追加 CMDistributionPoint コマンドレット、構成マネージャーの設定、ServerRemoteName の値が正しくないです。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2935813 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 使用する、 追加 CMDistributionPoint PowerShell コマンドレットを Microsoft システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 (SP1) を新しいリモート配布ポイント (DP) を作成するための累積的な更新 1 で導入されました。
  • 新しい DP と同じのリモートの場所では、クライアントのコンテンツが必要な展開を作成し、コンテンツを展開するのには、新しい DP。
このシナリオで、クライアント (CA またはスタンドアロン プライマリ) は、階層にインストールされている最初のサーバーからコンテンツをダウンロードしようが見つかります。階層の最初のサーバーはスタンドアロンのプライマリ コンテンツをホストしている DP は場合、クライアントは正常にコンテンツをダウンロードします。これは、クライアント上での DataTransferService.log のエントリで表示されます。

原因

これは、追加 CMDistributionPoint PowerShell コマンドレットが間違って設定ServerRemoteName配布ポイントのプロパティの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を階層の最初のサーバーのです。このため、クライアントは最適な配布ポイントからコンテンツをダウンロードするを選択します。クライアントは、ローカル (同じ IP サブネット、同じ Active Directory サイト、やなど) に基づいて選択が、間違った FQDN を使用して、DP との通信に。

解決方法

この問題を解決するには、累積的な更新プログラム 3 のシステム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 (SP1) をインストールします。この累積的な更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2882125 システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 3 の説明

回避策

この問題を回避するには、DP の ServerRemoteNameのプロパティを修正することによって。次の VBScript の例を確認し、1 つまたは複数の配布ポイント用の必要に応じて、このプロパティを修正します。

'Sample script to connect to the SMS provider for a specific site server (argument 1)
' for a specific site code (argument 2) and
' and correct ServerRemoteName for a specified DP (argument 3) in a specified site (argument 4) if it does not match ServerName.

On Error Resume Next

'Validate command line arguments

Set args=wscript.arguments

If args.Count = 4 then
strProviderSiteServer = WScript.Arguments(0)
strProvSiteCode = UCASE(WScript.Arguments(1))
strDPServer = WScript.Arguments(2)
strDPSiteCode = UCASE(WScript.Arguments(3))
Else
wscript.Echo "Incorrect command line arguments." & vbCrLf
wscript.Echo "Usage: cscript //nologo CorrectServerRemoteName.VBS <ProviderServer> <ProvSiteCode> <DPServer> <DPSiteCode>" & vbCrLf
wscript.Echo "Example: cscript //nologo CorrectServerRemoteName.VBS Server01 CAS DPServer PRI" & vbCrLf
WScript.Quit(1)
End If

'Connect to the provider on the specified site server

strProviderSiteServer = "\\" + strProviderSiteServer + "\"
Set ObjSDKConn = GetObject("winmgmts:" & "{impersonationLevel=Impersonate,authenticationLevel=Pkt}!" & strProviderSiteServer & "root\sms\site_" & strProvSiteCode)

If Err.number <> 0 then
wscript.Echo "Connecting to the provider failed with code: " & Err.number
WScript.Quit(2)
End If

'Query for the specified DP

strQuery = "Select * from SMS_SCI_SysResUse where RoleName='SMS Distribution Point' and SiteCode='" & strDPSiteCode & "' and NetworkOSPath like '%" & strDPServer & "%'"
Set ObjQueryResult = ObjSDKConn.ExecQuery(strQuery)

If Err.number <> 0 then
wscript.Echo "Querying for the specified DP server failed with code: " & Err.number
WScript.Quit(3)
End If

If ObjQueryResult.Count < 1 Then
wscript.Echo "Querying for the specified DP server succeeded but no DPs were returned."
WScript.Quit(4)
End If

'Loop through the list of DPs returned

wscript.Echo "Found " & ObjQueryResult.Count & " DPs matching the specified name."

For each ObjDP in ObjQueryResult
wscript.Echo
strServeName = Replace(ObjDP.NetworkOSPath,"\","")

For each ObjProp in ObjDP.Props
If ObjProp.PropertyName = "Server Remote Name" then
If strServeName = ObjProp.Value1 then
wscript.Echo "ServerName and ServerRemoteName both match as '" & strServeName & ". Not making any change to this DP."
Else
wscript.Echo "ServerRemoteName for " & strServeName & " is " & ObjProp.Value1 & ". Correcting."
ObjProp.Value1 = strServeName
ObjDP.Put_

If Err.number <> 0 then
wscript.Echo "Saving the change failed with code: " & Err.number
Else
wscript.Echo "Successfully updated the property."
End If
End If
End If
Next
Next

詳細

この問題の修正プログラムは、製品の今後の更新プログラムに含まれる予定です。

プロパティ

文書番号: 2935813 - 最終更新日: 2014年2月26日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1
キーワード:?
kbmt KB2935813 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2935813
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com