Windows 2000 Datacenter Server で 16 GB を超えるメモリが見つからない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 292934 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP292934
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows 2000 Datacenter Server を起動したときに、サーバーに 16 GB を超えるメモリが存在する場合でも、サイズが 16 GB を超えるメモリが認識されないことがあります。

原因

この問題は、Windows 2000 Datacenter Server に 16 GB を超える物理メモリが搭載され、さらに Boot.ini ファイルで設定される /3GB スイッチと /PAE スイッチの両方を使用して再起動された場合に発生する可能性があります。

状況

この動作は仕様です。

詳細

/3GB スイッチを使用してコンピュータを起動した場合、カーネル領域は 1 GB のメモリに制限されます。また、適切にコンパイルされたプログラムは、プログラムが通常割り当てることができる 2 GB のメモリではなく、3 GB までのメモリを割り当てることができます。

/PAE スイッチを使用してコンピュータを起動すると、ページ テーブル エントリ (PTE) のサイズは 4 KB から 8 KB に増えます。ユーザーがメモリを変換するときに必要となる PTE の数は、コンピュータのメモリ量が増えるにつれて増加します。

/3GB スイッチを使用した場合、カーネル モードの領域は、通常の 2 GB ではなく 1 GB に制限されます。コンピュータに大量のメモリがある場合は、カーネル領域の減少、PTE サイズの増加、PTE 利用の増加の組み合わせが原因で、サーバーが追加メモリのインデックスを作成できないことがあります。また、サーバーが応答を停止することもあります。

コンピュータが起動され、/PAE スイッチと /3GB スイッチが使用されたことが検出されると、オペレーティング システムは 16 GB を超えるメモリがあっても認識しません。/3GB スイッチを使用せずにコンピュータを起動した場合は、コンピュータは 64 GB までの使用可能なメモリをすべて見つけることができます。この機能は、既知の条件と、32 ビット プラットフォームでの大量のメモリ構成に対するサポートの提供に関する制限から、オペレーティング システムの安定性を守ります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
283037 Windows Server 2003 および Windows 2000 では大容量メモリのサポートが使用できる
266650 Windows 2000 Datacenter Server ベースのコンピュータで実行される BackOffice プログラムのサポートに関する情報
189327 [NT DDK] プロセスアドレス空間にアダプタ RAM をマッピング
詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

AWE メモリの管理

Address Windowing Extensions and Microsoft Windows 2000 Datacenter Server

プロパティ

文書番号: 292934 - 最終更新日: 2014年2月11日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhardware kbenv kbprb kbproductlink KB292934
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com