Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine を含む Access 2002 プロジェクトを展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 299297
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server の 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) です。付属している、SQL Server 2000年と互換性のあるデータの記憶域サーバーMicrosoft Office XP 開発者は、再頒布する権利を持つ。Office XPパッケージ ウィザードの開発者は、SQL Server 2000年などのオプションをがAccess プロジェクトをパッケージ化すると、desktop Engine (* .adp) ソリューション。時ソリューションが、SQL Server 2000年は、ユーザーのコンピューターにインストールされています。Desktop Engine は、ソリューションと共にインストールされます。ただし、SQL Server2000 Desktop Engine が開始されていない場合、データベースは、SQL に接続されていません。Server 2000 デスクトップ エンジン。

メモMicrosoft SQL Server 2000 Desktop Engine の以前のバージョンMicrosoft データ エンジン (MSDE) と呼ばれます。

この資料で場合は、サーバーを起動するのには、サーバーを検索するために使用する必要がありますコードを提供します。既にサーバーにデータベースをアタッチするのには、接続を開始されていません。新しくアタッチされたデータベースのプロジェクトです。コードで使用する固有のものにプロジェクトです。ただし、コードの大部分は Visual Basic で使用できます。アプリケーション (VBA) アプリケーションです。

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。

アプリケーションを配置用のプロジェクトの既存を変更する手順

次の手順は、既にある前提としていますが正しく展開する準備ができているプロジェクトのアプリケーションを操作します。手順追加するコードを追加するには、VBA プロジェクトの方法は、要求の処理を行う方法調整するには、スタートアップ フォームおよび展開パッケージを作成する方法については、既存の Microsoft Access プロジェクト (* .adp) は、マイクロソフトの SQL が含まれていますServer 2000 デスクトップ エンジン。
  1. 展開するには、目的の Access プロジェクトを開くし、新しいモジュールを作成します。

    含まれるコードを使用するためSQLDMO コードおよびスクリプトの実行に必要な参照があることを確認する必要があります。存在します。
  2. で、 ツール Visual Basic エディターのメニューをクリックします。 参照.
  3. で、 参照 ダイアログ ボックスでは、まだない場合は、次を選択する] をクリックします。選択します。
    • Microsoft SQLDMO オブジェクト ライブラリ
    • Microsoft スクリプト ランタイム
  4. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 参照 ダイアログ ボックスです。
  5. 次のコードを新しいモジュールにコピーします。
    Option Compare Database
    Option Explicit
    Dim adp_UseIntegratedSecurity As Boolean
    
    
    Public Function fStartUp(strDBName As String, strMDFName As String, _
            Optional strUN As String, Optional strPW As String)
    '------------------------------------------------------------
    'The code in this project connects the MDF file
    'to a local MSDE, then establishes the connection between
    'the Access Project and MSDE.
    '------------------------------------------------------------
        Dim strSQLInstances As String
        Dim strServername As String
        Dim intInst As Integer
        Dim strMachineName As String
        Dim spaceLocation As Long
        
    'If no username is supplied, and you cannot 
    'use integrated security, the function requires that you provide a valid SQL Server user account and password.
        
        If Not fCheckForCompatibleOS Then
            strMachineName = "(local)"
                If strUN = "" Then
                   MsgBox "Provide a valid SQL Server user account and password to log on to SQL Server because the current operating system does not support integrated security."
                   Exit Function
                End If
               adp_UseIntegratedSecurity = False
        Else
            strMachineName = ComputerName
            If strUN = "" Then
                adp_UseIntegratedSecurity = True
            Else
                adp_UseIntegratedSecurity = False
            End If
        End If
    
        'Find the available instances of SQL 2000 on the computer.
        intInst = GetValidSQLInstances(strSQLInstances)
        If intInst < 1 Then
            Dim strErrorMsg As String
            strErrorMsg = "This application requires SQL Server 2000 " & _
                "to be installed on the local computer."
            MsgBox strErrorMsg, vbCritical, "SQL Server 2000 not installed!"
            Exit Function
        End If
        'At this point, it has been determined that there is at
        'least one valid SQL Server 2000 instance on the computer.
        'The code below picks the default or first instance if more than
        'one is available. You may want to add code to prompt the user for
        'a choice when there is more than one instance on the computer.
        
