システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager 用の更新プログラムのロールアップ 2 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2963543 - 対象製品
Notice
月 20 日「DPMAMService」オリジナルの更新プログラム (KB 2958100) が適用された場合に発生するクラッシュを解決するには [この更新プログラムのロールアップは再リリースされました。

更新プログラムのロールアップ 2 を Windows Server 2003 サーバーに既にインストールされている場合は、この再リリースの Windows Server 2003 の通信に必要な更新プログラムのロールアップ 2 のエージェントを再インストールする必要はありません。この再リリースの後に追加の更新プログラムをインストールして、期待どおりに動作します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、新機能と更新プログラムのロールアップ 2 の Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) で修正される問題について説明します。システム センター 2012 R2 Data Protection Manager、更新プログラムのロールアップ 2 のインストール手順も説明し、Windows Server 2003 のワークロードを保護するためにエージェントのインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップの新機能

  • Windows Server 2003 のワークロードをサポート

    DPM 2012 R2 今すぐ Windows Server 2008 および Windows Server 2003 のサーバーのバックアップおよびリカバリをサポートします。更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後に DPM 2012 の R2 を使用して、Windows Server 2008 および Windows Server 2003 を保護することになります。次のワークロードは、Windows Server 2008 および Windows Server 2003 でサポートされます。
    • Microsoft SQL Server 2008 R2、2008年の Microsoft SQL Server、Microsoft SQL Server 2005
    • Microsoft Office SharePoint Server 2007
    この更新プログラムには Windows Server 2003 の新しいエージェントが含まれます。更新プログラムのロールアップ 2 を以前インストールしていない場合は、「インストール方法」を参照してください。
  • クラスタ リングでの SQL の AlwaysOn の保護

    可用性グループは、クラスター化されたインスタンスの有無に組み込まれているの保護とリカバリは現在サポートされてし、は、クラスターの可用性グループの場合と同様にシームレスに動作します。

    元に戻す全体を表示する
    プライマリ/セカンダリ クラスター化されました。スタンドアロン
    クラスター化されました。UR2 でサポートされていませんUR2 でサポートされていません
    スタンドアロンUR2 でサポートされていません既にサポートされていません。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

この更新プログラムは、マイクロソフト サポート技術情報」で記述されていないが、次の問題が修正されます。
  • App ストアのパーツが含まれている SharePoint 2013 サイトのカタログの生成に失敗しました。
  • DPM が回復ポイントのボリュームの使用領域の情報は表示されません。値は、常に0 KBに設定します。
  • 場合は、 SetBackupComplete コマンドが処理の途中で呼び出されるは、これが原因 SetBackupSucceeded 呼び出すを生成します。 0x80042301 VSS データベースにエラー
  • 別の sharepoint サイトにサイトの URL の最初の部分に一致すると、SharePoint アイテム ・ レベルのリカバリが失敗します。
  • 進捗レポートは、実際に保護されているし、有効なリカバリ ・ ポイントが記録された場合でも、Data Protection Manager データ (DPMDB) が保護されていないことを示しています。
  • 無効なトレース メッセージの書式指定文字列と、セカンド チャンス 存在しました。 例外と DPM の処理が終了します。

インストール手順

Data Protection Manager の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. この更新プログラムをインストールする前に、DPMDB のバックアップを作成します。
  2. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager を実行しているサーバー上のプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。

    注: この更新プログラムをマイクロソフトの更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager のコンソールを閉じる必要があります。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。
  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    Windows Server 2003 サーバー上の保護エージェントを更新します。

    DPM 2012 R2 UR2 サーバーを Windows Server 2003 を保護するために、次の手順を使用して、Windows Server 2003 のエージェントをインストールします。
    1. インストール、マイクロソフト Visual C++ 2008年再頒布可能な Windows Server 2003 サーバーがインストールされていない場合は。

