Outlook Web access のパスワードの変更機能を実装します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 297121 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で Microsoft Outlook Web Access (OWA) にドメイン パスワードを変更するには、OWA ユーザーを許可する、[パスワードの変更機能を実装する方法を説明します。この資料ではいくつかのこの機能を使用する可能性があります、一般的なトラブルシューティング シナリオも説明します。

パスワードの変更機能は、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) によって提供されます。パスワードの変更機能は、Microsoft Exchange Server に固有ではありません。IIS のこの機能は、 IISADMPWD仮想ディレクトリを介して実装されます。Microsoft IIS 5.0 および IIS 6.0 の Microsoft で手動で作成および仮想ディレクトリを構成する必要があります。Microsoft IIS 4.0 では、この仮想ディレクトリは、既定では、作成は、手動で構成する必要があります。

詳細

パスワードの変更機能を Windows Server 2008 の詳細については、次の Microsoft Exchange チーム ブログを参照してください。
http://msexchangeteam.com/archive/2008/12/09/450238.aspx

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

IISADMPWD 仮想ディレクトリを構成する方法

Outlook Web Access のパスワードの変更機能を使用するには、Secure Sockets Layer (SSL) 証明書が必要です。これは、すべてのバージョンの Exchange Server の場合は true です。SSL によるパスワードの変更機能を使用する場合は、通信が暗号化されます。OWA は、パスワードの変更機能へのアクセスに HTTPS 要求を使用します。

SSL を構成するのには Web サーバーのサーバー証明書を取得する必要があります。Microsoft 証明書サーバーまたはサード パーティの証明書サーバーを使用することができます。IIS で SSL を有効に使用する Web サーバーの証明書を取得します。入手して、SSL 証明書をインストールする方法に関する詳細については、次の IIS ヘルプ トピックを表示します。
  • SSL 証明書を取得します。
  • SSL を構成します。
IIS と Exchange Server の証明書を使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
228821 IIS 5.0 では、証明書ウィザードを使用して証明書要求ファイルを生成します。
228836 SSL や TLS で使用する証明書ウィザードを使って新しい証明書をインストールします。
234022 SSL を使用する Exchange の OWA を構成します。
320291 Exchange 2000 Server の Outlook Web Access の SSL を有効にします。
823024 Exchange Server 2003年での仮想サーバーで証明書を使用する方法
メモ 環境内で Exchange フロント エンド サーバーを使用している場合はこれらのサーバーで SSL が有効にするだけする必要があります。シングル サーバー環境では、SSL を Exchange サーバー上で有効にする必要があります。

次の値は、PasswordChangeFlags 設定用のオプションです。
  • 0: SSL によるパスワード変更が必要です。
  • 1: セキュリティが保護されていないポートでのパスワードの変更が可能
  • 2: パスワードの変更を無効にします。
「1」にしますこの値を変更できます、負荷の SSL 構成、SSL アクセラレータを使用する場合ためには、以下の手順を実行します。
  1. IIS および OWA サーバーで、[スタート] ボタン、実行] をクリックして、 cmdと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトでEnterキーを thenpress、次のコマンドを入力します。
    cd <drive letter>\:inetpub\AdminScripts

    例: cd c:\inetpub\AdminScripts
  3. コマンド プロンプトに戻ります。ここでは、いますを入力します。
    adsutil.vbs set w3svc/passwordchangeflags 1

    この資料には、前に記載されているとおり、値「1」がパスワードの変更機能は、secureports ではないを使用して
パスワードの変更機能を構成する前にすべての Exchange サーバーに、次の修正プログラムが適用されたことを確認します。
  • Windows 2000 (すべてのバージョンの Exchange)
    831047 修正プログラム: IIS 5.0 では、パスワード変更ページを使用するとさまざまな問題発生します。
  • Windows 2003 (すべてのバージョンの Exchange)
    833734 修正: 問題が発生するさまざまな IIS 6.0 のパスワード変更ページを使用する場合


