多数のファイルやディレクトリを含むプライマリ メンバで FRS のアサーションが発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291165 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料は、レジストリを変更する方法について。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ファイル複製サービス (FRS) は、マルチ スレッド化されたマルチマスタ複製エンジンであり、Microsoft Windows NT 3.x および 4.0 の LMREPL サービスに置き換わるものです。 Windows 2000 ドメイン コントローラーおよびサーバー FRS を使用してシステム ポリシーとログイン スクリプト レプリケート Windows 2000 と、システム ボリュームにあるダウンレベル クライアント用です。

FRS はまたコンテンツを複製する、samefault トレラント DFS ルートまたは子ノードのレプリカをホストする Windows 2000 サーバー間ですることも。

この資料では、場所レジストリまたは分散ファイル システム (Dfsgui.msc) でマークされているドメイン コントローラー、メンバー コンピューターの Windows 2000 スナップイン百から数千のファイルを含む FRS レプリカ セットの「プライマリ」としてエラーについて説明します。
  1. レプリカ ツリー内のすべてのファイルをインベントリに失敗しました。
  2. FRS サービスが無効になって、長期間ときに通常表示を journal_wrap エラーが発生します。
  3. 次のイベントは、FRS デバッグ ログに記録します。
    <DbsInitOneReplicaSet:          1428: 11268: S1: 15:45:38> ++ WStatus: 
    26-??? -- CMD_JOURNAL_INIT_ONE_RS failed
    <JrnlSetReplicaState:           1428:  5787: S4: 15:45:38> :S: Replica (0)
    REPLICATEST state change from INITIALIZING to ERROR
    						

原因

FRS レプリカ セットが作成または再初期化されるとき、"マスターの設定コマンド、DFS 管理ツール (または同等のレジストリ) を使用定義ファイルとディレクトリ構造は最初は使用するコンピューターが FRS レプリカ セットを作成します。

レプリケーションの前に、プライマリの FRS メンバー IDTABLE (すべてのファイルと、レプリカ ツリー内のディレクトリの一覧) を作成するために、レプリケートされたディレクトリ (レプリカ ツリー) 内のすべてのファイルをインベントリします。 この「IDTABLE スキャン」する必要がある前に完了は、プライマリ メンバーが注文を変更したり、レプリケーション プロセスの一部としてのダウンストリーム パートナーにステージング ファイルのビルドに送信できます。

USN ジャーナルは、NTFS 5. 0 フォーマットのパーティションに行われるすべての変更記録した固定サイズのログです。 NTFRS は、NTFS USN ジャーナル ファイルで、FRS が実行されている間、FRS でレプリケートされたディレクトリ内の閉じられたファイルを監視します。

仕訳帳ラップ エラーが発生、十分な数の変更の実行場所、FRS サービスは、最後の USN 変更 FRS なった FRS データベースに記録するようにその IDTABLE スキャンを実行中に、USN ジャーナルに存在します。 FRS できます、そのレプリカ ツリーのできる変更のソースとして、USN ジャーナルに依存してできなく、いるため FRS はジャーナル ラップ状態にアサートします。 それ以外の場合に実行するには、可能性データの不整合があります。

解決方法

この問題を解決する使用可能な 2 つのオプション。
  • ボリューム上には、NTFRS USN ジャーナルのサイズにそのホストは、FRS でレプリケートされたコンテンツを増やします。
  • 初期化フェーズが完了するまで、レプリカ ツリーにあるファイルの数を減らします。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。

詳細

警告 : 深刻な問題として、オペレーティング システムの再インストールする必要がありますが生じるレジストリ エディターを誤って使用する場合。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。

USN ジャーナルのサイズ (および必要に応じて、仕訳帳「ラップ」する前に保持できる変更の数) を増やすことは USN ジャーナルがラップする機会が減少します。 USN ジャーナルのサイズをメガバイト (MB) の量を次のレジストリ キーで設定して変更できます。
HKLM\System\CCS\Services\NTFRS\Parameters\ NTFS ジャーナル サイズ MB (REG_DWORD)
有効な設定範囲 8 から 128 MB 既定の 32 MB の持つです。 この設定は、すべてのボリュームにそのホストする FRS レプリカ ツリー適用されます。 停止してから、NTFRS サービスを再起動した後に、USN ジャーナルのサイズの増加が発生します。 USN ジャーナルのサイズを小さくするには、FRS によってレプリケートされたコンテンツを含むすべてのボリュームを再フォーマットする以外の方法はありません。

USN ジャーナル ファイルが保持できる変更の数は、次の数式で概算できます:
<ジャーナルのサイズ >/((60 バイト + (ファイル名の長さ)) * 2)
「2」の前の数式でこと各ファイルの変更の履歴項目を 2 から生じるもの: 1 オープンを閉じる場合は 1 です。 仕訳帳のサイズを各変更ジャーナル ラップ エラーが発生前に発生する変更の概算の数を調べるのサイズで割る。 約 200, 000 のファイルや、32 MB のジャーナル ファイルのディレクトリにマップこの 8. 3 形式のファイル名と仮定して、されます。 変更の数は少ない長いファイル名を使用する場合はあります。

プロパティ

文書番号: 291165 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbenv kbprb kbmt KB291165 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291165
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com