VeriSign 発行の誤ったマイクロソフト証明書を無効にする更新プログラム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 293811 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP293811
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

2001 年 3 月、VeriSign 社は、マイクロソフトの従業員になりすました個人に対して 2 件のデジタル証明書を発行したことを公表しました。この問題の詳細は、マイクロソフトのセキュリティ情報 MS01-017 で説明されています。VeriSign 社では、これらの証明書を無効にし、VeriSign の最新の証明書失効リスト (CRL) に記載しましたが、VeriSign のコード署名証明書では CRL 配布ポイント (CDP) が指定されていないため、ブラウザの CRL 確認機構を使用して VeriSign の CRL をダウンロードして使用することができません。マイクロソフトでは、この問題を修正する更新プログラムを開発しました。この更新プログラム パッケージには、この 2 つの証明書が記載された CRL と CDP 機構を使用せずにローカル コンピュータで CRL を調べるインストール可能な無効化ハンドラが含まれています。

注意事項

  • Internet Explorer または Windows をアップグレードまたは再インストールした場合には、この更新プログラムを再インストールする必要があります。また、単一のディスク ブランドを含む、IEAK パッケージをインストールした場合にも、この更新プログラムを再インストールする必要があります。

    : Windows XP、Windows 2000 SP2、または Internet Explorer 6 にアップグレードした場合、この更新プログラムを再インストールする必要はありません。
  • この更新プログラムで提供している CRL ではなく、ローカルにある VeriSign の CRL を手動で使用する場合は、完全な VeriSign の CRL の有効期間は短く、1 週間ごとに更新する必要があることに注意してください。
  • この更新プログラムをインストールする以前に、完全な VeriSign の CRL を手動でインストールしていた場合は、更新プログラムのインストール後に新しいバージョンの CRL をインストールする必要があります。
この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
293818 VeriSign 発行の不正なデジタル証明書による、なりすましの危険
不正な証明書を識別する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
293817 VeriSign 発行の不正なコード署名証明書を識別する方法
これらの証明書の信頼の状態を無効にする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
293816 不正なデジタル証明書を信頼しているかどうかを判断する方法
VeriSign Commercial Software Publishers CA を信頼されたルート ストアから削除する方法の詳細情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
293819 信頼されたルート ストアからルート証明機関を削除する方法

詳細

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Crlupd.exe
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 この更新プログラムは、以下のオペレーティング システムで、Internet Explorer 4.01 Service Pack 2、Internet Explorer 5.01 Service Pack 1 または Service Pack 2、および Internet Explorer 5.5 Service Pack 1 を使用してテストされています。
  • Windows 95
  • Windows 98
  • Windows 98 Second Edition
  • Windows Millennium Edition (Me)
  • Windows NT 4.0 Workstation SP4、SP5、または SP6a
  • Windows NT 4.0 Server および Server Enterprise Edition の SP4、SP5、または SP6a
  • Windows NT 4.0 Server、Terminal Server Edition、SP4、SP5、または SP6
  • Windows 2000 Professional、Server、Advanced Server、または Datacenter Server (製品版または SP1)
: この更新プログラムは任意のバージョンの Internet Explorer にインストールできますが、上記のバージョンの組み合わせでのみテストされています。この更新プログラムは、Internet Explorer 4.0 以前のバージョンの Internet Explorer では動作しません。マイクロソフトでは、Internet Explorer 5 以降にアップグレードしてから、この更新プログラムをインストールすることを強く推奨します。

最新版の Internet Explorer を入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/default.asp

プロパティ

文書番号: 293811 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server Service Pack 5
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server Service Pack 6
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 1
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 2
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 3
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 5
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 5
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbgraphxlinkcritical kb3rdparty KB293811
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com