        If InStr(1, strSQLInstances, "MSSQLSERVER") Then
            strServername = strMachineName
        Else
            spaceLocation = InStr(1, strSQLInstances, " ")
            If spaceLocation = 0 Then
                strServername = strMachineName & "\" & strSQLInstances
            Else
                strServername = strMachineName & "\" & Mid(strSQLInstances, 1, spaceLocation)
            End If
        End If
        
        'Call fstartMSDE to connect to SQL Server
        fStartMSDE strServername, strUN, strPW
        
        'Call sCopyMDF to move the data file to the data folder
        'of SQL Server, and then attach it to the server.
        fCopyMDF strServername, strUN, strPW, strDBName, strMDFName
        
        'Connect the ADP to the new database
        fChangeADPConnection strServername, strDBName, strUN, strPW
    
    
    End Function
    
    Public Function fStartMSDE(strServername As String, _
                    Optional strUN As String, Optional strPW As String)
    '------------------------------------------------------------
    'This subroutine will turn on MSDE. If the server has been
    'started, the error trap will exit the function leaving the
    'server running.
    '
    'Note that it will not put the SQL Service Manager on
    'the start bar.
    '
    'Input:
    '   strServername    The server to be started
    '   strUN        The user used to start server
    '   strPW        The password of user
    '
    'Output:
    '   Resolution of start
    '
    'References:
    '   SQLDMO
    '------------------------------------------------------------
    
        Dim osvr As SQLDMO.SQLServer
        Set osvr = CreateObject("SQLDMO.SQLServer")
            
        On Error GoTo StartError 'Error Trap
        osvr.LoginTimeout = 60
        osvr.LoginSecure = adp_UseIntegratedSecurity
        osvr.Start True, strServername, strUN, strPW
    
    ExitSub:
        Set osvr = Nothing
        Exit Function
    
    StartError:
        If Err.Number = -2147023840 Then
        'This error is thrown when the server is already running,
        'and Server.Start is executed on Windows NT, 2000, or XP.
           
            osvr.Connect strServername, strUN, strPW  'Connect to Server
            
            Else 'Unknown Error
            MsgBox Err.Number & ": " & Err.Description
        End If
        Resume ExitSub
    End Function
    
    
    Public Function fCopyMDF(strServername As String, _
                    strUN As String, strPW As String, _
                    strDBName As String, _
                    sMDFName As String)
    
    '------------------------------------------------------------
    'This Function determines whether the database is already on
    'the MSDE Server. If the database does not exist, this
    'function copies the MDF file from the same location as the
    'ADP to MSDE's Data directory and then attaches the database.
    '
    'Input:
    '   strServername 	The server to be started
    '   strUN        	The user used to start server
    '   strPW 		The password of user
    '   strDBName 		The Name of the SQL Database
    '   sMDFName 		The Name of the MSDE Database to be copied
    '
    'Output:
    '   Resolution of copy
    '
    'References:
    '   SQLDMO
    '   Scripting Runtime
    '------------------------------------------------------------
    
    Dim FSO As Scripting.FileSystemObject
    Dim osvr As SQLDMO.SQLServer
    Dim strMessage As String
    Dim db As Variant
    Dim fDataBaseFlag As Boolean
    Dim dbCount As Integer
    
    On Error GoTo sCopyMDFTrap
    
        'The drive names used in FSO.Copyfile and
        'oSvr.AttachDBWithSingleFile must match the
        'locations for Program Files and MSDE on the
        'computer of the end user.
    
        fCopyMDF = ""
        fDataBaseFlag = False
        Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
        Set osvr = CreateObject("SQLDMO.SQLServer")
        osvr.LoginSecure = adp_UseIntegratedSecurity
        osvr.Connect strServername, strUN, strPW
        dbCount = osvr.Databases.Count
        
        'Look for database existence on Local MSDE Server
        'by looping through all database names on the local
        'MSDE Server.
        For Each db In osvr.Databases
        
            If db.Name = strDBName Then 'The database exists
                fDataBaseFlag = True
                Exit For 'Get out of loop
            End If
      
        Next
        
        If Not fDataBaseFlag Then 'There is no database
                                  'matching sDBName
    
