[OL2002] すべての連絡先のフィールドに、ファイルを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291144 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

カスタム Outlook フォームと Visual Basic スクリプト版 (VBScript) を使用してプログラムによって、多数の既存の連絡先の 表題 "フィールドを変更する方法について説明します。

詳細

重要 : Outlook 連絡先フォームの標準を使用して、[ ファイル名 ] フィールドの書式を変更する場合は、Outlook によりこの種の情報が表示されている他の領域でこのフィールドの形式は変更されません (など、連絡先カード ビューで表示すると、連絡先の先頭に)。 ただし、次の使用例だけで、 ファイルを付けて フィールド自体を変更であり、したがって、Outlook の連絡先フォームと同じ機能を実行しません。 マイクロソフトでを連絡先フォルダーのコピーを作成してお勧めしますし、サンプル コード以下を使用して、このサンプルを使用する利点このアプローチの潜在的な欠点すべてを上回ることを確実にコピーしたフォルダー。

: "表題 "フィールドを変更するときに、連絡先が Outlook アドレス帳に表示される順序は影響しません。

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または明示、黙示、黙示または商品性および特定目的に対する適合性に限らずなどです。 この資料は、例示されているプログラミング言語やプロシージャの作成およびデバッグに使用するツールについて理解されているユーザーを対象としています。 Microsoft Support 担当者は、特定のプロシージャの機能についての問い合わせにはお答えできますが、ユーザー固有の目的に合わせた機能の追加、プロシージャの作成などの内容変更は行っておりません。
プログラミング経験がいない場合、マイクロソフト アドバイザリー サービスのマイクロソフト認定パートナーを連絡することがあります。 詳細については、これらのマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフト認定パートナー - https://partner.microsoft.com/global/30000104

Microsoft のアドバイザリ サービス - http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

使用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトに連絡する方法についての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS新しいカスタム Outlook フォームを作成する場合は、次の形式のすべての連絡先の 表題 "フィールドを変更できます。
  • 最初、最後します。
  • 会社
  • 最後に、最初 (会社)
  • 会社 (最終, 1)

ユーザー設定フォームをデザインする方法

  1. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、新しい電子メール メッセージを開く ] をクリックします。
  2. [ ツール ] メニューの新しい電子メール メッセージの [ フォーム ] をポイントし、[ このフォームのデザイン ] をクリックします。
  3. 新しいフォーム上の 5 つのコマンド ボタンを挿入します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ (P.2) ]、フォーム上の空白のページに移動するタブをクリックします。
    2. [ フォーム ] メニューの [ コントロール ツールボックス ] をクリックして、 コマンド ボタン ] をクリックして] を空白のフォーム ページにドラッグします。
    3. 新しいボタンを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックして cmdLastFirst [ 名前 ] ボックスに入力します。
    4. [ 見出し ] ボックスで 、最後の最初 の入力を [OK] をクリックします。
    5. [ツールボックス ] ダイアログ コマンド ボタン ] をクリックして、2 番目のボタンを空白のフォーム ページにドラッグします。
    6. 新しいボタンを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックして cmdFirstLast [ 名前 ] ボックスに入力します。
    7. [ 見出し ] ボックスで を入力を [OK] をクリックします。
    8. [ツールボックス ] ダイアログ ボックスに、クリック コマンド ボタン ] しドラッグ、3 つ目のボタンの空白のフォーム ページをします。
    9. 新しいボタンを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックして cmdCompany [ 名前 ] ボックスに入力します。
    10. [ 見出し ] ボックスで 会社名 を入力を [OK] をクリックします。
    11. [ ツールボックス ] ダイアログ] コマンド ボタン ] と、空白のフォーム ページにドラッグ、4 ボタン。
    12. 新しいボタンを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックして cmdLastFirstCompany [ 名前 ] ボックスに入力します。
    13. [ 見出し ] ボックスで入力の 最後の最初 (会社) [OK] をクリックします。
    14. [ツールボックス ] ダイアログ ボックスに、クリック コマンド ボタン ] し、空白のフォーム ページにドラッグ、5 ボタン。
    15. 新しいボタンを右クリックして、[ プロパティ ] をクリックして cmdCompanyLastFirst [ 名前 ] ボックスに入力します。
    16. [ 見出し ] ボックスで 会社 (最終, 1) を入力を [OK] をクリックします。
  4. 次の Visual Basic スクリプト版 (VBScript) コードを入力します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ フォーム ] メニューの [] をクリック [コードの表示 を開きますスクリプト エディターです。
    2. スクリプト エディターで、入力または次のコードをコピー:
      Option Explicit
      Dim strSortBy
      
      Sub cmdLastFirst_Click()
         strSortBy = "LastFirst"
         UpdateContacts
      End Sub
      
      Sub cmdFirstLast_Click()
         strSortBy = "FirstLast"
         UpdateContacts
      End Sub
      
