文書番号: 300415 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Diskpart ユーティリティについて説明します。このユーティリティを使用すると、スクリプト、リモート セッション、または別のコマンド プロンプトから記憶域の構成を有効にするのにことができます。Diskpart は、ディスク アドミニストレーターのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) が向上します。

詳細

Diskpart は、単一行モードでは動作しませんので、多くのコマンド ライン ユーティリティとは異なります。代わりに、ユーティリティを起動した後、コマンドは標準入力/出力 (I/O) から読み取ります。これらのコマンドを任意のディスク、パーティション、またはボリュームを指定できます。

ディスクの管理の比較

Diskpart は、ディスクの管理スナップインでサポートされている操作のスーパー セットです。ディスクの管理スナップインを禁止する誤ってデータが失われる原因となるアクションを実行します。Diskpart ではパーティションやボリュームを明示的に制御するため注意が必要、Diskpart ユーティリティを使用することをお勧めします。

Diskpart を使用してベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換することができます。ベーシック ディスクを空にするか、プライマリ パーティションまたは論理ドライブのいずれかが含まれています。ベーシック ディスクは、データ ディスクまたはシステムまたはブート ドライブにできます。ベーシック ディスクは、ストライプやミラーなどフォールト トレラント ディスク ドライバー (FtDisk) の設定はできません。FtDisk ドライバーのセットを持つベーシック ディスクに変換するには、ディスクの管理を使用して、Windows 2000 で、Windows XP にアップグレードする前に、ディスクの変換

Diskpart を使用してダイナミック ディスクをベーシック ディスクに変換することができます。変換処理の前にすべてのダイナミック ボリュームを削除する必要があります。ない緊急の場合以外は、ダイナミック ディスク上のパーティションを削除することをお勧めします。ドライブ上のすべてのボリュームを削除し、ディスクをベーシックに変換するをお勧めします。動的なデータのすべてのパーティションを削除する必要があります。また、同じドライブにベーシック プライマリとダイナミック パーティションを混在させないでください。場合は、コンピューターを再起動できない可能性があります。

Diskpart を使用すると、明示的なディスク オフセットでパーティションを作成するのにことができます。ディスクの管理スナップインでは、最初の十分大きな領域を占有領域の最後にパーティションを配置します。マスター ブート レコード (MBR) ディスクに、必要なシリンダー配置を保持するパーティションのオフセットとサイズは丸められます。オフセットは最も近い有効値に丸められます、サイズが次の有効値に丸められます常に。Diskpart では、新しく作成したパーティションにドライブ文字が割り当てられません。マウント ポイントまたはドライブ文字を割り当てるには、 assignコマンドを使用します。

Diskpart はスナップイン、ダイナミック ディスクは固定ディスクにのみ作成できますと同じポリシーに従います。ダイナミック ディスクに、1394年またはユニバーサル シリアル バス (USB) ドライブなど、リムーバブル ディスクを変換できません。

Diskpart は、特定のパーティション、スナップインによってブロックされている削除操作を許可します。たとえば、MBR OEM パーティションを削除するには、Diskpart を使用できます。ただし、これらのパーティションは、多くの場合は、プラットフォーム操作にとって重要なファイルを含めます。Diskpart では、現在のシステム、ブート、またはページング ボリュームとパーティションを削除します。また、Diskpart はダイナミック ディスクの基本となるパーティションの削除をブロックします。

Diskpart を使用して、リムーバブル メディアにパーティションを作成できません。Windows はリムーバブル メディアの MBR パーティションは最大で 1 つをサポートします。MBR 付きで製造されたメディアのその MBR を変更できませんが、複数のパーティションまたは論理ドライブを構成している場合でも MBR が付きます。MBR なしで製造されたメディアとメディアは「スーパー フロッピー」と見なされます、メディアにパーティション構造は書き込まれません。

リムーバブル ドライブのドライブ文字が、メディアではなく、ドライブと関連付けられています。Diskpart を使用して、ドライブ文字を変更することができます。

Diskpart ディスク署名すると、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクのグローバル一意識別子 (Guid)、および GPT パーティション Guid が生成されます。Diskpart を使用してこれらの項目を明示的に設定することはできません。

