文書番号: 291047 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、数値を含むセルにテキストを含むセルを変換する方法について手順を追って説明します。

(DBASE や Lotus 1-2-3) などの別のプログラムで作成されているか、メインフレームからダウンロードしたファイルをインポートするときに Microsoft Excel いくつかの数値がテキストとして認識可能性があります。

これにより、合計平均をこれらのセル内の値を無視するなどの機能。これらのテキスト文字列、数値に変換するだけでなく実際のテキストがあります。

テキストを数値に変換します。

ワークシートの数値を文字列に変換するには、この資料の方法 1 〜 7) に説明されている方法のいずれかを使用します。

メモ これらの各メソッドは、一般に、セルの書式設定、セルの数値を設定するいると仮定します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Excel 2003 では、[書式] メニューの [セル] をクリックします。Excel 2007 以降では、セルの書式設定] ダイアログ ボックスを呼び出すには、リボンの [フォント] セクションの右下にある矢印をクリックします。
  2. [数値] タブで、[カテゴリ] の [全般] をクリックし、[ OK] をクリックします。

方法 1: [エラー] ボタンを使用します。

数値がテキストとして表示される、セルの左上隅にエラー インジケーターを含む、次の手順を実行します。
  1. エラーインジケーターが含まれるセルをクリックします。
  2. セルの隣のエラー ボタンをクリックし、ショートカット メニューの [数値に変換する] をクリックします。

方法 2: セルの値を再入力します。

セル内の値を再入力するには、これらの手順に従います。
  1. [書式] メニューのセルをクリックしをセルの表示形式を変更するには、[表示形式] タブをクリックします。
  2. 数値を再入力します。


方法 3: セル内で編集します。

セル内で直接編集して、以下の手順を実行します。

Excel 2003

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [編集] タブで、[セル内で直接編集する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。[Ok]をクリックします。
  3. 書式を設定するセルをダブルクリックし、ENTER キーを押します.
  4. セルの隣のエラー ボタンをクリックし、ショートカット メニューの [数値に変換する] をクリックしてください

Excel 2007

  1. Office ボタンをクリックして [ Excel のオプション] をクリックして、 [詳細] をクリックします。
  2. いくつかの編集オプションは許可のセル内で直接編集する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。[Ok]をクリックします。
  3. 書式を設定するセルをダブルクリックし、ENTER キーを押します.
  4. セルの隣のエラー ボタンをクリックし、ショートカット メニューの [数値に変換する] をクリックしてください

Excel 2010


  1. ファイルをクリックして] タブをクリックして[Excel のオプション] をクリックして詳細設定
  2. 編集オプションで、セル内で直接編集チェック ボックスがオンになっていることを確認します。[Ok]をクリックします。
  3. 書式を設定するセルをダブルクリックし、ENTER キーを押します.
  4. セルの隣のエラー ボタンをクリックし、ショートカット メニューの [数値に変換する] をクリックしてください

方法 4: [ペースト スペシャル] コマンドを使用します。

選択して貼り付け] コマンドを使用するには、以下の手順を実行します。
  1. 空白のセルに値 1 を入力します。
  2. 1 で入力したセルがフォーマットされているかどうかを確認にします。
  3. 1 を入力し、右選択コピーは、セルを選択します。
  4. 寄せの番号にする値を持つセルを選択します。
  5. 右選択して貼り付けします。
  6. [操作] で乗算をし [OK] をクリックします。

方法 5: 隠し文字とスペースを削除します。

このメソッドは 1 つの列または行にデータが配置されている場合に最適です。このメソッドは余分なスペースや印刷されない文字をファイルにインポートすることがありますを削除するのには、 TRIM関数とCLEAN関数を使用します。次の例は、データが列 A にし、1 行目を開始 ($A$ 1)。この例を使用して、以下の手順を実行します。
  1. 列 A の右側に列を挿入します。これを行うに、B 列のヘッダーを右クリックし、[挿入] をクリックします。
  2. 挿入された列 (B1) の最初のセルには以下のように入力します。
    $B$1:   =VALUE(TRIM(CLEAN(A1)))
    					
  3. 列 B で、データを含む列 A のセルの右側にあたるすべてのセルを選択します。
  4. [編集] メニューで、塗りつぶしをポイントをダウンします。

    新しい列に A.、テキスト incolumn の値が含まれています
  5. 同じ範囲を選択した状態で、 [編集] メニューの [コピー ] をクリックします。(Excel 2007 以降では、コピーアイコンをクリック リボンです。)
  6. セル A1 を選択します。Excel 2003 または以前のバージョンは [編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。2007 以降では、リボンで [貼り付け] の下の下向きの矢印をクリックし、[貼り付け] をクリックします。貼り付けるには、[] をクリックし、列 A には、変換した値を貼り付けるには[OK ] をクリックしてください
  7. 列 B を選択し、[編集] メニューの [削除] をクリックして列を削除します。
列 A にあったテキストが数値形式では。

メモ このメソッドでは、すべての印刷されない空白文字は削除されません。たとえば、Chr$(160)、空白文字は削除されません。

方法 6: プロシージャ、Visual Basic for Applications を使用します。

マイクロソフトは明示または暗示の保証もなしで、説明のためのプログラミングの例を提供します。これには、市場性または特定目的への適合性その他に対する暗黙的な保証についても含まれます。この資料は、例示されているプログラミング言語を作成したり、プロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通しているユーザーを想定して作成されています。マイクロソフトのサポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供する構築手順、特定の要件を満たすよう変更すること。

選択したセルまたはセル範囲の数値を再入力するには、Visual Basic for Applications マクロを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。

1. Visual Basic エディターを起動するには、alt キーを押しながら F11 キーを押します。

2. で、[挿入] メニューの [モジュール] をクリックします。

3. 新しいモジュールに次のコードを入力します。

Sub Enter_Values()

For Each xCell In Selection

Selection.NumberFormat =「0.00」' 注:「0.00」は、小数点以下の桁数を決定します。

xCell.Value = xCell.Value

次に

End Sub


4. Excel に切り替えるには、alt キーを押しながら f11 キーを押します。

5. が選択されていない場合は、変換するセルを選択します。

6。 Excel 2003 では、[ツール] メニューマクロ] をポイントし、[マクロ] をクリックします。[マクロ名] ボックスの一覧で、 Enter_Valuesをクリックして実行] をクリックします。

Excel 2007 以降では、開発者] メニューをクリックし、[マクロ] をクリックします。[マクロ名] ボックスの一覧で、 Enter_Valuesをクリックして実行] をクリックします。

方法 7: テキストを列コマンドを使用します。

このメソッドは、データが 1 列に配置されている場合に最適です。次の例は、データが列 A にし、1 行目を開始 ($A$ 1)。この例を使用して、以下の手順を実行します。
  1. 1 列のテキストが含まれているセルを選択します。
  2. [データ] メニューまたはリボンでは、テキストの列をクリックします。
  3. [元のデータ型区切り記号付き] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [区切り記号]タブ] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  5. [列のデータ形式] の [全般] をクリックします。
  6. [詳細設定] をクリックし、 Decimalseparatorの適切な設定を行うと何千もの区切り記号[Ok]をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。
注: 書式設定は表示されますテキストが数式を数値として認識されますので、型が番号に変更します。

関連情報

セルの書式設定方法については、Microsoft Excel ヘルプ] をクリックして、[ヘルプ] メニュー セルの書式設定 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで検索トピックを表示するが返されます。
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 291047 - 最終更新日: 2013年12月1日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Excel 2010
キーワード:?
kbhowto kbconversion kbmt KB291047 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291047
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com