BUG: sp_change_secondary_role エラー未処理のトランザクション ログのバックアップがある場合 3101 と失敗します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 294397
# をバグ: 352508 (SHILOH)
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

実行して、 sp_change_secondary_role 次の条件の両方に該当する場合ストアド プロシージャ、スタンバイ サーバーのログ配布ペアの 3101 エラー メッセージで失敗します。

  • 1 の値は渡されます、 @ 終了 引数です。これもこのパラメーターの既定値となります。
  • スタンバイ サーバーに適用するには、少なくとも 1 つの未処理のトランザクション ログがありません。
使用して、ログの復元ジョブ、スタンバイ サーバー上で実行するかどうかは、 本質は、xp_sqlmaint この時点で拡張プロシージャは出力になります。
データベースのソース - テスト
レプリケーション先のデータベースのテスト
[マイクロソフトの SQL で DMO (ODBC SQLState: 42000)]
エラー 3101: データベースが使用中なので [Microsoft] [ODBC SQL Server ドライバー] [SQL Server] への排他アクセスを取得できませんでした。
[マイクロソフト][SQL Server の ODBC ドライバー][SQL Server]RESTORE LOG が異常終了しています。
0 のファイルをロードします。
NULL
完成した負荷計画 SERVER1\INST1.test_logshipping

サーバー: メッセージ 22029、レベル 16、状態 1、行 0
sqlmaint.exe が失敗しました。

原因

場合は、次の 2 つのサーバー間でログ配布が構成されていると、スタンバイまたはセカンダリ サーバーをオンラインにする必要があります、実行できます、 sp_change_secondary_role ストアド プロシージャ、スタンバイまたはセカンダリ サーバーをオンラインにするのには、スタンバイ サーバー上です。実行するかどうかは、 sp_change_secondary_role ストアド プロシージャと、既定のパラメーターは、ストアド プロシージャはこれらのタスクを実行します。

  • スタンバイ データベースは、シングル ユーザー モードに設定します。
  • コピーする必要があります任意の不要なファイルをコピーします。
  • スタンバイ サーバー上のコピー ジョブを無効にします。
  • 未処理のトランザクション ログを復元します。
  • セカンダリ ・ サーバでデータベースをオンラインを表示します。
  • [ログ配布の計画表をいくつかハウスキーピングを実行、 msdb データベースがその情報を更新する必要があるので。
場合は、 sp_change_secondary_role ストアド プロシージャが値を渡される @ 終了= 1 (デフォルトでもあるの値を入力、 @ 終了 項目 1 が上記の順序でパラメーターの場合) を使用します。
ALTER DATABASE dbname SET SINGLE_USER
データベースの状態を変更して、復元操作を試みたときユーザー接続されていないことを確認するコマンドです。ただし、ALTER DATABASE ステートメントは接続を終了するまで、有効のままでデータベースを共有ロックを取得するになります。項目 2 と 4 を使用して実行、 本質は、xp_sqlmaint 拡張プロシージャでは、サーバーへの個別の接続が開き、ためこれら手順を使用、サーバー プロセス id (spid) とは異なる、 spid オリジナル sp_change_secondary_role 接続します。その結果、ストアド プロシージャの spid のブロックが、復元ログが保持されているロック共有データベース タスクに 本質は、xp_sqlmaint 完了しようとしています。そのためには、 sp_change_secondary_role プロシージャ 3101 エラー メッセージで失敗します。

回避策

このエラーを回避するには、以下の回避策のいずれかを使用します。
  • 実行前に未処理のトランザクション ログがないことを確認、 sp_change_secondary_role ストアド プロシージャです。実行する前にセカンダリ ・ サーバ上の復元ジョブを手動で実行 sp_change_secondary_role 未処理のトランザクション ログがないことを確認します。

    - または -
  • 0 の値を渡すことができませんでした、 @ 終了 パラメーター (@ terminate = 0)、実行中に、 sp_change_secondary_role ストアド プロシージャです。ただし、ユーザーは、復元ログが正常に動作することを確認するのには、ストアド プロシージャが実行される前に、データベースに接続しているユーザーがないことを確認します。

状況

Microsoft SQL Server 2000年に問題があることこのとして認識しています。

詳細

sp_change_secondary_role スタンバイ サーバーをオンラインにするときに、スタンバイ サーバー上で実行するシステム ストアド プロシージャです。

参照

Books Online を SQL Server です。トピック:「セットアップおよびログ配布のロール変更 (Transact-SQL) を実行する方法」

プロパティ

文書番号: 294397 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbbug kbpending kbmt KB294397 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:294397
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com