Sysvol および DFS 複製物セットの journal_wrap エラーのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 292438
Notice
この資料では Microsoft Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 をサポートする、2010 年 7 月 13日が終了することに注意します。次のマイクロソフト web サイトから Windows 2000 移行の計画の開始点です。 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ファイル レプリケーション サービス (FRS) はマルチ スレッドには、LMREPL (LanMan レプリケーション) を置き換えるマルチ マスター レプリケーション エンジンサービスでは、3.x および 4.0 のバージョン Windows NT を使用します。 Windows 2000 ドメインのコント ローラーおよびサーバー FRS を使用してシステム ポリシーとログオン スクリプトをレプリケートします。Windows 2000 およびそれ以前のクライアントは、システム ボリューム内にあります。(Sysvol)。

FRS は Windows 2000 サーバー間でコンテンツをレプリケートできます。同一のフォールト トレラント分散ファイル システム (DFS) ルートまたは子ノードのレプリカをホストします。

FRS が使用され、USN 変更ジャーナルは、NTFS ファイル システムに依存している方法について説明します。

詳細

USN ジャーナルをすべて記録した固定サイズのログです。NTFS 5.0 フォーマットのパーティションを変更します。NTFRS のモニター、NTFS USN ジャーナル ファイルを FRS でファイルが閉じて限り、ディレクトリを複製FRS が実行されています。

十分な数の場合はジャーナル ラップ エラーが発生します。最後の USN 変更こと方法で FRS がオフになっている間に発生した変更FRS のシャット ダウンが実行中に記録された USN ジャーナルに存在します。起動します。リスクを変更に FRS のファイルとフォルダーのツリーを複製することです。サービスを無効にしたときに発生した可能性がありますとのレコードはありませんが変更が USN ジャーナルに存在します。FRS、データ不整合を防止するのにはジャーナル ラップ ステータスをアサートします。

FRS でメンテナンスを実行するにはレプリカ セットのメンバー、管理者、FRS サービスを長時間の停止時間です。この例では、管理者は、潜在的な影響は気付かない可能性があります。また、エラー条件を月FRS サービスが停止する原因としてこれ、ジャーナル ラップ エラーが発生します。で非常に大規模なレプリカ セットのレプリカ可能性がオーソリテイティブ ・ リストア中に次のエラー (BURFLAGS = の D4)。
journal_wrap_error
回復するには、対象となるレプリカのメンバーを初期化する必要があります、権限のない復元 (BURFLAGS = D2) では同期ファイルを既存の入力方向のパートナー。この初期化をかかる可能性があります。大規模なレプリカ セット。

コンピューター システムの次のバージョンの Ntfrs.exe ファイルのバージョンを実行する場所の状況を考えます。
  • Windows 2000(2195 バイナリ)
  • Windows 2000 Service Pack 1 (SP1)
  • SP1 の修正プログラム (WINSE ビルド5298)
このシナリオでは、権限のない復元処理手動で起動する必要があります。これを行うには、BURFLAGS を設定する必要があります = D2 Windows NT でレジストリに。

バージョンを使用している Windows 2000 コンピューターは、Ntfrs.exe ファイルから Windows 2000 Service Pack2 (SP2) または Windows 2000 SP2 修正プログラムから (WINSE 11773)、サービス プログラムの権限のない復元の実行journal_wrap_error が検出された場合。

既定では、バージョンの Ntfrs.exe ファイルWindows 2000 からサービス パック 3 (SP3) および Windows 2000 SP3 修正プログラムは、自動の非オーソリティブ ・ リストア (たとえば、SP3 葉を実行しません。コンテンツとして 2195年および SP1 左コンテキストをインプレース) ときはジャーナル ラップ エラーが検出されました。SP3 バージョンの NTFRS を構成することができます SP2 のように機能する場合、"ジャーナル ラップの自動復元を有効にする] のレジストリ エントリを 1 に設定します。次のレジストリ サブキーには。
HKLM\System\Ccs\Services\Ntfrs\Parameters
重要です このレジストリ設定を使用することはお勧めしません、また、この設定に使用されるバージョンの Windows の Windows 2000 Service Pack 3 のバージョン後しないでください。FRS メンバー DFS または SYSVOL レプリカ セットの権限を持たない復元を実行するために推奨される方法は、FRS の BurFlags レジストリ値を使用します。BurFlags レジストリ値を使用する方法の詳細については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照してくださいに、次の資料番号をクリックしてください。
290762 BurFlags レジストリ キーを使用して、ファイル レプリケーション サービスのレプリカの再初期化を設定します。
削減するのには、適切なオプションを次に示しますジャーナル ラップ エラー:
  • 負荷が高い状態に、FRS でレプリケートされたコンテンツボリューム。
  • FRS サービスを実行している注意してください。
  • FRS によってレプリケートされたコンテンツの中に変更を加えるを避けるためにサービスは無効です。
  • USN ジャーナルのサイズを大ききます。
FRS が常に実行する必要がありますにするサービスです。Windows ドメイン コント ローラーと DFS の FRS でレプリケートされたセットのメンバー。

場合は、USN ジャーナルのサイズを増やすし、仕訳帳のような変更の数を増やすためジャーナル「に」保留中、これが減少する可能性は、USN ジャーナル折り返しが発生します。USN ジャーナルのサイズを変更するには、以下を設定してレジストリ キー:
「Ntfs ジャーナル サイズ (mb 単位)」の HKLM\System\CCS\Services\NTFRS\Parameters\ (REG_DWORD)
有効な設定の範囲は、8 〜 128 メガバイト (MB) です。は、既定値は 32 MB です。この設定は、ホストしているすべてのボリュームに適用されます。FRS レプリカ ツリーで。停止し、NTFRS サービスを再起動する必要があります。USN ジャーナルのサイズが増加します。ただし、USN ジャーナルを小さくにはサイズ、FRS でレプリケートされたが含まれているすべてのボリュームを再フォーマットする必要があります。内容。

USN ジャーナル ファイルが保持できる変更の数次の数式を使用して計算できます。
ジャーナルのサイズ/((60 bytes + (length of file name)) * 2)
この数式の数値「2」から仕訳帳のエントリが 2 つに由来します。各ファイルの変更: を開く/閉じるの 1 の 1。ジャーナルのサイズによって除算をサイズ変更できる変更の概数を決定するのにあたり前に、ジャーナル ラップ エラーが発生します。ファイル名を「8.3」のファイル形式であること前提とする場合は、次マッピング約 200,000 のファイルおよびディレクトリの 32 MB のジャーナル ファイルを得るために。は、長いファイル名を使用している場合は、変更の数以下になります。

でWindows 2000 Service Pack 2 は 8 〜 128 MB、および既定値の有効な値の範囲は32 MB です。Windows 2000 Service Pack 3 で、4 の有効な値の範囲10,000 MB、既定値は 512 MB。これらの設定はすべてのボリュームに適用します。FRS レプリカ ツリーをホストします。

ガイドラインとして、マイクロソフトことを示します、128 MB のジャーナルでは、レプリケーションによって管理される 100,000 個のファイルすべてを構成します。ボリュームです。

関連情報

詳細については詳細は、内のアーティクルを表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
221111レジストリの FRS エントリの説明
290762 BurFlags レジストリ キーを使用して、ファイル レプリケーション サービスのレプリカの再初期化を設定します。
291165 多数のファイルやディレクトリを含むプライマリ メンバーで FRS を表明します。

プロパティ

文書番号: 292438 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbproductlink kbmt KB292438 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:292438
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com