文書番号: 291875 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP291875
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Macromedia Shockwave Flash ActiveX コントロールをスライドに追加して、スライド ショーで Flash ファイル (*.swf) を再生する方法について、手順を追って説明します。Flash ファイルの再生は、ユーザーが特別な操作を行わなくても自動的に行われます。

: PowerPoint Viewer および Macintosh 版の PowerPoint では ActiveX コントロールはサポートされていません。ActiveX コントロールを利用できるのは、Microsoft PowerPoint 97 およびそれ以降のバージョンのみです。

PowerPoint 2003、PowerPoint 2002、および PowerPoint 2000

Shockwave Flash Object ActiveX コントロールをスライドまたはフォームに追加する

Shockwave Flash Object ActiveX コントロールをスライドまたはフォームに追加するには、次の手順を実行します。
  1. PowerPoint を起動し、コントロールを挿入するスライドを選択します。
  2. [コントロール ツールボックス] ツール バーが表示されていない場合は、[表示] メニューの [ツールバー] をポイントし、[コントロール ツールボックス] をクリックします。
  3. [コントロール ツールボックス] ツール バーの [コントロールの選択] をクリックし、[Shockwave Flash Object] をクリックします。

    : [コントロール ツールボックス] ツール バーに [Shockwave Flash Object] が表示されるようにするには、コンピュータに Shockwave Flash がインストールされている必要があります。
  4. スライド上にコントロールを描画します。

    Shockwave Flash Object ActiveX コントロールがスライド上に表示されます。

Shockwave Flash アニメーション ファイルと関連付ける

Shockwave Flash コントロールを使用して Flash アニメーション ファイルを再生するには、次の手順を実行します。
  1. 挿入した Shockwave Flash コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [Movie] プロパティをクリックし、再生する *.swf ファイルの完全な URL (Uniform Resource Locator) またはドライブ パスを値のボックスに入力します。
  3. [Playing] プロパティが [True] に設定されていることを確認します。

    : ActiveX コントロールのこのリンクが原因で、プレゼンテーション パックでは Flash アニメーション ファイルをパックできません。このアニメーションを他のコンピュータで使用する場合は、次のいずれかの方法を使用します。

    • アニメーション ファイルをネットワーク共有上または Web サーバー上で利用できるようにします。

      または

    • アニメーション ファイルを別の場所に移動してから、コントロールのプロパティの、ファイルへのパスを更新します。

PowerPoint 2007

Flash Player がコンピュータにインストールされていることを確認し、次の手順を実行します。
  1. PowerPoint で、アニメーションを再生するスライドを標準モードで表示します。
  2. Microsoft Office ボタンをクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。
  3. [基本設定] をクリックし、[PowerPoint の使用に関する基本オプション] の [[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  4. [開発] タブで、[コントロール] の [コントロールの選択] をクリックします。
  5. コントロールの一覧で [Shockwave Flash Object] をクリックし、[OK] をクリックします。スライド上でドラッグしてコントロールを描画します。
  6. サイズ変更ハンドルをドラッグし、コントロールのサイズを変更します。
  7. Shockwave Flash Object を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  8. [全体] タブで、[Movie] プロパティをクリックします。
  9. 値の列 ([Movie] の隣の空白セル) に、再生する Flash ファイルの完全なドライブ パス (C\:MyFile.swf などのようにファイル名を含む) または URL (Uniform Resource Locator) を入力します。

関連情報

Shockwave Flash の入手方法については、次の Shockwave Web サイトを参照してください。
http://www.shockwave.co.jp/
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 291875 - 最終更新日: 2007年6月14日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbautomation kbslideshow kbactivexscript kb3rdparty KB291875
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com