電子メールのセキュリティ機能に関する管理者向け情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290499
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290499
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

管理者は、Outlook 2002 のセキュリティ機能をカスタマイズできます。ここでは、これらの機能をまとめたものです、それらをカスタマイズする方法を示しています、その他のドキュメントへの参照が用意されています。

詳細

セキュリティ機能の概要

Microsoft Outlook 2002 の電子メール セキュリティ機能と、悪意のある電子メール メッセージに対する保護レベルを提供します。Outlook 2002 に含まれているセキュリティ機能は次の 3 つの部分に分割できます。
  • 安全でない添付ファイルのブロック
  • 電子メール アドレスへのプログラムによるアクセスの確認
  • 電子メール メッセージの自動送信の確認
Outlook が電子メールへのプログラムによるアクセスの確認を要求する方法の詳細についてはアドレスとの確認を自動的に電子メール メッセージを送信「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックします。
290498Outlook 2002 で、サード パーティ製のアドインやカスタム ソリューションを使用すると、警告メッセージが表示されます。

Microsoft Office、Outlook 電子メールのセキュリティ機能をカスタマイズする方法の詳細についてはリソース キットの「Outlook セキュリティの管理」を参照してください。リソース キットの Office の「Outlook セキュリティの管理」トピックを参照くださいするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook のセキュリティを管理します。

セキュリティ設定をカスタマイズする方法

シナリオ 1

Microsoft Exchange Server の特定のユーザーに付与する必要があります。会社内で通常送信される特定のファイル タイプにアクセスします。

シナリオ 2

他のプログラムが Outlook の電子メール アドレスにフル アクセスを与えたり、またはメッセージの送信機能を電子メールで送信する必要があります。たとえば、自動的に電子メール メッセージを特定のユーザーに、特定の日付または営業時間後送信コンピューターです。他のプログラム アクセスを手動で許可することを回避するには、別のプログラムを自動的に電子メール メッセージを送信して電子メールにアクセスするアドレスにアクセスを許可するように Outlook を変更できます。

前述のシナリオで Outlook 2002 を構成するには、Exchange Server の環境が必要です。Outlook 電子メール セキュリティ管理者パッケージは、さまざまな Exchange Server ユーザーのセキュリティ設定をカスタマイズするために開発されています。Outlook 電子メール セキュリティ管理者パッケージには、カスタマイズし、カスタム Outlook セキュリティ設定を適用する方法について説明します文書 (Readme.doc) が含まれます。Outlook 電子メール セキュリティ管理者パッケージ (Admpack.exe) は、いずれか、次の場所からインストールできます。
  • Microsoft Office のリソース キットの Web サイトから。Microsoft Office のリソース キットを入手するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    Office XP リソース キットのホーム
  • Microsoft Office から XP のエンタープライズ CD。これは、次のフォルダーにあります。

    \Ork\Files\Pfiles\Orktools\Ork10\Tools\Admpack

管理者パッケージは、ビルド番号 1802.5 を持つフォーム。新しい Outlook 2002 のセキュリティ管理者パッケージと Outlook 2003 のセキュリティ管理者パッケージ ビルド番号 1802.5 を持つフォームが含まれています。Microsoft Office Outlook 2003年、Outlook 2002 または Microsoft Exchange 2000 Server のメールボックスまたは Microsoft Exchange Server 2003年のメールボックスを使用する場合は、セキュリティの設定をパブリック フォルダーに新しいフォーム (1802.5) を使用する必要があります。古いフォーム (1802.4) を使用する場合は、管理者の制御の設定が Outlook 2002 および Outlook 2003 クライアントにレプリケートされません。

Outlook セキュリティ設定フォルダーは、常にクライアント コンピューターで利用可能でなければなりません。Outlook セキュリティ設定フォルダーが利用できなくなった場合カスタム セキュリティ設定を使用するプログラムが既定のセキュリティ設定に戻ることがあります。詳細については、管理者パッケージに含まれる Readme.doc ファイルを参照してください。

シナリオ 3

Exchange Server 以外のユーザーへのアクセスを許可する必要があります、特定のファイル タイプは一般的に送信または受信されます。

できます。ユーザー アクセスを許可するのには、Microsoft Windows レジストリの設定を構成します。制限されている特定のファイルの種類。

プロパティ

文書番号: 290499 - 最終更新日: 2012年5月6日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB290499 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:290499
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com