[HOW TO] 印刷キューのセットアップ方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 300610 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300610
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 2000 ベースのコンピュータで、印刷キューをセットアップする方法を説明しています。

印刷キューをセットアップすると、プリンタを共有することによって、印刷キューを共有できるようになるため、ネットワーク上のほかのユーザーもキューを使えるようになります。

印刷キューのセットアップ方法

  1. 管理者として Windows 2000 ベースのコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] をクリックし、[設定] をポイントして、[プリンタ] をクリックします。[プリンタ] ウィンドウが表示されます。
  3. [プリンタの追加] をダブルクリックします。プリンタの追加ウィザードが起動し、[プリンタの追加ウィザードの開始] ページが表示されます。
  4. プリンタの追加ウィザードで、[次へ] をクリックします。プリンタの追加ウィザードに、ローカルまたはネットワーク プリンタ画面が表示されます。
  5. [ローカル プリンタ] をクリックし、[プラグ アンド プレイ プリンタを自動的に検出してインストールする] チェック ボックスをオフにして、[次へ] をクリックします。
  6. [新しいポートの作成] をクリックし、リストから [Standard TCP/IP Port] をクリックして、[次へ] をクリックします。この手順から、ネットワークインターフェイス印刷デバイスが接続されているプリント サーバー用の新しいポートを作成するプロセスが開始されます。この例では、新しいポートは、印刷デバイスのネットワーク接続をポイントします。[Standard TCP/IP Port] をクリックすると、標準 TCP/IP プリンタ ポートの追加ウィザードが起動します。
  7. [標準 TCP/IP プリンタ ポートの追加ウィザードの開始] が表示されたら、[次へ] をクリックします。
  8. [ポートの追加] 画面が表示されたら、プリンタのインターネット プロトコル (IP) アドレスを入力します (デフォルト ポート名を使用するか、または新しい名前を入力します)。

    : プリンタ名または IP アドレスは、印刷デバイスのネットワークの場所です。ネットワークインターフェイス印刷デバイスの IP アドレス、またはドメイン ネーム システム (DNS) 名のいずれかを入力する必要があります。

    IP アドレスを指定すると、Windows 2000 から IP_IPaddress など印刷デバイスに提供されるポート名が自動的に提供されます。

    Windows 2000 がネットワークインターフェイス印刷デバイスに接続したり、検出したりできない場合、印刷デバイスの種類に関する追加の情報を指定する必要があります。自動検出を有効にするには、印刷デバイスの電源がオンになっており、ネットワークに接続されていることを確認します。

    ポート名は、作成および定義したポートに Windows 2000 から割り当てられる名前です。 (必要であれば) 別の名前を入力できます。

    ポート作成後、プリンタの追加ウィザードの [プリンタ ポートの選択] ページにポートが表示されます。追加のプリンタに同じ印刷デバイスをポイントさせる場合は、ポートを再定義する必要はありません。
  9. 標準 TCP/IP プリンタ ポートの追加ウィザードを終了すると、指定したオプションのリストを記載した画面が表示されます。その情報が正しいか確認し、[完了] をクリックします。
  10. ウィザードから、プリンタの製造元とモデルの入力が求められます。[製造元] リスト ボックスからプリンタの製造元をクリックし、[プリンタ] リスト ボックスからプリンタのモデルをクリックし、[次へ] をクリックします。

    ウィザードに [プリンタ名] ページが表示されます。Windows 2000 から、自動的に [プリンタ名] テキスト ボックスにデフォルト プリンタ名が入力されており、この名前は、プリンタ リストから選択したプリンタの名前になります。さらに作成したプリンタは、デフォルトで、すべての Microsoft Windows ベースのプログラムによってデフォルト プリンタとして使われるプリンタに設定されます。既にプリンタをインストールしており、特定のプリンタを Windows プログラムのデフォルト プリンタとするオプションを選択している場合、そのプリンタがこのインストールのデフォルトとなります。

    選択したプリンタ ドライバがすでにインストールされている場合、次のようなメッセージが表示されることがあります。
    現在のドライバを使うか新しいドライバに置き換えるか選択してください。
    * 現在のドライバを使う (推奨)
    * 新しいドライバに置き換える
    既存のドライバを使用するオプションを選択します。
  11. デフォルト プリンタ名を受け入れ、このプリンタをすべての Windows ベースのプログラムのデフォルト プリンタとして使用するには、[次へ] をクリックします。[プリンタ共有] ページが表示され、プリンタ共有情報を入力するように求められます。
  12. [このプリンタを共有しない] をクリックし、[次へ] をクリックします。ただしこのプリンタを共有する場合は、この資料の「印刷キューの共有」に進みます。
  13. [プリンタの追加ウィザードを完了しています] ページが表示され、インストールの選択の概要が表示されます。