      注: 次のエラー メッセージが表示されるは、C の再頒布可能ながインストールされていない場合。

      Data Protection Manager のセットアップ

      セットアップの起動画面をロードできませんでした。マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。
    2. エージェントをインストールし、DPM サーバーから、Windows Server 2003 サーバーを Windows Server 2003 のエージェント インストーラーをコピー.
      • 64 ビット。 DPM_Installation_Location\DPM\agents\RA\4.2.1235.0\amd64\1033\DPMAgentInstaller_Win2K3_AMD64.exe
      • 32 ビット。 DPM_Installation_Location\DPM\agents\RA\4.2.1235.0\i386\1033\
        DPMAgentInstaller_Win2K3_i386.exe
    3. 管理者のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

      cd DPM Agent Installation Location\DPM\binsetdpmserver.exe ?dpmservername DPM_Server_Name
    4. DPM サーバーとの接続を確立するには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行します。

      Attach-ProductionServer.ps1 DPMServerNameProductionServerNameUserNamePassword Domain
    5. DPM サーバーで、更新] をクリックして 2 回、エージェント管理のユーザー インターフェイスに接続されています。ヘルス サービスの状態が初期化されていることを検証します。

    その他の運用サーバー上の保護エージェントを更新します。

    他の実稼働サーバー上の保護エージェントを更新するには、次の方法のいずれかを使用します。
    方法 1: Data Protection Manager 管理者から保護エージェントを更新します。
    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    2. [エージェント] タブをクリックし、[管理] タブをクリックして.
    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧で、コンピューターをし、操作ウィンドウで [更新] をクリックします。
    4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。

      注: エージェントのアップグレードをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。
    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
    1. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバー上で次のディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      Data_Protection_Manager_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1235.0
      インストール パッケージは次のとおりです。
      • X86 ベースの更新プログラム: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB 2963543.exe
      • X64 ベースの更新プログラム: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB 2963543_AMD64.exe
    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護された各コンピューターに適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。
    3. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバーで Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    4. 管理] タブをクリックして選択、保護されたコンピューター、エージェントタブをクリックし、更新情報、およびエージェントのバージョン番号があることを確認 4.2.1235.0.
についてください。 保護エージェントを手動でインストールします。.

ダウンロード手順

Data Protection Manager 用の更新プログラム パッケージは、Microsoft update または手動でダウンロードして利用できます。

マイクロソフトの更新プログラム

取得し、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、適用可能なシステム センター 2012 R2 コンポーネントがインストールされているコンピューターで以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルで、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. Windows Update ウィンドウで、 [オンライン Microsoft Update からの更新のチェック項目をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールするを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 選択した更新プログラム パッケージをインストールするには、更新プログラムのインストールをクリックします。

Microsoft Update カタログ

手動で、Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージをダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Data Protection Manager のパッケージを今すぐダウンロードします。

ファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズ
(単位 KB)
ファイルのバージョン
bin\1033\Utils.dll1,1984.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.dll2,4444.2.1235.0
bin\CPWrapper.dll1,0744.2.1235.0
bin\VssRequestorWin8.dll3424.2.1235.0
bin\DPMRA.exe5,5194.2.1235.0
bin\DPMac.exe1,8234.2.1235.0
bin\installagentpatch.exe994.2.1235.0
bin\AgentPatchSetup.exe224.2.1235.0
bin\launchpatch.exe244.2.1235.0
bin\1033\inspect.dll1624.2.1235.0
bin\patchca.dll264.2.1235.0
bin\DsmFS.dll9134.2.1235.0
bin\1033\ObjectModel.dll1,2074.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SQL.dll514.2.1235.0
bin\1033\setupUtilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1028\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1029\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1031\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1036\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1038\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1040\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1041\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1042\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1043\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1045\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1046\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1049\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1053\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\1055\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\2052\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\2070\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\3076\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\3082\setuputilv2.dll6034.2.1235.0
bin\ClusterInquiry.dll1734.2.1235.0
bin\ClusterInquiryLH.dll1954.2.1235.0
bin\VssRequestor.dll3404.2.1235.0
bin\VssRequestorXP.dll3144.2.1235.0
bin\DpmWriterHelperPlugin.dll5144.2.1235.0
bin\ExchangeWriterHelperPlugin.dll8024.2.1235.0
bin\FileWriterHelperPlugin.dll5834.2.1235.0
bin\GenericDatasourceWriterHelperPlugin.dll7484.2.1235.0
bin\GenericNonVssDatasourceHelperPlugin.dll7014.2.1235.0
bin\SpSearchWriterHelperPlugin.dll6024.2.1235.0
bin\SQLWriterHelperPlugin.dll9594.2.1235.0
bin\WSSWriterHelperPlugin.dll7684.2.1235.0
bin\HypervVhdHelper.dll824.2.1235.0
bin\DpmoVhdManager.dll944.2.1235.0
bin\hypervVhdManager.dll1334.2.1235.0
bin\WSSCmdletsWrapper.exe1994.2.1235.0
bin\DPMClientService.exe5264.2.1235.0
bin\DPMLA.exe2,4784.2.1235.0
bin\Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.MbcParser.dll4484.2.1235.0
bin\1033\dpmbackup.exe3614.2.1235.0
bin\1028\dpmbackup.exe3594.2.1235.0
bin\1029\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1031\dpmbackup.exe3634.2.1235.0
bin\1036\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1038\dpmbackup.exe3634.2.1235.0
bin\1040\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1041\dpmbackup.exe3604.2.1235.0
bin\1042\dpmbackup.exe3604.2.1235.0
bin\1043\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1045\dpmbackup.exe3634.2.1235.0
bin\1046\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1049\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1053\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\1055\dpmbackup.exe3624.2.1235.0
bin\2052\dpmbackup.exe3594.2.1235.0
bin\2070\dpmbackup.exe3634.2.1235.0
bin\3076\dpmbackup.exe3594.2.1235.0
bin\3082\dpmbackup.exe3634.2.1235.0
bin\1033\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1028\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1029\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1031\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1036\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1038\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1040\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1041\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1042\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1043\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1045\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1046\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1049\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1053\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1055\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\2052\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\2070\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\3076\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\3082\dpmwriter.exe6064.2.1235.0
