Microsoft Windows 95 ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードのリリース ノート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 297774 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

: この資料では、情報だけを使用します。 この資料で触れられていないトラブルシューティング情報をお探しの場合は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に掲載されているキーワードを使って、さらに検索してください。 この資料に記載されていないトラブルシューティング情報が必要な場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に掲載されているキーワードを使用して、もう一度検索してください:
242450Microsoft Knowledge Baseをキーワードを使用してクエリする方法
Dial-Up Networking 1.4 Upgradeの入手方法の関連情報参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
285189Dial-Up Networking 1.4 Upgrade の提供開始について

詳細

Microsoft Windows 95 ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードのリリース ノート

1. の概要

ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレード (DUN 1. 4) は追加する機能を Windows 95 で初めて導入されたダイヤルアップ ネットワーク コンポーネントがあります。 1. 4 のリリースは、すべてのすべてに以前 DUN のリリースで、できるだけでなく、ISDN 1. 1 のリリースで組み込まれている機能を含みます。 DUN 1.4 の機能には、PPTP クライアントのサポート、128 ビットの暗号化、内部 ISDN アダプタのサポート、マルチリンクのサポート、および非標準ログイン接続を自動化する接続時スクリプト作成があります。 この DUN 1.4 Upgrade は、Windows 95 のすべてのバージョンに適用できます。 その他のバージョンの Windows 98 など、Windows ではインストールされません。

DUN 1. 4 で 1. 1 の新機能
  • 128 ビットの暗号化は、ダイヤルアップ ネットワークで 1. 4 アップグレードをサポートしました。
  • ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードには、PPTP 接続の安定性を向上させるいくつかの修正含まれています。
  • DHCP クライアントの年 2000年修正プログラムが、DUN 1. 4 アップグレードに含まれています。
1. 2 のインストール メモ

MSDUN14.exe ファイルを実行し、指示に従います。 インストール プロセスは、コンピューターを再起動する必要がもう (最初インストールした場合 Windows 95 CD から)、Windows 95 のインストール ディスクを呼び出して可能性があります。 "新しいファイルようにする操作を行います] ダイアログ ボックスが発生した場合常に新しいファイルを保持します。

インストールが完了すると、ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレード </a0> のセットアップ フォルダーの [インストールとアンインストール </a0>] をタブ、アプリケーションの追加と削除] アイコンを使用して削除することができます。 システムからダイヤルアップ ネットワークのすべてを削除このがします。 これには後は、Windows セットアップ] タブ、アプリケーションの追加と削除] アイコンを使用してダイヤルアップ ネットワークの元の Windows 95 バージョンを追加できます。 代わりに、1. 4 アップグレードを再インストール、MSDUN14.exe ファイルを実行することができます。

注: ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードのアンインストールは完全にダイヤルアップ ネットワーク システムから削除、依存している任意の機能を含みます。 たとえば、アンインストールは削除ケーブル接続と仮想プライベート ネットワーク モデムまたは ISDN を介してデバイスにダイヤルする機能のほかにします。 ISDN デバイスをインストールした場合、デバイスおよび任意の情報を入力した [ダイヤルアップ ネットワークを削除しては削除論理的に。 [ダイヤルアップ ネットワークを再インストールするときにこの情報は復元されません。

セットアップ フォルダーを追加またはシステムからのダイヤルアップ ネットワークを削除するためにアプリケーションの追加と削除アイコンを常に使用します。 操作を行いますしないコンポーネント追加または削除個々 ダイヤルアップ アダプターまたは仮想プライベート ネットワーク アダプターまたは、[システム] アプレットの [デバイス マネージャー] タブから、コントロール パネルの [ネットワーク] アプレットで。

