情報: Active Server Pages で作業を開始します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 297943 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

アクティブにする方法について説明します。サーバー ページ (ASP)。この資料で説明している記事の 1 つですが「はじめに」の重要なトピックです。

詳細

対象ユーザー

この記事は初心者と中間のお客様を対象としていますユーザーは、コンピューター プログラミングの経験が。前の経験とが、HTML などの web 開発言語の役に立つが、前に必要はありません。指定された手順を完了することがあります。

ASP について教えてください。

ASP は Web サーバー上で実行するソフトウェア コンポーネントのセットとWeb 開発者が動的な Web ページを構築することができます。ASP での利点静的な HTML の Web ページは ASP ページが実行されるコンピューター プログラムのようなであります。Web サーバーとできます結果の計算、ユーザー入力の処理、読み取りまたはデータベースとファイルへの書き込みし、するたびに更新される「ライブ」のコンテンツを挿入します。ユーザーがページを表示します。

関連技術

ASP は、Web サーバーと Microsoft Windows プラットフォームでを実行します。を使用する web サーバーはインターネット インフォメーション サーバー (IIS) です。またです。Microsoft パーソナル Web サーバーの設定、限られた機能を ASP を実行するのには、可能な限り(PWS) を Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、および Microsoft で実行します。Windows NT ワークステーション。ASP も Unix オペレーティング システム上で実行できます。ソフトウェア ベンダーが作成した特別な拡張子。

ASPfrquently を Web 上でビジネス アプリケーションを作成するために使用される、定期的にですMicrosoft SQL Server、Microsoft Access などのデータベースの使用、または他のベンダーのデータベース。データベースは、ASP を使用した場合ページは、その銀行によっては、使用されるなどのトランザクション アプリケーションも実行できます。COM + または Microsoft トランザクション サーバー (MTS) の機能を使用します。のなどの単純なテキスト エディターから ASP ページを作成するツールを使用できます。メモ帳、人気の高い Web サイト作成ツールによって、マイクロソフトや他のベンダーでは、または、プログラミング ツールを備えた Microsoft Visual InterDev などです。

手順の説明

手順 1: ASP をインストールします。

Windows 2000

ASP バージョン 3.0 でのすべてのバージョンに含まれて、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システムです。ASP がインストールされたときに自動的にWindows 2000 とインターネット インフォメーション サービスのオプションをインストールします。するにはこのオプションをインストールする、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [プログラムの追加と削除をクリックします。
  2. Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックし、[インターネット インフォメーション サービス] チェック ボックスを選択します。
  3. Windows コンポーネント ウィザードで、次へをクリックし、実行します、画面の指示します。
Windows NT 4.0 Server

以前のバージョンの ASP では、バージョン 2.0 を実行します。Microsoft Windows NT 4.0、Windows NT をインストールする必要がありますサーバー4.0 オプション パック。ASP をインストールするには、[セットアップ] ダイアログ ボックスのインターネット インフォメーション サーバーを選択するコンポーネントを選択します。インストールします。また、オプションで、Windows NT 4.0 Service Pack をインストールします。パック。

Windows NT 4.0 Option Pack および最新をインストールするのにはWindows NT 4.0 サービス パックは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows NT 4.0 オプション パック

Windows NT 4.0 サービス パック
Windows 95、Windows 98、および Windows NT 4.0 ワークステーション

ASP バージョン 2.0 は、Windows 95、Windows 98 も実行、また、個人用 Web Server (PWS) をインストールすることにより、Windows NT 4.0 ワークステーション。PWS のです。Windows NT Option Pack に含まれています。[ダウンロード] ウィザードを実行するを選択します。該当するオペレーティング システム ([ Windows 95など)。

Windows NT オプション パックをダウンロードするを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
Windows NT 4.0 オプション パック
Windows Millennium Edition (Me)

