[OL2002] アドインまたはカスタム ソリューションにより警告が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290498 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290498
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

サード パーティのアドイン、カスタム ソリューション、または Outlook 2002 に統合されるその他のプログラムを使用すると、次の警告が 1 つ以上表示されることがあります。
プログラムが、自動的に電子メールを送信しようとしています。よろしいですか? これが予期しない動作である場合は、[いいえ] をクリックしてください。このプログラムがウイルスである可能性があります。
プログラムが、Outlook 内に保存されている電子メール アドレスにアクセスしようとしています。よろしいですか? これが予期しない動作である場合は、[いいえ] をクリックしてください。このプログラムがウイルスである可能性があります。
通常これらの警告メッセージは、Outlook データと携帯用コンピュータとの同期をとるように設計されているソフトウェアに関連しています。しかし、ある種のアドインやカスタム ソリューションでも発生することがあります。

詳細

Outlook 2002 には、ほかのプログラムによる電子メール アドレスへのアクセスや電子メール メッセージの代理送信を防ぐセキュリティ機能があります。

いくつかの信頼できるプログラムが、連絡先や電子メール メッセージにアクセスし、さまざまな理由で電子メール アドレスを取得することがあります。しかし、あまり疑いを持たないユーザーが、伝播を目的として同じようなことを行う一部のウイルスの影響を受けます。これらのウイルスは電子メール メッセージを使って伝染するために、悪意のあるコードを含む電子メール メッセージをほかのユーザーに送信します。これは通常、ユーザーが認識しないうちに発生します。

Outlook 2002 の組み込みのセキュリティ機能により、通常ユーザーが認識しないこれらのプロセスを認識できるようになります。

電子メール アドレスへのアクセスや電子メール メッセージの代理送信を行うプログラムまたはアドインが、信頼できるものであることを確認すれば、電子メール アドレスへのアクセスや電子メール メッセージの送信を許可することができます。

Outlook 電子メール アドレスにアクセスするプログラムの一例には、ICQ 2000 によってインストールされる COM (コンポーネント オブジェクト モデル) アドインがあります。詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で次の資料を参照してください。
288083 [OL2002] ICQ アドインを使用していると、違うメール アイテムを選択するたびにアドレスのセキュリティに関する警告が表示される

セキュリティ設定をカスタマイズする方法

Microsoft Exchange Server 環境では、管理者が Outlook のセキュリティ動作を制御する場合があります。詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で次の資料を参照してください。

290499 [OL2002] 電子メールのセキュリティ機能に関する管理者向け情報
290500 [OL2002] Outlook 2002 電子メールのセキュリティ機能に関する開発者向け情報

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 290498 (最終更新日 2001-05-04) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 290498 - 最終更新日: 2005年7月6日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbhowto KB290498
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com