の注: [ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレード Microsoft TCP/IP スタックの最新のバージョンの機能に依存します。 そのため、アップグレードのインストールは、現在の TCP/IP プロトコル スタックを置換 (またはインストールされていない場合、スタックを追加)。 サード パーティ製スタックに依存するアプリケーションを持っている場合このアップグレードを中止することがあります。 再読み込みこれらのアプリケーションする必要があります場合、アップグレードを実行する、特定のアプリケーション動作を停止

2. 機能の概要

2. 1 の ISDN のサポート

MSDUN がアクセラレータ パック 1. 1 には、ISDN にはの配信が既に内部 ISDN アダプターのサポートには含まれます。 セットアップ処理に役立つ、ISDN の構成ウィザードが自動的にインストール [スタート] メニュー > プログラム > [アクセサリ] の順 > ISDN ツール。

2. 2 のマルチリンクのサポート

マルチリンクのサポートにより、コンピューターは帯域幅 2 回の単一のポートがいた場合と 2 つの通信ポートを使用するをできます。 マルチリンクは、ダイヤルアップ ネットワーク フォルダー内のすべての接続アイコンのプロパティ ページで有効です。

2. 3 スクリプト

一部のインターネット サービス プロバイダーがダイヤルアップ接続の開始時に、ユーザーとの対話をターミナル必要です。 スクリプトは、このダイヤルアップ ネットワークのアップグレードに含まれる機能をこの操作を自動化できます。 スクリプトは、ダイヤルアップ ネットワーク フォルダー内のすべての接続アイコンのプロパティ ページで有効です。

2. 4 の PPTP クライアント

2.4.1 PPTP トンネリング Windows ダイヤルアップ ネットワークは、インターネット標準的なポイント ツー ポイント プロトコル (PPP) を使用してダイヤルする電話回線でセキュリティで保護された、最適化されたプロトコルの複数のネットワーク接続を提供するします。 PPTP はポイント ツー ポイントのダイヤルアップ ネットワーク接続として、インターネットを扱う機能を追加します。 この接続を介して送信されるすべてのデータを暗号化および圧縮できるされ、複数のネットワーク レベルのプロトコル (TCP/IP、NetBEUI、および IPX) を同時に実行できます。 Windows NT ドメイン ログイン レベルのセキュリティはインターネット上でも保持されます。 PPTP は、この同じイントラネットがあるインターネット アドレス スペースの競合場合でも、それ以外の場合は、インターネットから分離されるイントラネットに接続することも使用できます。

PPTP は、新しいモデム種類 (仮想プライベート ネットワーク アダプター) を [ダイヤルアップ ネットワーク] フォルダーの設定、接続するときに選択できるとして表示されます。 システムで、VPN アダプターの種類が他の場所で表示されません。 PPTP は、PPP プロトコルで、データ ストリームをカプセル化、ため 2 つ目ダイヤルアップ アダプターが、VPN が必要です。 VPN のこの 2 番目のダイヤルアップ アダプターがアナログ、ISDN モデムを PPP のサポートを提供する最初のダイヤルアップ アダプターに加えて、アップグレードのインストール段階に追加されます。

2.4.2 PPTP 接続

[新しい接続を作成する] ([ダイヤルアップ ネットワーク] フォルダー) ウィザードでは通常ダイヤルアップ (モデム) の呼び出しまたは PPTP (仮想プライベート ネットワーク) 呼び出しのいずれかの接続アイコン作成に必要な手順をします。 によって、デバイスの種類として、モデムではなく VPN を選択するには、PPTP の使用を示します。

2.4.2.1 ダイヤルアップ PPTP 接続

PPTP の最も一般的なアプリケーションは、別の PPTP 接続を続けてリモート トンネル サーバーをインターネットにダイヤルアップ PPP 接続します。 「「、[ダイヤルアップ ネットワーク] フォルダーに 2 つの接続アイコンと 2 シーケンスが必要です」ダイヤル呼び出し 2」このユーザーによって操作します。 インターネット経由での成功、トンネルの結果は、コンピューターに 2 つのネットワーク接続: インターネットに 1 つ、ターゲット ネットワークにもう 1 つのトンネル サーバーによって処理されます。

