サード ・ パーティ製のインストールされているフォント フォント] ボックスの一覧 word for Mac ではないです。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295062
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

For Mac で Microsoft Word を起動するオペレーティング システムのフォント フォルダーにフォントをインストールすると、フォントが予期せずでは利用できません、 フォント ダイアログ ボックス、またはドロップダウン] ボックスの一覧で、設定パレットでします。

原因

サード パーティ製のフォント直接 Microsoft Office の Mac のアプリケーションではサポートされていません。いくつかサード パーティ製のフォントで 1 つのアプリケーションと別のではない可能性があります。「ファミリ」その他のサード ・ パーティ製のフォントがインストールされています。ファミリーには、通常、サード ・ パーティ製のフォントその変形 (太字、斜体、etc) の自体の一部またはすべてで構成されます。場合によっては、Microsoft Word、Microsoft PowerPoint、Microsoft Excel、または Microsoft Entourage、フォントを表示可能性がありますが、斜体などのバリエーションのいずれかを使用することができない場合があります。

Microsoft Office は、カスタム フォントはサポートされていません。これには、フォントやタイポグラフィのプログラムによって処理されたすべてのフォントが含まれます。

警告 コンピューターにカスタム フォントをインストールする場合、安定性とサポート性をインストールされているプログラムを危険にさらす可能性があります、重大なリスクが導入されます。

詳細

メモ Microsoft Office Mac のテクニカル サポートのサード ・ パーティ製のフォントをインストールまたはサポートを提供しません。オフィスの Mac アプリケーションでフォントを設定するのには、フォントの製造元を問い合わせてください。

基本的なフォントのトラブルシューティング

次の手順では、フォントの問題が解決しない場合は、フォントまたはフォントを購入する web サイトに問い合わせてください。
  1. コンピューターを再起動し、フォントを再テストします。コンピューターを再起動するまで一部のインストールは完了していません。これもすべてのアプリケーションをインストール後に再起動されます。
  2. フォント キャッシュをオフにします。これを行うには、Microsoft Office のすべてのアプリケーションを終了します。で、 ホーム メニューをクリックして 移動.Library\Preferences\Microsoft\Office 2008 (2011年)] フォルダーを開きし、Office フォント キャッシュ 12 2011/Office フォント キャッシュ ファイルの Office 2008 のファイル] をクリックします。

    Word 2004 を使用している場合は、Office フォント キャッシュの 11 フォルダーをゴミ箱にドラッグします。
  3. コンピューターをセーフ モードで再起動します。その後、コンピューターを再起動します。コンピューターをセーフ モードで再起動する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。

    2398596 バック グラウンド プログラムの Office for Mac で干渉しているかどうかを確認するのには、クリーン ブート (セーフ ブート) を実行します。
  4. 問題は、既存のユーザー アカウントに関連付けられているかどうかを確認するのには、新しいユーザー アカウントを作成します。

その他の情報

フォントは、システムの制限を超える

オペレーティング システムが認識すること、Apple オペレーティング システム フォント数と"フォントの suitcases"のサイズは制限設定します。オペレーティング ・ システムの設定、制約、Fonts フォルダー内のフォント数を超えている場合は、余分なフォントは使用できません。

Apple のフォントの制限:

Mac OS 8。x では実装されていなかったために発生します 以前のバージョン: フォント、フォント フォルダーに許可されている最大数は 128 です。

Mac OS 9: Mac OS 9 アップルの Fonts フォルダーに 512、スーツケースの最大サイズは 16 メガバイト (MB) を格納できるフォントの数を増やします。

Mac OS X: 以外のコンピューター上の利用可能なメモリは、スーツケースのサイズ、またはフォントの数に制限はありません。

メモ PostScript (またはプリンター) のフォント ファイルの制限には含まれません。

これらの制限はフォント フォルダーにインストールされているフォントの数を超えている場合は、結合または、Fonts フォルダー内のフォントの suitcases の削除します。

フォントが破損している、またはシステムがフォントを読み取っているいません。

フォントがカスタム フォントではありませんし、fonts コレクションのシステムの制限を超えていないがフォントを Office プログラムで表示されない場合は、フォントが破損している可能性があります。

キーボードとフォントの機能をテストするのには、Apple オペレーティング システムがインストールされている、外れのプログラムを使用できます。刻印プログラムは、オペレーティング システムは、特定のフォントを読み取っているかどうかをテストするために役立ちます。

Mac OS 9
Mac OS 9 オペレーティング システムがフォントを読み取っているかどうかをテストするには、次の手順を実行します。
  1. アップル メニューの [を選択します。 刻印.
  2. で、 フォント メニューは、適切なフォントが表示されていることを確認してください。

    メモ すべてのアクティブなフォント、外れに記載されています。 フォント メニューの一覧です。フォントが一覧にない場合は、フォントは、オペレーティング システムでアクティブではないか、オペレーティング システムのフォントを読み取ることができません。
Mac OS X バージョン 10.2

Mac OS X バージョン 10.2 オペレーティング システムがフォントを読み取っているかどうかをテストするには、次の手順を実行します。
  1. [アプリケーション] フォルダーに、ファイルを開く テキストの編集.
  2. で、 形式 メニューのポイント フォント、し フォントを表示します。.
  3. 関連するフォント、フォントの一覧にあることを確認します。

    Mac OS 9 を前述のよう/Applications/Utilities から外れプログラムを使用することもできます。
メモ すべてのアクティブなフォントの両方のフォント表に一覧表示されます。 テキストの編集 外れのプログラムします。フォントが一覧にない場合は、フォントは、オペレーティング システムでアクティブではないか、オペレーティング システムのフォントを読み取ることができません。

Mac OS X バージョン 10.3

Mac OS X バージョン 10.3 がフォントを読み取っているかどうかをテストするには、次の手順を実行します。
  1. [アプリケーション] フォルダーに、ファイルを開く フォント帳.
  2. 適切なフォントで表示されていることを確認してください、 フォント メニューです。
メモ Mac OS X バージョン 10.3 では、すべてのフォントがフォント帳に表示されます。フォントが一覧にない場合は、フォントがオペレーティング ・ システムでは、アクティブでないか、オペレーティング システムのフォントを読み取ることができません。

刻印でフォントが見つからない場合は、おそらく、フォントが破損しています。この例では、削除して、フォントを再インストールする必要があります。詳細については、フォントの製造元に連絡してください。

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 295062 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbmt dftsdahomeportal KB295062 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:295062
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com