(のようなスナップイン) は、Diskpart ユーティリティには新しい Itanium ディスク パーティションのサポートが含まれていますスキームの GPT と呼ばれます。X86 ベースの Windows XP ベースまたは Windows 2000 ベース コンピューター上の GPT ディスクを使用できません。Diskpart では、GPT のパーティションを MBR パーティションは、空のディスクにのみに変換します。

Diskpart を使用して、ダイナミック ディスクがないを削除することができます。ダイナミック ディスクは、共有データベースには含まれてすべてのコンピューターでダイナミック ディスクがそのコンピューター上の他のすべてのダイナミック ディスクのサポート技術情報があります。ダイナミック ディスクを移動元のコンピューターでは、これらが「不明」ディスクと見なします。

自動的に Diskpart を使用すると、ドライブ文字は割り当てられません。所定のパーティションまたはボリュームにドライブ文字があるためには、明示的にドライブ文字を割り当てる必要があります。ドライブ文字を割り当てるか、次に使用可能なドライブ文字を割り当てることを許可します。

フォーカスを設定します。

多くの Diskpart コマンドは、特定のターゲットのディスク、パーティション、またはボリューム上で動作します。対象となるオブジェクトは、「フォーカス」をします。フォーカスは、同じディスク上に複数のパーティションを作成する一般的な構成タスクを簡素化します。オブジェクトにフォーカスを設定を選択します。リストヘルプrem終了、またはヘルプを除くすべてのコマンドは、フォーカスが必要です。

Selectコマンドを使用して明示的にフォーカスを移動します。暗黙的に、フォーカスを変更するには、作成のようなコマンドを使用します。ベーシック ディスクを管理する前にディスク フォーカスを設定する必要があります。ベーシック ディスクのパーティションのフォーカスとボリュームのフォーカスは同じです。1 つの項目にフォーカスを変更する場合は、他のフォーカスを変更します。ダイナミック ボリュームでは前にパーティションのフォーカスは失われます常にし、ディスクのフォーカスはシンプル ボリュームに重要なため、ボリュームのフォーカスのみが重要です。

次の例の 2 つのディスクがあるコンピューターについて考えてみましょう。
  • 各ディスクには、2 つのプライマリ パーティションが含まれています。最初のディスク パーティションを含む C および D です。2 つ目のディスクには、E および F のパーティションが含まれます。C または D のいずれかのパーティションに、パーティションのフォーカスを設定する前に、ディスク 1、ディスク フォーカスを設定する必要があります。いつでも、C、D、E、または F のパーティション、ボリュームのフォーカスを設定できます。この例で、C または D のパーティションをボリュームのフォーカスを設定する場合は、ディスク フォーカスは変更されません。ただし、E または F のパーティション、ボリュームのフォーカスを設定した場合、ディスクのフォーカスは、他のディスクに移動可能性があります。
  • 各ディスクは動的であり、シンプル ボリュームと空き領域が含まれています。C パーティションを含む最初のディスクと E パーティションを含む、2 番目のディスクです。最初のディスクにシンプル ボリュームを追加するには、ディスクのフォーカスを設定してください。C パーティションを拡張するには、ボリューム フォーカスのみ設定する必要があります。同様に、パーティション E にミラーを追加するには、ボリューム フォーカスのみを E パーティションを設定する必要があります。シンプル ボリュームを作成または、既存のボリュームを同じディスク上に拡張する場合は、ディスクのフォーカスは変わりません。ミラーを追加、ストライプ セットの作成または既存の別のディスク上にボリュームを拡張する場合は、ディスクのフォーカスが失われる可能性があります。

スクリプト

Diskpart はスクリプト化された操作をサポートします。Diskpart のスクリプトを開始するのには、 diskpart/s script.txtコマンドを使用します。Windows XP で Diskpart のスクリプトを作成できます、Windows 2000、リモート インストール サービス (RIS) 無人のインストール環境では、または Oem の Windows プレインストール環境 (PE) にします。