2.4.2.2 PPTP 接続の LAN ベース

PPTP 用の 2 つ目のアプリケーションにはがお使いの PC が既に接続されている LAN 経由でトンネルには含まれます。 ここを 1 つの接続アイコンが必要なとだけを 1 つ「ダイヤル」アクションではだけが、トンネルの開始に使用されます。 この状況で必要のない、ダイヤルに PPTP をサポートするインターネットへのネットワーク接続の設定-。 ルート パケットに IP ネットワーク上の PPTP トンネル サーバーに正常に機能は、PPTP 接続の唯一の要件です。

2. 5 - 接続暗号化の設定

DUN 1. 4 アップグレードは、特定の接続に対して暗号化を要求する機能を追加します。 成功した接続の暗号化を要求できるように、接続のプロパティ ページの [サーバー] タブで、チェック ボックスを追加されました。 サーバーは 40 ビット暗号化を提案する場合、ようなクライアントは 128 ビット暗号化を要求によって応答します。 128 ビット対応サーバーではクライアントの要求を受け付けます。 メモのみ 40 ビットの暗号化は、サーバーがクライアント要求を 128 ビット暗号化を許可するできませんをこと。 この種類の接続要求は失敗します。

DUN 1. 4 で他の機能を 2. 6 のリリース
  • ポイントの IP 接続が有効にするダイヤルアップ ポイントのサーバー機能を制限します。
  • 詳細については、接続状態が表示使用できます。 接続後詳細] をクリックして認証の種類がネゴシエートし、データの暗号化やソフトウェアの圧縮、マルチリンクがネゴシエートされたかどうかを確認できます。
  • 各接続ごとに改良された PPP ログ オプション点灯ことができます。 結果は、Windows ディレクトリに PPPLOG.TXT に記録されます。

3. 製品の制限と関連の問題

ネットワーク ルーティングの問題と Windows 95 のダイヤルアップ ネットワークを使用している場合、ネットワークの動作に影響する製品の制限があります。 ネットワーク ルーティングの問題については、既定のルーティングをリモート TCP/IP ネットワークの後述します。 製品の制限および関連する問題についてはここで説明します。

3. 1 の名前解決に関する問題

Windows 95 ダイヤルアップ ネットワークのオリジナル リリースが、コンピューターが複数のネットワークに接続して WINS と DNS の名前解決に対するサポートを制限します。 WINS のすべてを解決するダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレード制限、し、残りの DNS を解決するには、Winsock アップグレードを適用する制限。

Winsock2、Winsock アーキテクチャの全体を再設計もリリースしました。 Winsock2 は、ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードと完全に互換性が。 場合 Winsock2 が既にインストールされている、ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードは上書きされません。 インストールする場合は、Winsock2 は Windows Socket 2 Update マイクロソフト Web サイトから入手できます。

3. 2 静的 IP アドレス、WINS、および DNS の設定

ほとんどの場合は、ネットワークのお使いの PC の IP アドレスを定義および WINS と DNS サーバーのアドレスを自動的に提供するようにします。 これは正常にリモート ネットワークに PPP または PPTP 接続を確立するとき、または、LAN 上でコンピューターを起動するときに発生します。 アドレスをインターネット サービス プロバイダーまたはシステム管理者する必要が IP の設定、まれなケースか WINS または DNS サーバーのアドレスを定義する必要がありますこの適切な接続のアイコンに。 (使用 TCP/IP の設定]、[プロパティ] ページの [サーバーの種類] タブで、アイコンの)。

