Visual Basic スクリプトを使用して、SidHistory をクリアする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 295758
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Visual Basic この資料のスクリプト (VBScript) の名は、ディレクトリにオブジェクトを検索し、sidHistory を消去しようします。省略可能なパラメーターを持つ オブジェクト クラスオブジェクト カテゴリ 検索するのにします。

詳細

ユーザー オブジェクトは、移動すると 1 つのドメインから、新しいセキュリティ識別子 (SID) はユーザー アカウントを作成し、保存する必要があります、 オブジェクト SID [プロパティ] します。プロパティに新しい値が書き込まれる前に、別のユーザー オブジェクトのプロパティに変更前の値がコピーされ、 SID の履歴 (sidHistory).このプロパティは、複数の値を保持できます。ユーザー オブジェクトは別のドメインに移動するたびに、新しい SID を生成して保存、 オブジェクト SID プロパティと別の値を追加して古い Sid の一覧へ SID の履歴.オフにする必要があります、 sidHistory.

次の VBScript のコードが削除されます、 sidHistory コマンドライン引数で指定されたディレクトリ オブジェクトの属性です。
  1. メモ帳を開きます。
  2. 次のコードをコピーし、メモ帳文書に貼り付けます。
    Const ADS_PROPERTY_DELETE = 4
    
    Dim strFilter 'As String
    Dim oConnection 'As ADODB.Connection
    Dim oRecordSet 'As ADODB.RecordSet
    Dim strQuery 'As String
    Dim strDomainNC 'As String
    Dim oRootDSE 'As IADs
    Dim vArray 'As Variant()
    Dim vSid 'As Variant
    Dim oDirObject 'As Variant
    
    ' Parse the command line and set the query filter
    ParseCommandLine()
    
    ' Find the domain naming context
    set oRootDSE = GetObject("LDAP://RootDSE")
    strDomainNC = oRootDSE.Get("defaultNamingContext")
    set oRootDSE = Nothing
    
    ' Setup the ADO connection
    Set oConnection = CreateObject("ADODB.Connection")
    oConnection.Provider = "ADsDSOObject"
    oConnection.Open "ADs Provider"
    
    strQuery = "<LDAP://" & strDomainNC & ">;" & strFilter & ";distinguishedName,objectClass,name,sidHistory;subtree"
    
    'Execute the query
    set oRecordSet = oConnection.Execute(strQuery)
    if oRecordSet.Eof then
      WScript.Echo "No objects were found"
      WScript.Quit(0)
    Else
      Dim vClasses 'As Variant
      Dim strClass 'As String
    
      WScript.Echo "The following objects were found:"
    
      'On Error Resume Next
    
      ' Iterate through the objects that match the filter
      While Not oRecordset.Eof
         vClasses = oRecordset.Fields("objectClass").Value
         strClass = vClasses(UBound(vClasses))
         WScript.Echo "Name: " & oRecordset.Fields("name").Value & "   Class: " & strClass & "  DN: " & oRecordset.Fields("distinguishedName").Value
    
         If IsNull(oRecordSet.Fields("sIDHistory").Value ) Then
            WScript.Echo "This object does not have a sidHistory"
         Else
    	set oDirObject = GetObject("LDAP://" & oRecordset.Fields("distinguishedName").Value) 
            vArray = oDirObject.GetEx("sIDHistory")
            For Each vSid in vArray
             oDirObject.PutEx ADS_PROPERTY_DELETE, "sIDHistory", array(vSid) 
             oDirObject.SetInfo 
            Next
            WScript.Echo "The sidHistory has been cleared for this object!"
         End if
         
         oRecordset.MoveNext
      Wend
    End if
    
    'Clean up
    Set oRecordset = Nothing
    Set oConnection = Nothing
    
    '=========================================================================================================================
    ' The ParseCommandLine subroutine will build the query filter base on the arguments passed to the script.  The bNameFlag
    ' is used so that the name given can have spaces in it.
    '=========================================================================================================================
    Sub ParseCommandLine()
       Dim vArgs, Value, Equals, I
       Dim bNameFlag 'As Boolean
       Dim strName 'As String
       Dim strObjectCategory 'As String
       Dim strObjectClass 'As String
    