    注: この修正プログラムのファイルは、Microsoft WindowsServer 2003 Service Pack 1 (SP1) に含まれます。
IISADMPWD仮想ディレクトリを構成するのには、次の手順で行います。
  1. [スタート プログラム] をポイントし、[ツール] をポイントし、インターネット サービス マネージャー] をクリックします。
  2. 既定の Web サイトを右クリックし、し仮想ディレクトリの [新規作成] をポイントします。
  3. 仮想ディレクトリの作成ウィザードで、 IISADMPWDエイリアス] ボックスに入力し、[次へ] をクリックします。
  4. [ディレクトリ] ボックスで、次のように入力します。 <harddisk>: \winnt\system32\inetsrv\iisadmpwd </harddisk> または、場所 whereyour のハード ディスクは、デフォルトのハード_ディスクと、[次へ] をクリックします。
  5. 選択だけで、読み取りと実行スクリプト チェック ボックスされるなどの [ASP] チェック ボックスをオンを次へ、し完了しにをクリックします。
  6. IISADMPWD 仮想ディレクトリにのみ basicauthentication を設定し、Windows 2003 と IIS 6.0 を使用する場合は、アプリケーション プールがExchangeApplicationPoolに設定されていることを確認を確認します。
インターネット インフォメーション サーバー (IIS) 4.0 とインターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 では、パスワードの変更機能は、ISAPI 拡張子を Ism.dll から処理されます。このコンポーネントは、5.1、および 6.0 では、インターネット インフォメーション サービスのバージョンから削除されましたし、Active Server Pages (ASP) を使用するには、パスワードの変更機能が変更されました。IIS 5.0 サーバーまたは Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 3 (SP3) を実行しているサーバーが Microsoft Windows NT 4.0 Server の Service Pack 6a に IIS 4.0 を実行しているは、この ASP の機能を提供するパッケージをダウンロードすることができますが作成されて (SP6a)。

メモ このパッケージのテストが完了し、Microsoft Exchange Server 5.5 と Exchange 2000 Server の Outlook Web Access の使用が承認されています。ファイルを手動で変更する場合は、OWA は、.htr 拡張子を持つファイルを参照、ため OWA パスワード変更機能は使用できません。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
331834 パスワードの変更の機能の Active Server Pages の置き換え

有効にして、Outlook Web access のパスワードの変更ボタンを非表示にします。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


メモ フロント エンド サーバーとバックエンド サーバーでこのレジストリ値を有効にする必要があります。

Exchange 2000 Server および Exchange Server 2003年は、レジストリを使用して、またはパスワードの変更ボタンが非表示にできます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動し、以下のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeWeb
  2. OWA キーが MSExchangeWeb をクリックして [編集] メニューの下にある場合は、[新規作成] をクリックし、OWA という名前の新しいキーを追加するには、キーをクリックします。
  3. DisablePassword 値を見つけてデータ「0」に変更しますこの値が存在しない場合は、 [編集] メニューをクリックして、[新規] をクリックして、パスワードの変更ボタンを表示する場合に、followingvalue、OWA レジストリ サブキーに追加するには、 dword 値] をクリックします。
    Value name:  DisablePassword
    Value type:  REG_DWORD
    Data: 0
    
    パスワードの変更ボタンが非表示にする場合は、DisablePassword の値のデータを「1.」に変更します。
  4. 停止し、Exchange の情報 StoreService と、IIS Admin サービスを再起動します。停止し、世界ワイド WebPublishing サービス (W3SVC) を再起動します。Exchange 2000 Server 環境では、restartingthe の IIS Admin サービスまたは Exchange インフォメーション ストア、Microsoft Exchange システム アテンダントを再起動します。
  5. ことを確認するすべての依存サービスを外せば MTA スタック、IMAP4、POP3、Microsoft Exchange ルーティング エンジン、W3SVC を再起動します。
Exchange Server 5.5 の Outlook Web access のパスワードの変更ボタンを削除、以下の手順を実行します。
  1. Constant.INC ファイルを探します。このファイルは、通常、Exchsrvr\Webdata\USA の foundin (または言語) Outlook web アクセス サーバー上のディレクトリ。
  2. [管理設定のセクションとし、次の行を探します。
    fEnablePasswordMenu=True
  3. この行を次のテキストに置き換えます。
    fEnablePasswordMenu=False
  4. [ファイル] メニューの保存] をクリックし、ファイルを閉じます。
  5. を確認するに Outlook web アクセス サーバーで、インターネット ブラウザーを起動します。パスワードの変更ボタンを longerappears ないです。

使用シナリオ

フロント エンドおよびバックエンド構成の Exchange 2000

フロント エンド サーバーを使用する場合は、フロント エンド サーバー上、 IISADMPWD仮想ディレクトリおよび SSL を構成する必要があります。環境内に複数のフロント エンド サーバーがある場合は、SSL およびIISADMPWD仮想ディレクトリを各サーバー上で構成しなければなりません。

メモ バックエンド サーバーでこの機能を構成する推奨場所がのみ 1 つの Exchange Server 環境で。この環境では、インターネット ユーザー Outlook Web Access バックエンド サーバーに直接アクセスします。

ただし、フロント エンド サーバーを使用する場合は、バックエンドの Exchange Server コンピューター上でこの機能を有効にするは、バックエンドでの SSL の要件を実装する方法に注意してください。具体的には、バックエンド サーバー上のメールボックスまたはパブリック フォルダー仮想ルートまたは、交換公開ExchWebExadmin仮想ディレクトリ上に SSL を必要としないことを確認します。これが設定されている場合は、フロント エンド サーバーがバックエンド サーバーと通信できません。