一般に、コントロール パネルの [ネットワーク] アイコンからダイヤルアップ アダプターの TCP/IP プロパティを設定する必要がありますはできません。 コントロール パネルを使用して設定値は、個々 の接続アイコンの設定をオーバーライドし、ダイヤルアップまたは PPTP 接続時に確立される動的な情報よりも優先グローバル設定します。 具体的には、LAN アダプターに静的 WINS アドレスを設定するとダイヤルアップまたは PPTP 接続の動的な WINS 割り当てできなくなります。 LAN アダプターに静的 DNS アドレスを設定しても、この効果がありません。 では、追加の DNS アドレスは、リモート ネットワークへの成功した接続に取得されます。

の注: されているケーブル モデムのインストール手順のため、ユーザーまたはインストーラー コントロール パネルの [ネットワークを使用して DNS サーバーを定義し、DNS ドメイン サフィックスの検索順序、ケーブル モデムを提供する LAN カードの定義に必要なケースがあります。 (この情報は、影響を受ける LAN カードの TCP/IP のプロパティ シートに) です。 トンネルを使用して、そのネットワークのサフィックスが、リストの先頭に含まれている場合を除き、他のネットワークに到達する場合、DNS サフィックスの検索順序を定義するタイムアウトの遅延なります。

3. 3 のリモート アクセス LAN からの物理的な切断後

アドレス指定、問題は、プライベートな TCP/IP ネットワークに直接接続がされているコンピューターが物理的に切断されているし、ダイヤルアップまたは PPTP 接続を試行しに発生します。 (可能性、たとえば、ラップトップ ユーザー、企業ネットワークからのイーサネット接続の切断し、自宅からダイヤルインを試みます。) ネットワーク カードがインストールされても場合でした、ネットカードを通じて到達するコンピューターはまだ、ネットカードを通じて到達可能な表示できるように TCP/IP を構成があります。 同じネットワークに戻す、モデムのダイヤルアップ ネットワーク接続または PPTP 接続が確立されたされた後でも TCP/IP が、ネットカードがローカル ネットワーク上のコンピューターのすべてのトラフィックを送信する継続されます。

この回避策は場合は、コンピューターは、当初、DHCP から起動 winipcfg ユーティリティを実行してリリース オプションを選択です。 問題が解決しないとのネットカードが構成されている手動でコントロール パネル] でし、コントロール パネルで無効にする必要があります。

プライベート ネットワーク間で 3. 4 へのアクセス中にネットワーク共有

2 つのネットワークは [Windows NT ドメインのログイン セキュリティあり、信頼関係のない別のドメイン内の特殊な場合は、ホストや、2 つ目のネットワーク上のサーバーに到達する 1 つのネットワークをトンネルすることはできません。 Windows 95 のログの最初のドメインにし、2 番目のドメインにログインできません。 回避策は、最初のドメイン ログインをスキップする (キャンセル) と、PPTP 接続が確立したときに、2 つ目のネットワークにログインします。

いるため、インターネットがドメインのログイン セキュリティを採用していない、この問題は発生しない注意ください、インターネット経由でトンネリングと。

Microsoft ネットワーク クライアントでの 3. 5 マルチホーム IPX サポート

Microsoft ネットワーク用クライアントを使用する PC は、IPX、LAN アダプターにバインドした同時場合も PPTP 経由のリモート IPX ネットワークとの通信の問題があります。 これらの問題は、通常のダイヤルアップ接続では発生しません。 これらの問題は、NetWare ネットワーク用クライアントを実行しているコンピューターで発生しません。

3. 6 ISDN1.0 アクセラレータ パック ドライバー

Windows 95 よう ISDN NDISWAN ドライバーは Windows NT との互換性になりました。 1.、ISDN アクセラレータ パック 1、Windows NT 互換の使用に必要なのリリース以降の場合このされて ISDN 1. 1 ドライバー。 したがって、ISDN のほとんどのベンダーは、ハードウェアと ISDN 1. 1 ドライバーを提供します。 1 Windows 95 ISDN アクセラレータ パック. 0年と互換性のあるドライバーが作動しなくなります。

