Windows XP または Windows Server 2003 でコンピュータ名の変更、ドメインへの参加、コンピュータの説明の追加を行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295017 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295017
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 で、コンピュータ名を変更する方法、ドメインに参加する方法、およびコンピュータの説明を追加する方法について説明します。

詳細

Windows XP

Windows XP ベースのコンピュータでコンピュータ名の変更、ドメインへの参加、またはコンピュータの説明の追加を行うには、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスの [コンピュータ名] タブを使用します。このタブを表示するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、sysdm.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[パフォーマンスとメンテナンス]、[システム] の順にクリックします。

コンピュータ名を変更する方法およびドメインまたはワークグループに参加する方法

コンピュータ名を変更する場合、およびドメインまたはワークグループに参加する場合は、次の手順を実行します。

警告 : コンピュータをドメインのメンバからワークグループのメンバに変更する前に、ローカルの Administrators グループ内のアカウントのユーザー名とパスワードで不明なものがないことを確認してください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
317049 ドメインからコンピュータを削除するとログオンできなくなる
  1. [コンピュータ名] タブをクリックし、[変更] をクリックします。
  2. [コンピュータ名の変更] ダイアログ ボックスで新しいコンピュータ名を入力します。
  3. [ドメイン] ボックスに新しいドメインを入力するか、[ワークグループ] ボックスに新しいワークグループを入力します。
  4. [詳細] をクリックして、プライマリ DNS サフィックスを変更します。

    : Windows XP Home Edition はドメインに参加できるように設計されていません。参加できるのはワークグループのみです。ドメインに参加するには、Windows XP Professional を使用してください。
  5. [OK] を 3 回クリックし、コンピュータを再起動します。

コンピュータの説明を追加する方法

コンピュータの説明を追加するには、[コンピュータ名] タブの [コンピュータの説明] ボックスに名前や説明を入力し、[適用] をクリックします。

ネットワーク ID ウィザード

これらの手順の実行方法がわからない場合は、ネットワーク ID ウィザードを使用できます。ネットワーク ID ウィザードを起動するには、次の手順を実行します。
  1. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[コンピュータ名] タブにある [ネットワーク ID] をクリックします。

    : このウィザードは Windows XP で導入された新しい機能です。このウィザードを使用すると、コンピュータをワークグループまたはドメインに参加させることができます。
  2. ウィザードで次の手順に進むには [次へ] を、前の手順に戻るには [戻る] をクリックします。
ネットワーク ID ウィザードで最初に表示されるオプションは以下のとおりです。
  • オプション 1
    このコンピュータはビジネス ネットワークの一部です。仕事でほかのコンピュータに接続しながら使用します
  • オプション 2
    このコンピュータは自宅で使用します。ビジネス ネットワークの一部ではありません
オプション 1 を選択した場合は、以下のオプションが表示されます。
  • オプション 1a
    ドメインを使用している
  • オプション 1b
    ドメインを使用していない
オプション 1a を選択すると、以下の情報を入力するように求めるダイアログ ボックスが表示されます。
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ユーザー アカウントのドメイン
  • コンピュータ名
  • コンピュータのドメイン
オプション 1b を選択すると、コンピュータは "ワークグループのメンバ" として構成され、ワークグループ名を入力できます。

オプション 2 を選択した場合は、[完了] をクリックしてコンピュータを再起動するように求めるメッセージが表示されます。指示のとおりに実行すると、コンピュータは "ワークグループのメンバ" として構成されます。デフォルトのワークグループ名は "Workgroup" です。

次のページでは、コンピュータの追加先となるドメイン名と、そのドメインにコンピュータを追加する権限のあるアカウントのユーザー名およびパスワードを入力する必要があります。その次のページでは、前のページで入力したユーザー アカウントをこのコンピュータに追加できます。さらに次のページでは、新しく追加されたユーザーに、ローカル コンピュータにおけるさまざまな権限を与えることができます。

このユーザーを、ローカル コンピュータ上の以下のビルトイン グループに追加することができます。
  • Administrators
  • Backup Operators
  • Debugger Users
  • Guests
  • HelpServicesGroup
  • Network Configuration Operators
  • Power Users
  • Remote Desktop Users
  • Replicator
  • Users
: コンピュータがドメインのメンバになっていても、そのコンピュータだけに属するセキュリティ アカウントを持つローカル ドメインも保持されます。ログオン画面でドメインを変更するには、Ctrl + Alt + Del キーを押します。[ログオン先] ボックスが表示されない場合は、[オプション] をクリックして [ログオン先] ボックスを表示します。その後、メニューから目的のドメインを選択します。

: 通常、この資料に記載されている手順を実行するには、そのコンピュータの管理者の資格情報が必要です。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
246804 Windows 2000 および Windows Server 2003 で DNS 更新を有効/無効にする方法
255913 [NT]Windows 2000 DNS の既存の名前空間への統合

Windows Server 2003

Windows Server 2003 ベースのコンピュータでコンピュータ名の変更、ドメインへの参加、またはコンピュータの説明の追加を行うには、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで [コンピュータ名] タブを使用します。このタブを表示するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • [マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、sysdm.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[システム] をクリックします。

コンピュータ名を変更する方法およびドメインまたはワークグループに参加する方法

コンピュータ名を変更する場合、およびドメインまたはワークグループに参加する場合は、次の手順を実行します。
  1. [コンピュータ名] タブをクリックし、[変更] をクリックします。
  2. [コンピュータ名の変更] ダイアログ ボックスで新しいコンピュータ名を入力します。
  3. [ドメイン] ボックスに新しいドメインを入力するか、[ワークグループ] ボックスに新しいワークグループを入力します。
  4. [詳細] をクリックして、プライマリ DNS サフィックスを変更します。
  5. [OK] を 3 回クリックし、コンピュータを再起動します。

コンピュータの説明を追加する方法

[コンピュータ名] タブの [コンピュータの説明] ボックスに名前や説明を入力し、[適用] をクリックすることで、コンピュータの説明を追加できます。

プロパティ

文書番号: 295017 - 最終更新日: 2007年5月21日 - リビジョン: 4.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbhowto kbenv KB295017
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com