マイクロソフトは、 IISADMPWD仮想ディレクトリで SSL が必要です。

パスワードの変更機能は、Outlook Web Access の独立したが、クライアントと直接対話するサーバー上に実装する必要があります。このサーバーは、通常、フロント エンド サーバーです。ただし、OWA が [オプション] ページを公開するパスワードの変更 URL は、バックエンド サーバー上で生成されます。したがって、ファイルに設定するのではなく、.htr または .asp が指定されている場合、バックエンド サーバー上の IIS のバージョンによっては、ファイルの拡張子は、フロント エンド サーバーに存在します。ユーザーが OWA を介して自分のパスワードを変更しようとしたときに、「ページが見つかりません」または 404 エラーが発生します。この問題は、この資料の後半で詳しく説明します。

参照されるファイルを次の表に示します。テーブルは、バックエンド サーバー上の Windows のバージョンに基づいています。
元に戻す全体を表示する
バックエンドの Exchange 2000 Windows 2000 SP4 バックエンドの Exchange 2003 Windows 2000 SP4 Exchange 2003 を Windows 2003 のバックエンド
フロント エンド Exchange 2000 の Windows 2000 SP4 Aexp2b.htrサポートされていないサポートされていない
フロント エンドの Exchange 2003 Windows 2000 SP4 Aexp2b.htr Aexp2b.htr Aexp2b.asp (この資料の後半を参照してください注) * *
フロント エンド Exchange 2003 を Windows 2003 Aexp2b.htr (この資料の後半を参照してください注) *Aexp2b.htr (この資料の後半を参照してください注) *Aexp2b.asp
* バックエンド サーバーが Windows 2000 (IIS 5.0) とフロント エンド サーバーは、Windows 2003 (IIS 6.0)、Outlook Web Access (OWA) を介して自分のパスワードを変更しようとしているユーザー表示されますか、"ページが見つかりません"というエラー メッセージがブラウザーにします。バックエンド サーバーが生成する URL が Aexp2b.htr ファイルを指すために、このエラー メッセージが表示されます。ただし、このファイルは、Windows 2003 フロント エンド サーバーに既定で存在しません。したがって、一連の適切なファイルをフロント エンド サーバーにコピーし、正しくこれらのファイルを処理するフロント エンド サーバーを構成する必要があります。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. フロント エンド サーバーで、コマンド プロンプトで%windir%\system32\inetsrv\IISADMPWDディレクトリに変更します。次に入力します。
    copy Aexp2b.asp Aexp2b.htr
  2. .Htr 拡張子に対するスクリプト マッピングを前方エンド サーバー上に追加します。
    • ISM 参照を作成したIISADMPWD仮想ディレクトリで、プロパティを選択するを右クリックします。
    • [仮想ディレクトリ] タブの [構成] をクリックします。
    • [マッピング] タブで、[追加を] をクリックします。
    • 以下の条件でのスクリプト マッピングを追加します。
      実行可能ファイル: %windir%\system32\inetsrv\asp.dll
      拡張機能: .htr
      制限: GET、POST
      ままに [スクリプト エンジン] および「ファイルの存在を確認する] がチェックされています。
これは、このセクションで以前記載されている問題に似ています。ただし、この場合、Windows 2003 のバックエンド サーバーが Windows 2000 のフロント エンド サーバー上に存在しない Aexp2b.asp で終わる URL をプッシュします。解決策は、次のように、フロント エンド サーバーに、適切な一連のファイルをコピーするには。
  1. フロント エンド サーバーで、コマンド プロンプトからを変更する、 %windir%\system32\inetsrv\iisadmpwd ディレクトリ
  2. 次のコマンドを入力します。
    copy Aexp2b.htr Aexp2b.asp


    メモ このソリューションを Windows 2000 sp4 の適用のサーバーをこのセクションの前半に記載されている [コピー] コマンドを実行する前にする必要があります。
メモ 手順は、クラスター化された Exchange サーバーと同じです。フロント エンド サーバーは Exchange クラスターで使用するには、ときに、構成するクラスター自体に必要はありません。