ASP は、Windows Me ではサポートされていません。

手順 2: Web サーバーで Web アプリケーションを構成します。

IIS または PWS をインストールすると、Web を構成する必要があります。Web サーバー上のアプリケーション。この資料で IIS が実行されていることを想定しています。Windows 2000 のバージョン 5.0以下の手順は IIS 4.0 にもはWindows NT 4.0 Server、および ASP のコードは PWS および IIS で動作します。をPWS は、Web アプリケーションを構成する方法についてのドキュメントを参照してください。PWS が含まれています。: Microsoft Visual InterDev 6.0 および Microsoft FrontPage2000 は、自動的にアプリケーションのセットアップを Web サーバー上で実行できます。場合これらのプログラムのいずれかを使用して、Web サイトを作成するのには、省略できます、次の手動セットアップの手順し、手順 3 に進みます。
  1. Windows 2000 ベースのコンピューターでは、インターネットを開くサービス マネージャー (ISM)。これには、 [スタート] ボタンを行うには、[実行] をクリックしての種類 inetmgrをクリックし、[ OK] をクリックします。インターネット インフォメーション サービス (ISM) コンソール表示されます。
  2. コンピューター名を含む最上位のノードを展開します。既定の Web サイトを右クリックし、新規作成] をクリックし、サーバー拡張機能の Webをクリックします。
  3. 新しいサブ Web ウィザードを開始します。続行するのには次へをクリックします。名前を作成するには、Windows フォルダーのディレクトリ名] ボックスに、Web アプリケーション。タイトル] ボックスに、基になる物理 Windows を指すエイリアスを入力します。フォルダー。タイトル、URL パスの一部として表示されます。(たとえば、この Web アプリケーションを参照http://www.microsoft.com/ボックス).タイトルをことができます。異なっているが、これから基になる物理 Windows フォルダー名を例では、単なるタイプ MyWeb フォルダー名は、タイトル。次へをクリックして、既定のアクセス制御を次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  4. ISM の左側のウィンドウを既定の Web サイトを再度選択し、仮想の一覧を更新するのには、F5 キーを押してくださいフォルダー。新しく作成したアプリケーションの仮想フォルダーが表示されることに注意してください。既定のサイトで。
  5. アプリケーション フォルダーを右クリックし、プロパティをクリックします。[ディレクトリ] タブで、次の手順を実行します。
    • 読み取りアクセス権を選択します。
    • 実行アクセス許可スクリプトのみに設定されているかどうかを確認します。
    • [作成] ボタンが使用できる場合、それをクリックします。
  6. プロパティのダイアログ ボックスを閉じます。ISM で、ことに注意してください、仮想のアイコンフォルダーは、黄色いフォルダーが、緑色のシンボルがグレーのボックスで表示されません。つまり、アプリケーションに設定し、ASP ページをホストするには、そのために準備をISM を閉じますことができます。

手順 3: 最初の ASP ページを作成します。

: この例では、Visual InterDev、または FrontPage を使用しないでくださいASP ページを作成します。両方のアプリケーションの ASP ページを簡単に作成できますが、手作業で ASP ページは、単純なテキストを学習用をお勧めメモ帳などのエディター。
  1. [スタート] ボタン、プログラム[アクセサリ] をポイントし、[メモ帳] をクリックします。
  2. メモ帳で、基本的なページを次のコードを貼り付けます構造体:
    <%@ Language="Vbscript" %>
    <html>
    <head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=windows-1252">
    <title>My First ASP Page</title>
    </head>
    <body>
    
    
    </body>
    </html>
    					
  3. いくつかの ASP 識別タグと ASP コードは、ページを入力します。ASP コードを実行するには、次のいずれかによって識別する必要があることに注意してください。タグのセット。Web サーバーは、タグを使用する必要があるコードを識別するにはそのページをブラウザーに返す前に、サーバー上で処理します。

    • ASP の識別子タグ 1: < [ASP コードはここ] % %>

      これでアプローチは、開始タグを作成、小なり (<) and="" percent="" (%)="" symbols,="" a="" closing="" tag="" with="" the="" percent="" (%)="" and="" greater="" than="" (="">) シンボルを開始タグと終了タグの間の ASP コードを記述します</)>。
    • ASP の識別子タグ 2。<Script runat="Server"> [Your ASP code goes here] </Script>

      この方法では、script タグと同じです。HTML スクリプト タグ スクリプトを開くこと以外に属性を持つタグをというの runat = 'Server'。
    たとえば、ASP タグの本文のタグの間のペアを配置します。ASP ページで。ASP タグ間で、次の VBScript コードを入力します。ASP ページの完成版は、次のようにサンプリングします。
    <%@ Language="Vbscript" %>
    <html>
    <head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=windows-1252">
    <title>My First ASP Page</title>
    </head>
    <body>
    
    <%
    	'Use an apostrophe to delimit code comment lines like this one.
    	'Declare variables.
    	Dim strGreeting, strTime, strTotal
    
    	'Process and calculate.
    	strTotal = 10 * 21
    	strTime = Now()
    
    	'Create a string that inserts the value of the two earlier
    	'variables.
    	strGreeting = "Hello World!  The current date and time are:  " & strTime & ".<BR>" &  _
    "The result of our calculation is:  " & strTotal
    
