カスタム Outlook フォームを発行する場所を調べる方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290802 - 対象製品
この資料の Outlook 97 バージョン、について 264117 を参照してください。
この資料の Microsoft Outlook 98 バージョン、について 264118 を参照してください。
この資料の Microsoft Outlook 2000 バージョン、について 257796 を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、カスタム Outlook フォームを発行する場所を決定しようとする場合に考慮する点の一部について説明します。

詳細

フォームの 1 つだけのコピーがコンピューターに格納されるようにカスタム フォームがフォーム ライブラリに通常発行されます。 個々 のアイテムには、メッセージ クラス フィールド使用してアイテムに含まれているデータを表示するフォームを表すにはが含まれて。 場合、フォーム ライブラリにカスタム フォームを発行する Microsoft Exchange Server ベースのコンピューターと Outlook かなりリソースと帯域幅が少なくて済むために使用、そのフォーム自体をする各個々 のアイテム内に格納する必要はありません。

Outlook フォーム ソリューションは、Outlook があるさまざまな種類の標準フォームのために特に、大幅に異なります。 多くの場合、フォームを発行する最適な場所を決定困難になりますありは多くの要因の決定を行ったときに考慮します。

フォームを発行することはできます。

フォームは、次の 3 つの場所に発行できます。 一覧表それらの場所。

元に戻す全体を表示する
フォルダー (またはフォルダー フォーム ライブラリ)最もフォルダー ベースのフォーム ソリューション、それをユーザー フォルダーの使用が常に利用できるように、フォームをフォルダーに発行します。 パブリック フォルダーにフォームを発行する場合が、フォームをフォルダーにアクセスできる人利用できます。 発行した場合、フォーム、個人用フォルダーのいずれか、することはだけをそのフォルダーを使用する場合。 連絡先、投稿、タスク、および仕訳帳フォームは種類のフォルダーに通常関連付けられているフォームの例です。 フォルダーにフォームを発行する 1 つの利点をフォームできるです [ アクション ] メニューの [フォルダーでは。
組織フォーム ライブラリ休暇の時間をレポート フォームなど、組織内の全員をフォームが利用できるようにする場合はこのライブラリにフォームを発行します。 このライブラリはしない特定のフォルダーに基づいている通常ために、電子メール メッセージ フォームで使用ことがよくあります。 1 つ以上のフォルダーに同じカスタム フォームを使用するときフォームを組織フォーム ライブラリに発行することができます。 これを行うと 1 つの発行済みフォームのみ維持できます。 このライブラリに公開されているフォームは、管理者によって、ライブラリにアクセス許可を与えられる場合に限り、組織内の全員がアクセスできます。 ライブラリ、Microsoft Exchange Server ベースのコンピューター保存されます。 管理者でする必要がありますアクセス許可を組織フォーム ライブラリに発行するを与えます。 この権限は数名のみに、Exchange Server ベースのコンピューターを管理する部門与えられ、通常。
個人用フォーム ライブラリこのライブラリに保存されているフォームは、だけにアクセスできます。 フォームを個人用フォーム ライブラリに発行すると、フォームは、メールボックスまたは個人用フォルダー (.pst) ファイルのルート フォルダー内の非表示のアイテムとして格納されます、方の既定のメールの配信場所。 組織フォーム ライブラリに格納されているフォームのようにこれらのフォームを開く フォームの選択 コマンドを使用することができます。 受信者にアドレスが指定された標準の電子メール メッセージ フォームなど、自分の個人使用のフォームを作成するときは、このライブラリにフォームを保存します。