http://www.microsoft.com/windows/getisdn 既知のベンダーのドライバーの一覧を参照してください。

3. 7 ISDN ドライバーのインストール

多くのベンダーはインストール プロセスを簡略化するのには、インストール ディスク上の独自のデバイス ドライバーと、古い ISDN1.1 アクセラレータ パックをバンドルします。 その結果、DUN 1. 4 にアップグレードされているシステムで、製造元のインストール手順が実行される場合、インストール手順可能性がありますアップグレード ファイルの一部を上書きされ、システムのさまざまな部分を使用不可のままにします。 通常、仕入先インストール願いを ISDN 1. 0 または ISDN 1. 1 をインストールするかどうかは。 言うこと"no"です。

製造元のインストールがダイヤルアップ ネットワークに上書きする場合は、すぐに、ダイヤルアップ ネットワーク 1. 4 アップグレードと共に使ったインストールを再実行する必要があります。

3.8 のマルチリンク操作

前のセクションで説明されている手順に従って、他のデバイスを構成したら、マルチリンク接続をダイヤルします。 接続をダイヤルするときに接続の指定されたプライマリ デバイスのプライマリ番号にダイヤル ダイヤルアップ ネットワークをセットアップします。 最初の接続が確立されると、ダイヤルアップ ネットワークは [ダイヤル デバイスの追加リストで指定された他のデバイス。

接続が確立すると、タスク バーに表示される、"コンピューターの通信のアイコンをダブルクリック クリックして、リンク状態情報を表示することができます。 または接続を切断することがあります。 ステータス情報が含まれます送信および受信したバイトのネットワーク プロトコルの接続と、他のデバイスの各表示リスト ボックスで使用に対してネゴシエートします。 リスト ボックス内のデバイスを選択すると、「中断」または「再開」ボタンが表示されます。 一時停止ボタンが表示されて場合デバイスが使用し、マルチリンク接続にバンドルします。 「中断」] クリックするとその回線を切断され、バンドルされた接続からの行を削除します。 [再開] が表示されて、いる場合は「再開」その接続にダイヤルをその行をバンドルに追加] クリックします。 中断や、接続を削除せずに個々 のリンクを再開できます。

3.9 限られた IP-IP ダイヤルイン サーバー

以前は、Windows 95 がダイヤルアップ、IPX、NetBEUI トラフィック用のサーバーとして機能のみします。 この新しい機能は、Windows 95 マシン (アプリケーションの共有、チャット、ビデオ会議、および IP ベースのテレフォニーをサポート) する Microsoft NetMeeting などのコンピューターにアプリケーションに対する、ダイヤルアップの呼び出しに応答をさせます。 ダイヤルアップ クライアントが 192.168.55.2、割り当てられて常にしており、サーバーは常に 192.168.55.1 います。 Point to Point IP サーバーが有効に既定では、なりできますは有効/無効の高度なプロパティで、ダイヤルアップ アダプターの。

4. セキュリティに関するメモ

PPTP はすべて、インターネット上の潜在的なクライアントのアクセスを提供せず、インターネット上で選択したクライアントに対して、プライベート ネットワークへのセキュリティで保護された暗号化アクセス有効にするに既存の PPP 機能を使用します。 PPTP トンネル サーバー コントロールのプライベート ネットワークへのトンネル接続を要求するクライアントからこの接続の認証によってアクセスを要求します。 セキュリティはフィルターが、トンネル サーバーに静的な PPTP を有効にするとするか、ファイアウォールの内側のトンネル サーバーの配置、かの IP ルーティングとリモート アクセス サービスを備えた Windows NT4 トンネル サーバー上でフィルタリングを有効にしてさらに拡張できます。 参照してください ユーザーおよびインストール、構成およびマイクロソフトのクライアントとサーバーを使用して PPTP の管理者ガイド 』 にある: 詳細については http://www.microsoft.com/windows2000/technologies/communications/default.mspx

