Visual Studio アドインがクラッシュする「TargetInvocationException」エラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2923556 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

アドインまたは統合パッケージ実行中に、Microsoft Visual Studio 2013年が型 System.Reflection.TargetInvocationException の未処理の例外が予期せず終了します。

アプリケーション イベント ログに記録するようなアプリケーション エラーが表示されます。

障害が発生したアプリケーション名: devenv.exe、バージョン: 12.0.21005.1、タイム ・ スタンプ: 0x524fcb34
障害が発生したモジュール名: KERNELBASE.dll、バージョン: 6.1.7601.18229、タイム ・ スタンプ: 0x51fb10c6
例外コード: 0xe0434352
フォールトのオフセット: 0x0000812f
障害が発生したプロセス id: 0xe3c
アプリケーションの起動時にフォールト: 0x01cf0b21c6346ea8
障害が発生したアプリケーションのパス: C:\Program ファイルの Visual Studio の 12.0\Common7\IDE\devenv.exe
障害が発生したモジュール パス: C:\Windows\system32\KERNELBASE.dll

これと同様に、元 withtext と byan のイベントを .NET ランタイムに従います。

アプリケーション: devenv.exe
フレームワークのバージョン: v4.0.30319
説明: プロセスが未処理の例外によって終了します。
例外情報: System.Reflection.TargetInvocationException
スタック:
で System.RuntimeMethodHandle.InvokeMethod (System.Object System.Object [、System.Signature、ブール値)
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.UnsafeInvokeInternal (System.Object System.Object、System.Object[]) に
System.Delegate.DynamicInvokeImpl(System.Object[]) で
System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall (System.Delegate、System.Object、Int32) で
で MS。Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen (System.Object、System.Delegate、System.Object、Int32、System.Delegate)
System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeImpl() で
System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeInSecurityContext(System.Object) で
で System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (System.Threading.ExecutionContext、System.Threading.ContextCallback、System.Object、ブール値)
で System.Threading.ExecutionContext.Run (System.Threading.ExecutionContext、System.Threading.ContextCallback、System.Object、ブール値)
System.Threading.ExecutionContext.Run (System.Threading.ExecutionContext、System.Threading.ContextCallback、System.Object) に
System.Windows.Threading.DispatcherOperation.Invoke() で
System.Windows.Threading.Dispatcher.ProcessQueue() で
System.Windows.Threading.Dispatcher.WndProcHook (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr、ブール値の ByRef) で
で MS。Win32.HwndWrapper.WndProc (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr、ブール値の ByRef)
で MS。Win32.HwndSubclass.DispatcherCallbackOperation(System.Object)
System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall (System.Delegate、System.Object、Int32) で
で MS。Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen (System.Object、System.Delegate、System.Object、Int32、System.Delegate)
で System.Windows.Threading.Dispatcher.LegacyInvokeImpl (System.Windows.Threading.DispatcherPriority、System.TimeSpan、System.Delegate、System.Object, Int32)
で MS。Win32.HwndSubclass.SubclassWndProc (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr)

原因

Thisissue はコード 2013年で、Visual Studio IDE で変更し、.NET System.IO.File クラスで解析に有効なパス名がないドキュメントが影響を受けるために発生します。Visual Studio は、TargetInvocationException として IDE でに格納されているこれらのドキュメントを開くときが見つかりませんをスローします。

解決方法

回避するか、ドキュメント名が有効な Win32 ファイル名であることを確認することによって問題を回避できます。

この問題は、Visual Studio の 2013年更新 2 とそれ以降のバージョンの Visual Studio で修正されました。

詳細

次に、TargetInvocationException の例のコール スタックを示します。これは、未処理の例外をキャプチャし、SOS 拡張機能を使用して、マネージ例外の呼び出し履歴を表示する WindDdbg、デバッガーに表示される、プロセスのダンプ ファイルから。