      Sub cmdCompany_Click()
         strSortBy = "Company"
         UpdateContacts
      End Sub
      
      Sub cmdLastFirstCompany_Click()
         strSortBy = "Last, First (Company)"
         UpdateContacts
      End Sub
      
      Sub cmdCompanyLastFirst_Click()
         strSortBy = "Company (Last, First)"
         UpdateContacts
      End Sub
      
      Sub UpdateContacts()
      
         Dim CurFolder
         Dim MyItems
         Dim MyItem
         Dim NumItems, i
      
         ' Use whichever folder is currently selected
         Set CurFolder = Application.ActiveExplorer.CurrentFolder
      
         ' Make sure it's a contact folder
         If CurFolder.DefaultItemType = 2 Then
            MsgBox "This process may take some time. You will be " & _
            "notified when complete.", , "Contact Tools Message"
            Set MyItems = CurFolder.Items
            NumItems = MyItems.Count
            For i = 1 to NumItems
               Set MyItem = MyItems.Item(i)
               ' Make sure it's not a distribution list in the folder
               ' (really only applies to OL98 and OL2000)
               If TypeName(MyItem) = "ContactItem" Then
                  Select Case strSortBy
                     Case "LastFirst"
                        If MyItem.LastNameandFirstName <> "" Then
                           MyItem.FileAs = MyItem.LastNameandFirstName
                        Else
                           MyItem.FileAs = MyItem.CompanyName
                        End IF
                     Case "FirstLast"
                        If MyItem.Subject <> "" Then
                           MyItem.FileAs = MyItem.Subject
                        Else
                           MyItem.FileAs = MyItem.CompanyName
                        End IF
                     Case "Company"
                        If MyItem.CompanyName <> "" Then
                           MyItem.FileAs = MyItem.CompanyName
                        Else
                           MyItem.FileAs = MyItem.LastNameandFirstName
                        End IF
                     Case "Last, First (Company)"
                        MyItem.FileAs = MyItem.LastNameAndFirstName
                        If MyItem.CompanyName <> "" Then
                           If MyItem.FileAs <> "" Then
                              MyItem.FileAs = MyItem.FileAs & " (" & _
                                              MyItem.CompanyName & ")"
                           Else
                              MyItem.FileAs = MyItem.FileAs & _
                                        MyItem.CompanyName
                           End If
                        End If
                     Case "Company (Last, First)"
                        MyItem.FileAs = MyItem.CompanyName
                        If MyItem.LastNameandFirstName <> "" Then
                           If MyItem.FileAs <> "" Then
                              MyItem.FileAs = MyItem.FileAs & " (" & _
                                     MyItem.LastNameAndFirstName & ")"
                           Else
                              MyItem.FileAs = MyItem.FileAs & _
                                     MyItem.LastNameAndFirstName
                           End If
                        End If
                  End Select
                  MyItem.Save
               End If           ' check TypeName
            Next
            MsgBox "Finished updating contacts."
         Else
            MsgBox "The current folder must be a contacts folder."
         End If                 ' check contacts folder
      
         Set MyItem = Nothing
         Set MyItems = Nothing
         Set CurFolder = Nothing
      
      End Sub
      						
    3. メニューの ファイル スクリプト エディターで、クリックして 閉じる フォームに戻ります。
    4. フォームのページ メッセージ をクリックします。
    5. [ フォーム ] メニューの [ このページを表示 ] をクリックします。 フォーム ページのフォームを使用する場合は表示されないように隠されます。
  5. フォームを発行します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ ツール ] メニューの [ フォーム ] をポイントし、[ フォームに名前を発行 ] をクリックします。
    2. [ファイルの場所 ] の横に 個人用フォーム ライブラリ を参照することを確認します。
    3. [ 表示名 ] ボックスで、新しいフォーム、 フィールドの変更への表題 ) などの discriptive 名前を入力を 発行 をクリックします。
    4. 項目で、フォームの定義を保存するされたら、[ いいえ をクリックします。
    5. 保存せずに、メッセージを閉じます。

ハウツー解説: ユーザー設定フォームを使用するには

新しいフォームを使用します。
  1. 連絡先フォルダーを re-sequence を探します。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ フォームの選択 ] をクリックします。
  3. [ ファイルの場所 </a0>] ボックスを 個人用フォーム ライブラリ に変更 [新しいフォーム] をクリックして [ OK] をクリックします。
  4. ファイル フィールドを更新する適切なクリックします。

関連情報

利用可能なリソースと answersto の Outlook ソリューションに関してよく寄せられる質問の追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
287530[OL2002] ユーザー設定フォームと Outlook ソリューションに関する質問

プロパティ

文書番号: 291144 - 最終更新日: 2006年11月23日 - リビジョン: 2.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB291144 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291144
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com