ACC2002 アップサイジング ウィザードがない場合は基本クエリ関数としてアップサイズが、アップサイズにクエリ入れ子になった

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295235 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
警告: 基本的なマクロ、コーディング、および相互運用性のスキルが必要です。

この資料でと Access プロジェクト (.adp)、Microsoft Access データベース (.mdb) に適用されます。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Access のアップサイジング ウィザードは、次の条件の両方が当てはまる場合にアップサイズされませんネストされたクエリは。
  • クエリには、SQL ステートメントで ORDER BY 句を含む下位レベル クエリが含まれます。

    - と -

  • 下位レベルのクエリが 1 つ以上の結合に関与します。

原因

アップサイジング ウィザードを関数の ORDER BY 句を持つクエリーに変換します。 つまり、下位レベルのクエリは関数に変換されます。 関数がクエリ内の 1 つ以上の結合に含まれるときに、アップサイジング ウィザードは、クエリをアップサイズできませんにしません。

解決方法

この問題を回避するには、いずれか、次の方法の使用します。

方法 1

コピーし、Microsoft Access データベースをアップサイズ Access プロジェクトで新しいクエリに中の SQL ステートメントの入れ子になったクエリを貼り付けます。 手順は次のとおりです:
  1. 入れ子になったクエリを含むデータベースを開きます。
  2. デザイン ビューで、ネストしたクエリを開きます。
  3. [ 表示 ] メニューの [ SQL ビュー ] をクリックします。
  4. SQL ステートメント全体をコピーできます選択します。
  5. [ 編集 </a0>] メニューの [ コピー ] をクリックします。
  6. クエリを閉じます。 変更を保存しないでください。
  7. アップサイズ Access プロジェクトを開きます。
  8. データベース ウィンドウで [ オブジェクト ] 下の [ クエリ ] をクリックしてから [デザイナーをを使用してビューを作成 をダブルクリックします。
  9. [テーブルの表示 ] ダイアログ 閉じる
  10. [ ビューのデザイン ツールバーの [ SQL 画面下部にある SQL ウィンドウを開く] をクリックします。
  11. [SQL] ウィンドウには文字列に貼り付けることができますように"SELECT"からテキストを選択します。
  12. [ 編集 ] の [ 貼り付け ] をクリックします。 必要に応じて、T-SQL 構文に準拠してように、クエリを変更します。
  13. ビューを保存し、Access データベース (.mdb) ファイル内のクエリ名と同じ名前を付けます。
  14. クエリを実行します。
  15. デザイン ビューに戻ります。
  16. [ 並べ替えの種類 ] 列で、並べ替え順序を並べ替えるフィールドを選択します。
  17. クエリを再実行します。
  18. クエリを閉じて保存します。。

方法 2

アップサイズする前に、データベースのデザイン ビュー] でクエリを開いて、下位レベル、並べ替え順序を削除し、アップサイズ クエリで、並べ替え順序を挿入します。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。

詳細

動作を再現する手順

注意 : サンプル データベース Northwind.mdb を変更する場合は、この例では、手順を実行します。 Northwind.mdb ファイルのバックアップして、データベースのコピーに対して以下の手順を実行することがあります。

  1. サンプル データベース Northwind.mdb を開きます。
  2. デザイン ビューで新しいクエリを作成します。
  3. [テーブルの表示 ] ダイアログ 閉じる
  4. [ 表示 ] メニューの [ SQL ビュー ] をクリックします。
  5. 入力するか、[SQL] </a0> ウィンドウに次のテキストを貼り付けます:
       SELECT Employees.LastName, 
            Orders.OrderDate, 
            Orders.ShipCountry, 
            [Order Details Extended].ExtendedPrice, 
            Products.ProductName, 
            Categories.CategoryName
       FROM Employees  
         INNER JOIN (Categories 
            INNER JOIN ((Orders 
               INNER JOIN [Order Details Extended] 
         ON Orders.OrderID = [Order Details Extended].OrderID) 
            INNER JOIN Products 
              ON [Order Details Extended].ProductID = Products.ProductID) 
                ON Categories.CategoryID = Products.CategoryID) 
                  ON Employees.EmployeeID = Orders.EmployeeID;
    					
  6. qryNested 、としてクエリを保存して閉じます。
  7. データベースをアップサイズします。
  8. アップサイジング ウィザードの完了後、qryNested クエリが新しい Access プロジェクトでアップサイズしないことを確認します。

プロパティ

文書番号: 295235 - 最終更新日: 2014年1月23日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbmt KB295235 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:295235
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com