Outlook フォルダー内の項目として、または、ファイル システム内のファイルとして Outlook のフォームを保存することはも。 お勧めしますしないこと、これらの方法のいずれただし、フォームが 1 回限り (one-off) フォームのため。 一時フォームの詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
290657[OL2002] フォーム定義および one-off フォームの取り扱いについて
Outlook テンプレート (.oft) ファイルとしてファイル システムに、Outlook フォームを保存できます。 電子メール メッセージに、フォームを添付し、フォームを他の人に送信することができます。 .oft ファイルは、フォームのバックアップとして使用することもできます。 .oft ファイルとしてフォームを保存: する
  1. [ ファイル ] の [ 名前を付けて保存 </a0>] をクリックします。
  2. ファイル名 ] ボックスに、[フォームの名前を入力します。
  3. [ 名前を付けて保存 ] ボックスに、[ Outlook テンプレート ] をクリックし、[ 保存 ] をクリックします。
現在のフォルダー内の項目としては、フォームも保存できますがします。 ただし、マイクロソフトではありませんは、次のような理由によりこの実行することを推奨しません。
  • フォームを誤って削除する簡単です。
  • フォームと、項目の違いをぼかす傾向がありますがあり、典型的な結果フォルダーを同じフォームのさまざまなバージョンを含む別のアイテムに塗りつぶされます。 通常、よい Outlook フォームをデザインするとき。
  • 通常のフォルダーに保存するアイテムに、データを設定し、する通常たくない、フォームに関連付けられたデータ。 マイクロソフトは、していないフォルダーにアイテムを開くデザイン モードを入力し、フォームの新しいインスタンスを開くおよびことデザイン モードを入力し、推奨します。
  • アイテムとして格納されているフォームは、「一時」フォームされ、望ましくない副作用があります。
現在のフォルダーにフォームを保存するには、[します ファイル ] メニューの ファイル [。

フォームを発行する場所を決定することが場合の考慮事項

フォームを発行する場所を決定を考慮する多くの質問があります。
  • フォーム、フォルダー ソリューションまたはに基づいて受信者に送信するように設計された、電子メール メッセージ フォームがでしょうか。
  • Exchange Server ベースのコンピューターを使ってしていますか。 Exchange Server ベースのコンピューターを使用しては場合、は、フォームを組織フォーム ライブラリに発行できます。 またはが、組織がどのような種類のフォームに配置の制限を格納できるでしょうか。
  • フォームへのアクセスを人数に必要でしょうか。
  • フォーム更新されます多くの場合、一元的に展開、フォームのコピーを 1 つだけ配置するようにしますか。
  • フォームはオフラインで利用可能にするをならないですか。
  • 電子メール メッセージ フォームするが使用される、組織内でのみかに送信される他の受信者、組織の外部でしょうか。
  • 新しいフォームを方法は開かれますか。

フォルダー ベースのフォームを発行する場所を決定します。

フォームのプライマリ フォーカスが単一フォルダー内の項目を表示、フォルダー ベース ソリューションを作成するときは、フォルダー自体にフォームを発行通常。 フォルダーにフォームを発行するとき、フォルダーが、独立したエンティティであり、フォームが、[ 操作 ] メニューの [利用可能で。

ただし、いない必要のあるフォルダーに、一般的なフォルダー ベースのフォームを発行するシナリオがあります。 フォームを使用して 1 つ以上のフォルダーを [各フォルダーして、フォームの同じバージョンを常に使用して場合は、組織フォーム ライブラリまたは個人用フォーム ライブラリにフォームの発行を検討します。 これを行うとは公開されているフォームの 1 つだけのコピーがあり簡単に変更する場合の更新します。 ほかだけのユーザーがこのフォームへのアクセスを必要がある場合は、そのフォームを個人用フォーム ライブラリに発行します。 他のユーザーがフォームにアクセスする、フォームは、Exchange Server ベースのコンピューター上のパブリック フォルダーに一般的な場合かことができます、組織フォーム ライブラリにフォームを発行するを調べます。 この手法の 1 つの潜在的な短所されてこと、フォームがいない利用できる [ 操作 ] メニューの [フォルダーに発行した場合を除き、ようです。 ただし場合、フォルダーの既定のフォームは通常の場合は、これはために作成できません、差異のあまりにしたり、ユーザーは、ツールバー ボタン使用新しいアイテムを開きます。