            'Copy File to data folder.
            FSO.CopyFile Application.CurrentProject.Path _
            & "\" & sMDFName, _
            osvr.Databases("master").PrimaryFilePath & _
            sMDFName, True
    
            'Attach to database.
            strMessage = osvr.AttachDBWithSingleFile(strDBName, _
                osvr.Databases("master").PrimaryFilePath _
                & sMDFName)
        End If
         
    ExitCopyMDF:
        osvr.Disconnect
        Set osvr = Nothing
    Exit Function
        
    sCopyMDFTrap:
    
        If Err.Number = -2147216399 Then 'DMO must be initialized
            Resume Next
        Else
            MsgBox Err.Description
        End If
        
        Resume ExitCopyMDF
    Exit Function
        
    End Function
    
    
    Function MakeADPConnectionless()
    '------------------------------------------------------------
    'This code removes the connection properties from the
    'Access Project for troubleshooting purposes.
    'The ADP will open in a disconnected state until new connection
    'properties are supplied.
    '------------------------------------------------------------
        Application.CurrentProject.OpenConnection ""
    End Function
     
    Function fChangeADPConnection(strServername, strDBName As String, Optional strUN As String, _
            Optional strPW As String) As Boolean
    '------------------------------------------------------------
    'This Function resets the connection for an ADP by using the
    'input parameters to create a new connection string. If no username
    'is supplied, it tries to connect by using integrated security.
    '
    'Input:
    '   strServerName    The server to be started
    '   strDBName   The Name of the MSDE Database
    '   strUN        The user used to start server
    '   strPW        The password of user
    '------------------------------------------------------------
        Dim strConnect As String
        On Error GoTo EH:
        strConnect = "Provider=SQLOLEDB.1" & _
        ";Data Source=" & strServername & _
        ";Initial Catalog=" & strDBName
        If adp_UseIntegratedSecurity Then
            strConnect = strConnect & ";integrated security=SSPI"
        Else
            strConnect = strConnect & ";user id=" & strUN
            strConnect = strConnect & ";password=" & strPW
        End If
        Application.CurrentProject.OpenConnection strConnect
        fChangeADPConnection = True
        Exit Function
    EH:
        MsgBox Err.Number & ": " & Err.Description, vbCritical, "Connection Error"
        fChangeADPConnection = False
    End Function
    					
  6. このモジュールを保存します。modCopyConnect.
  7. 2 つ目のモジュールを作成し、次のコードをコピー第 2 章
    Option Compare Database
    Option Explicit
    
    'This module provides functions that work together to
    'find existing computers running SQL Servers, and also the computer name.
          
    Public Type OSVERSIONINFO
        dwOSVersionInfoSize As Long
        dwMajorVersion As Long
        dwMinorVersion As Long
        dwBuildNumber As Long
        dwPlatformId As Long
        szCSDVersion As String * 128
    End Type
    
    Declare Function GetVersionExA Lib "kernel32" _
             (lpVersionInformation As OSVERSIONINFO) As Integer
    
    Private Declare Function OSRegOpenKey Lib "advapi32" Alias _
    "RegOpenKeyA" (ByVal hKey As Long, ByVal lpszSubKey As String, _
    phkResult As Long) As Long
    
    Private Declare Function OSRegQueryValueEx Lib "advapi32" _
    Alias "RegQueryValueExA" (ByVal hKey As Long, _
    ByVal lpszValueName As String, ByVal dwReserved As Long, _
    lpdwType As Long, lpbData As Any, cbData As Long) As Long
    
    Private Declare Function GetComputerName _
    Lib "kernel32" Alias _
    "GetComputerNameA" (ByVal lpBuffer As String, _
    nSize As Long) As Long
    
    Private Declare Function OSRegCloseKey Lib "advapi32" _
    Alias "RegCloseKey" (ByVal hKey As Long) As Long
    
