文書番号: 293078 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP293078
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows XP では、次のいずれかの STOP エラー メッセージが表示されることがあります。
STOP 0x000000EA THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER
STOP: 0x100000EA THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER_M

原因

この問題は、ビデオ ハードウェアがアイドル状態になるまで待機している間に、グラフィックス アダプターが無限ループに入ると発生します。これは、ビデオ ハードウェアに関する問題、またはグラフィックス アダプターのプログラムでハードウェアが正しく処理されない問題が発生していることを示しています。

この STOP エラー メッセージは、対象が物理デバイスではないビデオ アダプター ドライバーでも発生することがあります。たとえば、この STOP エラー メッセージは、Symantec PCAnywhere で使用される仮想ビデオ アダプター ドライバーで発生することがあります。このエラー メッセージが表示されるコンピューターに、PCAnywhere がインストールされている場合は、Symantec の Web サイトを参照して、使用しているバージョンの PCAnywhere 用の修正プログラムが入手できるかどうかを確認してください。

解決方法

この問題を解決するには、以下の方法を記載されている順に、問題が解決するまで実行します。

この資料に記載されている最初の 4 つの方法は、初級レベルから中級レベルのユーザーを対象としています。最後の 2 つの方法は、高度なトラブルシューティングについて取り扱っているので、上級レベルのユーザーを対象としています。

この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

方法 1: Windows エラー報告ツールを使用する

Windows エラー報告ツールを使用して、マイクロソフトにエラーを送信し、利用可能な修正プログラムまたは回避策を確認できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. マイクロソフトにエラー報告を送信するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[エラー報告を送信する] をクリックします。
  2. 修正プログラムまたは回避策が利用可能な場合は、[詳細情報] をクリックします。こうすると、修正プログラムまたは問題の回避策に関する情報を入手できます。
この方法で問題が解決した場合、作業は完了です。STOP エラー メッセージが引き続き発生する場合には、方法 2 に進みます。

方法 2:ビデオ アダプターの最新版のドライバーをインストールする

Windows XP でビデオ アダプターの最新版のドライバーを検出およびインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.update.microsoft.com/
この方法で問題が解決した場合、作業は完了です。STOP エラー メッセージが引き続き発生する場合には、方法 3 に進みます。

方法 3:ビデオ カードの製造元に問い合わせ、最新版のドライバーを入手してインストールする

ドライバーはソフトウェアの一種です。お使いのコンピューターでビデオが閲覧できるようになります。お使いのコンピューターに付属のマニュアルを参照し、ビデオ カードの製造元を確認します。次に、最新版のドライバーを入手してインストールするため、以下の一覧のリンクを使用して、ビデオ カードの製造元の連絡先情報を見つけ出します。ハードウェア ベンダーおよびソフトウェア ベンダーの連絡先情報の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors/ja
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

この方法で問題が解決した場合、作業は完了です。STOP エラー メッセージが引き続き発生する場合には、方法 4 に進みます。

方法 4:ビデオ カードを交換する

ビデオ カードを交換する方法に関する情報については、お使いのコンピューターに付属のマニュアルを参照してください。

この方法で問題が解決した場合、作業は完了です。STOP エラー メッセージが引き続き発生し、ユーザーが高度なトラブルシューティングの手順に慣れている場合には、「高度なトラブルシューティング」セクションに進みます。

ユーザーが高度なトラブルシューティングの手順に慣れている場合、役に立つ可能性のあるリソースを追加するため、「次の手順」セクションに進むこともあります。

高度なトラブルシューティング

これらの方法は上級レベルのユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。サポート担当者への問い合わせ方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja#tab0

方法 1: デバイス ドライバーを無効にするか更新する

  1. Microsoft ハードウェア互換性リスト (HCL) を調べて、コンピューター内の PCI デバイスが Windows XP と互換性があることを確認します。ハードウェアの互換性の情報を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトをクリックしてください。
    http://support.microsoft.com/kb/314062/ja
  2. ビデオ アダプター ドライバーを最新版に更新します。
  3. STOP エラー メッセージの中にドライバーの名前がある場合には、そのドライバーを無効にするか削除します。
  4. 最近追加したすべてのドライバーとサービスを無効にするか削除します。
注: 起動中にエラーが発生し、システム パーティションで NTFS ファイル システムを使用している場合には、セーフ モードを使用して、問題のあるドライバーの名前を変更したり、ドライバーを削除したりすることができます。セーフ モードでのシステムの起動処理で、そのドライバーが使用されている場合には、そのファイルを使用するために、回復コンソールを使用してコンピューターを起動する必要があります。 セーフ モードのビデオ アダプター ドライバーの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
292460 Windows XP のセーフ モードでビデオ アダプター ドライバーのトラブルシューティングを行う方法
注: この問題が Win32k.sys ファイルに関連している場合は、サードパーティ製のリモート制御プログラムが原因である可能性があります。そのサービスを削除するには、回復コンソールを使用してコンピューターを起動した後、該当するシステム サービス ファイルを削除します。

この方法で問題が解決した場合、作業は完了です。STOP エラー メッセージが引き続き発生する場合には、方法 2 に進みます。

方法 2:ハードウェア アクセラレータを調整する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[画面] をダブルクリックします。
  2. [設定] タブの [詳細設定] をクリックし、[トラブルシューティング] タブをクリックします。
  3. [ハードウェア アクセラレータ] スライダーを [なし] (一番左) に移動して、[ライト コンバインを有効にする] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] を 2 度クリックします。
注: この手順を実行すると、グラフィックス アダプターのプログラムによってハードウェアが誤って制御されることがなくなりますが、一部の表示機能が使用できなくなり、パフォーマンスが低下することがあります。ハードウェア アクセラレータの設定を [なし] より高いレベルに設定して機能とパフォーマンスを回復することはできますが、これによって問題が再発する可能性が大きくなります。最大限の安定性を確保するには、ハードウェア アクセラレータを無効にします。

次の手順

この方法で問題が解決しなかった場合は、Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用して他の解決方法を検索することもできます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。
  • サポート技術情報検索: マイクロソフト製品に関するテクニカル サポート情報とセルフ サポート ツールを検索できます。
  • 製品別サポート ページ: 製品別のよく寄せられる質問や新着サポート技術情報を参照します。
  • マイクロソフト ニュースグループ: 他のユーザーやマイクロソフト MVP (Most Valuable Professionals) から情報を得ることができます。
  • その他のサポート オプション: Web を使用した質問、Microsoft Customer Support Services への問い合わせ、フィードバックの送信を行うことができます。
これらのマイクロソフト Web サイトを使用した後に質問が残っている場合、または Microsoft Support Services の Web サイトで解決策を見つけられない場合には、次のリンクをクリックして、サポートに問い合わせてください。
http://support.microsoft.com/contactus?ln=ja#tab0
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 293078 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 9.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbresolve kbtshoot kbenv kberrmsg kbhardware kbprb KB293078
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com