既定では、Diskpart を中止してコマンドの処理、スクリプトに問題がある場合は、エラー コードを返します。続けるにはこのシナリオでは、スクリプトを実行するには、コマンドにnoerrパラメーターを含めます。このパラメーターでは、1 つのスクリプトを使用して、ドライブの総数に関係なく、すべてのデータ ドライブ上のすべてのパーティションを削除することができます。ただし、いないすべてのコマンドは、 noerrパラメーターをサポートします。Noerrパラメーターを使用する場合でもコマンド構文エラーに対してエラーが常に返されます。

Diskpart のエラー コードを次に示します。
  • 0 - エラーが発生していません。全体のスクリプトは問題なく実行されました。
  • 1-致命的な例外が発生しました。重大な問題がある可能性があります。
  • 2 -、Diskpart のコマンドラインで指定した引数が正しくありません。
  • 3-Diskpart を指定されたスクリプトまたは出力ファイルを開けませんでした。
  • 4 サービスの 1 つ、Diskpart を使用してエラーを返します。
  • 5 - コマンドの構文エラーが発生しました。このスクリプトは、オブジェクトが正しく選択されているか、またはコマンドで使用するために有効でなかったために失敗しました。
Diskpart を実行した後、Diskpart のバージョンと現在のコンピューター名が表示されます。

コマンドの要約

フォーカスを設定するコマンド

選択します。

指定したターゲットにフォーカスを設定するのに[選択] コマンドを使用します。フォーカス タイプのリストを取得するには、のフィールドを空白のままにします。識別 (ID) 番号を指定しない場合は、現在のフォーカス オブジェクトが表示されます。

[= n] のディスクを選択します。

Windows NT ディスク番号は、指定されたディスクにフォーカスを設定するのにディスクの選択] コマンドを使用します。ディスク番号を指定しない場合は、現在のフォーカスの設定でディスクが表示されます。

パーティションを選択して [n と l =]

指定されたパーティションにフォーカスを設定するのにパーティションの選択] コマンドを使用します。パーティションを指定しない場合は、現在のパーティションのフォーカスの設定が表示されます。

ベーシック ディスクで、パーティションをドライブ文字のいずれかのインデックスを使用して指定するかマウント ポイント。パーティションはダイナミック ディスク上のインデックスでのみ指定できます。

[= n と l] のボリュームを選択します。

指定されたボリュームにフォーカスを設定するのにボリュームの選択] コマンドを使用します。ボリュームを指定しない場合は、現在のボリュームのフォーカスの設定が表示されます。

ボリュームによっては、インデックス、ドライブ名またはマウント ポイントのパスを指定できます。ベーシック ディスクで、ボリュームを選択した場合、対応するパーティションにフォーカス。

ディスクの構成を表示するコマンド

[リスト]コマンドを使用して、集計を表示します。詳細情報を表示するには、フォーカスを設定し、 detailコマンドを使用しています。

ディスクの詳細

たとえば、現在のフォーカスの設定ディスクに関する詳細情報を取得するのにディスクの詳細] コマンドを使用します。
Diskpart> select disk 3 
  
Disk 3 is now the selected disk. 
  
Diskpart> detail disk 
  
Maxtor 90432D2
Disk ID: F549D151
Type   : IDE
Bus    : 0
Target : 0
LUN ID : 0 
  
  Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type              Size     Status     Info 
  ----------  ---  -----------  -----  ----------------  -------  ---------  -------- 
  Volume 0     F   My RAID Set  NTFS   RAID-5            4096 MB  Healthy 
  Volume 1     G   FATSTRIPE    FAT32  Stripe            6144 MB  Healthy 
  Volume 2     H   My Mirror    NTFS   Mirror            2048 MB  Healthy
  Volume 3     I   My Span      NTFS   Spanned              9 GB  Healthy
				
パーティションの詳細

パーティションの詳細コマンドを使用して、現在フォーカスが置かれてパーティション; に関する詳細情報を取得するには
Diskpart> select disk 0

Disk 0 is now the selected disk.

Diskpart> select partition 1

Partition 1 is now the selected partition.