    Private Const MAX_COMPUTERNAME_LENGTH As Long = 15&
    Public Const HKEY_CLASSES_ROOT = &H80000000
    Public Const HKEY_CURRENT_USER = &H80000001
    Public Const HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002
    Public Const HKEY_USERS = &H80000003
    Private Const ERROR_SUCCESS = 0&
    Private Const VER_PLATFORM_WIN32s = 0  'Win32s on Windows 3.1
    Private Const VER_PLATFORM_WIN32_WINDOWS = 1  'Windows 95/98/ME.
    Private Const VER_PLATFORM_WIN32_NT = 2  'Windows NT/2000/XP
    Private Const REG_SZ = 1
    Private Const REG_BINARY = 3
    Private Const REG_DWORD = 4
    Private Const REG_MULTI_SZ = 7
    
    
    Public Function GetValidSQLInstances(ByRef strSQLInstances _
                    As String) As Integer
    '-----------------------------------------------------------
    ' This returns number of valid SQL instances and a space
    ' delimited string that lists the instances.
    '-----------------------------------------------------------
    
        Dim hKey As Long, i As Integer
        Dim strVersionInfo As String
        strSQLInstances = ""
        GetValidSQLInstances = 0
        
        If RegOpenKey(HKEY_LOCAL_MACHINE, _
        "Software\Microsoft\Microsoft SQL Server", hKey) Then
            RegQueryStringValue hKey, "InstalledInstances", strSQLInstances
            RegCloseKey hKey
            StrConv strSQLInstances, vbUpperCase
            If InStr(1, strSQLInstances, "MSSQLSERVER") Then
               If RegOpenKey(HKEY_LOCAL_MACHINE, _
               "Software\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLServer\CurrentVersion", _
               hKey) Then
                    RegQueryStringValue hKey, "CurrentVersion", strVersionInfo
                    RegCloseKey hKey
                    If Mid(strVersionInfo, 1, 1) <> 8 Then
                        Replace strSQLInstances, "MSSQLSERVER", ""
                    End If
                End If
            End If
            Trim strSQLInstances
            If Len(strSQLInstances) > 0 Then
                GetValidSQLInstances = GetValidSQLInstances + 1
            Else
                Exit Function
            End If
            For i = 1 To Len(strSQLInstances)
                If Mid$(strSQLInstances, i, 1) = " " Then
                    GetValidSQLInstances = GetValidSQLInstances + 1
                End If
            Next i
        End If
    End Function
    
    
    Public Function RegOpenKey(ByVal hKey As Long, _
    ByVal lpszSubKey As String, phkResult As Long) As Boolean
    '-----------------------------------------------------------
    ' FUNCTION: RegOpenKey
    ' Opens an existing key in the system registry.
    ' Returns: True, if the key opened successfully. False
    ' otherwise.
    ' Upon success, phkResult is set to the handle of the key.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim lResult As Long
        Dim strHkey As String
    
        strHkey = strGetHKEYString(hKey)
    
        lResult = OSRegOpenKey(hKey, lpszSubKey, phkResult)
        If lResult = ERROR_SUCCESS Then
            RegOpenKey = True
        End If
    End Function
    
    
    Public Function RegCloseKey(ByVal hKey As Long) As Boolean
        Dim lResult As Long
    '-----------------------------------------------------------
    ' FUNCTION: RegCloseKey
    ' Closes an open registry key.
    ' Returns: True on success, else False.
    '-----------------------------------------------------------
        lResult = OSRegCloseKey(hKey)
        RegCloseKey = (lResult = ERROR_SUCCESS)
    End Function
    
    
    Private Function strGetHKEYString(ByVal hKey As Long) As String
    '-----------------------------------------------------------
    'Given an HKEY, return the text string representing that key.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim strKey As String
        Dim intIdx As Integer
        strKey = strGetPredefinedHKEYString(hKey)
        If Len(strKey) > 0 Then
            strGetHKEYString = strKey
            Exit Function
        End If
     End Function
    
    
    Private Function strGetPredefinedHKEYString(ByVal _
    hKey As Long) As String
    '-----------------------------------------------------------
    'Given a predefined HKEY, return the text string representing
    'that key, or else return vbNullString.
    '-----------------------------------------------------------
        Select Case hKey
            Case HKEY_CLASSES_ROOT
                strGetPredefinedHKEYString = "HKEY_CLASSES_ROOT"
            Case HKEY_CURRENT_USER
                strGetPredefinedHKEYString = "HKEY_CURRENT_USER"
            Case HKEY_LOCAL_MACHINE
                strGetPredefinedHKEYString = "HKEY_LOCAL_MACHINE"
            Case HKEY_USERS
                strGetPredefinedHKEYString = "HKEY_USERS"
        End Select
    End Function
    
