システム復元ツールがハード ディスク領域の使用状況に応じて動作する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 300044 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300044
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、システムの復元がハード ディスク領域の使用状況に応じて実行する動作、特にディスク領域不足が関係する場合の動作について説明します。

詳細

Windows XP Home Edition または Windows XP Professional のセットアップが完了すると、デフォルトではすべてのハード ディスク パーティションでシステムの復元機能が有効になります。 ただし、オペレーティング システムのインストール後、システム ドライブのハード ディスク空き領域が 200 MB より少ない場合には、システムの復元機能は自動的に停止されます。 ハード ディスクの空き領域が 200 MB 以上になると、その次のシステム アイドル時間から自動的に復元のための監視機能が再開されます。 Windows XP のインストール後も、任意のパーティションの空き領域が少なくなった時点で同様の処理が行われます。

監視対象外のファイルなどのディスク使用量が増えてデータ ストア領域が少なくなった場合には、常にシステムの復元のデータ ストア領域がシステムに譲渡されます。 これは、データ ストア サイズが予約された領域ではなく、常に有効サイズで計算されるためです。 たとえば、データ ストア サイズを 500 MB に設定し、そのうち 200 MB を既に使用しているとき、空きディスク領域が 150 MB であるなら、有効サイズは 500 MB ではなく 350 MB (200 + 150) となります。 つまり、データ ストア サイズは、利用可能な空きディスク領域によって常に制約を受けます。 具体的には次のような条件に留意してください。
  • あるハード ディスクの空き領域が 80 MB を下回ると、システムの復元によって、データ ストアのサイズが 75% になるまでデータ ストアが消去されます。データ ストア のサイズが既に 75% を下回っている場合には、少なくとも 1 つの復元ポイントが消去されます。 復元ポイントの作成は停止されません。 時間が来るとアイドル時間のチェック ポイントが作成され続け、ディスクが不足している場合は先入れ先出し (FIFO) の原則に従って以前の復元ポイントが消去されます。
  • ディスクの空き領域が 50 MB を下回ると、データ ストアが完全に削除され、最小ディスク領域 (200 MB) が回復されるまですべてのドライブ上でシステムの復元機能が停止されます (一貫したフリーズ)。 最小ディスク領域が回復すると、システムの復元による監視が再開されます。

    : 200 MB が必要なのはシステム ドライブのみです。
システムの復元機能は、1 つのディスクで停止されると、自動的にすべてのディスク上で停止されます。 システムの復元の設定画面 ([システムのプロパティ] の [システムの復元] タブ) で確認すると、停止されていることが確認できます。 すべてのディスク上で停止されるのには、次のような理由があります。つまり、一部のドライブが停止した状態で復元を実行すると、エンド ユーザーが個別のドライブで明示的に機能を停止しない限り、復元は一部のドライブでしか行われません。 このような方法で復元を行うと、システムが非常に矛盾した状態になります。システム ドライブ以外のドライブにプログラムをインストールしているような場合は、特にこの傾向が顕著になります。 停止状態のときにシステムの復元を実行しようとすると、次のような警告メッセージが表示されます。
System Restore is suspended on Drive drive letterbecause there is not enough disk space available. システムの復元を再起動するには、このドライブに少なくとも 200 MB の利用可能な空き領域を確保してください。 いますぐディスクのクリーンアップを起動してディスク領域を解放しますか?
コンピュータのディスク領域が不足してしきい値 (200 MB、80 MB、50 MB) に近づくと、空きディスク領域が減少または不足していることを示す警告のバルーンがシステム トレイ (Systray) に表示されます。 このバルーンをクリックすると、ディスク領域を解放するため、ディスクのクリーンアップ ユーティリティ (DCU) が自動的に起動します。 十分な領域を解放できなかった場合には、以下に示すような警告メッセージが表示されます。 この時点で、アプリケーションの追加と削除ユーティリティを使っていくつかのプログラムをアンインストールして、ハード ディスクの空き領域を増やすこともできます。

ディスクの空き領域が少なくなり、システムの復元機能が使用できなくなる恐れがある場合、ディスクのクリーンアップによる "ディスク領域不足" 警告メッセージが表示されます。 残り 200 MB のメッセージを無視し、その後、空き領域が極めて少なくなると、空きディスク領域が約 80 MB および 50 MB の時点で再び警告メッセージを受け取ることになります。

システム ドライブ以外のドライブの場合も警告が表示されますが、DCU の起動後に追加の警告は表示されません。

バルーン メッセージ

ディスク領域に関するバルーン メッセージには、 次のようにさまざまな種類があります。 空きディスク領域が 200 MB になったとき
ディスク領域不足

ドライブ ( ドライブ文字) のディスクの空き領域が少なくなっています。 古いファイルや不要なファイルを削除してドライブの領域を空けるには、ここをクリックしてください。
空きディスク領域が 80 MB および 50 MB になったとき
ディスク領域不足

ドライブ ( ドライブ文字) のディスクの空き領域が少なくなっています。 古いファイルや不要なファイルを削除してドライブの領域を空けるには、ここをクリックしてください。

警告メッセージ

ディスク領域に関する警告メッセージには、 次のようにさまざまな種類があります。

空きディスク領域がしきい値の 200 MB になったとき
Windows のドライブには、まだ( amount MB) の空き領域しかありません。
システムの信頼性を確実にするためには、Windows のドライブに少なくとも 200 MB の空き領域があることを推奨します。 使用していないプログラムを削除することにより、ディスク領域をさらに空けることができます。

今すぐ削除しますか?
空きディスク領域がしきい値の 80 MB になったとき
Windows のドライブには、( amount MB) の空き領域しかありません。 このディスク領域は少なすぎます。 このドライブに少なくとも 200 MB の空きディスク領域を作らない場合は、システムの復元はコンピュータへの変更を追跡したり、誤ってコンピュータの設定を変更した場合に元の状態に戻すことができない可能性があります。 使用していないプログラムを削除すると、空きディスク領域が増えます。 今すぐ使用していないプログラムを削除しますか?
: ハード ディスクの空き領域が 80 MB を下回っている状態でシステムの復元を起動しようとすると、次のメッセージが表示されます。
システムの復元

システム ドライブ ( ドライブ文字:\) に復元を行うのに必要なディスクの空き容量がありません。 このドライブのディスク領域を少なくとも 80 MB 解放してください。
いますぐディスクのクリーンアップを起動してディスク領域を解放しますか?
空きディスク領域がしきい値の 50 MB になったとき
Windows のドライブには、 容量 MB の空き領域しかありません。 このディスク領域は少なすぎます。 コンピュータへの変更の追跡は、中止されました。 誤ってコンピュータの設定を変更しても、システムの復元を使って元の状態に戻すことができなくなりました。 システムの復元を再び有効にするには、少なくとも 200 MB の空きディスク領域が必要です。 使用していないプログラムを削除すると、空きディスク領域が増えます。
今すぐ使用していないプログラムを削除しますか?
: この警告を無視すると、次にシステムの復元を実行しようとしたときに次のようなメッセージが表示されます。
システム ドライブ ( ドライブ文字) のディスクの空き容量が不足しているため、システムの復元は停止しています。 システムの復元を再起動するには、このドライブに少なくとも 200 MB の利用可能な空き領域を確保してください。
いますぐディスクのクリーンアップを起動してディスク領域を解放しますか?

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 300044 (最終更新日 2001-09-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 300044 - 最終更新日: 2004年3月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
キーワード:?
kbinfo kbtool winxpnckb KB300044
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com