Diskpart> detail partition

Partition 0
Type  : 07
Hidden: No
Active: Yes

  Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info
  ----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  --------
* Volume 2    C                 NTFS   Partition   4110 MB  Healthy    System
				
詳細ボリューム

たとえば、現在のフォーカスの設定ボリュームに関する詳細情報を取得するのに、ボリュームの詳細コマンドを使用します。
Diskpart> select volume 1 
  
Volume 1 is now the selected volume. 
  
Diskpart> detail volume 
  
  Disk ###  Status      Size     Free     Dyn  Gpt 
  --------  ----------  -------  -------  ---  --- 
  Disk 1    Online         8 GB      0 B   * 
  Disk 2    Online         8 GB      0 B   * 
  Disk 3    Online         8 GB      0 B   *
				
ディスクの一覧

List diskコマンドを使用して、コンピューター内の各ディスクについての概要情報を取得します。アスタリスク (*) では、ディスクは、現在フォーカスを持ちます。のみ固定ディスク (デバイス電気 (IDE) または小規模コンピューター システム インターフェイス [SCSI] の統合など) またはリムーバブル ディスク (たとえば、1394年または USB) 記載されています。リムーバブル ドライブは表示されません。
Diskpart> select disk 3 
  
Disk 3 is now the selected disk. 
  
Diskpart> list disk 
  
  
  Disk ###  Status      Size     Free     Dyn  Gpt 
  --------  ----------  -------  -------  ---  ---
  Disk 0    Online      4118 MB      0 B
  Disk 1    Online         8 GB  4002 MB   * 
  Disk 2    Online         8 GB      0 B   * 
* Disk 3    Online         8 GB      0 B   * 
  Disk M0   Missing        8 GB      0 B   *
				
パーティションの一覧

たとえば、フォーカスの設定、ディスク上の各パーティションに関する情報を取得するのにリスト パーティションコマンドを使用します。
Diskpart> select disk 4 
  
Disk 4 is now the selected disk. 
  
Diskpart> list partition 
  
  Partition ###  Type              Size     Offset 
  -------------  ----------------  -------  ------- 
  Partition 1    Primary           4094 MB    31 KB 
  Partition 2    Extended          4581 MB  4094 MB 
  Partition 3    Logical           2047 MB  4094 MB 
  Partition 4    Logical           2533 MB  6142 MB
 
All partitions (regardless of type) are displayed.
				
ボリュームをリスト表示

たとえば、コンピューターの各ボリュームについての情報を取得するのにリスト ボリュームコマンドを使用します。
Diskpart> list volume 
  
  Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type              Size     Status      Info    
  ----------  ---  -----------  -----  ----------------  -------  ----------  --------
  Volume 0     F   My RAID Set  NTFS   RAID-5            4096 MB  Healthy
  Volume 1     G   FATSTRIPE    FAT32  Stripe            6144 MB  Failed
  Volume 2     H   My Mirror    NTFS   Mirror            2048 MB  Healthy
  Volume 3     I   My Span      NTFS   Spanned              9 GB  Healthy
  Volume 4     D                CDFS   CD-ROM                0 B
  Volume 5     C                NTFS   Partition         2047 MB  Healthy     System
  Volume 6     E                NTFS   Partition         2063 MB  Healthy     Boot
  Volume 7     J   My Primary   NTFS   Partition         4095 MB  Healthy
  Volume 8     K   My Logical   NTFS   Partition         2047 MB  Healthy
  Volume 9     L   My Next Log  NTFS   Partition         2534 MB  Healthy
				

ベーシック ディスクを管理するためのコマンド

ここでは、コマンドを作成し、パーティションを削除し、割り当てるドライブ文字とマウント ポイントを使用することができます。このセクションのコマンドは、ベーシック ディスクのみに適用されます。ダイナミック ディスクに有効なコマンド、またはベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換するに使用できるコマンドは、次のセクションを参照してください。

すべての MBR ディスク上のサイズオフセットパラメーターはシリンダー アライメントまで丸められます。GPT ディスクでは、セクターの配置をオフセットまたはサイズのパラメーターは丸められます。Offsetパラメーターが指定されない場合、パーティションが十分な大きさがある最初の未使用連続ディスク拡張に配置されます。サイズパラメーターが一覧にない場合は、ディスク全体のサイズの決定されたディスク拡張を使用して、パーティションが拡張される可能性があります。