    
    Public Function RegQueryStringValue(ByVal hKey As Long, _
    ByVal strValueName As String, strData As String) As Boolean
    '-----------------------------------------------------------
    ' Retrieves the string data for a named
    ' (strValueName = name) or unnamed (Len(strValueName) = 0)
    ' value in a registry key. If the named value
    ' exists, but its data is not a string, this function
    ' fails.
    '
    ' Returns: True on success, else False.
    '   On success, strData is set to the string data value.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim lResult As Long
        Dim lValueType As Long
        Dim strBuf As String
        Dim lDataBufSize As Long
        lResult = OSRegQueryValueEx(hKey, strValueName, 0&, _
                  lValueType, _
            ByVal 0&, lDataBufSize)
        If lResult = ERROR_SUCCESS Then
            If lValueType = REG_SZ Then
                strBuf = space$(lDataBufSize)
                lResult = OSRegQueryValueEx(hKey, strValueName, 0&, _
                     0&, ByVal strBuf, lDataBufSize)
                If lResult = ERROR_SUCCESS Then
                    RegQueryStringValue = True
                    strData = StringFromBuffer(strBuf)
                End If
                    ElseIf lValueType = REG_MULTI_SZ Then
                strBuf = space$(lDataBufSize)
                lResult = OSRegQueryValueEx(hKey, strValueName, 0&, _
                          0&, _
                    ByVal strBuf, lDataBufSize)
                If lResult = ERROR_SUCCESS Then
                    RegQueryStringValue = True
                    strData = ReplaceNullsWithSpaces(strBuf)
                End If
            End If
        End If
    End Function
    
    
    Public Function StringFromBuffer(Buffer As String) As String
        Dim nPos As Long
        nPos = InStr(Buffer, vbNullChar)
        If nPos > 0 Then
            StringFromBuffer = Left$(Buffer, nPos - 1)
        Else
            StringFromBuffer = Buffer
        End If
    End Function
    
    
    Public Function ReplaceNullsWithSpaces(str As String) As String
    '-----------------------------------------------------------
    ' Replace all null characters with spaces.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim i As Integer
        If Len(str) > 0 Then
            For i = 1 To Len(str)
                If Mid$(str, i, 1) = vbNullChar Then
                    Mid$(str, i, 1) = " "
                End If
            Next i
            ReplaceNullsWithSpaces = Left$(str, Len(str) - 2)
        Else
            ReplaceNullsWithSpaces = str
        End If
    End Function
    
    
    Public Function ComputerName() As String
    '-----------------------------------------------------------
    '  Returns the local computer name.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim nLen As Long
        Dim strComputerName As String
        nLen = MAX_COMPUTERNAME_LENGTH
        strComputerName = String$(nLen, 0)
        GetComputerName strComputerName, nLen
        strComputerName = Left$(strComputerName, nLen)
        ComputerName = strComputerName
    End Function
     
     
    Public Function fCheckForCompatibleOS() As Boolean
    '-----------------------------------------------------------
    '  Checks to see if the OS can use integrated security.
    '-----------------------------------------------------------
        Dim osinfo As OSVERSIONINFO
        Dim retvalue As Integer
        osinfo.dwOSVersionInfoSize = 148
        osinfo.szCSDVersion = space$(128)
        retvalue = GetVersionExA(osinfo)
        If osinfo.dwPlatformId >= VER_PLATFORM_WIN32_NT Then
            fCheckForCompatibleOS = True
        Else
            fCheckForCompatibleOS = False
        End If
    End Function
  8. 2 番目のモジュールとしての保存します。GetSQLInstances.
  9. デザイン ビューで、既存のスタートアップ フォームを開くかまたは作成します。スタートアップ フォームがあるない場合の新しいスタートアップ フォームです。
  10. コマンドを追加する、 開く時 呼び出すと、スタートアップ フォームのイベント プロパティは、 fStartUp 関数です。

