のテンプレートのいずれかに分類されます。4 つのカテゴリ。クリックすると、 標準のテンプレート 作業ウィンドウで、使用している Office プログラムを調べますそのプログラムに属するテンプレートの次の場所:
  • ユーザー テンプレートの場所
  • ワークグループ テンプレートの場所
  • 提供され、インストールされているテンプレートの場所
  • 非ファイル ベースのテンプレートの場所

ユーザー テンプレートの場所

内のフォルダーに保存されているテンプレートを新しく作成または変更された、プロファイル ディレクトリです。プロフィールの下にあるフォルダーには構成が含まれています。環境設定および個人オプション。すべての移動する必要があります。これらのディレクトリに、プロファイルの一部として格納されます。

かどうかに応じて、いくつかの場所のいずれかのテンプレートを指定できます。Microsoft Windows 98、Microsoft Windows NT Microsoft Office XP インストールします。または、Microsoft Windows 2000。

Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows NT 4.0:
正しくありません:C:\Windowsフォルダー\Profiles\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Templates
Microsoft Windows 98 (プロファイル) を除く。
正しくありません:C:\Windows のフォルダー\Application Data\Microsoft\Templates
Microsoft Windows 2000 および Windows XP の (Windows NT 4.0 からのアップグレード)。
正しくありません:C:\Windows のフォルダー\Profiles\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Templates

Microsoft Windows 2000 および Windows XP (非アップグレード インストールの場合)。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Templates
新しいテンプレートを作成、または既存のステレオタイプをカスタマイズし、保存、テンプレート、既定では、これらの場所のいずれかで保存されます。行うことができます。新しいテンプレートが保存される場所を変更します。

テンプレートの保存場所を変更する方法

新しいテンプレートが保存される場所を変更するには次の方法の 1 つです。

メモ 場合は、次の方法のいずれかを使用して、場所を変更するのには新しいテンプレートが保存される場所は、場所を変更することもが、すべてMicrosoft Office プログラム テンプレートが保存されます。

Microsoft Word に変更 Office テンプレートの保存場所を使用します。

  1. Microsoft Word を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして オプション.
  3. で、 [ファイルの場所 タブで、クリックしてください ユーザー テンプレート、し 変更.
  4. で、 場所を変更します。 ダイアログ ボックスを変更、 フォルダー名 または [ファイルの場所します。 先となるフォルダーのボックス新しいテンプレートを保存し、 [OK].
  5. クリックしてください。 [OK] または 閉じる 閉じるには、 オプション ダイアログ ボックスです。

Office XP ショートカット バーを Office テンプレートの保存場所を使用します。

  1. Office XP のショートカット バーで、セクションの空白領域を右クリックし、をクリックして、 カスタマイズ 表示されるショートカット メニューの。
  2. で、 設定 タブで、クリックしてを選択するのには、 ユーザー テンプレートの場所、し 変更.
  3. で、 ユーザー テンプレートの場所 ダイアログ ボックスを変更、 フォルダー名 ボックスに、新しいテンプレートを保存する先のフォルダーし 追加.
  4. で、 カスタマイズ ダイアログ ボックス、クリックして [OK].
変更したパスは Windows レジストリに記録され、使用されます。新しいテンプレートを保存する、次回。詳細については、"変更に、Windows レジストリ設定のユーザーとワークグループを参照してください。テンプレート」のセクションこの資料の後半に。

メモ 場所を変更するは、ネットワーク管理者は、新しい保存されているテンプレートが付属しており、ポリシー テンプレートを使用して、Microsoft Office XP リソース キットです。詳細については、ネットワークを参照してください。管理者。

表示されるカスタム タブを作成することもできます、 新しい ダイアログ ボックス (、 ファイル メニューをクリックして 新しい) 内に新しいフォルダーを作成することにより、 テンプレート 自分のプロファイル内のフォルダーです。同じ名前の新しいタブフォルダーを表示するのには 新しい ダイアログ ボックスし、さらに、新しい分類するにはテンプレートです。

ワークグループ テンプレートの場所

この場所に保存されているテンプレートは基本的には、同様に、ユーザー テンプレートの場所に保存したテンプレートは、この例外は、通常の場所がネットワーク ドライブ上の共有フォルダーであります。で既定では、ワークグループ テンプレートの場所設定されていない特定のフォルダーにし空白になります。

メモ ネットワーク管理者は、共有の場所をソースとして設定可能性があります。自分の業務グループ全体で使用されているテンプレートを提供するのか会社です。ワークグループ テンプレートの場所は通常、読み取り専用の共有ネットワークです。フォルダーです。

デフォルトのユーザー テンプレートを検索するだけでなくOffice XP プログラムの外観は、ワークグループ内で既存のテンプレートの場所テンプレートの場所が存在する場合、追加のテンプレートにします。

