Visual C アプリケーションのデバッグ シンボルを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291585
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

使用できるシンボルを作成する必要があります、デバッグ ダンプ ファイルまたは Microsoft デバッグ ツールを使用してライブ デバッグを実行ウィンドウで。これらのツールをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx
記号データ ソースと行の情報を知っている、デバッガーできるもので、については、プログラム、アプリケーション、およびデータで使用する変数を入力します。

この資料は .pdb シンボル ファイルの作成方法について説明します。ファイルを Visual C アプリケーションのリリース バージョンをビルドするとします。時マイクロソフト製品サポート サービスで動作を提供する必要があります。これらのファイルを決定を支援している Support を支援するには発生している問題の原因します。このためにも適しています。それぞれの特定のリリースされたバージョンのシンボル ファイルをビルドする方法をアプリケーションです。

この資料で精通していることを想定しています。Microsoft Visual C を使用してアプリケーションを構築します。ビジュアルを参照してください。C のドキュメントのシンボルを作成する方法についての明確ですファイルです。

詳細

2 つの種類のビルド: リリースおよびデバッグします。常に、ビルドを設定します。入力するのには リリース 出荷用のビルドします。は、 デバッグ ビルド、開発フェーズの間に頻繁に使用される、アプリケーションです。両方の種類のビルドをデバッグし、両方の種類のビルドする必要があります。デバッグするには、[シンボル] をクリックします。1 つの重要な違いですが、 リリース 設定では、Visual C コンパイラの最適化をオンにし、 デバッグ コンパイラ最適化をオフに設定します。コンパイラの最適化を有効にすると、アプリケーションの実行速度が向上します。ただし、そのコードをステップ実行するのには、簡単ではありません。ソース コードの行が完全にコンパイルされないため、順序がソース コードに表示されます。したがって、開発フェーズ、プロジェクトの実行中に、デバッグしやすくします。 デバッグ 作成します。

Visual C 6.0 と Visual C の両方で。NET開発環境を選択してデバッグ ビルドを作成できます。 デバッグ ビルドの種類、および、リリース ビルドを選択して作成できますよう リリース ビルドの種類とします。Visual C を使用していない場合開発環境では、どのようなコンパイラとリンカーのオプションが必要設定します。

Visual C では、リリース ビルドでのデバッグを有効にするのには.NET または Visual C 6.0 では、次のコンパイラ オプションは、Cl.exe に変更します。ビルドのコンパイルします。

コンパイラ

  • 有効にします。 /Z7 Visual C では。NET
  • 有効にします。 /Zi Visual C 6.0 では
  • 有効にします。 /O2
コンパイラ オプションの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa236704.aspx

リンカー

  • 選択/増分: いいえ
  • 選択 /DEBUG:Yes
  • 選択 /OPT REF。
  • 選択 /OPT: WINDOWS ファイアウォール
リンカーのオプションの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa270751.aspx

Visual C 6.0 では、リリース ビルドでのデバッグを有効にします。

リリース ビルドでは、Visual C 6.0 開発環境でデバッグを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. で、 プロジェクト メニューをクリックして 設定.
  2. クリックしてください。 Win32 リリース構成.
  3. で、 C および C++ タブで、クリックしてください 全般、し、次のように設定します。
    • セット 最適化 するには 速度を最大化します。 または サイズの最小化します。.
    • セット デバッグ情報 するには プログラム データベース.
  4. で、 リンク タブで、クリックしてください 全般、し、次のように設定します。
    • クリックすることを確認します。 デバッグ情報を生成します。.
    • オフにしてください、 インクリメンタル リンクを行う チェック ボックスします。
  5. 編集、 プロジェクトのオプション 直接、しを追加 /opt: ref、windows ファイアウォール.
これで、リリース ビルドのアプリケーションをデバッグできます。検索するのには問題は、障害が発生が表示されるまでコードをステップ実行し、間違ったパラメーターやコードを確認します。場合は、プログラムでデバッグの動作ビルドの失敗がリリース ビルドでは、多くの場合、いずれかのコンパイラは最適化は、ソース コード内の欠陥を公開します。

作成するのにはビルドのデバッグ、次のオプションを使用します。

コンパイラ

  • 有効にします。 /ZI
  • 有効にします。 /Od

リンカー

  • /debug
  • インクリメンタル: はい
手順を完了した後、再コンパイル、アプリケーションは、.pdb ファイル、\Debug または \Release ディレクトリにあります。プロジェクトのビルド構成によって異なります。

関連情報

詳細については、次の書籍を参照してください。

Robbins はジョンです。 アプリケーションのデバッグ.マイクロソフト プレス。

プロパティ

文書番号: 291585 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbdebug kbsymbols kbmt KB291585 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291585
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com