PRB:"最小クエリ メモリがないと"の応答が停止トランザクション ログが復元のエラー ログ メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 298801
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

サーバーでトランザクション ログのバックアップを復元、インデックスの作成または再構築のアクティビティは、トランザクション ログのバックアップの一部である、次のエラー メッセージが表示されることがあり、、復元操作が完了しないことが処理されているサーバーに作成されますから、物理メモリの量が変更されたとき。
データベース 'dbname'、ファイル 1 上のファイル 'filename' は処理された NNNN ページします。
これは、エラー ログに次のエラー メッセージが組み合わされています。
2001-03-18 14:13:48.85 spid13 最小クエリ メモリが利用できないため、要求された操作を実行できませんでした。クエリごとの最小メモリ' サーバー構成オプションの設定値を少なきます。
これは、ある場合にのみ、トランザクション ログを復元しているサーバー上の物理メモリのバックアップを作成したサーバー上のメモリより小さいです。

原因

復元操作は、トランザクション ログ レコードの一部を処理するためのメモリが不足すると (ハング) を応答を停止します。インデックスの作成は、バックアップが作成されたサーバー上のトランザクション ログのバックアップの一部である場合は、SQL Server が並べ替え操作を実行するために、あるメモリの許可が必要です。同じトランザクション ログの復元中に、SQL Server は同じ正確な量のトランザクション ログ バックアップに記録されて、インデックスの並べ替え操作を完了するためのメモリを取得しようとします。メモリ許可が受信されない場合は、インデックスの並べ替えを実行しようとしているスレッドは、エラー メッセージが表示され、スレッドは正常に終了しません。親スレッドの無限のタイムアウトを取得するのには、並べ替えを実行するスレッドを待機します。

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. サーバーのログ必要なトランザクション ログの復元中に、インデックスの作成を処理するために必要なメモリを復元するのには、RAM を増設します。
  2. バックアップのシーケンスを再起動するのには、完全または差分バックアップを実行します。

詳細

SQL Server 7.0 の復元操作は、2 つのスレッドを使用します。

メイン スレッド

- と -

バック グラウンド スレッド

メイン スレッドは、ログを記録し、回復処理のためにワーカー スレッドを提供を読み取ります。バック グラウンドのワーカー スレッドは、メイン スレッドによって渡され、の手順を実行するための責任です。一部の操作には、その他の操作と同様に、インデックスの並べ替えが含まれます。

SQL Server 7.0 とインデックスの作成が含まれている場合は、SQL Server ログ、次の主要コンポーネントがインデックス作成の変更のすべてのデータを記録するのではなくまたはアクティビティを再構築します。
  • ビルドまたはリビルドするのには、インデックスを示すログ レコード
  • 並べ替えし、インデックスの情報を処理するには、どのエクステントは、データベース内のログ レコードを使用しました。
  • 並べ替え操作を完了するために使用するメモリを示すログ レコード
これらの重要なコンポーネントのログのリストア中にもう一度、実際の並べ替えを実行するが、元のインデックス作成アクティビティを一致するように、同じ物理エクステントの正確な実装面積を再利用するのには、インデックスの作成をやり直しできます。これは、行レベルでは、インデックスの作成を実行するすべての変更を記録しないように行われます。復元中に、インデックスの作成をやり直すには、インデックスの並べ替えを実行するために、固定量のメモリが必要です。リストア時にこのメモリがない場合は、結果で、バック グラウンド スレッドを適切に終了されないと、メイン スレッドが待機する時間を完了するのには、バック グラウンド スレッド無限の復元が並べ替え操作を実行しているスレッドで例外エラーが発生します。たとえばでデータベースで生産が 256 MB の RAM が 128 MB の RAM をテストするための別のサーバーに復元するコンピューターにバックアップされている場合を考えてみましょう。インデックスの作成や、バックアップ ・ サーバ上のインデックスの再構築、トランザクション ログのバックアップを使用する場合、トランザクション ログのバックアップには作成またはインデックスの再構築を伝えるためには、最小限のエントリが含まれます。リストア時に、[並べ替え] をバックアップが作成されたコンピューターで使用されるメモリを検索するログ レコードが読み取られます。SQL Server、これからクエリのメモリを復元コンピューターを取得しようとします。最大クエリ メモリは一般的に制限約半分 SQL Server メモリの総容量をされます。128 MB のコンピューターでは、たとえば、これは約 64 MB です。リストア中に 64 MB の並べ替えを提供できない場合は、メイン スレッドが無限に待機するように、SQL Server をバック グラウンド スレッドで例外エラーが発生します。

バックアップが作成されたときに、サーバーで利用できる物理メモリのサイズが異なる、復元中に、サーバー上で使用可能な物理メモリと同じ 1 台のサーバーで、同じ動作が表示されます。

プロパティ

文書番号: 298801 - 最終更新日: 2011年7月14日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB298801 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:298801
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com