[FIX] SELECT * FROM SYSINDEXESを実行するとAVが発生

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295114 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295114
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 7.0 からアップグレードしたデータベースに SELECT * FROM SYSINDEXES を実行すると、アクセス違反が発生することがあります。アクセス違反が発生すると、次のようなエラー メッセージがクエリ ウィンドウに表示されます。
ODBC: メッセージ 0、レベル 19、状態 1
SqlDumpExceptionHandler: プロセス 51 で重大な例外 c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION が発生しました。SQL Server はこのプロセスを終了しています。

サーバー : メッセージ 1203、レベル 20、状態 1、行 1
プロセス ID 51 が所有していないリソース KEY: 7:2:1 (790023da5d09) のロックを解除しようとしています。

原因

SQL Server 2000 の sysindexes システム テーブルでは、keys 列の最大長は 1088 に定義されています。一方、SQL Server 7.0 では 816 です。データベースを SQL Server 7.0 からアップグレードしたときに、keys 列の最大長が更新されていません。そのため、816 バイトを超える keys 列を持つインデックスが作成されて、そのインデックスが SELECT * FROM SYSINDEXES でフェッチされた場合、既に割り当てられている 816 バイトを超えてプリフェッチ バッファが書き込まれるので、これが原因となってアクセス違反が発生します。

解決方法

この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)

状況

弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。

詳細

問題の再現手順

  1. SQL Server 7.0 データベースを SQL Server 2000 にアタッチするか復元します。
  2. 次の SQL ステートメントを実行して、テーブルおよびインデックスを作成します。このインデックスの keys 列は 816 バイトを超えます。
    use <dbname>
    go
    
    if object_id('t1') is not null
     drop table t1
    go
    
    create table t1 (c1 int, c2 int, c3 int, c4 int, 
     c5 int, c6 int, c7 int, c8 int, c9 int, c10 int,
     c11 int, c12 int, c13 int, c14 int, c15 int, c16 int, c17 int,
     d1 int, d2 int, d3 int, d4 int, 
     d5 int, d6 int, d7 int, d8 int, d9 int, d10 int,
     d11 int, d12 int, d13 int, d14 int, d15 int, d16 int, d17 int )
    go
    
    create clustered index i_t1 on t1 (c1, c2, c3, c4, c5, c6,c7, c8, c9, c10,
     c11, c12, c13, c14, c15, c16)
    create nonclustered index i_t2 on t1 (d1, d2, d3, d4, d5, d6,d7, d8, d9, d10,
     d11, d12, d13, d14, d15, d16)
    go
    


  3. 次のクエリを実行すると、アクセス違反が発生します。
    SELECT * FROM SYSINDEXES
    
また、SQL Server エラー ログには、次のスタック ダンプおよびエラーが表示されます。
2001-04-02 17:55:04.09 spid51    Using 'sqlimage.dll' version '4.0.5'
Stack Dump being sent to d:\mssql8\MSSQL\log\SQL00011.dmp
2001-04-02 17:55:04.09 spid51    Error: 0, Severity: 19, State: 0
2001-04-02 17:55:04.09 spid51    SqlDumpExceptionHandler: Process 51 generated fatal exception c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION. SQL Server is terminating this process..
*******************************************************************************
*
* BEGIN STACK DUMP:
*   04/02/01 17:55:04 spid 51
*
*   Exception Address = 004270D7 (CStmtQuery::ErsqExecuteQuery(class CMsqlExecContext *,class CEsComp const *,class CEsComp const *,unsigned long *,int,int)const  + 0000044A Line 0+00000000)
*   Exception Code    = c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION
*   Access Violation occurred reading address 00000038
* Input Buffer 52 bytes -
*  select * from sysindexes  
*  
*******************************************************************************
Short Stack Dump
004270D7 Module(sqlservr+000270D7) (CStmtQuery::ErsqExecuteQuery(class CMsqlExecContext *,class CEsComp const *,class CEsComp const *,unsigned long *,int,int)const +0000044A)
00441A34 Module(sqlservr+00041A34) (CStmtSelect::XretExecute(class CMsqlExecContext *)const +0000021C)
004160DB Module(sqlservr+000160DB) (CMsqlExecContext::ExecuteStmts(class ExecutionContext *)+0000027E)
00415765 Module(sqlservr+00015765) (CMsqlExecContext::Execute(class CCompPlan *,class CParamExchange *)+000001C7)
00415410 Module(sqlservr+00015410) (CSQLSource::Execute(class CParamExchange *)+00000343)
005A683F Module(sqlservr+001A683F) (CStmtPrepQuery::XretExecute(class CMsqlExecContext *)const +00000211)
004160DB Module(sqlservr+000160DB) (CMsqlExecContext::ExecuteStmts(class ExecutionContext *)+0000027E)
00415765 Module(sqlservr+00015765) (CMsqlExecContext::Execute(class CCompPlan *,class CParamExchange *)+000001C7)
00415410 Module(sqlservr+00015410) (CSQLSource::Execute(class CParamExchange *)+00000343)
00459A54 Module(sqlservr+00059A54) (language_exec(struct srv_proc *)+000003C8)
004175D8 Module(sqlservr+000175D8) (process_commands(struct srv_proc *)+000000E0)
410735D0 Module(UMS+000035D0) (ProcessWorkRequests(class UmsWorkQueue *)+00000264)
4107382C Module(UMS+0000382C) (ThreadStartRoutine(void *)+000000BC)
7800BEA1 Module(MSVCRT+0000BEA1) (_beginthread+000000CE)
77E92CA8 Module(KERNEL32+00012CA8) (CreateFileA+0000011B)
-------------------------------------------------------------------------------
2001-04-02 17:55:04.49 spid51    clean_tables_xact: active sdes for tabid 22001-04-02 17:55:04.49 spid51    Process 51 unlocking unowned resource: KEY: 7:2:1 (790023da5d09)
2001-04-02 17:55:04.49 spid51    Error: 1203, Severity: 20, State: 1
2001-04-02 17:55:04.49 spid51    Process ID 51 attempting to unlock unowned resource KEY: 7:2:1 (790023da5d09)..
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    clean_tables_xact: active sdes for tabid 22001-04-02 17:55:04.50 spid51    Process 51 unlocking unowned resource: KEY: 7:2:1 (790023da5d09)
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    Error: 1203, Severity: 20, State: 1
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    Process ID 51 attempting to unlock unowned resource KEY: 7:2:1 (790023da5d09)..
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    Error: 0, Severity: 19, State: 0
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    language_exec: Process 51 generated an access violation. SQL Server is terminating this process..
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    clean_tables_xact: active sdes for tabid 22001-04-02 17:55:04.50 spid51    Process 51 unlocking unowned resource: KEY: 7:2:1 (790023da5d09)
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    Error: 1203, Severity: 20, State: 1
2001-04-02 17:55:04.50 spid51    Process ID 51 attempting to unlock unowned resource KEY: 7:2:1 (790023da5d09)..

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 295114 (最終更新日 2001-06-15) をもとに作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

プロパティ

文書番号: 295114 - 最終更新日: 2003年11月10日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
_ik kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB295114
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com