アプリケーションのワーキング セットは、最上位のウィンドウを最小化するとトリムします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 293215
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

アプリケーションのトップレベルのときからウィンドウを最小化、 最小限に抑える コマンドからは、 システム メニューまたはをクリック、 最小限に抑える ボタンをオペレーティング システムはプロセスのワーキング セットをトリミングされます。これは、フォア グラウンド アプリケーションをメモリを解放する行われます。そのメモリ ページが RAM に障害が発生して中ですのでこのトリミングの結果として、パフォーマンスが非常に普及して、プロセスをことがあります。

詳細

アプリケーションのトップレベルのウィンドウ プログラム SW_MINIMIZE コマンド ShowWindow() API を呼び出すことによって最小の場合は、プロセスのワーキング セットが除去されます。ただし、ページはワーキング セットになります いない ウィンドウ ShowWindow() を使用して、SW_SHOWMINIMIZED コマンドを使ってプログラムによって最小化するとトリミング。

プロセスのワーキング セットの物理 RAM にプロセスに現在表示されてメモリ ページのセットです。ページが常駐しており、ページ フォールトをトリガーせずに使用するアプリケーションであるために、このメモリへのアクセスは高速です。

SetProcessWorkingSetSize() API「-1」を渡すときに両方を呼び出すことによって設定、独自の作業プロセスを明示的にトリミングできますが dwMinimumWorkingSetSizedwMaximumWorkingSetSize パラメーターです。これは、基本的に方法は、最上位のウィンドウを最小化すると、システム プロセスをトリムです。これは、プロセスによって使用されるメモリ ページが RAM から直ちに破棄するようにわけではありません。実際には、これらのページは非常にしばらくの間常駐残ります。システムを他のプロセスを必要に応じて使用できるようにするには、単なるフラグが立ちます。これは、システムの標準的なトリミング アルゴリズムで待っているよりも大幅に高速です。

ウィンドウが最小の 最小限に抑える コマンドからは、 システム メニューまたは 最小限に抑える ボタンをウィンドウ WM_SYSCOMMAND メッセージは、SC_MINIMIZE コマンドが送信されます。呼び出し元 DefWindowProc() にこのメッセージは、システムの既定のウィンドウ プロシージャをウィンドウ プロシージャを通過すると、既定のプロシージャ呼び出し ShowWindow() SW_MINIMIZE コマンドを使用してメッセージを処理します。前述したように、これはプロセスのワーキング セットをトリミングするのになります。

トリム ワーキング セットをしなくても最小限に抑えることができます、アプリケーションを記述できます。これを行うには、トップ レベル ウィンドウのウィンドウ プロシージャ WM_SYSCOMMAND メッセージを傍受し、ShowWindow() を呼び出すことによって SC_MINIMIZE コマンドと SW_SHOWMINIMIZED コマンドに直接応答する必要があります。SC_MINIMIZE コマンドに DefWindowProc() は渡さないでください。

サンプル コード

既定のウィンドウ プロシージャをバイパスし、プロセスのワーキング セットがトリミングされてから防ぐためには、WM_SYSCOMMAND メッセージを割り込むウィンドウ プロシージャを記述する方法の例を次に示します。
LRESULT CALLBACK WndProc (HWND hWnd, UINT iMsg, WPARAM wParam, 
      LPARAM lParam) {

   switch (iMsg) {

      case WM_SYSCOMMAND:
         if (wParam == SC_MINIMIZE) {

            // programmatically minimize the window
            ShowWindow(hWnd, SW_SHOWMINIMIZED);

            // do not pass the minimize command on to the system's
            // default window procedure
            return 0;
         }

         // allow other system commands to be passed on to the
         // default window procedure
         break; 

      // handle other window messages here...
      case WM_WHATEVER:
         break;
   }

   return DefWindowProc(hWnd, iMsg, wParam, lParam);
}
				

プロパティ

文書番号: 293215 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbapi kbmemory kbkernbase kbprb kbmt KB293215 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:293215
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com