1 台のコンピューター上の複数のバージョンの Office を実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290576 - 対象製品
Microsoft Office 2013 の版のこの資料には、次を参照してください。 2784668.
Microsoft Office 2010年版のこの資料には、次を参照してください。 2121447.
2007 Microsoft Office の版のこの資料を参照してください。 928091.
Microsoft Office 2000年版のこの資料には、次を参照してください。 218861.
Microsoft Office 2003年版のこの資料には、次を参照してください。 828956.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトでは推奨していませんが、1 台のコンピューターに複数のバージョンのOffice をインストールし、使用することが可能です。たとえば、Microsoft Office XP、Microsoft Office 97の両方を、同じコンピューターにインストールして使用することができます。

この資料では、これを行うと発生する可能性がある問題について説明し、バージョンの異なる Office 同士が互いに競合することを防ぐためのアドバイスを提供しています。

メモ マイクロソフトは、Microsoft Windows NT 4.0 ターミナル サーバーのエディションの Office の複数のバージョンで実行中の Microsoft Office XP または Microsoft Windows 2000 ターミナル サービスをテストしていません。したがって、構成はマイクロソフトによってサポートされていません。

詳細

インストールの順序

インストールし、同じコンピューターで複数のバージョンの Office を使用する場合は、まず最も古いバージョンをインストールしてください。例えば、同じコンピューターに Office 97 と Office XP の両方を使用する場合は、最初に Office 97 をインストールします。ため、レジストリ キー、共有プログラムは、この手順が必要ファイル拡張子、およびその他の設定は、[Office の各バージョンおよび Office の各バージョンに含まれているプログラムです。

Office のバージョンをインストールする必要があります順序を次の表に示します。
   Office         Installation 
   version        order
   ---------------------------
   4.2 or 4.3     First
   95             Second
   97             Third
   2000           Fourth
   XP             Fifth
				
この資料の残りの部分は次の順序で Office のバージョンは、インストールされていることを前提としています。

Office Bin フォルダーの場所を\Office10 フォルダーに変更します。

Office XP をインストールするとセットアップの既定のフォルダーが Office の \Program Files\Microsoft です。ただし、Office Bin フォルダー (Office の .exe ファイルがインストールされているフォルダー) は、Office\Office10 を \Program Files\Microsoft に変更します。これは、複数のバージョンのOfficeが同じコンピューターにインストールされていることを必要とするユーザーに、より良いユーザ体験を提供するために行われました。Office Bin フォルダーの名前を変更する方法はありません。

複数のバージョンの Outlook

Microsoft Outlook 2002 以前のバージョンの Outlook と共存できません。Outlook 2002 をインストールすると、セットアッププログラムは以前のバージョンを保持することを許しません。Outlook 2000 または Outlook 98以前のバージョンの削除] ダイアログ ボックスでこれらのプログラムを残す] チェック ボックスを選択した場合でも削除されます。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
290366 セットアップが以前のバージョンの Office を削除します。

Office ショートカット バーを使用

以前のバージョンの Office が同じコンピューターにインストールされている場合、Office XP ショートカット バーは、以前のバージョンの Office のボタンを使用しません。

Office XP と以前のバージョンの Office をインストールすると、同時ではありませんが、ショートカットバーを個別に開始することができ、それぞれが独自のカスタムツールバーやボタンのセットを持つことができます。これらのツールバーとボタンは、2 つのOffice ショートカットバーの間で共有できません。

[スタート] メニューのショートカット

Office 95、Office 97、Office 2000 および Office XP [スタート] メニュー ショートカットを使ってプログラムを起動します。この動作により、Office XP をインストールするセットアップ プログラムが、以前のバージョンの Office のショートカットは、上書きされます。次のショートカットが影響を受けます。
マイクロソフトのアクセス
Microsoft Outlook
Microsoft Excel

Microsoft FrontPage
Microsoft PowerPoint
Microsoft Word
Microsoft Office ショートカット バー
場合は、Office XP をインストールする前に、以前のバージョンの Office のショートカットを変更すると、すべてのセットで、[スタート] メニュー上のプログラムのショートカットを使用できます。混乱を避けるためにマイクロソフトは各ショートカットにバージョン番号を追加することをお勧めします。たとえばに Access 97 をポイントするショートカットの名前を変更します。 Microsoft Access 97 Office XP をインストールする前にします。[スタート] メニューのサブフォルダーに、Office 95 または Office 97 のショートカットを移動することもできます。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
292584 Office XP セットアップ プログラムによって以前のバージョンの Office からのスタート メニュー項目が上書きされます。
Office XP または Office 2000 のショートカットを手動で移動して、製品を再インストールするかショートカットを修復する、 [スタート] メニューの [プログラム] にショートカットが再度作成します。

