MFCMAPI では MAPI クライアント コードを示します

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291794 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Foundation クラス MAPI (MFCMAPI) サンプルではさまざまな拡張 MAPI コーディング手法を示します。

詳細

MFCMAPI が MAPI を使用可能な内容を表示するには、学習プロジェクトとして開始し、サンプル MAPI に開発が学習プロジェクト、時間の経過と共に、額面 Mdbvu32.exe ユーティリティではクライアント。

MFCMAPI ユーザー インターフェイスには、すべてのフォルダーとすべてのメッセージ ストア内にあるサブフォルダーを表示できます。 既に読み込まれているすべてのアドレス帳をプロファイルにも表示できます。

Microsoft Visual C++ Microsoft Foundation クラス (MFC) 一連の MFC ダイアログ ボックスの左側と右側のウィンドウ内のプロパティ リストで、ディレクトリ階層を実装するとしてプロジェクト、MFCMAPI が設計されています。 各ダイアログ ボックスを使用して、アクティブな項目を操作することできます] メニューの [項目の数を持ちます。 これには、空のテスト関数ホスト テスト コードを使用できるが含まれています。 詳細、ダイアログ ボックスとその対応するクラスについては、Readme.txt ファイル、プロジェクトに含まれるを参照してください。

MFCMAPI の最新版をダウンロードするには次、Web サイトを参照してください。
http://www.codeplex.com/MFCMAPI
MFCMAPI が Microsoft Exchange Server API MAPI (メッセージング) エディター] を変更して、Microsoft Exchange Server のツールとしてのダウンロード可能なようになりました。 Exchange Server のツールの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/exchange/bb288488.aspx
MAPI のエディターをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=55FDFFD7-1878-4637-9808-1E21ABB3AE37&displaylang=en

一般的な MAPI の関数

MAPIFunctions.cpp ファイルに次の関数の大部分が含まれます。
  • AddTestAddress - は、ハードコードの 1 回限り (one-off) アドレスをメッセージに追加します。
  • ConcatSPropTagArrays - が 2 つの SPropTagArrays し、それらを結合します。
  • CopySBinary - 別のメモリ管理を処理するに 1 つの SBinary をコピーします。
  • CopyLargeNamedPropertyToDebugOutput - 大規模な IStream を使用して、MAPI プロパティという名前の読み取り方法の例です。
  • CopyBodyToLargeNamedProperty - PR_BODY をソースとして使用して大規模な名前付き MAPI プロパティの作成方法の例です。
  • DeleteMessagePermanently - DeleteMessages 関数を使用して、メッセージを削除します。
  • DeleteToDeletedItems - 使用して CopyMessages [削除済みアイテム] フォルダーにメッセージを移動します。
  • FindPropInPropTagArray - 特定のプロパティは、 SPropTagArray を検索します。
  • LoadFromMSG -、 IMessage に、.msg ファイルを読み込みます。
  • ManualResolve - は、アドレスを手動で解決します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    266351MAPI を使用して、アドレス帳のエントリを手動で解決する方法
  • OpenDefaultMessageStore - が検索し、 IMAPISession から、既定のメッセージ ストアを開きます。
  • OpenMessageModal - 使用して PrepareForm および ShowForm をメッセージを表示します。
  • OpenOtherUsersMailbox - 使用して HrMailboxLogon メールボックスを開きます。
  • OpenPublicMessageStore - が検索し、 IMAPISession から、パブリック メッセージ ストアを開きます。
  • SaveToMSG - は、 IMessage .msg ファイルに保存します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    171907MSG 複合ファイルへのメッセージを保存します。
  • WriteAttachmentToFile - ファイルの添付ファイルを保存します。

IMAPIAdviseSink の実装

IMAPIAdviseSink サンプルには、 IMAPIAdviseSink インターフェイスは単純な新着メールの通知、1 つの 2 つの実装とより複雑なテーブルの通知が含まれます。

メモ MFCMAPI のディレクトリ階層ビューには、通知の利点はなりません。 ディレクトリの階層ビューを使用するほとんどのダイアログ ボックスの 操作 メニューの 表示を最新の情報に更新 ] メニューの [コマンドがあります。

MAPI フォーム ビューアーの実装

MAPI フォーム ビューアー サンプルには、 IMAPIMessageSite IMAPIViewContext IMAPIViewAdviseSink インターフェイスを実装するクラスが含まれます。 MAPI フォーム ビューアーのように、これらの実装。 フォーム ビューアーを使用するコードは、MAPIFunctions.cpp ファイルに含まれている OpenMessageNonModal 関数でです。

MAPI フォーム ビューアーの別の実装の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
230770FrmVwr.exe 拡張 MAPI フォーム ビューアー
マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供する構築手順、特定の要件を次の例は変更されません。

プロパティ

文書番号: 291794 - 最終更新日: 2009年1月6日 - リビジョン: 8.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Messaging Application Programming Interface
キーワード:?
kbinfo kbdownload kbmsg kbfile kbmt KB291794 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291794
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com