Internet Explorer には、オフにする」を表示する HTTP エラー メッセージを簡易」の機能、サーバー側でどのように

文書翻訳 文書翻訳
この資料では、サーバー上で「フレンドリ HTTP エラー メッセージ表示する」機能無効にする方法について手順を追って説明います。メモ 場合は、エンド ・ ユーザーが参照できます。 方法 1 ブラウザーの「フレンドリ HTTP エラー メッセージ表示する」機能オフにします。ことも、管理者に問い合わせて、Web サイトにこの URL アドレスに、このエラーが発生したことを知らせています。
すべてのユーザーに Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) バージョン 7.0 にアップグレードを強くお勧め Microsoft Windows Server 2008 を実行しています。IIS 7.0 は、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に増加します。IIS のセキュリティ関連のトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/security/prodtech/IIS.mspx
IIS 7.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.iis.net/default.aspx?tabid=1

この資料の内容

Show all imageすべて表示Hide all imageすべて非表示

Internet Explorer の「簡易」エラー メッセージについて

Internet Explorer から Web ページをアクセスするときに HTTP 500 をブラウザーに送信されるメッセージの実際のテキストが、Internet Explorer の「簡易」エラー メッセージをマスク可能性があります。できますをオフにするこの機能手動で各クライアントにはこの資料には「簡易」エラー メッセージの表示を抑制するいくつかのサーバー側の回避策も提供します。

HTTP 1.1 仕様によるインターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 は、500 が別の 1xxxxの 2、3xx、4xx、または"302 - Object Moved"など、5xxの状態コードで処理されないすべての応答のステータス コードを返します。 または、"404 - ファイルが見つかりません"。IIS 4.0 は RFC 2616 に厳密に従っていない、ため、Active Server Pages の ASP ベース Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) のエラー ステータス コード 200 が返されます。

頻繁に表示するステータス コードがいくつかあるが Internet Explorer を表示して、効果的にマスクはサーバーが送信したメッセージの「簡易」エラー メッセージ。ただし、これらの「簡易」エラー メッセージは、応答をクライアントに送信されるが、指定したしきい値以上の場合にのみ表示されます。たとえば、HTTP 500 応答の正確なテキストを表示するコンテンツの長さがあります 512 バイトよりも大きい。

実際の Web サーバーが送信するメッセージを表示するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Internet Explorer の簡易エラー メッセージを無効にするには

  1. Browseras で、わかりやすいエラー メッセージ] オプションをオフにするは、次のとおりです。
    1. Internet Explorer で、 ツール メニューのをクリックします インターネット オプション.
    2. で、 高度な タブの下で、 参照 セクションをクリックしてオフにします 簡易 HTTP エラー メッセージを表示します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
    3. ブラウザーを閉じます。
  2. Internet Explorer 管理者キットまたは SystemPolicies を使用してプッシュします 簡易 HTTP エラー メッセージを表示します。 クライアントにオプションを指定します。詳細については toconfigure、「カスタム ASP エラー」機能は、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/ie/bb219517.aspx

方法 2: を有効にして、IIS で、「カスタム ASP エラー」機能を構成します。

  1. IIS 5.0 では「カスタム ASP エラー」機能を使用して、サーバーが十分な文字を含む送信する theresponse を埋める、friendlyerror メッセージを無効にします。「カスタム ASP エラー」機能をダウンロードするには次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb727138.aspx
  2. パディング文字を実装します。これには、VBScript を使用します。 文字列 同じ文字の文字列を返す関数が onemore よりも、 ErrorThreshold Internet Explorer の簡易エラー メッセージを表示するを使用します。たとえば、500 のタグのすぐ前に次の行を追加-100.asp。
    <% Response.Write String(513, "_") %>
    					
  3. 構成を使用して、一般的な 500 エラー 入力 URL を = なく、500-100.asp 種類 = デフォルト.既定では、500 エラーを使用して構成されています。 種類 = デフォルト. 詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
    224070 カスタム ASP エラー ページを作成します。
    注: IIS は別の HTTP ステータス コードとしてクライアントに送信される HTTP 500 応答の一部を内部的に処理します。内部処理ステータス コードは、クライアントへの応答の前に 500 に変更されていることが送信されます。これは、ASP の場合 Response.Status メソッドです。このような場合は、カスタム ASP エラー コードが IIS の checkedinこのような状況を回避するには、を使用するステータス コードを指定する、インターネット サーバー ApplicationProgramming インターフェイス (ISAPI) フィルターをそのがクライアントに送信される IIS のページを処理します。

方法 3: IIS で応答を埋め込むには、ISAPI フィルターの Padresponse.exe を使用します。

効果的にパディングのすべての 500 応答の大きさに Internet Explorer では、「簡易」エラー設定を上書きできるようにするため、512 バイトよりも大きく、すべての HTTP 500 応答のコンテンツ長を ISAPI フィルターを使用します。Padresponse.exe は、サンプルの ISAPI フィルター (ソース コード) に基づいて、HTTP 500 ステータス コードを受信する)、クライアントに送信される応答にパディングをする方法を示した。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
Padresponse.exe を今すぐダウンロードします。
リリース日: 2001 年 4 月 27 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。ファイルは、ファイルに不正な変更を防ぐために役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示する下記事番号をクリックします。
261200 500-100.asp から ASP エラーの代わりに HTTP 500 エラーが表示されます。
150312 HOWTO に ISAPI フィルター ダイナミック リンク ライブラリをインストールします。
HTTP 1.1 仕様の詳細については、次の Web サイトを参照してください。

RFC 2616
簡易エラー メッセージと対応するエラーのしきい値をわかりやすいメッセージをオーバーライドするためのレジストリの場所を表示するすべてのステータス コードについては、以下をクリックして、資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
218155 ハイパー テキスト転送プロトコルのエラー メッセージの説明

この資料について

文書番号: 294807
最終更新日: 2014年6月20日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Internet Information Server 4.0, Microsoft Internet Information Services 5.0, Microsoft Internet Information Services 5.1
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:294807
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.