4. 1 の MSCHAP V2

このリリースは、次のセキュリティ機能を提供する新しい MSCHAP (MSCHAP V2) サポートします。
  • 相互認証、サーバーとクライアントの両方からのランダムな課題に基づく
  • 強力な初期データ暗号化キー、ユーザーのパスワードと、ランダムな課題、サーバーとクライアントからの両方から生成されます。
  • パスが表示され、送信を暗号化の初期暗号化キーを分離
  • ドロップ V1 の MSCHAP パスワードの変更をサポートします。
  • パスワードの LMHASH エンコーディングのドロップを使用します。
更新された、DUN クライアントは MSCHAP V2 を元の MSCHAP をネゴシエートする前にネゴシエートします。 Windows NT 4. 0 サーバーもネゴシエート MSCHAP V2 最初に、更新されたクライアントとサーバーのネットワークは MSCHAP V2 認証をまったくシフトようにします。 クライアント認証なし MSCHAP を使用させるには、サーバーは MSCHAP V2 を要求する設定できます。 これとできなくなりますレガシ クライアントの MSCHAP PAP または CHAP、交換に各自の資格情報を提示から最も安全な認証方法が必要なネットワークの構成は可能性があります。

ファイアウォールを介した 4. 2 の PPTP 接続

一部のネットワーク内部操作の GRE メッセージを利用し、ルーター、ネットワークの出入り GRE パケットを設定します。 PPTP トラフィックは、TCP ポート 1723年とルーティング プロトコル番号 47 を使用します。 PPTP トンネルが、正しく構成されても、データを伝送する場合、は、インターネット サービス プロバイダー、GRE パケットを選別可能性がありますかブロックされる必要なポートことがあります。 この問題を解決する ISP 問い合わせてください。

5 ネットワーク ルーティングの動作

(Windows 95 コンピューターを含む) すべての TCP/IP ホスト コンピューターは、ダイヤルアップと PPTP のユーザーがリモートの TCP/IP ネットワークにアクセスするために重要となるルーティングの制限を共有します。 ホスト コンピューターは、デフォルト ゲートウェイのルーティングと呼ばれる配色パターンをルーティングに依存します。 このメカニズムは単純な: 任意のコンピューター、ローカル ネットワーク上でない届くを指定したデフォルト ゲートウェイ ルーターへのトラフィックを転送する任意のルーティング テーブル エントリによって指定されていません。 ゲートウェイ ルーターは通常、トラフィックを正しく転送する方法を知っています。 このアプローチには、無数の複雑なルーティング テーブルにほかのコンピューターに Windows 95 コンピューターを接続できるという利点があります。 このアプローチが不利な点で 1 つにすべての外部ネットワークに到達すると、こともできます接続のみが存在します。

デフォルト ゲートウェイという概念は、リモート ネットワークにダイヤルをスタンドアロン コンピューターに特に適しています。 ダイヤルアップ接続の確立にデフォルト ゲートウェイがその接続を介してトラフィックのルーティングに割り当てられます。

デフォルト ゲートウェイ、既にお使いの PC と、2 番目のデフォルト ゲートウェイは、新しいネットワークに到達するダイヤルアップ ネットワークによって割り当てられますという概念は分解します。 これは、ことができますたとえば発生、コンピューター、ローカル LAN が既定のルートとし、リモート ネットワークに追加の接続をダイヤルします。 コンピューター、インターネットにダイヤルし、リモート トンネル サーバーへの 2 番目の PPTP 接続を行った後も発生可能性があります。 どちらのこのような場合は、最初のゲートウェイは、最新のゲートウェイ、および最初のゲートウェイは表示できなくなりますが到達可能だったコンピューターによって置き換えられます。 DNS または WINS コンピューターが非表示のいずれかがサーバーを名前を確認します。 これは、ように、影響を受けるネットワーク上のコンピューター名を解決できないになります。