    データベース名を指定してください。SQL Server と SQL Server のデータの既存のファイル名を作成します。必要な SQL Server のログオン名とパスワードも指定できます。統合セキュリティを使用していない場合は、オプションの 3 番目と 4 番目引数。たとえば、Northwind を使用すると呼ばれるデータベースを作成します。NorthwindSQL.mdf と呼ばれるデータ ファイルは、関数が表示されます。
    =fStartUp("Northwind","NorthwindSQL.mdf","","")
    
    メモ この注意は、SQL Server セキュリティに関するものです。ありませんを指定しない場合は、ログオン名は、以前のバージョンに記載されている関数の呼び出しでこのコード「オペレーティング システム場合は、統合セキュリティを使用しようとしていますいます。(Microsoft Windows NT 4.0、Microsoft Windows 2000、および Microsoft サポートします。Windows XP)。オペレーティング システムの Microsoft Windows 98 の場合、またはMicrosoft Windows me、有効な SQL Server ユーザー アカウントとパスワードを入力します。オペレーティング システムを少なくとも 1 つのログオン名を指定した場合にかかわらず、コードは提供されたログオン名と SQL のセキュリティを使用して接続しようとパスワードです。SQL Server データ ファイルのコピーがあるない場合は、する必要があります。展開パッケージに追加するのには、データ ファイルをコピーします。
  11. で、 ツール メニューのポイント データベース ユーティリティ、し データベース ファイルをコピーします。.
  12. 結果に ファイルを開く ダイアログ ボックスで、名前と場所を指定します。データベース ファイルを保存をクリックします。 保存 プロセスが終了して、ダイアログ ボックスを閉じますをします。場合は、プロジェクトのターゲット コンピューターで最初の実行、Access、SQL に接続しようとしています。ファイルの [接続] プロパティで指定されたサーバーです。が、この資料のコードは引き続き実行され、、接続情報を更新、前に、既存の接続情報を削除することをお勧めします展開します。

    既存の接続情報を削除するを実行します。は、 MakeADPConnectionless() modCopyConnect に含まれている関数は、モジュールです。

  13. 関数を実行するのには、次を入力、 イミディ エイト ウィンドウ、し、ENTER キーを押します。
    ?MakeADPConnectionless
  14. 変更内容を保存します。
  15. で、 アドイン パッケージ ウィザードが表示されている場合は、メニューの手順 19 に進みます。
  16. で、 アドイン メニューをクリックして アドイン マネージャー.
  17. で、 使用可能なアドイン ボックスの一覧でクリックしてください パッケージ ウィザード.
  18. [ロード方法] ボックスをクリックします。 [ロード/アンロード、し [OK].
  19. で、 アドイン メニューをクリックして パッケージ ウィザード.
  20. 達するまで、ウィザードの手順に従ってください、 依存関係 画面。
  21. で、 依存関係 画面をクリックしてください ファイルを追加してください. MDF ファイルを以前のバックアップを追加します。
  22. クリックしてください。 次へ あなたにするまで、 Access ランタイムのプロパティ 画面。この画面をクリックして、 Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE) MSDE のエンジンを搭載するチェック ボックスします。
  23. パッケージを完了するのには、ウィザードの手順を実行しますかクリックすると 終了日 ときに、します。
パッケージの作成が完了したらをインストールするのにはエンドユーザーのコンピューターにパッケージします。



関連情報

SQL 2000 などについてDesktop Engine のパッケージ内の他のコンピューターでは、次の資料をクリックします。数値は、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには:
290623SQL Server 2000年を既存のデータベースを SQL Server 2000 Desktop Engine に接続する方法
322228 (ホワイト ペーパー) のカスタム アプリケーションのセットアップに Msde を埋め込む
274199 Windows 95 で MSDE 2000 をインストールすることはできません。
299351 BUG: MSDE インストール SQL Server 2000 Service Pack 1 または 2 がインストールされているシステム上で失敗します。
アップサイジングの詳細については、SQL 2000 Desktop Engine にデータベース、する次の資料番号をクリックします。記事は、マイクロソフト サポート技術参照してください。
325023アップサイズ SQL Server 2000年デスクトップ エンジン SQL Server

プロパティ

文書番号: 299297 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbqfe kbfaq kbadp kbhotfixserver kbmt KB299297 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:299297
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com