VBRun60sp6.exe による Visual Basic 6.0 SP6 ランタイム ファイルのインストール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290887 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

VBRun60sp6.exe は、Visual Basic 6.0 で作成したすべてのアプリケーションに必要な最新版の Microsoft Visual Basic ランタイム ファイルをインストールする自己展開型の実行可能ファイルです。インストールされるファイルには、Visual Studio 6.0 Service Pack 6 に含まれる修正プログラムが含まれています。

詳細

VBRun60sp6.exe ファイルを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7b9ba261-7a9c-43e7-9117-f673077ffb3c&displaylang=ja
リリース日 : 2004 年 3 月 29 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 VBRun60sp6.exe を実行すると、Visual Studio 6.0 Service Pack 6 に含まれる以下のコア ファイルがインストールされます。これらのファイルは、Visual Basic 6.0 で作成されるすべてのコンポーネントとアプリケーションの実行に必要です。

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョンサイズ
Asycfilt.dll 2.40.4275.1 144 KB (147,728 バイト)
Comcat.dll 4.71.1460.1 21.7 KB (22,288 バイト)
Msvbvm60.dll 6.0.97.82 1.32 MB (1,386,496 バイト)
Oleaut32.dll 2.40.4275.1 584 KB (598,288 バイト)
Olepro32.dll 5.0.4275.1 160 KB (164,112 バイト)
Stdole2.tlb 2.40.4275.1 17.5 KB (17,920 バイト)

また、以下のファイルもインストールされます。これらは、自己解凍形式ファイル VBRun60sp6.exe をサポートするファイルです。

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョンサイズ
Advpack.dll 4.71.1015.0 73.2 KB (74,960 バイト)
Vbrun60.inf 該当なし 1.04 KB (1,069 バイト)
W95inf16.dll 4.71.704.0 2.21 KB (2,272 バイト)
W95inf32.dll 4.71.16.0 4.5 KB (4,608 バイト)

VBRun60sp6.exe で使用可能なコマンド ライン引数に関する詳細については、コマンド ラインで次のコマンドを入力してください。
VBRun60sp6.exe /?
: 必要に応じて、VBRun60sp6.exe ファイルの完全なパスを指定してください。

このファイルのコマンド ライン引数の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
189520 Outlook Deployment Kit (ODK) セットアップ プログラムのコマンド ライン オプション

VBRun60sp6.exe ファイルの必要性

VBRun60sp6.exe ファイルは、Visual Basic アプリケーションの配布に使用するディストリビューション ウィザード (PDW) に取って代わるものではありません。たとえば、アプリケーションに ActiveX コントロールや DLL などのコンポーネントが含まれている場合は、PDW またはサードパーティのセットアップ パッケージを使用してアプリケーションを配布します。ただし、Visual Basic アプリケーションが VBRun60sp6.exe ファイルに含まれているファイルにのみ依存している場合は、そのアプリケーションの実行可能 (.exe) ファイルと VBRun60sp6.exe をエンド ユーザーに提供することにより、アプリケーションを配布できます。

アプリケーションの配布用の追加ファイルが必要かどうかを判断するため、PDW を使用して、テスト用の一連のセットアップ ファイルを作成できます。PDW では、セットアップ パッケージの他に Setup.lst ファイルも作成されます。Setup.lst ファイルは、メモ帳などのテキスト エディタで開きます。Setup.lst ファイルの [Setup1 Files] セクションに、配布する .exe ファイルのみが記載されている場合、エンド ユーザーは VBRun60sp6.exe を実行してコア ランタイム ファイルをインストールすれば、アプリケーションを実行できます。ただし、[Setup1 Files] セクションに複数のファイルが記載されている場合は、代わりに PDW またはサードパーティのセットアップ パッケージを使用した配布を検討してください。

単純な実行可能ファイルの配布の他に、VBRun60sp6.exe ファイルは以下の目的に使用できます。
  • インターネットからダウンロードする Visual Basic アプリケーションのサイズを小さくできます。

    VBRun60sp6.exe を事前に実行しておくことで、アプリケーションのダウンロード時間を短縮できます。
  • Visual Basic または Visual Basic アプリケーションのインストールに失敗したときのトラブルシューティングに使用できます。

    コア ファイルのいずれかに関するエラー メッセージが表示されセットアップに失敗した場合、またはセットアップ中にコンポーネントの登録に失敗した場合は、対象のコンピュータ上のコア ファイルと互換性がない可能性があります。VBRun60sp6.exe ファイル内のファイルのバージョンが対象のコンピュータ上のファイルのバージョンより新しい場合、セットアップを実行する前に VBRun60sp6.exe ファイルを実行することによって問題が解決することがあります。
VBRun60.exe または VBRun60sp6.exe の実行により解決されるセットアップ時の問題の事例を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
194754 Setup.exe ファイルが、欠落しているエクスポート Oleaut32.dll:185 にリンクされる
オリジナルの Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルをインストールする自己解凍形式の実行可能ファイルは、VBRun60.cab ファイルから VBRun60.exe を抽出することによって入手できます。VBRun60.cab ファイルは、Visual Basic および Visual Studio の CD に収録されており、Visual Basic 6.0 の CD (Disk 1) の \Common\Tools\Vb\Cabinets フォルダにあります。

Visual Studio 6.0 Professional の CD の場合、VBRun60.cab ファイルは Disk 2 の同じ相対パスにあります。Visual Studio 6.0 Enterprise の CD の場合は、Disk 3 にあります。

: この「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている VBRun60sp6.exe ファイルのバージョンは、インストール CD に収録されているファイルのバージョンとは異なります。この資料に記載されているのは最新のバージョンで、Visual Studio 6.0 Service Pack 6 に含まれているものです。

VBRun60.cab キャビネット ファイルから VBRun60.exe ファイルを抽出する場合は、Extract ユーティリティ (Extract.exe) を利用できます。Extract.exe ファイルは、Windows フォルダ、あるいは Windows 95、Windows 98、または Windows NT のインストール CD にあります。MS-DOS コマンド プロンプトから次のコマンドを実行して、キャビネット ファイルから現在のディレクトリに VBRun60.exe ファイルを抽出します。
Extract Vbrun60.cab
Extract ユーティリティの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
129605 [HOWTO] 圧縮されたファイルから元の Windows ファイルを抽出する方法

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
194022 [INFO] Visual Studio 6.0 Service Pack の内容と入手先
194295 Visual Studio Service Pack がインストール済みか確認するには
180071 [FILE] Msvbvm50.exe による Visual Basic 5.0 ランタイム ファイルのインストール
Service Pack の更新されたファイルが適用されていないランタイム ファイルの詳細については、次の資料を参照してください。
192461 [FILE] VBRun60.exe による Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルのインストール

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 290887 (最終更新日 2004-12-18) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 290887 - 最終更新日: 2005年2月21日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Learning Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbdownload kbappsetup kbdeployment kbfile kbinfo kbtophit KB290887
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com