[IIS] HOWTO: Windows 2000 インデックス サービスを汎用クラスタ サービスとしてセットアップする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 292542 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP292542
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料には、マイクロソフト製品サポート サービスによってサポートされない構成に関する情報が含まれています。この資料は情報の提供を目的としており、マイクロソフトはこの構成が正しく機能することを保証するものではありません。
注意 : これは、マイクロソフトで承認された構成ではありません。この構成は、インデックス サービスと Window 2000 クラスタ サービスの既知の制限事項を回避するために任意に使用していただく解決策です。インデックス サービスをこの資料で説明するとおりに構成する際は、ユーザーの責任の下に行ってください。これらの構成については、最善の努力はいたしますが、サポート対象ではありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

インデックス サービスを開始し、Web サイトのカスタム カタログの作成を開始後、Web インスタンスとディスク リソースを 2 つ目のノードに移動すると、カスタム Web サイト カタログは停止します。この動作は仕様です。ディスク リソースをノード A からノード B に移動するには、ディスクのインデックス化により発生するファイル ロックを解除しなければなりません。これは、カタログを停止することにより行えます。ただし、IIS サーバー インスタンスとディスク リソースをノード A に戻した後も、カタログは手動で開始しない限りはオフラインのままとなります。

インデックス サーバーのカタログは動的なものではなく、クラスタ インスタンスが戻ったときにも自動的には開始されません。クラスタ環境内でインデックス サービスが動的にカタログを再開するように構成するには、3 つの方法があります。この資料では、その 3 つの構成すべてについて説明します。

: この資料で説明する操作手順は、IIS を正常にクラスタ化し、IIS リソース グループをエラーの発生なしにノード間で移動できるようになった後にのみ実行してください。

詳細

構成 1 : バッチ ファイルを使ってインデックス サービスを再起動する

クラスタ アドミニストレータを使って、コマンド実行によりインデックス サービスを再起動するバッチ ファイルを汎用アプリケーションとして構成するには、次の手順を実行します。

  1. インデックス サービスを停止し、開始させるバッチ ファイルを、次の手順に従って作成します。

    1. デスクトップを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[テキスト ドキュメント] をクリックします。
    2. ドキュメントに「Index.Bat」という名前を付けます。
    3. [Index.Bat] を右クリックし、[編集] をクリックします。
    4. net stop cisvc net start cisvc と入力します。
    5. Index.Bat を保存して閉じます。
    6. Index.Bat を Inetpub ディレクトリに移動します。
    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、 [新規作成] をポイントして、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに「Index Batch」という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  2. クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、 [新規作成] をポイントして、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに「Index Batch」という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  3. Web リソース グループを右クリックし、 [新規作成] をポイントして、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに「Index Batch」という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  4. 新しいリソースに「Index Batch」という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  5. リソースの種類として [汎用アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  6. [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  7. [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  8. [汎用アプリケーション パラメータ] で、次のとおり入力します。

    1. [コマンド ライン] に、cmd /k <ドライブ文字>:\inetpub\index.bat と入力します。
    2. [現在のディレクトリ] に、「<ドライブ名>:\inetpub\」と入力します。
    3. [デスクトップとの対話をアプリケーションに許可する] チェック ボックスをオフにします。
    4. [ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにします。
    5. [完了] をクリックします。
    [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  9. [インデックス サービス] スナップインを開きます。

    [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  10. [インデックス サービス] スナップインをクリックすると、右側の詳細ウィンドウにカタログの状態が表示されます。

    クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  11. クラスタ アドミニストレータで、新しい [Index.bat] インスタンスをオンラインにします。 インデックス サービス (Indexing Service) が停止してから再開することを確認してください。

    Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  12. Web リソース グループを右クリックし、反対のノードに移動します ( カスタム Web カタログ が停止したことを確認します)。

    グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。
  13. グループを元に戻します (サービスが再起動され、カタログがオンラインになっていることを確認します)。

構成 2 : クラスタ汎用サービスを使って、クラスタ サービスがインデックス サービスを制御できるようにする

この構成では、クラスタ アドミニストレータを使って、インデックス サービスを汎用クラスタ サービスとしてセットアップします。この構成でのインデックス サービスには、独立した 2 つのローカル カタログを持たせます。これには、インデックス サービスにノード A 上の Web サイト コンテンツをインデックス化する許可を与えてから、IIS リソースをノード B に移動し、ノード B 上のインデックス サービスに Web サイト コンテンツをインデックス化させる必要があります。

インデックス サービスを、独立した 2 つのカタログを持つ汎用クラスタ サービスとしてセットアップするには、次の手順を実行します。

  1. ノード A でクラスタ アドミニストレータを開き、IIS クラスタ インスタンスがノード A に所有されていることを確認します。このようになっていない場合は、IIS クラスタ グループをノード A に移動します (クラスタ アドミニストレータを最小化します)。

    ノード A で、[インデックス サービス] スナップインを開きます (または、管理ツールの [コンピュータの管理] スナップインを開きます)。

    次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所のパス (ローカル パス) を選択します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  2. ノード A で、[インデックス サービス] スナップインを開きます (または、管理ツールの [コンピュータの管理] スナップインを開きます)。

    次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所のパス (ローカル パス) を選択します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  3. 次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所のパス (ローカル パス) を選択します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  4. クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  5. ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  6. クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  7. Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  8. 新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  9. リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  10. [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  11. [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  12. [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  13. [レジストリの複製] ダイアログ ボックスでは何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  14. 新しい インデックス クラスタ サービス をオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  15. 次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開きます。このノードでは、インデックス サービスは停止しています。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
これで、同一の Web サイト コンテンツをインデックス化する 2 つの独立したカタログを持つクラスタ インデックス サービス インスタンスができました。

