SQL Server のパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 298475 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

パフォーマンスの問題を解決するには、完了する必要があります、一連のステップを特定し、問題の原因を特定します。可能な原因は次のとおりです。
  • ブロック
  • システム リソースの競合
  • アプリケーションの設計上の問題
  • クエリまたは長い実行を持つストアド プロシージャ回
これらの原因を識別するは通常、非常に時間がかかるし、収集された情報を評価するいくつかの日を費やすことがあります。複雑性パフォーマンスの分析は、特定のデータベース製品に固有ではないかオペレーティング システムです。すべてのアプリケーションをパフォーマンスの制約が適用されます。リソース、デザイン、または使用率の点から。

詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
224587アプリケーションのパフォーマンスが SQL Server のトラブルシューティング方法
特定し、問題を解決をするのには、同時に次の情報を収集し、出力を容易にあります。マイクロソフト製品サポート サービス (PSS) に問い合わせる前に利用できます。
  • ブロック スクリプトの出力
  • SQL プロファイラーのトレース ログ
  • SQL Server のパフォーマンス モニターのログ
メモこの情報を収集しない場合とパフォーマンス問題が発生すると、すべての情報を収集する必要があります。これは、ことができます。トラブルシューティングのプロセスを遅らせます。

問題が発生すると、収集します。次の情報が利用できるは。
  • sqldiag レポート
  • Microsoft Windows NT システム イベントおよびアプリケーション イベントログ
ほとんどの場合、PSS を理解するには、この情報が必要です。環境と、パフォーマンスの問題の性質。場合はどの部分情報は使用できません、トラブルシューティングのプロセスの時間がかかっている可能性があり、パフォーマンスの問題を識別するが遅くなります。

いる場合でも現在、パフォーマンス問題が発生していない、ことを推奨しますこのプロセスを実装します。パフォーマンスの問題が発生した場合は、キャプチャ、必要な情報をできるだけ早く。また、キャプチャするかどうかは、ベースラインの SQL プロファイラーのログ、SQL Server のパフォーマンス モニターのログ、およびブロックスクリプトを作成するとき、アプリケーションが正常に実行する、それを使用することができますとして、アプリケーションを実行しない場合の比較について必要です。

この情報は、SQL Server が大量のトラフィックを収集する場合環境は、いくつかのパフォーマンスの低下をことがあります。ただし、必要があります。問題の原因を識別するには、この情報をがトラブルシューティングの目的で。SQL プロファイラーのトレースが最も影響を持っています。パフォーマンス。パフォーマンスが著しく低下する場合は、SQL をカスタマイズできます。プロファイラー トレースをキャプチャするイベントの種類を減らすことによって。制限すること、SQL プロファイラーのトレースは、いくつかの改善を提供します。質問があるかどうか、または問題を設定して、情報の収集には、PSS に問い合わせてください。

ブロック スクリプトの出力

ブロック スクリプトはブロッキング問題を識別するために重要です。ただし、スクリプトからの出力をパフォーマンスのトラブルシューティングに使用します。さらにブロックするときの問題は問題ではありません。この出力することもできます。クエリ ファイル I/O などのリソースを待機している場合、または場合を決定します。トランザクションがされていないコミットまたは正常にロールバックします。 詳細についてはスクリプト ブロックの実装については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックします。
251004SQL Server 7.0 ブロッキングを監視する方法
271509 SQL Server 2000年のブロッキングを監視する方法

SQL プロファイラーのトレース ログ

コンピューター上のアクティビティ、SQL プロファイラーのトレースをキャプチャします。SQL Server を実行しています。遅い実行を識別するためにこの情報を使用することができます。クエリとの最適な実行プラン。さらに、SQL プロファイラーのドキュメント一連のパフォーマンス低下が発生する前に発生するイベントとすることができますその原因を特定します。

作成し、別の SQL プロファイラー トレースを実装するにはGUI を使用すると、「何をモニター」セクションは、次マイクロソフトのを参照してください。技術情報:
224587 アプリケーションのパフォーマンスが SQL Server のトラブルシューティング方法
作成し、SQL プロファイラーを実行する方法の詳細についてTransact SQL コマンドを使用してトレース、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックします。
289742SQL Server 7.0 のトレースを作成する方法
283790 SQL Server 2000年のトレースを作成する方法
詳細については、SQL プロファイラー トレースを監視する方法Transact SQL コマンドを使用して、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックします。
289279INF: SQL Server 7.0 のモニターのトレース方法
283786 SQL Server 2000年のトレースを監視する方法
メモ大きなワークロードの SQL プロファイラー トレースがある場合は、使用することができます。インデックス チューニング ウィザード。インデックス チューニング ウィザード、SQL Server のクエリを使用します。オプティマイザーは、インデックスでは、指定されたクエリの最適なセットを決定します。インデックス チューニング ウィザードがかどうかを非常に効率的なツールですが正しいインデックスがデータベースに存在します。インデックスを実装することにより、ウィザードアプリケーションのパフォーマンスを向上できる場合がありますをお勧めします。