要約すると、TCP/IP デフォルト ゲートウェイのルーティングが単一のネットワークに接続するコンピューターで動作するように設計します。 [ダイヤルアップ - リンク、または、ダイヤル、LAN ベース PC]、[ネットワーク接続を 2 つの結果から接続する上で PPTP 接続 どちらの場合も、既定のルートは、最新の接続を指します。 PPTP] または [ダイヤルアップの接続がリリース時に、最初のネットワークへのすべての接続が復元されます。

高度なユーザーの追加情報を 6

6. 1 LMhash 抑制

このリリースが下にある定義された、クライアントから、従来の MSCHAP チャレンジに LM 応答を送信防止レジストリ変数も提供します。 既定では、この変数は存在しない、つまり、クライアントする必要があります (維持するために従来のサーバーとの互換性)、LM 応答を送信することです。 この変数の値が接続が試みられます直前にチェックします。

の注: ほとんどのユーザーはこのレジストリ変数を使用する必要はありません。 新しい、セキュリティで保護されたモードの MSCHAP V2 は元 MSCHAP を使用する古いアクセス サーバー接続するときにこのレジストリ値が最も有用な、LM ハッシュ応答を送信しません
   HKLM\System\CurrentControlSet\Services\RemoteAccess

   DWORD: UseLmPassword
   Default: 0x00000001

   0x00000000 = Do not send LM challenge response (send only NT challenge response)
   0x00000001 = Send LM challenge response
				
6. 2 に SecureVPN フラグの設定

お使いの PC でのすべての VPN 接続の試行中に、新しい MSCHAP V2 のみを使用することを確認したい特別な状況がある場合、新しいクライアント側のレジストリ フラグ、SecureVPN、この動作を強制的に使用できます。 お使いの PC がのみ MSCHAP V2 を受け入れるこのフラグが設定すると、されている場合、VPN 接続に対する認証します。 さらに、このフラグはすべての VPN 接続に対するデータ暗号化を要求は。 ダイヤルアップ接続は影響しません。

の注: ほとんどのユーザー VPN のセキュリティで保護されたフラグを使用する必要はありません。 自分のコンピューターからのすべての VPN 接続の動作には影響ため注意してこのフラグを使用する必要があります。 一般に、必要な MSCHAP V2 とデータの暗号化の使用適用できるより簡単に、サーバーに

設定を Windows 95 を強制するが、レジストリを新しい MSCHAP V2 セキュリティで保護されたモードのみを使用して PPTP 接続データ暗号化を要求するクライアントが下にある定義します。 既定ではこのレジストリ変数は存在しない、"はしないセキュリティで保護されたモード強制 PPTP 接続で"を意味します。 この変数の値が接続が試みられます直前にチェックします。
   HKLM\System\CurrentControlSet\Services\RemoteAccess
   Default: 0x00000000

   DWORD: SecureVPN
   Value: 0x00000001 == Force secure mode (MSCHAP V2 plus data encryption) on all PPTP connections
   Value: 0x00000000 == Do not force secure mode on PPTP connections
				
6. 3 [常に強力な暗号化フラグ

新しいレジストリ変数、ForceStrongEncryption が強力な暗号化を要求するクライアント許可用意されています。 強力な暗号化を強制するレジストリのフラグは、下にある定義されます。 既定では、フラグは存在しません。 このフラグの値が接続が試みられます直前にチェックします。
   HKLM\System\CurrentControlSet\Services\RemoteAccess

   DWORD: ForceStrongEncryption
   Default: 0x00000000

   0x00000000 = No effect; does not force strong encryption
   0x00000001 = Requires 128-bit encryption for any connection which already requires encryption
				
メモ、CCP 中にそのデータの暗号化がネゴシエートされる接続のフェーズを (圧縮制御プロトコル)。 したがって、接続のプロパティ シートする必要がありますか圧縮または有効に (下) の暗号化、暗号化ネゴシエーションが成功するためにします。 これは、方法はことはめったにありません問題のため圧縮は既定で有効になっています。

