接続マネージャーのルート管理

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291950
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、接続マネージャーは、汎用的な説明します。クライアント ダイヤラー接続ソフトウェアを使用してカスタマイズすることができますが、接続マネージャー管理キット (CMAK)。

詳細

コンピューターからダイヤルアップ リモート ネットワークへ接続または、仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続の変更、ルーティング、テーブルパケットのフローを制御します。この接続が確立された後は、Microsoft のリモート アクセス クライアントは新規作成をポイントする新しい既定のルートを作成します。接続します。結果として、1 つのネットワークに接続されているコンピューターの場合ですないのパケットを別のネットワークへの新しい接続を確立します。すぐにアドレスのサブネット、ダイアル アップをルーティング接続します。

この現象が発生した 1 つの一般的な状況VPN 接続で企業ネットワークにインターネット経由でです。これ接続が確立、(たとえば、Microsoft のインターネットへの接続をすべてInternet Explorer 接続) するせず、手動で変更することはできません。ルーティング テーブル。

接続マネージャーの展開のようなことができます。CmRoute の接続操作を使用してテーブルの変更をルーティングします。これアクションの既定のルート項目に関連付けられている情報を使用して、ルーティング ・ テーブルを関連するユーザー インターフェイスを識別するには接続します。CmRoute でこの情報を使用してベースのルートの新しいセットを作成するのにはネットワーク管理者によって提供される、ルーティング テーブルのエントリ。

CmRoute では、2 つの方法は、ルーティング情報を指定する必要があります。
  • ルーティング ファイル上で静的ルートを渡すことができます。ユーザのコンピューターです。このファイルは、ネットワーク管理者によって一部として準備します。接続マネージャー プロファイルのです。
  • 追加のルートにリモート サーバーからダウンロードできます。統一されたリソース ロケーター (URL) の既定の場所をクライアント毎回です。接続されています。(存在する場合)、その他のルート テーブルの静的と処理します。ルートのテーブル (存在する場合)。両方のルート ファイルの構文をサポートしているため 追加削除 コマンドでは、このような追加のルートを追加または置換静的ルートのファイルに定義されているエントリ。
は、 ルーティング テーブルの更新 CMAK では、ダイアログ ボックスは、CmRoute を使用することができます接続アクションとの接続を分散ルーティング テーブルへのパス管理者のプロファイルです。このファイルには変更するルート エントリの修正が含まれています。クライアントです。

ルート テーブルの構文

ルーティング テーブルの更新ファイルをテキスト形式のファイルです。作成し、Microsoft Windows のメモ帳など、任意のテキスト エディターでを編集します。

テーブル内のエントリの構文に基づいて、 コマンド ターゲット マスク ネットマスク ゲートウェイ メトリック メトリックコマンドです。

「既定値」のエントリ、CmRoute が使用されますまた、既定のルートを取得、次の値を置き換えることができます。エントリです。

ルート エントリの例:

192.168.1.0 の追加マスク255.255.255.0 デフォルトのメトリックの既定値と既定値

ルーティング テーブルの変更の例

接続マネージャーの接続が確立される前にします。

変更が加えられる前に、これは通常のルート テーブルです。
Windows IP Configuration


Ethernet adapter Local Area Connection 2:

        Connection-specific DNS Suffix  . :
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 10.1.1.2
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
        Default Gateway . . . . . . . . . : 10.1.1.3


===========================================================================
Interface List
0x1 ........................... MS TCP Loopback interface
0x2 ...00 c0 4f 86 d8 72 ...... 3Com 3C905TX-based Ethernet Adapter (Generic
===========================================================================
===========================================================================
Active Routes:
Network Destination        Netmask          Gateway       Interface  Metric
          0.0.0.0          0.0.0.0         10.1.1.3        10.1.1.2       1
         10.1.1.0    255.255.255.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
         10.1.1.2  255.255.255.255        127.0.0.1       127.0.0.1       1
   10.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
        127.0.0.0        255.0.0.0        127.0.0.1       127.0.0.1       1
        224.0.0.0        240.0.0.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
  255.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
Default Gateway:          10.1.1.3
===========================================================================
Persistent Routes:
  None
				


