情報: Visual Studio の製品で使用するためのデバッグ シンボルをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 296110 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、デバッグ シンボルをインストールする方法について説明します。Microsoft Visual Studio 6.0 Windows 95 を実行しているコンピューターでは、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Me、Microsoft Windows NT 4.0 とMicrosoft Windows 2000。記事も発生する可能性がありますいくつかの問題について説明します。デバッグ シンボルをインストールするとします。

詳細

次の情報をインストールする方法を示しています、異なるオペレーティング システム上でのシンボルのデバッグします。

Windows 95、Windows 98、および Windows Me

Windows 95、Windows 98 を実行しているコンピューター上のプログラムをデバッグします。より実行しているコンピューター上のプログラムをデバッグする方法は Windows meWindows NT か、または Windows 2000。シンボル ファイルは、別の形式でです。をWindows 95、Windows 98、および Windows で使用するシンボル (.sym ファイル)Me システムは、他のデバッガーで読み取ることはできません (たとえば、windbg で cdb とmsdev)。これらのシンボルは、Windows 95、Windows 98、および Windows で使用する必要があります。私のデバッガー (wdeb386/wdeb98/debugger.exe)。

上のプログラムをデバッグするのには、Windows 95、Windows 98、または Windows Me を実行しているコンピューターに、2 つあります。選択肢として実行します。

1. 一部他デバッガー (windbg や msdev など) は、プログラムのシンボルを読み取ることができる場合は、それがクラッシュするとプログラムのデバッガーのアタッチします。または、プログラムをデバッグできるように、デバッガーでプログラムを起動します。

プログラムは、Windows 95、Windows 98、または Windows のデバッガーの私を読み込むことができます .sym ファイルがある場合は、そのデバッガーにおけるシンボルを読み込みます。クラッシュが発生するまで、デバッガーでプログラムを実行し、デバッグします。カーネル デバッガーでは、Windows 95、Windows 98、または Windows のデバッガーの私カーネル モード専用ではありません。

Windows NT 4.0

Visual Studio をインストールすると、デバッグをインストールすることもWindows NT 4.0 の基本バージョンのシンボル。すべての service pack をインストールする場合Windows NT 4.0 では、正しいシンボルがインストールされていません。

時に最後の段階の Microsoft Visual C++ のインストール、次が表示されます。メッセージ:
インストール アイコン Windows NT システムのシンボルの一部をインストールできるようになります、Microsoft Visual C++ 6.0 のツール プログラム グループで (。Visual C++ CD DGB) ファイル。シンボルがインストールされていない場合は、Visual C++ のデバッガーは常に決定できない場合、呼び出された関数の内容です。

アプリケーションのデバッグ時は、これらのファイルをインストールする強くお勧めします。Visual C++ の Readme ファイルの詳細についてを参照してください。
開始点をこの関数の既定値にアクセスできます。次のよう:
  • 開始をクリックし、[プログラム] をポイント ポイント マイクロソフトの Visual Studio 6.0Visual Studio のマイクロソフトポイントし、 Windows NT のシンボルの設定] をクリックします。
最初の指示を表示すると、受信、次のメッセージします。
  1. VC 6 CD_ROM ディスクを CD-ROM ドライブに挿入してください。CD が要求される、インストールを続行するのには、[続行を選択します。[インストール ディスクから Visual Studio、または Visual C++ 1スタンドアロンします。
  2. 要求された CD をインストールしたディスクの番号 1 からVisual Studio、またはスタンドアロンの Visual C++。
場合でも、クリーン インストール実行すると、表示される、次のエラー メッセージ。
ファイルのバージョンあなたのマシン上で対応する dll が一致しません。コピーしますか。
インストール ・ プログラムを停止するのには、 [終了] をクリックします。

受信し、別のエラー メッセージ、次のようにします。
すべてのシンボルファイルは正常にシステムにインストールされます。
Windows のリストNT のデバッグ シンボル ファイルの Visual C++ のインストール CD には、次のように表示。
ADVAPI32。DBG
COMCTL32。DBG
COMDLG32。DBG
GDI32。DBG
KERNEL32.DBG
NTDLL。DBG
分析します。DBG
OLEAUT32。DBG
OLECLI32。DBG
OLECNV32。DBG
OLESVR32。DBG
OPENGL32。DBG
RPCRT4。DBG
SHELL32。DBG
USER32。DBG
WSOCK32。DBG

Windows 2000

Windows 2000 を実行しているシステムでは、受信、シンボルをインストールするときに次のエラー メッセージ、スタート-プログラム-マイクロソフトの Visual Studio 6.0 Visual Studio 6.0 のツール-Windows NT のシンボルの設定のリンク:
ディレクトリ名は有効な NT しないシステムディレクトリです。
デバッグ シンボルをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/whdc/devtools/ddk/default.mspx

現在デバッグとファイル ツールは、次のマイクロソフトの Web を参照してください。サイト:

http://www.microsoft.com/whdc/devtools/ddk/default.mspx

http:http://www.microsoft.com/technet/archive/ittasks/deploy/teamops/skillscs.mspx

http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx

注:インストール情報についてのリンクをどのように表示するにはインストール cd の .dbg ファイルを見つけます。

関連情報

詳細については、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには
141465 ワトソン博士エラーのデバッグ シンボルをインストールする方法
148659 Windows NT のデバッグ シンボルを設定する方法
148660 Windows NT のデバッグ シンボルを確認する方法
138258 Windows NT のデバッグ シンボルのセットアップ情報

プロパティ

文書番号: 296110 - 最終更新日: 2012年10月24日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbsetup kbmt KB296110 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:296110
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com