インデックス チューニング ウィザードの使用方法の詳細についてを参照してください。SQL Server Books online の「インデックス チューニング ウィザード」トピック。

SQL Server のパフォーマンス モニターのログ

SQL Server は、通常次のボトルネックによって影響されます。
  • CPU
  • メモリ
  • ファイル I/O
  • ロック、ブロッキング、またはデッドロック
SQL Server のパフォーマンス モニターを使用して、識別することができますどのようにこれら潜在的なボトルネックを SQL Server に影響を与える可能性があります。さらに、このログを使用することができます。外部プロセスを作成するときに SQL を実行しているコンピューターで使用されてサーバーと SQL Server のパフォーマンスが低下します。

前にSQL Server パフォーマンス モニターを起動、ディスク カウンターが置かれているかどうかを確認します。これを行うには、コマンド プロンプトでdiskperfを実行します。ディスク カウンターを使用しない場合は、 diskperf-yを実行し、コンピューターを再起動します。

SQL を作成する場合は、パフォーマンス モニター ログは、次の情報を収集します。
  • ページング ファイル
  • プロセス
  • プロセッサ
  • すべての SQL Server カウンター
  • メモリ
  • スレッド
  • 論理ディスク
  • 物理ディスク
  • システム
メモ既定の間隔は 15 秒に十分な時間を監視する必要があります。サーバです。ただし、タイミングの問題については、時間を短縮する必要があります。データを収集する間隔です。

詳細については、SQL Server のパフォーマンスを設定する方法ログ監視、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックします。
150934NT のトラブルシューティングには、パフォーマンス モニター ログを作成する方法
248345 Windows 2000 でシステム モニターを使用してログを作成する方法


メモSQL Server 2005 でのパフォーマンスの監視の詳細については、SQL Server 2005 Books online の監視とチューニングのパフォーマンス」のトピックを参照してください。

sqldiag ユーティリティ

Sqldiag ユーティリティと SQL Server に用意されています。収集します。SQL を実行しているコンピューターの構成に関する重要な情報サーバー、オペレーティング システム、および、SQL に表示される情報サーバーのエラー ログ。Sqldiag ユーティリティの使用方法の詳細についてを参照してください。SQL Server Books online の「sqldiag ユーティリティ」トピック。

実行する方法の詳細についてsqldiag は、クラスターの SQL Server では、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
233332SQLDIAG は、クラスター化または仮想の SQL Server を実行する方法

メモSQL Server 2005 では、SQLdiag ユーティリティを大幅に変更されています。このユーティリティのコマンドライン引数は、SQL Server 2000 と互換性のあるされません。このユーティリティは変更できますが、アプリケーションまたはそのコマンドライン引数や動作に依存するスクリプトが将来リリースされないこと.詳細については、SQL Server 2005 Books Online のトピック「SQLdiag ユーティリティ」を参照してください。

Microsoft Windows NT システム イベントおよびアプリケーション イベント ログ

Windows NT システムおよびアプリケーション イベント ログに使用することができます。その他のデータを表示できない問題を特定します。これらのログを実現します。サーバーの利用状況の表示を完了しより完全に理解を提供します。環境。

これらのファイルの保存場所

次の Microsoft Exchange の FTP のファイル サーバーすることができます。PSS エンジニアとファイルを送受信します。
ftp://ftppss.microsoft.com


を詳細は、マイクロソフトのファイルで提供されている説明を参照します。Exchange の FTP Web サイトです。




ブックマーク: 9

詳細

?
元に戻す全体を表示する
ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明製品のバージョンには、ルールが評価されます。
システム センターのアドバイザーSQL Server が複数のアクティブなトレースは、パフォーマンスに影響を与えることができますがシステム センターのアドバイザーの以外は、既定のトレース情報をキャプチャする現在のアクティブなトレースをチェックします。UNC パスに保存される場合と、高価な電子をキャプチャする場合は、実行する追加のトレースがある場合にこのアラートが生成されます。孔。この資料の情報を確認し、適切な修正処理を実行します。SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2012



プロパティ

文書番号: 298475 - 最終更新日: 2012年11月29日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbmt KB298475 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:298475
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com