新しいディスクが初めて検出された、後に、MBR ディスクと見なされます。GPT パーティションを作成しようとする前に、ディスクは明示的に GPT に変換する必要があります。データのすべてのディスクの最初のパーティションと、2 番目のパーティション (ESP) の後に、システム ディスクまたはブート ディスクは、MSR を作成することをお勧めします。MBR から GPT に変換するディスク上の MSR パーティションが自動的に作成します。

新しいパーティションを作成した後、新しく作成したパーティションは、パーティションのフォーカスを取得します。すべてのパーティションを削除した後、パーティションのフォーカスは失われます。ディスクのフォーカスは、いずれの場合も変わりません。

アクティブです

アクティブなコマンドを使用して設定、現在のフォーカスの設定パーティションを「アクティブ」にします。この設定に、ファームウェアに対してそのパーティションが有効なシステム パーティションを通知します。Diskpart は、パーティションの内容を検証しません。

: コンピューターを再起動することがありますこのコマンドを使用する場合。

割り当てる [文字 l =]/[マウント パス =] [noerr]

文字の割り当てまたはマウント ポイントは、現在フォーカスが置かれてパーティションにassignコマンドを使用します。ドライブ文字を指定しない場合は、次に使用可能なドライブ文字が割り当てられます。場合は、ドライブ名またはマウント ポイントが既に使用中、 noerrパラメーターを使用する場合を除き、エラーが生成されます。

このコマンドを使用すると、リムーバブル ドライブに関連付けられているドライブ文字を変更するのにことができます。

システム、ブート、またはページング ボリュームのドライブ文字の割り当てがブロックされます。このコマンドは、OEM パーティション、または、Msdata パーティション以外の GPT パーティションにドライブ文字を割り当てるには使用できません。

プライマリ パーティションを作成する [サイズ = n] [オフセット = n] [id = バイト/guid] [noerr]

長さのサイズと、現在のドライブ上のオフセットの開始アドレスは、プライマリ パーティションを作成するには、プライマリ パーティションを作成するコマンドを使用します。

MBR ディスクに ID バイトが指定されていない場合は、このコマンド、パーティションを作成タイプ"0x6"にします。IDパラメーターを使用するには、パーティションの種類を指定します。有効性または他のバイトは、ID の確認がありません。

GPT ディスクに、ID の GUID を指定しない場合は、このコマンドは、Msdata パーティションを作成します。IDパラメーターを使用するには、すべての GUID を指定します。ない有効性、複製、または他の GUID を確認がします。パーティション インスタンス GUID は自動的に生成します。

Windows によって自動的にドライブ文字が割り当てられないために、MBR と GPT のパーティションが作成されます。明示的にドライブ文字を割り当てる必要があります。

拡張パーティションを作成する [サイズ = n] [オフセット = n] [noerr]

長さのサイズと開始アドレスのオフセットの現在のドライブ上の拡張パーティションを作成するのに拡張パーティションの作成] コマンドを使用します。ドライブは、MBR ディスクでなければなりません。

パーティションを作成したら、新しい拡張パーティションのフォーカスを取得します。1 つの拡張パーティションを作成できます。論理ドライブは拡張パーティションを作成した後にのみ作成できます。

論理パーティションを作成する [サイズ = n] [オフセット = n] [noerr]

現在のディスク上の既存の拡張パーティション内の論理ドライブのサイズの長さとオフセットのアドレスを作成するのに論理パーティションの作成] コマンドを使用します。ドライブは、MBR ディスクでなければなりません。

オフセットが表示されない場合、論理ドライブは拡張パーティションが十分な大きさで、最初の未使用連続ディスク拡張に配置されます。サイズが表示されない場合、パーティションが拡張パーティション全体を占有するように延長されます。

パーティションを作成したら、論理ドライブにパーティションのフォーカスを取得します。

msr のパーティションを作成する [サイズ = n] [オフセット = n] [noerr]

