文書番号: 293623 - 対象製品
重要 この資料では、Office 2000 および Visual Studio 6 (SP3 より前のバージョン) に含まれるスクリプト デバッガー (Pdm.dll) の旧バージョンで発生することがある Internet Explorer のクラッシュのきわめて限定的な問題について説明します。「現象」セクションに示されているエラー レポートの詳細を確認し、モジュール名の下に Pdm.dll Version 6.0.0.8169 が示されていない場合、この資料は適用されません。

Internet Explorer が応答しない、動作を停止した、再起動するなど、Internet Explorer のその他の問題が発生している場合は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/mats/ie_performance_and_safety/ja
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

エクスプローラー、Internet Explorer、または MSN Explorer で、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
問題が発生したため、Internet Explorer を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
エラー メッセージで、メッセージ ボックスの下にある [ここをクリックしてください] リンクをクリックします。この特定のエラーの場合、以下のエラー署名の情報が表示されます。
Program Name   Program Version   Module Name   Module Version   Offset
   ------------------------------------------------------------------------
Explorer.exe   various           Pdm.dll       6.0.0.8169       0001259d
Iexplore.exe   various           Pdm.dll       6.0.0.8169       0001259d
Netdocs.exe    various           Pdm.dll       6.0.0.8169       0001259d
Msn6.exe       various           Pdm.dll       6.0.0.8169       0001259d
表示されたエラー署名情報がこれと一致しない場合、この資料は適用されません。

原因

このエラー メッセージは、Pdm.dll ファイルが古い場合に発生します。

解決方法

この解決方法では、スクリプト デバッグを無効にするか、Pdm.dll ファイルを更新する必要があります。スクリプト デバッグ機能が必要な場合は、Pdm.dll ファイルを更新する必要があります。Pdm.dll ファイルのバージョンを更新するには、「製品更新プログラム Web サイトから Pdm.dll の更新プログラムをダウンロードする」セクションに進みます。そうでない場合は、このエラーを回避するために、Internet Explorer でスクリプト デバッグを無効にします。Windows XP を実行している場合は、ガイド付きヘルプを使用してスクリプト デバッグを無効にします。その他のオペレーティング システムを実行している場合は、「スクリプト デバッグを手動で無効にする」セクションに進みます。

ガイド付きヘルプをダウンロードしてスクリプト デバッグを自動的に無効にする

この解決方法は Windows XP でのみ使用できます。別のオペレーティング システムを実行している場合は、「スクリプト デバッグを手動で無効にする」セクションに進み、Internet Explorer でスクリプト デバッグをオフにします。スクリプト デバッグを無効にしない場合は、「製品更新プログラム Web サイトから Pdm.dll の更新プログラムをダウンロードする」セクションに進みます。

スクリプト デバッグを手動で無効にする

この解決方法はすべてのオペレーティング システムで使用できます。スクリプト デバッグを無効にしない場合は、「製品更新プログラム Web サイトから Pdm.dll の更新プログラムをダウンロードする」セクションに進みます。

Internet Explorer でスクリプト デバッグを手動で無効にするには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブで、[ブラウズ] の [スクリプトのデバッグを使用しない (Internet Explorer)] チェック ボックスおよび [スクリプトのデバッグを使用しない (その他)] チェック ボックス (存在する場合) をオフにします。
  4. [OK] をクリックし、コンピューターを再起動します。
この方法で問題が解決した場合、作業は完了していることになります。

これらの手順でエラー メッセージの問題が解決されない場合は、「製品更新プログラム Web サイトから Pdm.dll の更新プログラムをダウンロードする」セクションに進みます。

製品更新プログラム Web サイトから Pdm.dll の更新プログラムをダウンロードする

この解決方法は、Windows 98 および Windows Millennium Edition (Me) を除くすべてのオペレーティング システムで使用できます。スクリプト デバッグ機能を残しておく必要がある場合は、この解決方法を使用します。スクリプト デバッグを修復して使用する場合は、Pdm.dll ファイルを更新する必要があります。Pdm.dll ファイルを更新するには、以下で説明している適切な更新プログラムをインストールします。

: Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) を搭載している場合、以下の更新プログラムにより Pdm.dll ファイルの更新されたバージョンはインストールされません。唯一の解決策はオペレーティング システムを更新することです。

Microsoft Visual Studio 6.0 を実行している場合は、Microsoft Visual Studio 6.0 Service Pack 5 (SP5) 以降のバージョンにアップグレードします。この更新プログラムをダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照し、[サービス パック] リンクをクリックし、ダウンロードする Service Pack のバージョンをクリックします。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/vstudio/aa718353.aspx
Microsoft Script Debugger を Windows 2000、Windows NT 4.0、Windows Server 2003、または Windows XP で実行している場合は、新しいバージョンにアップグレードします。

: これらのオペレーティング向けのスクリプト デバッガー更新プログラムは入手可能ですが、サポートされていません。この更新プログラムは引き続きダウンロードして使用できます。

この更新プログラムをダウンロードしたり、詳細を確認したりするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=22185
これらの更新プログラムで問題が解決した場合、作業は完了していることになります。

これらの更新プログラムをダウンロードしてインストールしてもエラー メッセージが表示される場合は、「次の手順」に進んでください。このセクションには、サポート窓口へのお問い合わせ方法が記載されています。

次の手順

この資料の手順でエラー メッセージの問題が解決しなかった場合は、サポートに問い合わせるか、Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用して他の解決方法を検索することができます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。
  • サポート技術情報検索: マイクロソフト製品に関するテクニカル サポート情報とセルフ サポート ツールを検索できます。
  • 製品別サポート ページ: 製品別のよく寄せられる質問や新着サポート技術情報を参照します。
  • その他のサポート オプション: Web を使用した質問、Microsoft Customer Support Services への問い合わせ、フィードバックの送信を行うことができます。
これらのマイクロソフト Web サイトを使用した後に質問が残っている場合、または Microsoft Support Services の Web サイトで解決策を見つけられない場合には、次のリンクをクリックして、サポートに問い合わせてください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 293623 - 最終更新日: 2013年3月29日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Internet Explorer 5.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbresolve kbhowto kbacwsurvey kbdownload kbprb KB293623
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com