構成 3 : クラスタ汎用サービスを使って、クラスタ サービスが共有カタログを持つインデックス サービスを制御できるようにする

この構成では、クラスタ アドミニストレータを使って、インデックス サービスを汎用クラスタ サービスとしてセットアップします。この構成でのインデックス サービスには、IIS インスタンスのコンテンツが置かれている同じ共有ディスク上に、1つの共有カタログを持たせます。このため、この構成では、インデックス サービスにノード A 上の Web サイト コンテンツのインデックス化を許可するだけです。インデックス サーバー インスタンスがノード B に移動されたときには、ノード A にあるカタログを利用できるため、インデックス化し直す必要はありません。この構成を採用すると、クラスタ メンバに障害が発生したときの回復が早くなります。ただし、カタログが破損したときには両方のインデックス サービスに影響が及ぶというリスクがあります。

: カタログ破損の危険性を減らすには、Web グループ共有ディスク上にカタログ コンテンツを置き、Web グループにインデックス サービス インスタンスを置かなければなりません。また、インデックス サービス クラスタ インスタンスがディスク リソース、ネットワーク名、および IIS サーバー インスタンスの 3 つすべてに依存していなければなりません。

インデックス サービスを、1 つの共有カタログを持つ汎用クラスタ サービスとしてセットアップするには、次の手順を実行します。

  1. ノード A で、クラスタ アドミニストレータを開き、IIS クラスタ インスタンスがノード A に所有されていることを確認します。このようになっていない場合は、IIS クラスタ グループをノード A に移動します (クラスタ アドミニストレータを最小化します)。

    ノード A で、[インデックス サービス] スナップインを開きます (または、管理ツールの [コンピュータの管理] スナップインを開きます)。

    次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所 (IIS の Web コンテンツを置く共有ディスク リソース) のパス (ローカル パス) を指定します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します (これにより、ノード B は、このノード上のカタログをセットアップしたときにディスク リソースに接続できるようになります)。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  2. ノード A で、[インデックス サービス] スナップインを開きます (または、管理ツールの [コンピュータの管理] スナップインを開きます)。

    次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所 (IIS の Web コンテンツを置く共有ディスク リソース) のパス (ローカル パス) を指定します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します (これにより、ノード B は、このノード上のカタログをセットアップしたときにディスク リソースに接続できるようになります)。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  3. 次の手順に従って、新しいカタログを作成します。

    1. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします ([カタログの追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    2. カタログの名前を入力し、カタログを置く場所 (IIS の Web コンテンツを置く共有ディスク リソース) のパス (ローカル パス) を指定します。[OK] をクリックします。
    3. 次のような警告メッセージが表示されます。
      インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです。
    4. 新しいカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    5. [<カタログ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追跡] タブをクリックします。
    6. [WWW サーバー] ボックスで、このカタログでインデックス化するサイトを選択し、[OK] をクリックします。
    7. [インデックス サービス] スナップインを右クリックし、[停止] をクリックしてから [開始] をクリックして、インデックス サービスを再起動します。
    8. インデックス サービスが Web サイトをインデックス化するまで待ってから、インデックス サービスを停止します。
    クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します (これにより、ノード B は、このノード上のカタログをセットアップしたときにディスク リソースに接続できるようになります)。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  4. クラスタ アドミニストレータを開き、Web グループをノード B に移動します (これにより、ノード B は、このノード上のカタログをセットアップしたときにディスク リソースに接続できるようになります)。

    ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  5. ノード B に対して手順 3. を繰り返します (カタログがサイトのインデックス化を完了し、インデックス サービスを停止する手順まで実行したら、次の手順に進みます)。

    クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  6. クラスタ アドミニストレータを開きます。

    Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  7. Web リソース グループを右クリックし、[新規作成] をポイントし、[リソース] をクリックします。

    新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  8. 新しいリソースに Indexing Service という名前を付けます。

    リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  9. リソースの種類として [汎用サービス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  10. [実行可能な所有者] として両方のノードを選択し、[次へ] をクリックします。

    [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  11. [依存関係] で [ディスク]、[ネットワーク名]、および [IIS サーバー インスタンス] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  12. [汎用サービス パラメータ] の [サービス名] ボックスに CISVC と入力し、 [起動パラメータ] は空白のままにし、[ネットワーク名をコンピュータ名として使う] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  13. [レジストリの複製] ダイアログ ボックスには何も入力せずに [完了] をクリックします。

    新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  14. 新しいインデックス クラスタ サービスをオンラインにします。

    次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
  15. 次の手順に従って、Web グループを両ノード間で移動し、インデックス サービスがオンラインになりカタログが正常に機能するのを確認して、フェール オーバーをテストします。

    1. Web グループを所有していない方のノードで [インデックス サービス] スナップインを開き、インデックス サービスを停止します。
    2. クラスタ アドミニストレータを開いて、Web グループを右クリックし、[グループの移動] をクリックします。
    3. クラスタ アドミニストレータでインデックス クラスタ サービスがオンラインになったときにインデックス サービスがオンラインになることを、[インデックス サービス] スナップインで確認します (もう一方のノードでも、同じ手順を繰り返します)。
これで、Web サイト コンテンツをインデックス化する 1 つの共有カタログを持つクラスタ インデックス サービス インスタンスができました。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 292542 (最終更新日 2001-06-29) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 292542 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows Indexing Service 2.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto KB292542
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com