Outlook 2002 のリモート機能 (リモート メール、オフライン フォルダ、オフライン作業) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 296080 - 対象製品
Microsoft Outlook 2000 (CW) については、次の資料を参照してください。195436
Microsoft Outlook 98 (CW) については、次の資料を参照してください。180418
Microsoft Outlook 97 については、次の資料を参照してください。162046
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Outlook 2002 のリモート機能を比較します。リモート機能には以下のものがあります。
  • オフライン作業
  • オフライン フォルダ
  • リモート メール
作業に必要となる最適な機能を特定するためには、これらの機能の違いを理解することが重要です。

詳細

モバイル コンピューティングはますます重要になってきています。たとえば、ラップトップ コンピュータを持って旅行に出かける場合や自宅で仕事をする場合、リモート サイトで作業をする場合など、ネットワークにアクセスできないときに Microsoft Outlook を使用する必要がある状況はたくさんあり、一般的になっています。

多くのユーザーは、ネットワークの使用を低減したり、インターネット プロバイダの接続時間制限内でインターネットを使用したりするために、オフライン作業とリモート メールを組み合わせて使用します。Outlook をオフラインで実行しているときにも、メッセージの作成、表示、および返信ができます。メッセージの編集が完了したら、[送受信グループ] を使用して電子メール アカウントに接続し、オフライン中に作成したメッセージを送信することができます。

オフライン作業はほとんどの状況で使用することができます。オフライン フォルダ (.ost) ファイルは、Microsoft Exchange Server アカウントを使用している場合にのみ使用できます。.ost フォルダを使用すると、デフォルトの Exchange Server フォルダ (連絡先、予定表など)、Exchange メールボックスに追加したフォルダ、または、同期するように構成しているパブリック フォルダを更新できます。ネットワークに次回接続したときに、これらのアイテムは Exchange Server と同期されます。

リモート メールを使用すると、最初にメッセージ ヘッダーをダウンロードし、その後選択したメッセージのみを完全にダウンロードすることで、ダウンロードの必要がないメッセージを除外することができます。リモート メールは Exchange Server アカウントとインターネット電子メール アカウントの両方で使用できますが、受信トレイ フォルダのみが対象となります。また、送信メッセージの送信も行うことができます。リモート メールに送受信グループを構成するか、[ヘッダーの編集] を使用して手動で処理することもできます。

オフライン作業の基本

.ost フォルダおよびヘッダーの処理方法について正しく理解するには、まずオフライン作業の基本を理解する必要があります。ほとんどのサービスの構成は、オフラインで作業できます。オフラインでの作業中は、情報を送受信することはできません。オフライン作業にはネットワーク接続およびモデムは必要ありません。

オフライン作業を選択し、送受信を実行しなかった場合、変更はハード ディスク内の個人用フォルダ (.pst) ファイル、または .ost ファイル (Exchange Server ユーザーの場合) に保持されます。これは、他の場所やコンピュータに情報を送信、または他の場所やコンピュータから情報を受信していないことを意味します。

多くの場合、オフライン作業中はリモート メールとモデムを使用します。リモート メールを使用すると、電子メール アカウントにリモート接続できます。リモート メールは、インターネット電子メール アカウントと Microsoft Exchange アカウントの両方で使用できます。

オフラインで作業するように Microsoft Exchange Server アカウントを構成する方法

オフラインでオフライン フォルダ (.ost) ファイルを使用するように Exchange Server アカウントを構成する必要があります。 これを行う方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
286038 Outlook 2002 でオフライン フォルダを使用する方法
.ost ファイルを構成した後、以下の手順を実行して、オフラインで作業するように Exchange Server アカウントを設定します。
  1. Outlook を起動していない場合は、起動します。
  2. [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。
  3. [既存の電子メール アカウントの表示と変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. Exchange Server アカウントをダブルクリックして、プロパティを開きます。
  5. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  6. [全般] タブの [手動で接続状態をコントロールする] をクリックします。
  7. [既定の接続状態] で、[オフライン後、ダイヤルアップ ネットワークを使用する] をクリックします。[起動時に接続の種類を選択する] チェック ボックスをオンにして、オフラインとオンラインのいずれかで作業できるようにすることもできます。
  8. [リモート メール] タブをクリックし、必要に応じて接続管理とリモート転送のオプションを設定します。
  9. [OK] をクリックします。
  10. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  11. Outlook を再起動し、オフライン作業を選択します。

