動的 DNS の Active Directory 統合ゾーンを再インストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 294328
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。 2010 年 7 月 13日両端の Windows 2000 をサポートします。 は、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 から移行の計画の開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

動的 DNS の Active Directory 統合ゾーンを再インストールする方法について説明します。

詳細

次の状況下で、ダイナミック DNS では、Windows 2000 Active Directory を再インストールすることができます。
  • 複数の DNS エラーが発生したし、メソッドが成功しなかった。
  • DNS には、次のように依存するサービス、ファイル レプリケーション サービス (FRS)、および Active Directory が失敗しています。また、標準のトラブルシューティング手順が問題の原因を見つけるにできなかった。
  • セカンダリ DNS サーバーとして製作された DNS または DNS サーバーからコピーされたファイルは動的更新をサポートしていません。
  • など、内部および外部の名前空間を分割より良い名前空間設計を作成します。
DNS および DNS キャッシュを消さなければならないとしています。長期的な安定性を設定するのには、1 つの Active Directory DNS サーバーを再構築する必要があります。

次の手順、欠陥について Active Directory 統合 DNS を削除できます。
  1. DNS ゾーン ファイルのプロパティに移動し、「標準プライマリ」に変更します。
  2. DNS ゾーン ファイルを %Systemroot%\Winnt\System32\DNS フォルダーを削除します。
  3. Active Directory ユーザーとコンピューター オブジェクトを削除します。
  4. で、 ビュー メニューをクリックして 高度な機能を展開、 システム フォルダーをクリックして MicrosoftDNS、し、ゾーン ファイル オブジェクトを削除します。
  5. Active Directory 統合 DNS サーバーごとに、手順 1 〜 3 を繰り返します。
  6. 最初の Active Directory 統合の DNS サーバーの伝送制御プロトコル/インターネット プロトコル (TCP/IP) プロパティでは、それ自身にポイントします。その他の DNS サーバーでは、すべてを起動する最初の DNS サーバーをポイントします。

    メモ: フルおよび完全なゾーンの転送再構築プロセスの後、最初に Active Directory 統合 DNS サーバーからが発生したことを確認するまでにポイントするとその他の Active Directory 統合の DNS サーバーのプロパティを変更操作を行います。
  7. 適切な解像度を取得するのは DNS サーバー上の DNS クライアント リゾルバー キャッシュをオフにする必要があります。コマンド プロンプトで、入力します。 ipconfig/flushdns.
  8. 停止し、DNS と NetLogon サービスを再起動します。削除し、DNS サービスを再度追加します。

    メモ使用することができます、 net stop netlogon コマンドおよび net start netlogon 情報が DNS に登録する、NetLogon サービスをコマンドします。また、使用することができます、 net stop dnsnet start dns 停止し、DNS サービスを開始する、コマンド DNS が完全に削除されていない場合。または、停止してコントロール パネルの [サービス] で、NetLogon サービスおよび DNS サービスを開始または、コンピューターを再起動することができます。
DNS サーバーをオフにすると、プロセスは完了しました。Active Directory との統合を計画するその他の DNS サーバーで完了する必要があります。

次の手順は、DNS、Active Directory と FRS の強固な基盤を構築する支援できます。
  1. ドメインまたはフォレストの DNS 内の TCP/IP のプロパティで同じ DNS サーバーにすべての DNS サーバーを構成する:] を右クリックして [マイ ネットワーク]をクリックして [ローカル エリア接続を右クリックして [ローカル エリア接続をクリックして プロパティ、TCP/IP のプロパティを選択し、同じ DNS サーバーにすべての DNS サーバーをポイントします。クリックしても、 DNS の詳細設定 タブし、セカンダリ DNS サーバーが構成されていないことを確認します。
  2. DNS サービスを再度追加や Active Directory 統合を構成する、ゾーンを再度追加。トラブルシューティングの目的で、「動的更新を許可する」に設定することができます。 [はい].その後、この「できるセキュリティで保護された更新のみ」設定を変更できます。
  3. コマンドまたは、[コンピューターの管理スナップインを使用して、DNS サービスと NetLogon サービスを停止します。
  4. 実行、 ipconfig/flushdns コマンドをし実行、 ipconfig/registerdns コマンド。このコマンドは DNS と同様に、開始の機関 (SOA) の A リソース レコードを登録することができます。重要なその他のサーバーでこのコマンドを実行することができます。

    メモ: 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) クライアント サービスは、各ダイナミック DNS にレコードを登録するのには、これらのコンピューターで実行されている必要があります。コンピューターを DHCP クライアントかどうかは関係ありません。「開始」および「起動」種類を [自動] に設定するように設定してこのサービスが必要DHCP クライアント サービスはどのようなレコードで動的 DNS 登録です。([コンピューターの管理] スナップインの説明を参照します。)
  5. 最初の動的な DNS サーバーを active Directory 統合の DNS が動作してください。最初の DNS サーバーの TCP/IP のプロパティ] の下にその他の動的な DNS サーバーを指す必要があります。自分自身をその他の DNS サーバーを参照するのには、TCP/IP のプロパティを変更する前に、完全かつ完全なレプリケーション処理が発生したことを確認する必要があります。
DNS を構成する前に、DNS サーバー、およびリバース ルックアップ ゾーンのみをキャッシュするさまざまな DNS 名前空間アーキテクチャ、内部名前空間、外部の名前空間、子ドメインなどのメリットを調査する必要があります。次に、組織で使用できる、デザイン アーキテクチャを開発する方法を考慮してください。

プロパティ

文書番号: 294328 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbenv kbmt KB294328 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:294328
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com