Outlook 2002 での共同作業データ オブジェクト (CDO) 1.21s年電子メール セキュリティ機能の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295302 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

この資料の Microsoft Outlook 98 バージョン、について 273882 を参照してください。

この資料の Microsoft Outlook 2000 バージョン、について 268372 を参照してください。

概要

この資料の開発者、ソリューション プロバイダー、および独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) の情報コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.21s年について説明します。 CDO 1.21s は、Microsoft Office XP に含まれています。

このバージョンの CDO は大きいレベルの電子メールを介して配布するウイルスに対するセキュリティを提供します。 CDO 1. 21 ライブラリを使用するアプリケーション必要がある場合は、これらのセキュリティ機能は、ライブラリに加える変更で理解しているをお勧めします。 これを行うと、これらの変更が、ソリューションに与える影響判断できます。

詳細

重要です CDO 1.21s はされています具体的にはクライアントの安全性を促進します。 CDO 1.21s は、CDO 1. 21 ライブラリのバージョンを Microsoft Exchange Server 側に適用しないでください。

CDO 1.21s オブジェクト モデルへの変更

メールを送信しています

CDO 1.21s アプリケーションが メッセージ 送信 メソッドを呼び出すときにオブジェクトや、 MeetingItem オブジェクト、プログラムがに代わってメールを送信しようし、メッセージを送信する場合ユーザーを確認するのダイアログ ボックスに、ユーザーが通知されます。 ユーザーが [ いいえ ] をクリックするとする場合、 送信 このメソッドは、次のエラー メッセージを返します。
コラボレーション データ Objects-[E_ACCESSDENIED(80070005)]

メッセージ オブジェクトに関連付けられた特定の MAPI プロパティにアクセス

CDO 1.21s アプリケーションで メッセージ の既存のアイテムに関連付けられているアクセスの MAPI プロパティに、 Fields コレクション オブジェクトを使用やダイアログ ボックス プログラムが Outlook に格納されている電子メール アドレスにアクセスしようとしていますしたユーザーの通知し、このアクセスを許可する場合はユーザーを確認します。 ユーザーが [ いいえ ] をクリックするとする場合、 送信 このメソッドは、次のエラー メッセージを返します。
コラボレーション データ Objects-[E_ACCESSDENIED(80070005)]
次の MAPI プロパティを受けます。
PR_SENT_REPRESENTING_ENTRYID
PR_SENT_REPRESENTING_SEARCH_KEY
PR_SENT_REPRESENTING_NAME
PR_SENT_REPRESENTING_ADDRTYPE
PR_SENT_REPRESENTING_EMAIL_ADDRESS
  
PR_SENDER_ENTRYID
PR_SENDER_SEARCH_KEY
PR_SENDER_NAME
PR_SENDER_ADDRTYPE
PR_SENDER_EMAIL_ADDRESS
  
PR_DISPLAY_TO
PR_DISPLAY_CC
PR_DISPLAY_BCC
  
PR_ORIGINAL_DISPLAY_TO
PR_ORIGINAL_DISPLAY_CC
PR_ORIGINAL_DISPLAY_BCC
					

連絡先フォルダーの下の項目にアクセスします。

CDO 1.21s アプリケーションは連絡先フォルダーの メッセージ のコレクション オブジェクトにアクセスと、ダイアログ ボックスの MAPI プロパティが表示されます。

印刷の宛先または AddressEntries のコレクションを操作します。

CDO の 1.21s年には、次のシナリオでは、[ダイアログ ボックスも表示されます。
  • 印刷の宛先 コレクションが電子メール メッセージの受信者の読み取りに関連する操作の呼び出されます。
  • コレクション内の AddressEntry に到達する AddressEntries コレクションと呼びます。 例:
    objRecipientCollection.Item(index)
    objAddressEntriesCollection.Item(index)
    					
  • 送信メッセージを作成では、 解決 方法は、新しく作成された 受信者 コレクションの呼び出されます。

添付ファイルを処理します。

メッセージ オブジェクトの 添付ファイル コレクション オブジェクトを使用して、コレクションの各添付ファイルを取得する CDO 1.21s は返されません「安全でない」の (レベル 1 のセキュリティ ファイル) の添付ファイル コレクション内。 安全でない添付ファイルは、実際には削除されませんが CDO 1.21s がわからない、添付ファイルが存在します。 たとえば、 添付ファイル のオブジェクトの Count プロパティ数を返します添付ファイル を除く すべて安全でない添付ファイルです。

セキュリティ メッセージを回避します。

セキュリティ メッセージを回避する方法の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
290500Outlook 2002 で開発者関連の電子メール セキュリティ機能の説明

CDO の 1.21s年を使用して、サービス

CDO を使用する Windows サービスを開発して CDO がサービスで実行されていることを検出するため、セキュリティ プロンプトは生成されません。 したがって、CDO はセキュリティ プロンプトを表示されません。

プロパティ

文書番号: 295302 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbhowto kbemail kbsendmail kbmt KB295302 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:295302
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com