For Mac Word でフォントの一覧にサード パーティ製のインストールされているフォントが表示されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295062 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

For Mac で Microsoft Word を起動、オペレーティング システムのフォント フォルダーにフォントをインストールした後、フォントが予期せずがないフォント] ダイアログ ボックスで、ドロップダウン リスト、または設定パレット。

原因

サード ・ パーティ製のフォントは直接サポートされません Microsoft Office for Mac でのアプリケーション。一部のサードパーティのフォントは別のではなく 1 つのアプリケーションで機能があります。その他のサード パーティ製フォントがインストールされての「家族」。ファミリは、通常、サード ・ パーティ製自体と一部またはすべてのフォント (太字、斜体など)、そのバリエーションで構成されます。場合によっては、フォントは、Microsoft Word、Microsoft PowerPoint、Excel、または、Microsoft Entourage で表示ことがありますが、斜体など、そのバリエーションの 1 つを使用できない場合があります。

Microsoft Office では、カスタム フォントはサポートされません。これは、フォントや文字体裁のプログラムによって操作されているフォントが含まれます。

詳細

メモ Microsoft Office for Mac のテクニカル サポートでは、インストールまたはサード ・ パーティ製のフォントを設定するためのサポートは提供されません。

基本的なフォントのトラブルシューティング

次の手順で、フォントの問題が解決しない場合は、フォントの製造元またはフォントを購入して、web サイトに問い合わせてください。
  1. フォントを再テストし、コンピューターを再起動.コンピューターを再起動するまでは、一部のインストールを完了できません。これもにより、インストール後にすべてのアプリケーションの arerestarted。
  2. フォント キャッシュをオフにします。これには、すべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。[ホーム] メニューの [移動] をクリックします。2008 (2011年)、Library\Preferences\Microsoft\Office フォルダーを開き、Office フォント キャッシュ 12 Office 2008 のファイルや、Office フォント キャッシュの 2011年のファイルをクリックします。
    メモ MAC OS X のライオンではライブラリのフォルダーは表示されません。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。

    Word 2004 を使用している場合、Office フォント キャッシュの 11 フォルダーをゴミ箱にドラッグします。
  3. セーフ モードでコンピューターを再起動します。コンピューターを通常どおり再起動します。セーフ モードでコンピューターを再起動する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

    2398596 バック グラウンド プログラムが Office for Mac に干渉するかどうかを確認するのにはクリーン ブート (セーフ ブート) を実行します。
  4. 問題は、既存のユーザー アカウントに関連付けられているかどうかを確認するのには、新しいユーザー アカウントを作成します。

その他の情報

フォントは、システムの制限を超える

アップルのオペレーティング システムは、オペレーティング システムが認識していることのフォントの数と「フォントの suitcases」のサイズに制限を設定します。フォント フォルダー内のフォントの数、オペレーティング システムを設定する制限を超えると、excessfonts は使用できません。

Apple のフォントの制限:

Mac OS 8 をxおよびそれ以前: Fonts フォルダー内で使用できるフォントの最大数は 128 です。

Mac OS 9: Mac OS 9 では、アップルを 512、スーツケースの最大サイズが 16 mb (メガバイト) の [フォント] フォルダーに格納できるフォントの数を増加します。

Mac OS X: フォントまたはコンピューター上の利用可能なメモリを除く、スーツケースのサイズの数に制限はありません。

メモ フォントの PostScript (またはプリンター) は、ファイルの制限には含まれません。

フォント フォルダーにインストールされているフォントの数がこれらの制限を超えた場合を組み合わせるか、Fonts フォルダー内のフォントの suitcases の削除します。

フォントが破損している場合、またはシステムがフォントを読み取っていません

フォントがカスタム フォントおよびフォント コレクションが、システムの制限を超えていないが、Office プログラムでは、フォントが表示されない場合は、フォントが破損している可能性があります。

刻印プログラムが Apple のオペレーティング システムがインストールされているキーボードとフォントの機能をテストするのに使用できます。刻印プログラムは、オペレーティング システムは、特定のフォントを読み取っているかどうかをテストするに役立ちます。

Mac OS 9
Mac OS 9 オペレーティング システムがフォントを読み取っているかどうかをテストするには、これらの手順に従います。
  1. アップル メニューの刻印を選択します。
  2. [フォント] メニューで、該当するフォントが表示されていることを確認します。

    メモ アクティブなすべてのフォントが刻印フォントメニューの一覧に表示されます。フォントが一覧にない場合は、フォントがオペレーティング ・ システムでは、アクティブでないか、オペレーティング システムがフォントを読み取ることができません。
Mac OS X バージョン 10.2

Mac OS X バージョン 10.2 オペレーティング システムがフォントを読み取っているかどうかをテストするには、これらの手順に従います。
  1. アプリケーション フォルダーで、テキストの編集を開きます。
  2. [書式] メニューの [フォントをポイントし、[フォントを表示] をクリックします。
  3. 関連するフォントがフォントの一覧にあるかを確認します。

    /Applications/Utilities から刻印プログラムは Mac OS 9 以前説明したようにも使用できます。
メモ アクティブなすべてのフォントは両方、フォント テーブルでテキストを編集し、刻印プログラムで記載されています。フォントが一覧にない場合は、フォントがオペレーティング ・ システムでは、アクティブでないか、オペレーティング システムがフォントを読み取ることができません。

Mac OS X バージョン 10.3

Mac OS X バージョン 10.3 がフォントを読み取っているかどうかをテストするには、これらの手順に従います。
  1. アプリケーション フォルダーでフォント帳を開きます。
  2. 関連するフォントが [フォント] メニューに表示されていることを確認します。
メモ Mac OS X バージョン 10.3 ですべてのフォントがフォント帳に一覧表示されます。フォントが一覧にない場合は、フォントが、オペレーティング ・ システムでは、アクティブでないか、オペレーティング システムがフォントを読み取ることができません。

刻印でフォントを検索できない場合は、フォントが破損している可能性があります。この場合は、削除し、フォントを再インストールする必要があります。詳細については、フォントの製造元に問い合わせてください。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 295062 - 最終更新日: 2014年6月6日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Word 2008 for Mac
  • Microsoft Word 2011 for Mac
キーワード:?
dftsdahomeportal kbprb kbmt KB295062 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:295062
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com