    	'Output the results to the browser
    	Response.write strGreeting
    	
    %>
    
    </body>
    </html>
    					

手順 4: ASP ページを Web アプリケーションに保存します。

ASP ページを作成、Windows フォルダーに保存します。手順 1 で Web アプリケーション。サブ Web 作成ウィザードを使用する場合手順 1 では、Windows の物理フォルダーのフォルダー名を入力、Web アプリケーションのコンテンツを格納し、フォルダーの作成ウィザード自動的にします。既定では、ウィザード新しいフォルダーとサブ web はルートを作成します。IIS のサイトです。フォルダーとタイトルの名前を MyWeb を使用するためエイリアスをシステムが一般的なパスは次のような。
C:\Inetpub\Wwwroot\MyWeb
MyWeb アプリケーションが IIS の下で実行しているしを使用します。Web ブラウザーが、アプリケーションの起動時に、アプリケーションを URL パスを表示するにはWeb プロトコル (http: http://。次に、これだけでは、ローカルの Web である場合コンピューターまたは会社のイントラネット上での Windows コンピューター名を使用してたとえば、 MyServer)、または公開されています。インターネットのサイトが (たとえば、ドメイン名を使用します。www。MyCompany.com)。最後に、エイリアスを追加またはWeb アプリケーションのサブフォルダーのタイトルです。結果の URL のような次の URL:
http://MyServer/MyWeb

- または -

http://www。MyCompanyMyWeb .com/
前の手順で作成した ASP ページを保存してWeb アプリケーションの配置は、これらの手順を実行します。
  1. メモ帳で、[ファイル] メニューの [保存] をクリックします。
  2. [名前を付けて保存ダイアログ ボックスで、 [保存する場所] ドロップ ダウン リスト ボックスを使用してアプリケーションの物理フォルダーを指定します(たとえば、C:\Inetpub\Wwwroot\MyWeb)。
  3. ファイルの種類ドロップダウン リスト ボックスで、すべてのファイルを選択します。
  4. ファイル名] ボックスに、既定のファイル拡張子を削除し、ASP 拡張子を持つファイル名を (たとえば、入力します。Default.asp)。
  5. 保存をクリックします。

手順 5: Web サーバーを使用して、ページを表示するには

Microsoft Internet Explorer などの Web ブラウザーを開きます。で、行を新しい ASP ページの URL を入力に対応します。たとえば、サーバーにある場合ローカルで実行しているサービス (、ページ インターネット上でしていない)、URL次のようになります。
http://MyComputerName/MyWeb/Default.asp
または、サーバーがインターネットでは、URL をページ処理している場合次のようになります。
http://www。MyCompany.com/MyWeb/Default.asp
新しい Web アプリケーションを IIS に自動的に設定されている注意してください。既定またはインデックスのいずれかとして、デフォルトのファイルは仮想フォルダーを使用して、Web アプリケーションです。つまりの名前として Default.asp を使用する場合は、ホーム ページまたは最初のページで、アプリケーションは、必要はありませんを使用するにはURL 内のファイル名。だけを含む仮想フォルダーを見つけることができます、Default.asp ページ、次のように。
http://MyComputerName/MyWeb/

ASP について

詳細については、ASP のニュースグループでは、ピア ツー ピアを参照してください。質問と回答。「インターネット サーバー プログラミング]」、あるが「Web 開発」では、次の Microsoft Developer Network の下にあります。(MSDN)オンライン ニュースグループ Web サイト:
オンライン ニュースグループ
http://msdn.microsoft.com/newsgroups/
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Active Server Pages のサポート センター
http://support.microsoft.com/?scid=ph;zh-cn;555
技術的な質問については、以下を参照してください。技術情報を検索する web サイト:
ナレッジ ベース検索
http://support.microsoft.com/search
直接 Microsoft からヘルプを取得するには、以下をご覧下さいMicrosoft の Web サイト、テクニカル サポート インシデントを開く。
http://support.microsoft.com/directory/question.asp?sd=gn&fr=0
ASP のチュートリアル、コード サンプル、およびへの参照を参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
パフォーマンスとスタイルを改善する 25 + ASP のヒント

Active Server Pages のチュートリアル

スクリプティングのすべて

できますを把握する ASP: Active Server Pages の Abc

ASP の表記規則

ASP の COM オブジェクト
サード パーティの ASP のリファレンスやチュートリアルについては、次を参照してください。Web サイト:
4GuysFromRolla
http://www.4guysfromrolla.com/

15Seconds.com
http://www.15seconds.com

ASP101.com
http://www.asp101.com

ASPToday
http://www.asptoday.com/

ASPWire
http://www.aspwire.co.uk/

LearnASP
http://www.learnasp.com

W3Schools.com
http://www.w3schools.com
マイクロソフトテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはしませんこのサード パーティ連絡先の正確性を保証します。情報です。

プロパティ

文書番号: 297943 - 最終更新日: 2012年11月19日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Active Server Pages 4.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB297943 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:297943
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com