Msr のパーティションの作成] コマンドは、GUID の MSR E3C9E316-0B5C-4DB8-817 の D-F92DF00215AE のパーティションを作成するのと同じです。

作成する esp パーティション [サイズ = n] [オフセット = n] [noerr]

を作成する esp パーティションコマンドは ESP GUID C12A7328-F81F-11 D 2-BA4B-00A0C93EC93B のパーティションを作成するのと同じです。

[上書き] [noerr] のパーティションを削除します。

フォーカスの設定、現在のパーティションを削除するのにパーティションの削除] コマンドを使用します。

Diskpart では、現在のシステム、ブート、またはページング ボユームを削除します。ESP、MSR、または既知の OEM パーティションを削除するにはオーバーライドパラメーターを指定する必要があります。

拡張 [サイズ = n] [noerr]

連続した未割り当て領域に拡張するのには、現在のフォーカスの設定でボリュームを拡張するコマンドを使用します。未割り当て領域が従う必要があります (より上位のセクター オフセットはする必要があります)、フォーカスが置かれてパーティション。このコマンドの使用目的は、既存のベーシック データ パーティションを拡張ハードウェア Raid の論理ユニット番号 (LUN) 上に新しく作成した領域に拡張することです。

パーティションが NTFS ファイル システムでフォーマット済みである場合、ファイル ・ システムが自動的より大きなパーティションを占有するように拡張されているとデータの損失は発生しません。パーティションが NTFS 以外のファイル システム形式でフォーマット済みである場合、コマンドは失敗し、パーティションは変更されません。

Diskpart では、のみ現在のシステムまたはブート パーティションの拡張。

削除する [文字 l =]/[マウント パス] または [すべて] [noerr]

文字を削除または、フォーカスの設定、現在のパーティションからのマウント ポイントを削除するコマンドを使用します。すべてのパラメーターを指定する場合は、すべての現在のドライブ文字とマウント ポイントが削除されます。ドライブ名またはマウント ポイントを指定しない場合は、ドライブ文字が削除されます。

リムーバブル ドライブに関連付けられているドライブ文字を変更するには、このコマンドを使用します。

システム、ブート、またはページング ボリュームでは、ドライブ文字の削除はブロックされます。

ダイナミック ディスクを管理するためのコマンド

ここで説明されているコマンドを使用するには作成およびボリュームを削除、フォールト トレラント ボリュームの修復、およびディスクをインポートします。

サイズのパラメーターは常に MB の配置に切り上げられます。明示的オフセットを指定することはできません。ボリュームは、常に十分な大きさがある最初の未使用連続ディスク拡張に配置されます。サイズが一覧にない場合は、最大の可能なボリュームが作成されます。

ボリュームが作成されると、ボリュームのフォーカスは、新しく作成されたボリューム上に配置されます。ボリュームは、ディスクにまたがるディスクの現在のフォーカスが失われます。ボリュームが削除された場合は、ボリュームのフォーカスは失われます。ボリュームを削除する前に有効なディスク フォーカスされていた、そのディスク フォーカスはままです。

: Diskpart ディスクは、ダイナミック ディスクまたは GPT ディスクに変換するときに、空のディスク上の MSR パーティションを作成を強制します。

アクティブです

アクティブなコマンドを使用して、現在フォーカスが置かれてボリュームを「アクティブ」です。この設定に、ファームウェアに対してそのパーティションが有効なシステム パーティションを通知します。Diskpart は、ボリュームがオペレーティング システムの起動可能イメージを収容できるですが、このユーティリティは、パーティションの内容を検証しませんのみを確認します。このコマンドを使用する場合は、コンピューターが再起動することはできません。

ディスクの追加 = n [noerr]

指定したディスクの現在フォーカスが置かれてボリュームにミラーを追加するのに、追加のコマンドを使用します。2 つのミラー プレックスがサポートされます。現在のフォーカスの設定ボリュームはシンプル ボリュームでなければなりません。

割り当てる [文字 l =]/[マウント パス =] [noerr]

Assignコマンドを使用して、文字を割り当てるか、現在のフォーカスの設定でボリュームをマウントします。ドライブ文字を指定しない場合は、次に使用可能なドライブ文字が割り当てられます。場合は、ドライブ名またはマウント ポイントが既に使用中、 noerrパラメーターを指定しない限り、エラーが生成されます。