詳細についてはワークグループ テンプレートの場所およびテンプレートの共有方法に関する情報ワークグループまたは会社では、ネットワーク管理者を参照してください。

提供され、インストールされているテンプレート

アドバタイズされたテンプレートは Office に含まれているテンプレートです。XP の表示、 テンプレート クリックするとダイアログ ボックス 標準のテンプレート で、 新しいドキュメント 作業ウィンドウです。インストールのすべての種類によっては、テンプレートがハード_ディスクにインストールされていません。ただし、クリックすると、 新しい で、 ファイル 各 Office XP プログラムにテンプレートとして] メニューの [を表示します。使用できます。

テンプレートを Office プログラムを使用してを選択すると、テンプレートがインストールされているかどうかを決定します。テンプレートがインストールされている場合は、テンプレートに基づいた新規の文書を開きます。テンプレートがインストールされていない場合は、(しかしのみ提供)、プログラムするかどうかを確認するように求めるメッセージが表示されます。それをインストールします。

Office を起動することによってインストールされているテンプレートを削除することができます。XP インストール アプリケーションを実行して、テンプレート グループを設定するには インストールされています。初めて実行するとき.これは、効果的にハード ディスクからテンプレートを削除、再びアドバタイズされたテンプレートにします。すべての Office「テンプレートをインストールする」次のフォルダーには、既定でインストールされます。
C:\Program ただし Office\Templates\言語 ID 番号
メモ 言語 ID 番号は、4 桁のコードが示す、現在インストールされている言語の種類。Office XP の米国バージョンなど「1033」フォルダーにインストールされます、「1025」フォルダー、アラビア語版をインストールし、ドイツ語のフォルダー「1031」です。Microsoft Office と他の多くの言語がサポートされています複数の言語を一度にインストールすることができます。そのためには、いくつかのこれらの言語 ID が含まれている [Templates] フォルダーにあります。フォルダー表示されます。

アドバタイズされたテンプレートとテンプレートでのインストール用に作成したタブは、 新しい Office ドキュメント ダイアログ ボックスでは、Microsoft Office に組み込まれている、名前を変更することはできません。タブのすべてのテンプレートが削除されると、タブのあります。削除します。

重要です Microsoft Office プログラムは、ユーザー設定のテンプレートを認識しません。このフォルダーに配置すると、作成した可能性があります。のみ「インストール済み」このフォルダーにテンプレートを使用できます。ただし、開く場合、「インストール済み」これでテンプレート設定を変更すると、変更したテンプレートを使用できます。フォルダーです。いつでも Microsoft Office を削除しても、またあります、変更の「インストール済み」テンプレートも削除されます。ロケーションカスタム テンプレートをプロファイル テンプレート フォルダーにです。参照してください、 ユーザー テンプレートの場所 セクションこの資料で詳細については。

ファイル ベース以外のテンプレート

これらは Microsoft Office XP のプログラムを使用して、テンプレートです。新しいブック、文書、データベース、およびスライドを作成します。その名前が示すように、これらの特殊ファイルの作成は、物理的なテンプレートではありません。各アプリケーションでの新しいファイルを作成するのに必要な情報が、必要な型です。

たとえば、全文書対象のテンプレート (Normal.dot) が含まれている場合Microsoft word で白紙の文書を作成するが存在しない、Word を使用します。新しい白紙の文書を作成するのには、内部に格納された設定します。

ユーザー テンプレートおよびワークグループ テンプレートの Windows レジストリ設定の変更

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

XP の Microsoft Office 2 つのレジストリ キーを使用して、"ユーザー テンプレートを記録するには場所"と「ワークグループ テンプレートの場所」。これらの設定をします。次の Windows レジストリ キーに記録します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Common\General
「ユーザー テンプレートの場所」に格納されます、"UserTemplates"文字列値です。

「ワークグループ テンプレートの場所」です。"SharedTemplates"文字列値を格納します。

これらの文字列は、値のデフォルトの場所に変更を加えるまで存在しない、ユーザー設定のテンプレートです。既定では、Microsoft Office のすべてのプログラム ファイルの場所「文字列値は必要ありませんのでテンプレートをインストールする」を場所です。

「ユーザー テンプレートの場所」を変更する場合は、既定の場所に記載されている、 ユーザーテンプレートの場所 この資料の「"UserTemplates"文字列値はレジストリから削除されます。ただし、変更するかどうかは、「ワークグループ テンプレートの場所」をデフォルトに"SharedTemplates"バックアップします。文字列値はレジストリに保持されます。

詳細

の詳細については、「を表示するには、次の資料番号をクリックします。マイクロソフト サポート技術。
811468Normal.dot ファイル Word で複数のユーザー間で共有することはできません。

プロパティ

文書番号: 290232 - 最終更新日: 2011年9月17日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbregistry kbtemplate kbmt KB290232 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:290232
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com