メモ Office XP セットアップまたは Office 2000 セットアップをカスタム インストール ウィザードを使用して、ショートカットを [スタート] メニューの別の場所にインストールすることができます。

詳細については、Microsoft Office XP リソース キットは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/office-xp-resource-kit/

Microsoft Office バインダー

Office バインダーで[セクションの追加] ダイアログ ボックス、Office 95 または Office 97 が Office 2000 と同じコンピューターにインストールされている場合、最近インストールされた Office 2000 までの Office のバージョンのドキュメントの種類が表示されます。その結果、バインダー ファイルにセクションを挿入するときに、Office 2000 のドキュメントの種類は次のように使用します。この現象は以前のバージョンの Office が他のユーザーとバインダー ファイルを共有しようとすると問題が発生します。

メモ Microsoft Office バインダーでは、Office XP は含まれていません。ただし、バインダー ファイルからすべての office ドキュメントを抽出するユーティリティが。

詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
281931 バインダー ファイルを開くときにエラー メッセージ「このファイルはこの操作を実行するために、それに関連付けられたプログラムがありません」

Windows エクスプ ローラーでファイルをダブルクリックすると

Windows エクスプ ローラー、または Windows の最近使ったドキュメント フォルダーは、Office ドキュメントをダブルクリックすると、次の規則が適用されます。
  • 場合は、ドキュメントの作成が実行されているプログラムのバージョン、ドキュメントはそのバージョンで開きます。
  • Office 95、97、2000年と XP の場合なしのドキュメントを作成したプログラムが実行されている、ドキュメントは一番最近インストールされたプログラムのバージョンで開きます。で Office 4。xOffice 4 を起動するたびに。xのプログラムとして登録、最新バージョンがインストールされている andattempts をそのバージョンのプログラムを使用してドキュメントを読み込めません。

    WithMicrosoft アクセスと Microsoft Word バージョン 7.0、97、または 2000年では、バージョンのドキュメントを作成したプログラムが実行されていない場合、ドキュメント開くプログラムが最後のバージョンで開きます。
特定のバージョンの Office に付属しているプログラムとドキュメントを関連付ける、Office セットアップ プログラムを実行を (95 または 97 のバージョン) の再インストールまたは修復の Office (Office 2000 または Office XP の場合) をクリックします。これは以前のバージョンの Office に対するファイルの関連付けを登録します。

メモ Microsoft Access や Microsoft Word を使用している場合は、動作が解決されません。 ファイルの関連付けを作成する方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
141275 関連付けられているプログラム以外でファイルを開く方法

他のプログラムに Office OLE オブジェクトを挿入します。

同じコンピューターで複数のバージョンの Office をインストールして、Excel ワークシートのオブジェクトなど、Office オブジェクトを挿入する Word 文書などの別のプログラムに、プログラムの最新バージョンが使用されます。Office XP の場合、たとえば、Excel ワークシート オブジェクトを含む Word 文書を使用していないユーザーとコンテナー ファイルを共有する場合は、問題が発生します。

共有プログラム

「インストールの順序」セクションで説明した順序で Office のバージョンをインストールした場合は、数式エディターやクリップ ギャラリーなどの共有プログラムを使用する場合は、問題を発生しません。 しますメモが、オブジェクトダイアログ ボックス可能性があります。 共有プログラムごとに複数のエントリを表示します。この現象は、コンピューター上の複数のバージョンの共有プログラムがインストールされているために発生します。

Word を起動する「インストールの準備中...」メッセージ

複数のバージョンの Word が Word 2002 を起動すると、コンピューターにインストールされている場合は、Windows インストーラーが実行し、インストールの準備をメッセージを表示します。

注: 複数のバージョンの Word を実行する方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
319956 Office プログラムでヘルプを使用すると、アンサー ウィザードおよびヘルプのキーワード] タブ表示空白

プロパティ

文書番号: 290576 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbhowto kbmt KB290576 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:290576
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com