システム、ブート、またはページング ボリュームのドライブ文字の割り当てがブロックされます。

区切りディスク = n [nokeep] [noerr]

現在フォーカスが置かれてミラーを解除するには、 breakコマンドを使用します。

既定では、両方のプレックスがシンプル ボリュームになりますので、両方のミラー プレックスの内容は保持されます。Nokeepパラメーターを指定する場合は、指定したプレックスのみが維持、その他のプレックスを削除して空き領域に変換します。

元のボリュームには、すべてのドライブ文字またはマウント ポイントが保持されます。プレックスが維持されない場合、フォーカスは、指定したディスクの維持されたシンプル ボリュームです。それ以外の場合は、フォーカスが指定したディスクの指定した維持されたプレックスに変更されます。プレックスがシンプル ボリュームです。ただし、新しいボリュームにはドライブ文字は割り当てられません。

シンプル ボリュームを作成する [サイズ = n] [ディスク n =] [noerr]

指定したディスクの長さのサイズのシンプル ボリュームを作成するのにシンプル ボリュームの作成] コマンドを使用します。

サイズを指定しない場合は、新しいボリュームはディスクに残り、連続した空き領域をかかります。ディスクを指定しないと、現在のフォーカスの設定でディスクが使用されます。

ボリュームが作成されると、ディスクのフォーカスはターゲットのディスクに与えられます。

ボリュームのストライプを作成する [サイズ = n] ディスク n = [n、[,...][noerr]

ボリュームのストライプを作成] コマンドを使用して、指定したディスクにストライプ セット ボリュームを作成します。ストライプ ・ ボリュームの合計サイズは、サイズを掛けた (*) のディスクの数です。

サイズを指定しない場合は、最大の可能なストライプ ボリュームが作成されます。最も小さい連続した空き領域を持つディスクが決定されます。その空き容量のサイズは、ストライプ ・ ボリュームのサイズを決定します。各ディスクに同じサイズが割り当てられます。

raid のボリュームを作成する [サイズ = n] ディスク n = [n、[,...][noerr]

指定したディスクに、Raid 5 ボリュームを作成するのにraid のボリュームを作成] コマンドを使用します。"Size"に等しい領域が各ディスクに割り当てられます。

サイズを指定しない場合は、最大の可能な Raid 5 ボリュームが作成されます。最も小さい連続した空き領域を持つディスクが決定されます。その空き領域のサイズは、Raid 5 ボリュームのサイズを決定しは各ディスクから同じサイズが割り当てられます。ボリュームの実際の使用可能なサイズの一部の領域が使用されるため、パリティ ディスク数を掛けたサイズよりも小さいです。

[上書き] [noerr] のディスクを削除します。

不明なダイナミック ディスクをディスク リストから削除するには、[ディスクの削除] コマンドを使用します。

Overrideパラメーターを指定しない場合は、すべてのディスクに含まれているシンプルなボリュームが削除され、ミラー プレックスが削除されます。ディスクは Raid 5 ボリュームに提供をする場合、コマンドは失敗します。

[上書き] [noerr] のパーティションを削除します。

フォーカスの設定、現在のパーティションを削除するのにパーティションの削除] コマンドを使用します。

Diskpart では、既存のオンライン ダイナミック ボリュームが含まれていることに使用されているパーティションを削除します。これらのボリュームを削除する必要があり、ディスク basic に変換します。ESP、MSR、または既知の OEM パーティションを削除するには、オーバーライドのパラメーターを指定します。

ダイナミック ディスクからパーティションを削除することができますが、それらを作成することはできません。たとえば、ダイナミック GPT ディスクで認識されていない GPT パーティションを削除できます。パーティションを削除する場合は、空き領域は利用可能になりません。このコマンドを使用するには、 [消去] コマンドは使用できませんが緊急事態で、破損したオフライン ダイナミック ディスク上の領域を再利用します。

