ファイル レプリケーション サービスのステージング フォルダを別の論理ドライブに再設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291823 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、ファイル レプリケーション サービス (FRS) の既存レプリカ メンバのステージング フォルダを別の論理ドライブまたはフォルダに再設定する方法について説明します。

詳細

FRS は、マルチスレッド、マルチマスタのレプリケーション エンジンであり、Microsoft Windows NT 3.0 および Windows NT 4.0 の LMRepl サービスに代わるものです。Whistler または Microsoft Windows 2000 ベースのドメイン コントローラは、FRS を使用して、Whistler およびそれ以前のクライアントのシステム ボリューム (SYSVOL) に格納されたポリシーとログオン スクリプトをレプリケートします。

また、FRS により、同じフォールト トレラント分散ファイル システム (Dfs) のルートまたは子ノードのレプリカをホストするサーバー間でコンテンツをレプリケートすることもできます。

FRS ステージング フォルダは、SYSVOL または Dfs レプリカ セットのダウンストリーム パートナーにレプリケートされるファイルが一時的に格納される領域です。FRS ステージング フォルダのファイルに使用できるディスク領域の上限は、レジストリの REG_DWORD 値 Staging Space Limit in KB に指定された制限値 (デフォルトでは 660 MB)、またはホスト ドライブ上の空きディスク領域のいずれか小さい方です。

コンテンツをギガバイト単位でホストする FRS レプリカ セットについては、以下のような場合、FRS ステージング フォルダを別の論理ドライブまたは物理ドライブに移動しなければならないことがあります。
  • FRS ステージング フォルダがホスト ドライブの空きディスク領域を使い切らないようにする場合。空きディスク領域を使い切ると、ベースのオペレーティング システムを含む他のコンポーネントの安定性に影響を及ぼす可能性があります。
  • コンポーネントやオペレーティング システムのパフォーマンス向上のために、オペレーティング システムを別の物理ドライブに置く場合。
  • 必要なステージング領域をホストするための領域を十分に確保する場合。
: Windows 2000 または Windows 2000 Service Pack 2 ベースのクライアントは、FRS ステージング パスの移動時に Authoritative Restore タスクを実行する必要があります。

Windows Server 2003、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれに相当するバージョン (321557 および 321557 バージョンの Ntrfs.exe を含む Windows 2000) を実行しているコンピュータでは、Ldp.exe プログラムまたは Adsiedit.msc ユーティリティで Active Directory のホスト コンピュータ アカウントの nTFRSSubscriber オブジェクトの FrsStagingPath 属性を変更することによって、ステージング パスを設定できます。

Windows Server 2003 サポート ツールに含まれている Adsiedit.msc ツールを使用して FrsStagingPath 属性を変更するには、以下の手順を実行します。

警告 : ADSI Edit スナップイン、LDP ユーティリティ またはその他の LDAP 3 クライアントの使用中に、Active Directory オブジェクトの属性に不適切な変更を加えると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、Microsoft Windows 2000 Server と Microsoft Exchange 2000 Server のいずれか、または両方の再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、Active Directory オブジェクトの属性の誤った変更により発生した問題に関して、一切責任を負わないものとします。これらの属性の変更は、自己の責任において行ってください。
  1. ADSI Edit プログラムを起動します。
  2. [Domain NC] の下で、Active Directory のホスト コンピュータ アカウントの nTFRSSubscriber オブジェクトを見つけます。通常、この属性のパスは、CN=レプリカ セット名, CN=NTFRS Subscriptions, CN=コンピュータ名, DC=ドメイン名,DC=COM です。

    たとえば、A.com ドメインのドメイン コントローラ \\DC1 の SYSVOL レプリカ セットのステージング パスを再設定する場合、FrsStagingPath 属性の識別名 (DN) パスは次のようになります。

    CN=Domain System Volume (SYSVOL share), CN=NTFRS Subscriptions, CN=DC1, DC=A,DC=COM

    このパスの説明を以下に示します (DN パスを右から左に読みます)。

    DC=A,DC=COM は、そのコンピュータ アカウントをホストしているドメインです。
    CN=DC1 は、ドメイン NC (ドメイン名前付けコンテキスト) のホスト コンピュータ アカウントです。
    CN=Domain System Volume (SYSVOL share) は、FRS サブスクライバ オブジェクトです。
    CN=NTFRS Subscriptions は、FrsStagingPath 属性をもつ nTFRSSubscriber オブジェクトです。
  3. nTFRSSubscriber オブジェクト (この例では、Domain System Volume (SYSVOL share)) を右クリックし、[プロパティ] をクリックして、このオブジェクトのプロパティを開きます。
  4. 属性の一覧で [fRSStagingPath] をクリックし、[Edit] をクリックします。
  5. FRS ステージング フォルダの新しい場所へのパスを入力して、[OK] をクリックします。
  6. [OK] をクリックして、プロパティ ウィンドウを閉じます。
サービスがステージング パスの変更を検出すると、次のイベント 13563 と共に、その後の処理方法に関する手順の説明が出力されます。
種類 : 警告
ソース : NtFrs
分類 : なし
イベント ID : 13563
日付 : 2001/06/03
時刻 : 19:13:01
ユーザー : N/A
コンピュータ : AC2
説明 : ファイル レプリケーション サービスにより、レプリカ セット DOMAIN SYSTEM VOLUME (SYSVOL SHARE) のステージング パスが変更されたことが検出されました。

現在のステージング パス = E:\Windows\Sysvol\Staging\Domain
新しいステージング パス = E:\Frsstage

このサービスを再起動すると、新しいステージング パスが使用されます。サービスはシステムの再起動ごとに再起動するように設定されています。

ステージング ディレクトリのデータの損失を避けるためにサービスを手動で再起動することをお勧めします。

サービスを手動で再起動するには次の操作を行ってください:

[1] "net stop ntfrs" コマンドを実行するか、またはサービスのスナップインを使用してファイル レプリケーション サービスを停止します。
[2] レプリカ セット DOMAIN SYSTEM VOLUME (SYSVOL SHARE) に対応するステージング ファイルをすべて新しいステージングの場所に移動します。現在のステージング ディレクトリが複数のレプリカ セットによって共有されている場合は、ステージング ファイルを新しいステージング ディレクトリにコピーする方が安全です。
[3] "net start ntfrs" コマンドを実行するかまたはサービスのスナップインを使用してファイル レプリケーション サービスを開始します。

詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
マイクロソフトでは、上記のイベント メッセージの手順 2. を実行することを推奨します。これは、元の FRS ステージング フォルダにはファイルが数千または数万単位で含まれていることがあり、これらのファイルがすべて 1 つ以上のダウンストリーム パートナーに送信されることがあるためです。Windows エクスプローラで、[フォルダ オプション] の [表示] タブをクリックし、[すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックすると、ステージング フォルダ内のファイルが表示されます。新しいステージング フォルダにファイルをコピーして、イベント ログ メッセージの残りの手順を実行します。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
221111 Description of FRS Entries in the Registry
221111 [NT] レジストリの FRS エントリの説明
265085 Moving FRSStagingPath Requires Non-Authoritative Restore

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 291823 (最終更新日 2003-01-20) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 291823 - 最終更新日: 2006年9月22日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
キーワード:?
kbinfo kbenv KB291823
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com