6. 4 PPTP Historyless モード

暗号化および圧縮 PPTP 接続を介して historyless モードは。 このモードは遅延 (latency ネットワークまたは大きなパケット損失が発生するネットワークで PPTP を検出しましたパフォーマンス問題を解決します。 historyless モードをネゴシエートするには、PPTP クライアントとサーバーの両方が、新しいモードをサポートする必要があります。 両側拒否新しいモード、標準の MPPE 圧縮と暗号化がネゴシエートされます。 historyless クライアントをサポートするサーバーが Windows NT 4. 0 Service Pack 3 またはそれ以降、または Windows 2000 実行されていることを必ずです。

6. 5 のモデム プールのアクセス

PPTP も使えます LAN ベースの PC のメソッドとして、リモート コンピューターまたはモデム プールが適切に構成されているアクセス サーバーを介してネットワークをダイヤルアップ接続します。 このような接続を開始するには"AccessServer <space> [電話番号]"としてトンネル アドレスが指定されて PPTP 接続を確立だけ。 AccessServer は、DNS 名または IP アドレス、PPTP が有効になっているアクセス サーバーの [電話番号] は、他のサイトに到達するダイヤルする数字のセット。 指定された数字には、ダイヤルアップ PPP 接続、アクセス サーバーが表示されます。 接続上で、PC 動作は、リモート サイトに直接ダイヤルがまるでになります。 リモート サイトで認証が実行されます。

: この機能がのみサポートしています強制的トンネリングをサポートするアクセス サーバー。 これらは通常、ダイヤルアップ PPP 呼び出しを受信し、呼び出し元のユーザーに代わって、トンネルを作成してから、トンネルに PPP トラフィックを挿入するサーバーです。 Windows NT RAS はこの機能を現在サポートしていません

6.6 のパケット サイズの調整

ダイヤルアップ接続の IP パケットのサイズは、自動的に接続速度をに基づいて調整されます。 設定は、「小」(576) ダイヤル用 - と以下 128 Kbps の接続の設定と「大」を切り替えます (1500) より高速なダイヤルアップの - 接続または LAN 接続の設定。 さらに、PPTP フレーム サイズを断片化を避けるために、最大通過ユニット (MTU) をベース調整します。 特定のサイズをダイヤルアップと PPTP の MTU サイズの両方手動で設定 1 できますにします。 これらは、ダイヤルアップ アダプターの高度なプロパティは、構成可能です。
Information in this document is subject to change without notice and is
provided for informational purposes only.  The entire risk of the use or
results of the use of this document remains with the user, and Microsoft
Corporation makes no warranties, either express or implied.  The names of
companies, products, people, characters, and/or data mentioned herein are
fictitious and are in no way intended to represent any real individual,
company, product, or event, unless otherwise noted.  Complying with all
applicable copyright laws is the responsibility of the user.  No part of 
this document may be reproduced or transmitted in any form or by any 
means, electronic or mechanical, for any purpose, without the express 
written permission of Microsoft Corporation.

Microsoft may have patents, patent applications, trademarks, copyrights, 
or other intellectual property rights covering subject matter in this 
document. Except as expressly provided in any written license agreement 
from Microsoft, the furnishing of this document does not give you any 
license to these patents,  trademarks, copyrights, or other intellectual 
property.

Copyright 2001 Microsoft Corporation.  All rights reserved.

Microsoft, MS-DOS, MS, Windows, Windows NT, Windows 2000 are either 
registered trademarks or trademarks of Microsoft Corporation in the U.S.A. 
and/or other countries.

The Windows 95 PPTP client is based on code developed by 3Com Corp.

Other product and company names mentioned herein may be the trademarks of
their respective owners.
				

プロパティ

文書番号: 297774 - 最終更新日: 2006年11月15日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbinfo kbdialup kbmt KB297774 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:297774
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com