メッセージ ベースのフォームを発行する場所を決定します。

だけ、いくつかの他のユーザーによって使われ、フォームが電子メール メッセージに基づく、すべてのユーザーの個人用フォーム ライブラリにフォームを発行します。 ただし、このフォームを基に新しいアイテムを作成する場合は、たいが、[ 操作 ] メニューの [アクセスできるように、受信トレイに発行します。 フォームは組織内の多くのユーザーが使用する場合は、組織フォーム ライブラリにように、発行を維持するためにフォームの 1 つだけのコピーがあり、そのアクセスのすべてのユーザー。 このアプローチでは、ただし、ことができます、フォームより困難を開きます。

考慮事項とフォームを開くためのオプション

次の表は、通常のユーザー フォームが格納されているに応じて Outlook フォームの開き方です。

元に戻す全体を表示する
フォルダーのフォームフォームを含むフォルダーを開く場合は、フォームは、[ 操作 ] メニューの [使用です。
組織フォーム ライブラリ

- と -

個人用フォーム ライブラリ
組織フォーム ライブラリと個人用フォーム ライブラリに保存されたフォーム フォームの選択 ] ダイアログ ボックスを使用してアクセスするように設計されています。 これらのフォームにアクセスするには、[ ファイル ] メニューの [ 新規作成 をポイントし、[ フォームの選択 ] をクリックします。

フォームをユーザーにより使いやすく次の方法を使えます。

"フォームの選択] </a0> コマンド、ツールバーを追加します。

フォームの選択 ] のアクセスに必要な手順の数を短くするには、をシングル クリックでダイアログ ボックスを表示できるようにコマンドをツールバーに追加します。
  1. [ 表示 ] メニューの [ ツールバー ] をポイントし、[ カスタマイズ ] をクリックします。
  2. [ ユーザー設定 ] ダイアログ ボックス コマンド ] タブをクリックします。
  3. ファイル が選択されている 分類項目 ] ボックスに、確認します。
  4. [ コマンド ]、 フォームの選択 コマンドを検索し、しする] ツールバーの (場所の上にドラッグします。
  5. 閉じる をクリックします。

アプリケーションまたは COM アドインの Visual Basic を使用して、フォームを開く

アプリケーション用の Visual Basic を使用してフォーム] ツールバーまたはメニューから開く方法についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
290803[OL2002] ツール バー ボタンからフォームを開く方法

フォルダーに、フォームを発行します。

フォームが、個人用フォーム ライブラリまたは組織フォーム ライブラリに発行されている場合、[ アクション ] メニューの [表示されないようにフォームをフォルダーに発行を検討することがあります。 ただし、フォームが更新された場合は、フォームは re-deployed を Outlook フォーム キャッシュに関する問題を作成しないようにすることを必ずしてください。 フォーム キャッシュの追加については、以下の「をクリック記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
290806フォーム キャッシュのしくみ

デスクトップや [スタート] メニューへの.oft ファイルを保存します。

デスクトップまたは [スタート ] メニューには、.oft ファイルを保存、Microsoft は通常は推奨しません、いずれかの場所を Outlook テンプレート (.oft) ファイルを保存できます。 これにより作成されたアイテムは通常のフォームとその使用方法の設計によって望ましくない副作用が「一時」フォームを格納します。

一時フォームの詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
290657[OL2002] フォーム定義および one-off フォームの取り扱いについて

関連情報

利用可能なリソースと answersto の Outlook ソリューションに関してよく寄せられる質問の追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
287530[OL2002] ユーザー設定フォームと Outlook ソリューションに関する質問

プロパティ

文書番号: 290802 - 最終更新日: 2007年2月12日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbhowto kbforms kbmt KB290802 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:290802
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com