Windows Server 2003 の Active Directory 用新規コマンド ライン ツール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 298882 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 で利用できる新しい Active Directory 用コマンド ライン ツールについて説明します。

詳細

Windows Server 2003 には、新しいディレクトリ サービス用コマンド ライン ツールのセットが追加されています。これらのコマンド ライン ツールを使用して、Active Directory 内のさまざまなオブジェクトの管理や、特定の検索条件によるディレクトリのクエリを実行できます。コマンド ライン ツールは %SystemRoot%\System32 フォルダにあります。

コマンド ライン ツールは、Windows Server 2003 に含まれており、Admin Pack および Windows Server 2003 セットアップ プログラムでインストールされます。コマンド ライン ツールは、Windows XP Service Pack 1 および Windows Server 2003 Server を実行しているコンピュータにインストールして、実行できます。このコマンド ライン ツールを Windows 2000 ベースのコンピュータにインストールすることはお勧めしません。

コマンド ライン ツールは、Windows Server 2003 および Windows 2000 ドメイン コントローラを対象にすることができます。コマンド ライン ツールで管理する Windows 2000 ドメイン コントローラには、Service Pack 3 以降をインストールして、LDAP 署名でエラーが発生することを防ぐ必要があります。

すべてのコマンド ライン ツールは、ディレクトリ内のさまざまなオブジェクトに対して実行できます。これらのツールを使用して、ログオン ユーザーとしてローカルのオブジェクトを変更できます。また、サーバー、ドメイン、ユーザー名、パスワードを指定して、ローカルまたはリモートでコマンドを実行することもできます。代表的なツールには以下のものがあります。
  • Dsadd.exe
    このツールを使用して、コンピュータ、連絡先、グループ、組織単位、またはユーザーをディレクトリに追加できます。
  • Dsget.exe
    このツールを使用して、ディレクトリ内のコンピュータ、連絡先、グループ、組織単位、サーバー、またはユーザーの指定した属性を表示できます。
  • Dsmod.exe
    このツールを使用して、ディレクトリ内の既存のユーザー、コンピュータ、連絡先、グループ、または組織単位を修正できます。
  • Dsmove.exe
    このツールを使用して、ディレクトリ内のオブジェクトを、現在の場所から別の場所に移動できます (ただし、移動は 1 つのドメイン コントローラの管理範囲内に限られます)。また、ディレクトリ ツリーにおける位置を変更せずに、オブジェクトの名前のみを変更できます。
  • Dsquery.exe
    このツールを使用して、検索条件を指定してクエリを実行し、ディレクトリ内のコンピュータ、グループ、組織単位、サーバー、またはユーザーの一覧を表示できます。
  • Dsrm.exe
    このツールを使用して、特定の種類のオブジェクトや、任意のオブジェクト一般をディレクトリから削除できます。
上記の新しいツールに加えて、以下のユーティリティも Active Directory オブジェクトの管理に使用できます。
  • Csvde.exe
    このユーティリティを使用して、Active Directory データをコンマ区切り (csv) 形式でインポートまたはエクスポートできます。
  • Ldifde.exe
    このユーティリティを使用して、ディレクトリ オブジェクトを作成、変更、または削除できます。また、スキーマを拡張したり、Active Directory のユーザーやグループの情報を他のプログラムやサービスにエクスポートしたり、あるいは他のディレクトリ サービスのデータを Active Directory に取り込んだりすることもできます。
コマンド ライン ツールの詳細や使用例については、[スタート] メニューの [ヘルプとサポート] を参照してください。新しいコマンド ライン ツールは Windows Server 2003 CD-ROM の Support Tools フォルダ、またはリソース キットに収録されています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 298882 (最終更新日 2004-04-30) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 298882 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 7.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Advanced Server, Limited Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB298882
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com