       Set vArgs = WScript.Arguments
       if VArgs.Count < 1 Then
          DisplayUsage()
       End if
    
      bNameFlag = False
      For I = 0 to vArgs.Count - 1
          If Left( vArgs(I) , 1 ) = "/" Or Left( vArgs(I) , 1 ) = "-" Then
    
             Value = ""
             Equals = InStr( vArgs(I) , "=" )
             If Equals = 0 Then Equals = InStr( vArgs(I) , ":" )
             If Equals > 0 Then Value = Mid( vArgs(I) , Equals + 1 )
    
             Select Case LCase( Mid( vArgs(I) , 2 , 1) )
    
       		Case "n" strName = Value
    			 bNameFlag = True  'This will allow us to catch spaces
       		Case "o" strObjectCategory = Value
    			 bNameFlag = False
                    Case "c" strObjectClass = Value
    			 bNameFlag = False
    		Case Else DisplayUsage
    
             End Select        	
    
         Else 'no dash or slash;  Check if we are giving a name
            if bNameFlag Then
               strName = strName & " " & vArgs(I)
            else
               DisplayUsage
            end if
         End if
       Next
    
    'Should be okay to build filter  
    
    If strName = "" Then
      WScript.Echo "A name parameter must be given"
      WScript.Quit(1)
    Else
      strFilter = "(&(name=" & strName & ")"
      If Len(strObjectCategory) > 0 Then
         strFilter = strFilter & "(objectCategory=" & strObjectCategory & ")"
      End if
      If Len(strObjectClass) > 0 Then
         strFilter = strFilter & "(objectClass=" & strObjectClass & ")"
      End if
    
      strFilter = strFilter & ")" 'Close filter
    End if
    End Sub
    
    '=========================================================================================================================
    ' The DisplayUsage subroutine will display how to use this script, the objectCategory and objectClass arguments are optional.
    '=========================================================================================================================
    Sub DisplayUsage()
     WScript.Echo "Usage csript.exe " & WScript.ScriptName & vbLF & _ 
         "-n=<name of the object you are looking for>" & vbLF & _
         "[-o=<objectCategory of the object you are looking for>]" & vbLF & _
         "[-c=<objectClass of the object you are looking for>]"  & vbLF & vbLF & _ 
    	 "Examples : " & vbLF & _
    	 WScript.ScriptName & " -n=My Contact" & vbLF & _
    	 WScript.ScriptName & " -n=Computer1 -o=computer" & vbLF & _ 
    	 WScript.ScriptName & " -n=James Smith -o=Person -c=user"
     WScript.Quit(0)
    
    End Sub
        
    					
  3. C:\ClearSidHistory.vbs として文書を保存します。
  4. コードを実行します。ClearSidHistory.vbs の使用量は次のとおりです。
    cscript.exe ClearSidHistory.vbs n =<name></name> [・ o =<objectcategory></objectcategory>] [-c=<objectclass></objectclass>]

    -n =<name of="" the="" object="" you="" are="" looking="" for=""></name>
    o =<objectcategory of="" the="" object="" you="" are="" looking="" for=""></objectcategory>
    -c =<objectclass of="" the="" object="" you="" are="" looking="" for=""></objectclass>

    例:

    ClearSidHistory.vbs n を 1 つも自分の連絡先情報を = します。
    cscript.exe ClearSidHistory.vbs n Computer1 o = コンピューター =
    cscript.exe ClearSidHistory.vbs n = James Smith o 人-c = = ユーザー

プロパティ

文書番号: 295758 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kb32bitonly kbprb kbmt KB295758 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:295758
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com