[IE6] Webコンテンツゾーンのセキュリティ設定に加えられた変更

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 300443 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300443
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Internet Explorer 6 で Web コンテンツのゾーンのセキュリティ設定に加えられた変更について記述されています。

詳細

現在のセキュリティ設定のうち、以下の項目で例外について記述されていないものに関しては、Internet Explorer 6 にアップグレードした後も保持されます。ただし、すべてのゾーンのセキュリティ レベルの表示はデフォルトで [レベルのカスタマイズ] に設定されます。

[カスタム] に設定されたセキュリティ レベルの関連情報を参照するのは、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
300891 All Web Content Zones Are Set to Custom After You Upgrade to IE6
[インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、あるゾーンに対して [既定のレベル] をクリックすると、新しいデフォルトの設定を適用できます。

すべてのゾーンの設定に関する変更

Internet Explorer 6 で [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで [レベルのカスタマイズ] をクリックすると表示される [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスから以下の設定が削除されました。
  • Cookie の設定は [セキュリティ] タブから [プライバシ] タブに移動されました。Internet Explorer 6 にアップグレードした場合、これらの設定は保持されません。 cookie の設定の関連情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    296363 Cookies Settings Not Retained After Internet Explorer 6 Upgrade
    283185 How to Manage Cookies in Internet Explorer 6
  • [Microsoft VM] 見出しの下に [Java の許可] を含んでいる設定は、Microsoft 仮想マシン (Microsoft VM) がインストールされていない場合は表示されません。Microsoft VM がスタンドアロン パッケージとして、または "オン デマンドでのインストール" でインストールされた場合、これらの設定が表示されるようになります。
: Windows XP 及び Internet Explorer 6 の既定の状態では Microsoft VM はインストールされていません。

Internet Explorer 6 で [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブの [レベルのカスタマイズ] をクリックすると表示される [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスには、以下の新しい設定が追加されました。
  • [低] 以外のすべてのセキュリティ レベルで [その他]欄の [既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合の証明書の選択] は [無効にする] に設定されています (デフォルトでセキュリティ レベル [低] は [信頼済みのサイト] のみに設定されています)。

    上記の設定は Internet Explorer 5.5 Service Pack 1 (SP1) で追加されています。この設定が [無効にする] に設定されている場合、証明書が存在しないかまたは 1 つしかない Web サイトに接続したとき Internet Explorer は "クライアント認証" のメッセージを表示しません。Internet Explorer 5.5 SP1 以前のバージョンは、証明書がないか、または 1 つしか証明書がない Web サイトに接続した場合にも、次の "クライアント認証" のメッセージを表示しました。
    表示しようとしている Web サイトには識別が必要です。接続時に使用する証明書を選択してください。
  • すべてのセキュリティ レベルに対して [その他] の [ページの自動読み込み] は [有効にする] に設定されています (ただし、セキュリティ レベル [高] は除きます)。ページの自動読み込みの設定は、以前のバージョンの Internet Explorer と同様に機能します。セキュリティ レベル [高] では [ページの自動読み込み] は [無効にする] に設定されており、ページの自動読み込みの設定は機能しません (デフォルトでは、[制限付きサイト] ゾーンのみがセキュリティ レベル [高] に設定されています)。

    ページの自動読み込みの設定を使用すると、Web ページの運営者は指定した時間が経過するとブラウザを別の Web ページにリダイレクトできるようになります。[ページの自動読み込み] の設定の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa769236.aspx
  • すべてのセキュリティ レベルに対して [その他] 見出しの下の [混在したコンテンツを表示する] 設定は [ダイアログを表示する] に設定されています (この設定は以前のバージョンの Internet Explorer と同じです)。セキュリティで保護されているコンテンツ (https://) とセキュリティで保護されていないコンテンツ (http://) の両方を含んでいる Web ページでは次の "セキュリティ情報" メッセージが表示されることがあります。
    このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。

    保護されていない項目を表示しますか?
    [混在したコンテンツを表示する] が [有効にする] に設定されている場合、上記のメッセージは表示されず、セキュリティで保護されていないコンテンツを表示できます。[混在したコンテンツを表示する] が [無効にする] に設定されている場合、上記のメッセージは表示されず、セキュリティ保護されていないコンテンツを表示できません。

制限付きサイトのゾーン設定に関する変更

制限付きサイトのゾーン設定には以下の変更が加えられました。
  • [アクティブ スクリプト] は [無効にする] に設定され、以前の設定は保持されません。
  • [Microsoft VM] 見出しの [Java の許可] は [Java を無効にする] に設定され、以前の設定は保持されません。
  • [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行] は [無効にする] に設定されますが、以前の設定は保持されます。
  • [ページの自動読み込み] は [無効にする] に設定されます。
: 既定の設定で、[制限付きサイト] のゾーンは Microsoft Outlook Express 6 で使用されます。Microsoft Outlook で HTML 電子メール メッセージのアクティブ コンテンツを制限するためにも [制限付きサイト] のゾーンを使用できます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 300443 (最終更新日 2001-08-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 300443 - 最終更新日: 2007年7月27日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
    • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbinfo kbtool kbenv KB300443
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com