[noerr] のボリュームを削除します。

現在のフォーカスの設定でボリュームを削除するには、[ボリュームの削除] コマンドを使用します。このコマンドを使用すると、後にすべてのデータが失われます。

拡張ディスク n = [サイズ = n] [noerr]

Extendコマンドを使用して、現在の単純なまたは拡張ボリュームを指定したディスクに拡張します。Extendコマンドは、NTFS ボリュームでのみ有効です。

ボリュームのサイズを指定しないと、すべての指定されたディスクの空き領域が占有できます。既存のディスク フォーカスは失われます。

インポート [noerr]

形式の異なるディスク グループからすべてのディスクをインポートするには、[インポート] コマンドを使用します。

形式の異なるディスク グループ内の任意のディスクにフォーカスを設定した場合、グループ内のすべてのディスクをインポートできます。このコマンドを実行した後、既存ボリュームまたはディスクのフォーカスは失われます。

オンライン [noerr]

ディスクまたはボリュームが以前にオフラインをオンラインに戻すことに、 onlineコマンドを使用します。このコマンドを使用する場合は、フォーカスの変更は発生しません。

削除する [文字 l =]/[マウント パス] または [すべて] [noerr]

文字を削除する、現在のフォーカスの設定でボリュームからのマウント ポイントを削除するコマンドを使用します。すべてのパラメーターを使用する場合の現在のドライブ文字とマウント ポイントがすべて削除されます。ドライブ名またはマウント ポイントを指定しない場合は、パスが検出される最初が削除されます。

システム、ブート、またはページング ボリュームでは、ドライブ文字の削除はブロックされます。

保持

Retainコマンドを使用して、ブートまたはシステム ボリュームとして使用する場合は、ダイナミック シンプル ボリュームを準備します。

Retainコマンドを使用して、x86 ベースのコンピューターで、フォーカスのあるダイナミック シンプル ボリューム上には、MBR パーティションが作成されます。

ディスクを変換するコマンド

[noerr] を mbr に変換します。

現在のディスクのパーティション スタイルを MBR に設定するには、 mbr に変換] コマンドを使用します。ディスクがベーシック ディスクであるかダイナミック ディスクは、ディスクする必要がありますが含まれていない、有効なデータ パーティションまたはボリューム。

[noerr] を gpt に変換します。

現在のディスクのパーティション スタイルを GPT にgpt に変換] コマンドを使用します。ディスクがベーシックかダイナミック ディスクであるが、それする必要がありますが含まれていない、有効なデータ パーティションやボリューム。このコマンドでは、Itanium ベースのコンピューターでは上でのみ有効です。x 86 ベースのコンピューターでは、成功する可能性があります。

[noerr] をダイナミックに変換します。

ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変更をダイナミックに変換] コマンドを使用します。ディスクに有効なデータ パーティションが含まれます。

変換の基本 [noerr]

空のダイナミック ディスクをベーシックに変更するには、基本的な変換コマンドを使用します。

その他のコマンド

exit

Diskpart を停止し、オペレーティング システムに制御を返すに、[終了] コマンドを使用します。

[all] をクリーンアップします。

パーティションまたはボリュームのセクターをゼロで埋めることによって、現在フォーカスが置かれてディスクから書式を削除するには、 [消去] コマンドを使用します。既定では、MBR または GPT のパーティション情報と MBR ディスク上の隠しセクター情報のみが上書きされます。すべてのパラメーターを指定してすべてのセクターをゼロで埋めて、ドライブに含まれているすべてのデータを削除することができます。

rem [...]

Remコマンドは何も、およびスクリプト ファイルのコメント挿入に使用することができます。

再スキャンします。

新しいディスクを検出するのには、コンピューターに追加されているすべての I/O バスを再スキャンし、再スキャンコマンドを使用します。

ヘルプ コマンド

ヘルプ

すべてのコマンドの一覧を表示するには、[ヘルプ] コマンドを使用します。

Diskpart ユーティリティの詳細については、ヘルプとサポート センターには Windows XP でDiskpartを検索してください。

プロパティ

文書番号: 300415 - 最終更新日: 2014年3月16日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbproductlink kbenv kbui kbinfo kbmt KB300415 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:300415
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com