CLR の例外の種類: System.Reflection.TargetInvocationException
「例外がスローされた呼び出しのターゲットです。」
エラー: シンボル ファイルが見つかりませんでした。デフォルトの C:\Windows\system32\KERNELBASE.dll のためのシンボルをエクスポートするには
eax = 0027eb88 ebx 00000005 ecx = 00000005 edx = = 00000000 の esi 0027ec48 edi = = 00000001
eip = 7528812f esp ebp の 0027eb88 = 0027ebd8 iopl = = 0 nv ei pl nz の ac pe を nc
cs = 001b ss 0023 ds = 0023 es の = 0023 fs = 003b gs = 0000 efl の = = 00200216
KERNELBASE!RaiseException + 0x54:
7528812f c9 のままに
0:000 >! loadby sos clr
0:000 >! so。PrintException
例外オブジェクト: 136eb7f8
例外の種類: System.Reflection.TargetInvocationException
メッセージ: 呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。
InnerException: が見つかりませんを使用します。PrintException の 136e9f10 に詳細を参照してください。
スタック トレースが (生成された)。
SP の IP 関数
00000000 00000001 mscorlib_ni!System.RuntimeMethodHandle.InvokeMethod (System.Object System.Object [、System.Signature、ブール値) + 0x2
0033BEC8 60D99BC1 mscorlib_ni!System.Reflection.RuntimeMethodInfo.UnsafeInvokeInternal (System.Object System.Object で System.Object[])+0xc1
0033BEEC 60D904B6 mscorlib_ni!System.Delegate.DynamicInvokeImpl (System.Object [) + 0x76
0033BF00 6079C5BD WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall (System.Delegate、System.Object、Int32) + 0xad
0033BF20 6079C49A WindowsBase_ni! MS。Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen (System.Object、System.Delegate、System.Object、Int32、System.Delegate)+0x3a
0033BF64 6079EE4C WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeImpl () + 0xac
0033BF9C 6079ED88 WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeInSecurityContext (System.Object) + 0x38
0033BFA4 60E14157 mscorlib_ni!System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (System.Threading.ExecutionContext、System.Threading.ContextCallback、System.Object、ブール値) + 0xa7
0033 C 010 60E14096 mscorlib_ni!System.Threading.ExecutionContext.Run (System.Threading.ExecutionContext、System.Threading.ContextCallback、System.Object、ブール値) + 0x16
0033 C 024 60E14051 mscorlib_ni!System.Threading.ExecutionContext.Run (System.Threading.ContextCallback、System.Threading.ExecutionContext、System.Object)+0x41
0033C03C 6079EC9B WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.DispatcherOperation.Invoke () + 無送信
0033 C 074 6079B21B WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.Dispatcher.ProcessQueue () + 0x16b
0033C0B8 6079B3DA WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.Dispatcher.WndProcHook (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr、ブール値の ByRef) + 0x5a
0033 C 104 6079C75B WindowsBase_ni! MS。Win32.HwndWrapper.WndProc (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr、ブール値の ByRef) + 0x9b
0033 C 140 6079C6AB WindowsBase_ni! MS。Win32.HwndSubclass.DispatcherCallbackOperation (System.Object) + 0x6b
0033C 150 6079C 562 WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall (System.Delegate、System.Object、Int32) と 0x52
0033 C 170 6079C49A WindowsBase_ni! MS。Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen (System.Object、System.Delegate、System.Object、Int32、System.Delegate)+0x3a
0033C1B4 6079AABE WindowsBase_ni!System.Windows.Threading.Dispatcher.LegacyInvokeImpl (System.Windows.Threading.DispatcherPriority、System.TimeSpan、System.Delegate、System.Object、Int32) + 0x10e
0033 C 208 6079BFF1 WindowsBase_ni! MS。Win32.HwndSubclass.SubclassWndProc (IntPtr、Int32、IntPtr、IntPtr) + 0xf1
00000000 00000001 System_Windows_Forms_ni!System.Windows.Forms.UnsafeNativeMethods+IMsoComponentManager.FPushMessageLoop (IntPtr、Int32, Int32) + 0x2
0033C4D8 5C35DFC7 の System_Windows_Forms_ni!System.Windows.Forms.ComponentManagerProxy.System.Windows.Forms.UnsafeNativeMethods.IMsoComponentManager.FPushMessageLoop (IntPtr、Int32, Int32) + 0x27
0033C4F0 5BBBF8D1 System_Windows_Forms_ni!System.Windows.Forms.Application+ThreadContext.RunMessageLoopInner (Int32, System.Windows.Forms.ApplicationContext)+0x155
0033 C 540 5BBBF742 System_Windows_Forms_ni!System.Windows.Forms.Application+ThreadContext.RunMessageLoop (Int32, System.Windows.Forms.ApplicationContext)+0x4a
0033C56C 5BB67004 System_Windows_Forms_ni!System.Windows.Forms.Application.DoEvents () + 0x18
0033 C の 574 0682B972 MyAddin!初期化 () + 0x6fa

StackTraceString:<none>
HResult: 80131604

最初の例外のスローを示しています。

0:000 > です。PrintException 136e9f10
例外オブジェクト: 136e9f10
例外の種類: が見つかりません
メッセージ: パスの無効な文字です。
InnerException。<none>
スタック トレースが (生成された)。</none></none>Br/> SP IP 関数
0033BA18 617FFD07 mscorlib_ni!System.IO.Path.CheckInvalidPathChars (System.String, Boolean) + 0xa68db7
0033BA28 60E05936 mscorlib_ni!System.IO.Path.GetExtension (System.String) + 0x16
0033BA40 6D60F8E7 Microsoft_VisualStudio_Shell_UI_Internal_ni!Microsoft.VisualStudio.Services.VsImageService.GetIconForFileEx (System.String、Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.__VSUIDATAFORMAT、Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.__VSIconSource の ByRef) + 0x3f
0033BA64 6D60F88C Microsoft_VisualStudio_Shell_UI_Internal_ni!Microsoft.VisualStudio.Services.VsImageService.GetIconForFileEx (Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.__VSUIDATAFORMAT、System.String、UInt32 ByRef) + 0x14
0033BA74 16D5ABD8 Microsoft_VisualStudio_Platform_WindowManagement_ni!Microsoft.VisualStudio.Platform.WindowManagement.UtilityMethods.GetDocumentTabImage (System.String, Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.__TABIMAGEFLAGS ByRef) + 0x38
0033BA90 6DE8F8F6 Microsoft_VisualStudio_Platform_WindowManagement_ni!Microsoft.VisualStudio.Platform.WindowManagement.WindowFrame.UpdateDocumentIcon () + 0x131e2a

StackTraceString:<none>
HResult: 80070057

この既知の原因の 1 ついるドキュメントの名前に引用符を埋め込むには。内部例外について説明するサンプル C# コードは次のとおりです。</none>
static void Main(string[] args) { string path = null; path = @"A09F9925-32BC-47E1-9DC0-1F71C64E9A6E@SAMPLE.""ADEFUSR0"""; string extension = System.IO.Path.GetExtension(path); }
このコードが見つかりません GetExtension 呼び出しにスローされます。

プロパティ

文書番号: 2923556 - 最終更新日: 2014年6月27日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio Premium 2013
  • Microsoft Visual Studio Professional 2013
  • Microsoft Visual Studio Ultimate 2013
キーワード:?
kbmt KB2923556 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2923556
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com