Ip ルートの自動メトリック機能について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 299540 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP299540
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では Windows XP でインターネット プロトコル (IP) ルーティングを使用する、自動メトリック機能について説明します。

詳細

メトリックは、そのルートの使用に関連付けられているコストを識別、特定のネットワーク インターフェイスの IP ルートに割り当てられている値です。例えばメトリックがリンク速度、ホップの数または遅延時間の観点から重要なです。自動メトリックは、リンクの速度に基づくローカル ルートのメトリックを自動的に構成する Windows xp の新機能です。既定では、自動メトリック機能を有効にし、それも手動では、特定のメトリックを割り当てるように構成できます。

同じ送信先に対して複数のルートがルーティング テーブルに含まれている場合、自動メトリック機能は役に立ちます。たとえば、10 メガビット (Mb) のネットワーク インターフェイスと 100 Mb のネットワーク インターフェイスを搭載したコンピューターは両方のネットワーク インターフェイス上に構成されている既定のゲートウェイがある場合は、自動メトリック機能は、メトリックは低速のネットワーク インターフェイスに割り当てます。この機能はすべての利用可能な最も高速なネットワーク インターフェイスを使用するのには、インターネット対応などを宛てのトラフィックを強制できます。

: 通常は、切り離されたネットワークでデフォルト ゲートウェイを追加するマイクロソフトが推奨していません。例えばようサーバーは、エッジのネットワーク アドレス変換 (NAT) およびプロキシ サーバーで、通常は 2 つ以上のディス ジョイント ネットワークに接続する: パブリック インターネットとプライベート イントラネットの 1 つまたは複数。これは不適切なネットワーク上でのルーティングのためになることがありますようにこのような状況では、プライベート インターフェイスにデフォルト ゲートウェイ割り当てないでください。

次の表はさまざまな速度のネットワーク インターフェイスにバインドされているルートのメトリックを割り当てるために使用される条件について説明します。

元に戻す全体を表示する
リンク速度メートル法
2 GB 以上5
200 Mb より大きい10
20 Mb を超えると 200 Mb20
4 Mb を超えると 20 Mb30
500 キロ ビット (Kb) より大きいと 4 Mb40
500 Kb 以下50

次の表は、リンク速度とメトリックを Windows XP Service Pack 2 を実行するコンピューターを示します。

元に戻す全体を表示する
リンク速度メートル法
200 Mb より大きい10
80 Mb を超えると 200 Mb20
20 Mb を超えると 80 Mb25
4 Mb を超えると 20 Mb30
500 Kb を超えると 4 Mb40
500 Kb 以下50

自動メトリック機能は、個別にネットワーク内の各ネットワーク ・ インタフェースの構成ありません。この機能は、各ネットワーク インターフェイスをデフォルト ゲートウェイに割り当てられている場合は、同じ速度の複数のネットワーク インターフェイスなどある場合に便利です。このような状況では、手動で 1 つのネットワーク インターフェイスでは、メトリックを構成して、別のネットワーク インターフェイスのメトリックを構成するのには、自動メトリック機能を有効にすることがあります。このセットアップでは、最初に IP トラフィックのルーティングに使用するネットワーク インターフェイスを制御するのには、有効にできます。

さらに、特定のデフォルト ゲートウェイに割り当てるメトリック個別に各ゲートウェイを設定できます。このセットアップ制御のローカル ルートで使用するメトリックのより強力なことができます。たとえば、ネットワーク インターフェイス、および同時に割り当てられているデフォルト ゲートウェイに割り当てられたメトリックを手動で構成するのには、ルートを構成するのには、[自動メトリック機能を有効にすることが可能です。

: ネットワーク インターフェイス レベルでメトリックが指定されているが、ゲートウェイを追加し、自動メトリック機能を有効する場合は、ゲートウェイ、ネットワーク インターフェイスに割り当てられたメトリックを継承させることができます。たとえば、5 は、ネットワーク インターフェイス レベルでメトリックを指定し、ゲートウェイを追加してそのゲートウェイの自動メトリック機能のままにする場合は、ゲートウェイも 5 のメトリックが割り当てられます。

自動メトリック機能は、ネットワーク上の伝送制御プロトコル (TCP) 再送に基づくデフォルト ゲートウェイを切り替えるように設定できますが停止しているゲートウェイの検出機能によって異なります。また、ルーティングとリモート アクセス機能停止しているゲートウェイの検出機能は、アクティブになりません。このライセンス認証は、TCP セッションを開始するコンピューター上の TCP/IP スタックによって実行されます。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
205027 RRAS およびデマンド ダイヤル接続が停止しているゲートウェイの検出
自動メトリック機能を設定するのには
  1. コントロール パネルの [ネットワーク接続をダブルクリックします。
  2. ネットワーク インターフェイスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [全般] タブで、[詳細を] をクリックします。
  5. [IP 設定] タブでのメトリックを指定するには、 [自動メトリック] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[インターフェイス メトリック] ボックスに必要なメトリックを入力します。

プロパティ

文書番号: 299540 - 最終更新日: 2012年7月18日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Service Pack 2
  • Windows Vista Service Pack 1
  • Windows Vista Service Pack 2
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbinfo kbnetwork kbmt KB299540 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:299540
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com