    : 概要を確認した際、プリンタに指定した情報の誤りに気づくことがあります。これらの設定を変更するには、[戻る] をクリックします。

    インストールの選択の概要を確認し、[完了] をクリックします。Windows 2000 によって Systemroot フォルダからファイルがコピーされます。

    : Windows 2000 から [ファイルが必要です] ダイアログ ボックスが表示され、Windows 2000 配布ファイルの場所を入力するように求められたら、Windows 2000 CD-ROM を挿入し、約 10 秒待ちます。Windows 2000 CD-ROM ウィンドウが表示されたら、それを閉じ、[OK] をクリックして、[ディスクの挿入] ダイアログ ボックスを閉じます。Windows 2000 はプリンタ ファイルをコンピュータにコピーし、[プリンタ] ウィンドウにプリンタ アイコンを作成します。

印刷キューの共有

  1. プリンタの追加ウィザードで、[プリンタ共有] ページの [共有する] オプションを選択します。プリンタ名をすでに指定している場合でも、共有プリンタ名を割り当てることができます。共有プリンタ名は、ネットワーク上のプリンタを識別するために使われ、名前は名前付け規則に従っている必要があります。この共有名は、以前に入力したプリンタ名とは異なります。プリンタ名は、プリンタのシステム フォルダと (Active Directory の) ディレクトリ サービスのプリンタ アイコンに表示される説明です。
  2. [共有する] ボックスにユーザーがネットワークを介してプリンタに接続する際に使用できる共有名を入力し、[次へ] をクリックします。共有名が、ネットワーク上のすべてのクライアント コンピュータの名前付け規則と矛盾しないことを確認します。デフォルトで、共有名は、8 文字に切り詰められたプリンタ名になります。8 文字より長い共有名を使用した場合、特定のクライアントが接続できないことがあります。プリンタの追加ウィザードに、[場所とコメント] ページが表示されます。
  3. [場所] ボックスにプリンタの場所に関する説明を入力し、[コメント] ボックスに、ユーザーが検索処理でプリンタを識別する際に役立つ情報を入力し、[次へ] をクリックします。

    : Windows 2000 を実行するコンピュータがドメインに属している場合、ユーザーは Active Directory のディレクトリ サービスで、[場所] と [コメント] ボックスに入力された情報を検索することができます。この情報は自由に入力できます。この情報はオプションですが、この検索機能のために、入力する情報の種類を標準化し、ユーザーが検索結果の中のプリンタを比較できるようにする必要があります。
  4. プリンタの追加ウィザードに、[テスト ページの印刷] ページが表示され、テスト ページを印刷するオプションがあるプロンプトが表示されます。[いいえ] をクリックし、[次へ] をクリックします。ウィザードに [プリンタの追加ウィザードを完了しています] ページが表示され、インストールの選択の概要が表示されます。

    : 概要を確認した際、プリンタに指定した情報の誤りに気づくことがあります。これらの設定を変更するには、[戻る] をクリックします。
  5. インストールの選択の概要を確認し、[完了] をクリックします。

    Windows 2000 は Systemroot フォルダからコピーするか、[ファイルが必要です] ダイアログ ボックスを表示し、Windows 2000 配布ファイルの場所の入力を求めます。[ファイルが必要です] ダイアログ ボックスが表示され、Windows 2000 配布ファイルの場所を入力するように求められたら、Windows 2000 CD-ROM を挿入し、約 10 秒待ちます。Windows 2000 CD-ROM ウィンドウが表示されたら、それを閉じ、[OK] をクリックして、[ディスクの挿入] ダイアログ ボックスを閉じます。

    Windows 2000 はプリンタ ファイルをコンピュータにコピーし、[プリンタ] ウィンドウにプリンタ アイコンを作成します。

    プリンタ アイコンの下に開いた手の記号を表示されることがあります。この記号は、プリンタが共有されていることを示します。さらにプリンタの上にチェック マーク記号が表示されることがあり、これはそのプリンタが通常使うプリンタであることを示します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 300610 (最終更新日 2001-08-01) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 300610 - 最終更新日: 2004年4月1日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
キーワード:?
kbhowtomaster jptrf KB300610
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com