オフラインで作業するようにインターネット電子メール アカウントを構成する方法

以下の手順を実行して、オフラインで作業し、インターネット電子メール アカウントでリモート メールを使用するように Outlook を構成します。
  1. Outlook を起動していない場合は、起動します。
  2. [ファイル] メニューの [オフライン作業] をクリックします。
[ファイル] メニューでこのオプションを無効にするまで、Outlook はオフライン作業モードのままです。

リモート メールの一般的な使用手順

リモート メールの目的は、メッセージを転送することだけです。予定表の予定、連絡先、その他の Outlook の情報は転送されません。これらの情報を転送する場合は、オフライン フォルダおよび Microsoft Exchange Server アカウントを使用する必要があります。

リモート メールを自動的に使用するように Outlook を構成する方法

リモート メールを自動的に使用するように Exchange Server アカウントを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューの [送受信の設定] をクリックし、[送受信グループの定義] をクリックします。
  3. [すべてのアカウント] グループ名 (または、オフライン作業中に使用する他の送受信グループ名) をダブルクリックします。
  4. アカウント バーで [Microsoft Exchange Server] をクリックし、[この送受信グループにアカウントを含める] チェック ボックスをオフにします。
  5. アカウント バーで [リモート メール] をクリックし、[この送受信グループにアカウントを含める] チェック ボックスをオンにします。
  6. [ヘッダーのみダウンロード] をクリックして、送受信時にヘッダーのみをダウンロードするようにします。
  7. 必要に応じてその他のオプションを設定した後、[OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

リモート メールを自動的に使用するようにインターネット電子メール アカウントを構成する方法

  1. Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューの [送受信の設定] をクリックし、[送受信グループの定義] をクリックします。
  3. [すべてのアカウント] グループ名 (または、オフライン作業中に使用する他の送受信グループ名) をダブルクリックします。
  4. [この送受信グループにアカウントを含める] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
  5. [ヘッダーのみダウンロード] をクリックして、送受信時にヘッダーのみをダウンロードするようにします。
  6. 必要に応じてその他のオプションを設定した後、[OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ダウンロードしたヘッダーを処理する方法

リモート メールを自動的に使用して、ダウンロードしたヘッダーを処理するように Outlook を構成した場合、ヘッダーは受信トレイにダウンロードされます。[ヘッダーの編集] 機能を使用してヘッダーを手動でダウンロードした場合も、ヘッダーは受信トレイにダウンロードされます。ヘッダーを処理する方法には以下の 3 つのオプションがあります。
  • サーバーからメッセージを完全にダウンロードします。ダウンロードが完了すると、メッセージはサーバーから削除されます。
  • サーバーからメッセージのコピーをダウンロードします。メッセージはサーバーに残ります。
  • メッセージを完全にダウンロードせずに、サーバーから削除します。
ヘッダーを処理するには、以下の手順を実行します。
  1. 上記の手順で構成した、使用しているアカウントのオフライン オプションを使用して Outlook を起動します。
  2. 受信トレイで、処理するメッセージ ヘッダーを選択します。
  3. [ツール] メニューの [送受信] をポイントし、[ヘッダーの編集] をクリックします。[メッセージのマーク/マーク解除] をクリックし、選択したメッセージに対して実行する処理を選択します。
  4. 処理を実行するには、[ツール] メニューをクリックし、[ヘッダーの編集] をクリックし、[マークしたヘッダーの処理] をクリックします。
Outlook では、電子メール アカウントの設定で指定された接続を使用してサーバーに接続し、電子メール サーバー上のメッセージに対して、選択された処理を実行します。

プロパティ

文書番号: 296080 - 最終更新日: 2007年8月10日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB296080
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com