インストール可能なファイル システム ドライブとマイクロソフトの Web 記憶域システム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 294312 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料は、レジストリを変更する方法について。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、インストール可能なファイル システム (IFS)、SharePoint Portal Server を使用する Microsoft Web 記憶域システムへのアクセスを提供するについて説明します。 既定では、IFS が SharePoint Portal Server のインストール中にマウントされていません。

詳細

次のタスクの IFS アクセスを使用できます。
  • ドキュメント ライブラリへの読み取り専用アクセス
  • Microsoft FrontPage サーバー拡張
  • IFS によって Web Storage System 開発
サーバー管理者は場合、SharePoint Portal Server コンピューターの Microsoft Windows エクスプローラーで、IFS アクセスできます。 SharePoint Portal Server はネットワーク ドライブ M を IFS を通常マップします既にそのドライブを使用するマッピングがない限りします。 IFS を使用する SharePoint Portal Server が使用する Web Storage System の内容を表示できますが、このアクセスは読み取り専用です。

: はいない IFS (ネットワーク ドライブ M) 作成やに使用 SharePoint Portal Server フォルダーまたはドキュメント、フォルダーまたはドキュメントにセキュリティを割り当てるフォルダーまたはドキュメントのプロパティを編集します。 SharePoint Portal Server ロールおよび構成オプションをサポートされている Web フォルダーのインターフェイスを使用すると使用できます。 IFS セキュリティ属性を操作すると、結果データの損失に SharePoint Portal Server に関連付けられたロール情報に干渉がする可能性があります。 、、のドキュメント プロファイルを作成するなどのワークスペース管理機能は、Web フォルダーのインターフェイスだけを使用する場合も使用できます。 さらに、使用しないで ActiveX データ オブジェクト (ADO) または OLE DB SharePoint Portal Server フォルダーまたはドキュメント上でセキュリティを構成するのにください。

セットアップ中に M ドライブおよび操作を修復する SharePoint Portal Server のセットアップの使用。 次の問題がありますが発生します。
  • M ドライブが Microsoft Windows NT バックアップをバックアップの除外一覧に追加します。 Windows NT バックアップ ユーティリティは、["M"としてマウントされているすべてのドライブが表示されません。 Windows NT のバックアップ ユーティリティを使用してこの構成をリセットします。
  • 空いているドライブ文字がない、修復オプションのセットアップの失敗します。 修復オプションを成功させるのには、別のドライブを切断する必要があります。

マウント ドライブ M を一時的にする方法

  1. の開始 ] をクリックしてポイント プログラム に、 [アクセサリ] の順 ] をポイントして [ コマンド プロンプト ] をクリックします。
  2. subst M: \\.\backofficestorage を入力して Enter を押します。

    M ドライブがマップされて既に場合は任意の利用可能なドライブ文字が使えます。 このコマンドを実行した後、ドライブが表示されない場合、サーバーを再起動もう一度コマンドを実行します。

ドライブ M を完全にマウントする方法

警告 : 深刻な問題として、オペレーティング システムの再インストールする必要がありますが生じるレジストリ エディターを誤って使用する場合。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。
  1. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
  2. regedit を入力し、 [OK] を実行します。
  3. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EXIFS\Parameters
  4. [ パラメーター ] して、詳細ウィンドウでの [ ドライブ文字 ] をダブルクリックします。
  5. 値のデータ では、 M を入力し、 [OK] 。 M ドライブがマップされて既に場合は任意の利用可能なドライブ文字が使えます。
  6. レジストリ エディタを終了します。
  7. サーバーを再起動してください。

プロパティ

文書番号: 294312 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Portal Server 2001
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB294312 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:294312
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com