接続マネージャーの接続後に行われます。

この例は、接続マネージャーの接続を確立した後です。(と、 リモート ネットワークでデフォルト ゲートウェイを使用します。 オプション(CmRoute が、ゲートウェイを取得する場所、有効になっている) が CmRoute する前に開始します。情報):
Windows IP Configuration


Ethernet adapter Local Area Connection 2:

        Connection-specific DNS Suffix  . :
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 10.1.1.2
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
        Default Gateway . . . . . . . . . : 10.1.1.3

PPP adapter Virtual Private Connection:

        Connection-specific DNS Suffix  . :
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 6.6.6.7
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.255
        Default Gateway . . . . . . . . . : 6.6.6.7



===========================================================================
Interface List
0x1 ........................... MS TCP Loopback interface
0x2 ...00 c0 4f 86 d8 72 ...... 3Com 3C905TX-based Ethernet Adapter (Generic
0x100004 ...00 53 45 00 00 00 ...... WAN (PPP/SLIP) Interface
===========================================================================
===========================================================================
Active Routes:
Network Destination        Netmask          Gateway       Interface  Metric
          0.0.0.0          0.0.0.0          6.6.6.7         6.6.6.7       1
          0.0.0.0          0.0.0.0         10.1.1.3        10.1.1.2       2
          6.6.6.7  255.255.255.255        127.0.0.1       127.0.0.1       1
    6.255.255.255  255.255.255.255          6.6.6.7         6.6.6.7       1
         10.1.1.0    255.255.255.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
         10.1.1.2  255.255.255.255        127.0.0.1       127.0.0.1       1
   10.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
        127.0.0.0        255.0.0.0        127.0.0.1       127.0.0.1       1
        224.0.0.0        240.0.0.0          6.6.6.7         6.6.6.7       1
        224.0.0.0        240.0.0.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
  255.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
Default Gateway:           6.6.6.7
===========================================================================
Persistent Routes:
  None

				


CmRoute の実行後。

この例では、次のよう ルートを追加します。 ステートメント内の CmRoute ファイルです。
192.168.1.0 の追加マスク 255.255.255.0 デフォルトのメトリックが既定値と既定値

===========================================================================
Interface List
0x1 ........................... MS TCP Loopback interface
0x2 ...00 c0 4f 86 d8 72 ...... 3Com 3C905TX-based Ethernet Adapter (Generic
0x100004 ...00 53 45 00 00 00 ...... WAN (PPP/SLIP) Interface
===========================================================================
===========================================================================
Active Routes:
Network Destination        Netmask          Gateway       Interface  Metric
          0.0.0.0          0.0.0.0          6.6.6.7         6.6.6.7       1
          0.0.0.0          0.0.0.0         10.1.1.3        10.1.1.2       2
          6.6.6.7  255.255.255.255        127.0.0.1       127.0.0.1       1
    6.255.255.255  255.255.255.255          6.6.6.7         6.6.6.7       1
         10.1.1.0    255.255.255.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
         10.1.1.2  255.255.255.255        127.0.0.1       127.0.0.1       1
   10.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
      192.168.1.0    255.255.255.0          6.6.6.7         6.6.6.7       1
        127.0.0.0        255.0.0.0        127.0.0.1       127.0.0.1       1
        224.0.0.0        240.0.0.0          6.6.6.7         6.6.6.7       1
        224.0.0.0        240.0.0.0         10.1.1.2        10.1.1.2       1
  255.255.255.255  255.255.255.255         10.1.1.2        10.1.1.2       1
Default Gateway:           6.6.6.7
===========================================================================
Persistent Routes:
  None
				

プロパティ

文書番号: 291950 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB291950 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:291950
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com