bin\1033\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1028\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1029\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1031\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1036\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1038\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1040\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1041\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1042\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1043\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1045\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1046\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1049\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1053\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\1055\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\2052\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\2070\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\3076\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\3082\FSPathMerge.exe3024.2.1235.0
bin\AgentProxy.dll2244.2.1235.0
bin\acreg.dll2624.2.1235.0
bin\SetDpmServer.exe1194.2.1235.0
bin\DPMFSFilterWrapperDLL.dll1504.2.1235.0
bin\TriggerClientJob.dll464.2.1235.0
bin\setagentcfg.exe1424.2.1235.0
bin\setupDpmfltr.dll1134.2.1235.0
bin\TERuntime.dll1094.2.1235.0
bin\EngineUICommon.dll5064.2.1235.0
bin\AutoHeal.dll614.2.1235.0
bin\1033\ObjectModelCmdlet.dll3844.2.1235.0
bin\1028\zh-TW\ObjectModelCmdlet.resources.dll304.2.1235.0
bin\1029\cs-CZ\ObjectModelCmdlet.resources.dll324.2.1235.0
bin\1031\de-DE\ObjectModelCmdlet.resources.dll344.2.1235.0
bin\1036\fr-FR\ObjectModelCmdlet.resources.dll344.2.1235.0
bin\1038\hu-HU\ObjectModelCmdlet.resources.dll344.2.1235.0
bin\1040\it-IT\ObjectModelCmdlet.resources.dll334.2.1235.0
bin\1041\ja-JP\ObjectModelCmdlet.resources.dll354.2.1235.0
bin\1042\ko-KR\ObjectModelCmdlet.resources.dll344.2.1235.0
bin\1043\nl-NL\ObjectModelCmdlet.resources.dll324.2.1235.0
bin\1045\pl-PL\ObjectModelCmdlet.resources.dll334.2.1235.0
bin\1046\pt-BR\ObjectModelCmdlet.resources.dll334.2.1235.0
bin\1049\ru-RU\ObjectModelCmdlet.resources.dll404.2.1235.0
bin\1053\sv-SE\ObjectModelCmdlet.resources.dll324.2.1235.0
bin\1055\tr-TR\ObjectModelCmdlet.resources.dll324.2.1235.0
bin\2052\zh-CN\ObjectModelCmdlet.resources.dll304.2.1235.0
bin\2070\pt-PT\ObjectModelCmdlet.resources.dll334.2.1235.0
bin\3076\zh-HK\ObjectModelCmdlet.resources.dll304.2.1235.0
bin\3082\es-ES\ObjectModelCmdlet.resources.dll344.2.1235.0
bin\DataProtectionManager.psd120
bin\DataProtectionManager.psm125
bin\1028\zh-TW\Utils.resources.dll5664.2.1235.0
bin\1029\cs-CZ\Utils.resources.dll6634.2.1235.0
bin\1031\de-DE\Utils.resources.dll7144.2.1235.0
bin\1036\fr-FR\Utils.resources.dll7074.2.1235.0
bin\1038\hu-HU\Utils.resources.dll6744.2.1235.0
bin\1040\it-IT\Utils.resources.dll6744.2.1235.0
bin\1041\ja-JP\Utils.resources.dll8064.2.1235.0
bin\1042\ko-KR\Utils.resources.dll7044.2.1235.0
bin\1043\nl-NL\Utils.resources.dll6424.2.1235.0
bin\1045\pl-PL\Utils.resources.dll7024.2.1235.0
bin\1046\pt-BR\Utils.resources.dll6654.2.1235.0
bin\1049\ru-RU\Utils.resources.dll1,0054.2.1235.0
bin\1053\sv-SE\Utils.resources.dll6354.2.1235.0
bin\1055\tr-TR\Utils.resources.dll6554.2.1235.0
bin\2052\zh-CN\Utils.resources.dll5524.2.1235.0
bin\2070\pt-PT\Utils.resources.dll6814.2.1235.0
bin\3076\zh-HK\Utils.resources.dll5664.2.1235.0
bin\3082\es-ES\Utils.resources.dll6974.2.1235.0
bin\1028\SetupLaunchScreen.dll2264.2.1235.0
bin\1029\SetupLaunchScreen.dll2344.2.1235.0
bin\1031\SetupLaunchScreen.dll2344.2.1235.0
bin\1033\SetupLaunchScreen.dll2314.2.1235.0
bin\1036\SetupLaunchScreen.dll2354.2.1235.0
bin\1038\SetupLaunchScreen.dll2334.2.1235.0
bin\1040\SetupLaunchScreen.dll2344.2.1235.0
bin\1041\SetupLaunchScreen.dll2284.2.1235.0
bin\1042\SetupLaunchScreen.dll2274.2.1235.0
bin\1043\SetupLaunchScreen.dll2324.2.1235.0
bin\1045\SetupLaunchScreen.dll2354.2.1235.0
bin\1046\SetupLaunchScreen.dll2334.2.1235.0
bin\1049\SetupLaunchScreen.dll2334.2.1235.0
bin\1053\SetupLaunchScreen.dll2324.2.1235.0
bin\1055\SetupLaunchScreen.dll2324.2.1235.0
bin\2052\SetupLaunchScreen.dll2264.2.1235.0
bin\2070\SetupLaunchScreen.dll2334.2.1235.0
bin\3076\SetupLaunchScreen.dll2264.2.1235.0
bin\3082\SetupLaunchScreen.dll2344.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.HyperVDatasource.dll504.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SharePoint.dll594.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.Exchange.dll514.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.ClientDatasource.dll474.2.1235.0
bin\1033\Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SystemProtection.dll394.2.1235.0
bin\1033\FileSystem.dll704.2.1235.0
bin\Interfaces.dll214.2.1235.0
bin\NativeConfigHelper.dll3794.2.1235.0
bin\1033\DpmSetup.dll1,7584.2.1235.0
bin\SummaryTE.dll534.2.1235.0
bin\1033\AlertHealthProvider.dll1334.2.1235.0
bin\INTENTTRANSLATOR.dll5534.2.1235.0
bin\WSS4Cmdlets.dll1634.2.1235.0
bin\WSSCmdlets.dll1794.2.1235.0
bin\1033\DlsUILibrary.dll1604.2.1235.0
XSD\Intent\IMCatalog.xsd37
xsd\ProtectionRecoveryManager\StatusMessages.xsd2
bin\DsResourceLimits.xml1
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2963543 - 最終更新日: 2014年6月7日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager
  • Microsoft System Center 2012 R2
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbmt KB2963543 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2963543
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com