トラブルシューティング

この節では、Outlook Web Access のパスワードの変更機能を使用して発生することがある問題についての一般的なトラブルシューティングのシナリオです。
  • 次の記事を表示することをお勧めします。
    831047 IIS 5.0 では、パスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。
    833734 IIS 6.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。
  • IISADMPWD仮想ディレクトリを作成するときにことを確認、次のアクセス許可有効になっていて。
    読み取り
    ASP などのスクリプトを実行します。
  • ドメインの資格情報を入力する必要がありますパスワードを変更] ページでアカウント情報を入力するときに \ usernameformat。
  • 混合の Windows 2000 Server と Windows Server の 2003environments では、"HTTP 404-ファイル Not Found"のパスワードを変更しようとしているエラー メッセージときが表示されます。動作は、Windows 2000 andIIS 5.0 .htr ファイルを使用して、パスワードの変更機能のため発生します。辞書を ASPpages を使用して、次のマイクロソフト サポート技術情報 Basearticle で説明されているように、Outlook Web Access を実行して、Windows のシステムを更新したかどうかを確認します。
    331834 パスワードの変更の機能の Active Server Pages の置き換え
    この問題を回避するには、次のように行います。
    1. フロント エンド サーバー、フロント エンド サーバー上のIISADMPWDフォルダーを実行していないオペレーティング システムから適切なファイルをコピーします。IISADMPWDフォルダーで、次のフォルダーにある: %SystemRoot%\System32\Inetsrv\IISADMPWD、別のオペレーティング システムからファイルをコピーする、状況に応じて、次の方法のいずれかを使用します。
      • コマンド プロンプトで、IISADMPWD フォルダー (SystemRoot%\System32\Inetsrv\IISADMPWD %)、タイプのコピーを検索します *.asp *.htr、し、ENTER キーを押します。このコマンドは、現在のフォルダー内にあるすべての .asp ファイルのコピーを作成し、.htr 拡張子の付いたコピーに名前を変更します。
      • .Htr ファイル Windows 2000 Server を IISADMPWD フォルダーに Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで実行されているコンピューター上の IISADMPWD フォルダーからにコピーします。
    2. Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでインターネット サービス マネージャーを起動します。
    3. 展開既定の Web サイト、 IISADMPWDを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. 構成をクリックし、[追加] をクリックします。

      メモ 構成ボタンは使用できません淡色表示、作成をクリックし、[構成] をクリックします。
    5. [参照] をクリックし、 Asp.dll [Windows\System32\Intesrv] フォルダーをクリックします。
    6. [拡張子] ボックスに、次のように入力します。 htr.
    7. 管理ツールは、サービス] をダブルクリックし、IISAdmin サービスを再起動します。
  • 「サーバーが見つかりません」が発生するか、「ページの注目は現在使用できません」IIS が notconfigured、パスワードの変更機能を許可するかは、この現象が発生する、レジストリ内の機能 isdisabled。
  • 場合は、 IISADMPWD仮想ディレクトリを作成する既定の Web サイト以外の Web サイトでは、「HTTP 404-ファイルが見つかりません」エラー inExchange サーバーの環境があります。この問題を解決するには、は、IISADMPWD virtualdirectory プロパティの [ディレクトリ] ボックスに IISADMPWD ファイルの correcthard ディスクの場所が表示されることを確認します。詳細については、「IISADMPWDvirtual ディレクトリを構成する方法」を参照してください。
  • IISADMPWD仮想ディレクトリが、パスワードの変更機能を使用する web サイトと同じアプリケーション プールで実行されるかどうかを確認します。たとえば、Outlook Web アクセスの Web サイトのパスワードを変更機能を使用する場合は、 IISADMPWD仮想ディレクトリ内の Outlook Web Access サイトが存在する Exchange のアプリケーション poolwhere 実行する必要があります。
  • 「現在のパスワードは toexpire は 0 日で、警告が表示されるパスワードを変更するには、オプション ページに移動 youlogin の後に「Outlook Web Access で。これは、pwdLastSetプロパティの有効な Windows ユーザー アカウントは一致、pwdLastSet プロパティを対応する Exchange リソース フォレスト内の Windows ユーザー アカウントを無効にした場合に発生します。これは migratedfrom に別のリソース フォレスト リソース フォレストのユーザー場合に発生します。できなく、エラー メッセージが表示されるので、方法 ofOutlook Outlook Web Access でパスワードをリセットまたは recentlyreset を Windows ユーザー アカウントのパスワードがある場合 eitherdisregard で、Outlook Web Access は警告メッセージができます。
Outlook Web Access のパスワードの変更機能で問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
296617 パスワード変更ユーティリティをインストールした後にパスワードの変更時のエラー
269082 IIS 5.0 の新規インストール時に IISADMPWD 仮想ディレクトリは作成されません。
315579 「HTTP エラー 403」エラー メッセージ OWA または Iisadmpwd パスワードが変更されたとき
267568 古いパスワードは、Outlook Web Access で変更した後に動作します
309508 IIS lockdown と URLscan の構成 Exchange 環境で
240654 IISADMPWD ページの別のポートを構成する方法

プロパティ

文書番号: 297121 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB297121 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:297121
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com