[HOW TO] 既存の BIND ベースの DNS サーバーから Windows 2000 ベースの DNS インフラストラクチャに移行する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 301192 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP301192
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、既存のドメイン ネーム システム (DNS) インフラストラクチャを新規の Windows 2000 DNS インフラストラクチャに置き換える方法を順を追って説明しています。この資料には、Windows 2000 ベースの DNS サーバーをインストールする方法、および名前解決と動的更新を実行できるように DNS サーバーを構成し、リソースとサーバーを集中管理する場所に配置できるようにする方法が含まれています。また、BIND ベースのサーバー ゾーンを Windows 2000 ベースの DNS サーバーに移行するためにゾーン転送を使用します。以下の条件を満たしていることを確認してください。
  • 推奨するハードウェアまたはソフトウェア : コンピュータは Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server を実行している必要があります。また、コンピュータは Windows 2000 ドメインのメンバ サーバーまたはドメイン コントローラである必要があります。
  • コンピュータのコンソールに直接アクセスできる、またはターミナル サービスの管理を経由してアクセスできる必要があります。

Windows 2000 ベースの DNS サーバーのインストールと構成

異なる DNS サーバーの実装、たとえば BIND (Berkeley Internet Name Domain) ソフトウェアなどを実行している DNS サーバーから DNS サービスを移行する前に、以下の作業を行う必要があります。
  • Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server を実行しているコンピュータに Windows 2000 DNS サービスをインストールします。
  • Windows 2000 DNS サービスを構成します。
ここでは、Windows 2000 DNS サービスをインストールおよび構成する手順を説明しています。

Windows 2000 DNS サービスを手動でインストールする

DNS サービスを構成する前に、まずサーバーに DNS サービスをインストールする必要があります。DNS は、デフォルトでは Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server の標準インストール中にインストールされません。Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server の最初のインストール時か、最初のインストール完了後のいずれかに DNS をインストールできます。

既存の Windows 2000 Server ベースのコンピュータに DNS サービスをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックして、[Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  3. [Windows コンポーネント ウィザード] の [コンポーネント] の一覧で [ネットワーク サービス] チェック ボックスをオンにして、[詳細] をクリックします。
  4. [ネットワーク サービス] ダイアログ ボックスで、[ドメイン ネーム システム (DNS)] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにして、[OK] をクリックします。
  5. [Windows コンポーネント ウィザード] で、[次へ] をクリックして、Windows 2000 セットアップを開始します。CD−ROM を要求するダイアログ ボックスが表示される場合は CD ドライブに Windows 2000 Server のインストール CD-ROM を挿入します。セットアップは DNS サービスとツール ファイルをコンピュータにコピーします。
  6. セットアップが完了したら、[完了] をクリックします。
Windows 2000 Server または Windows 2000 Advanced Server の最初のインストール中に DNS サービスをインストールするには、Windows コンポーネントをインストールおよび構成するように要求されたときに、手順 3. と 4. を実行します。

DNS サーバーが正常に機能するには、DNS サーバーはロケータの記録をホストするローカル ドメインで前方参照ゾーンを必要とします。前方参照ゾーンには DNS ドメインでの名前解決に必要な情報が含まれています。ユーザーが IP アドレスに基づいてローカル リソースの名前を判断できるようにする逆引き参照ゾーンを構成する必要が生じる場合があります。

Windows 2000 DNS サービスの構成

DNS サーバーの構成ウィザードを使用して、Windows 2000 DNS サービスを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[DNS] をクリックして DNS サーバー コンソールを開きます。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、サーバーの DNS サーバー オブジェクトをクリックします。
  3. サーバー オブジェクトを右クリックし、[サーバーの構成] をクリックして、[DNS サーバーの構成ウィザード] を開始します。
  4. [DNS サーバーの構成ウィザード] で、[次へ] をクリックします。次のいずれかをクリックし、[次へ] をクリックします。
    • このサーバーがネットワークで最初の DNS サーバーで、ほかのドメインとの名前を解決する必要がない場合、[このサーバーはこのネットワークで最初の DNS サーバーである] をクリックします。
    • このネットワークで複数の DNS サーバーを実行する予定であるか、または DNS 要求を別のネットワーク (インターネットなど) に転送する必要がある場合、[このネットワークで稼働中の DNS サーバーがある] をクリックして、既知の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
  5. [前方参照ゾーンを作成する] をクリックし、[次へ] をクリックして続行します。[標準プライマリ] をクリックして、このサーバーをプライマリ DNS サーバーとして構成し、[次へ] をクリックします (プライマリ DNS サーバーは新しいゾーンのマスタ コピーをテキスト ファイルに格納します)。
  6. 新しいゾーンの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力し、[次へ] をクリックします。
  7. デフォルトのファイル名を使用して新しいファイルを作成し、[次へ] をクリックします。
IP アドレスに基づいて、ユーザーがローカル リソースの名前を判断できる逆引き参照ゾーンを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [逆引き参照ゾーンを作成する] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  2. [標準プライマリ] をクリックして、逆引き参照ゾーンをプライマリ ゾーンとして作成します。[次へ] をクリックします。
  3. [ネットワーク ID] ボックスに、ネットワーク アドレスの一部であるオクテットを順番どおり入力します。たとえば、サーバーの IP アドレスが 192.168.100.102 で、サブネット マスクが 255.255.255.0 の場合、192.168.100 と入力します。その後、[次へ] をクリックします。
  4. ウィザードが自動的に選択したデフォルトのファイル名を使用して新しいゾーン ファイルを作成します。その後、[次へ] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。

ゾーン転送を使用して、BIND ベース サーバー ゾーンを Windows 2000 ベース DNS サーバーに移行する方法

BIND ベースのサーバー ゾーンを Windows 2000 DNS サーバーに移行する処理では、以下の手順を実行する必要があります。
  • Windows 2000 DNS にセカンダリ ゾーンを追加します。この追加は、BIND ベースの DNS サーバーでホストされている、組織の既存のゾーンすべてに対して行います。
  • Windows 2000 ベースの DNS サーバーでゾーン転送を初期化して、BIND ベースのサーバーからゾーンを転送します。
  • 転送完了後、これらのセカンダリ ゾーンをプライマリ ゾーンに変換します。
  • クライアントの構成を変更して、Windows 2000 ベースの DNS サーバーを指すようにします。

Windows 2000 DNS サーバーにセカンダリ ゾーンを追加する

Windows 2000 ベースの DNS サーバーにセカンダリ ゾーンを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[DNS] をクリックして DNS 管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、DNS サーバーを展開します。[前方参照ゾーン] フォルダを展開します。
  3. [前方参照ゾーン] を右クリックして、[新しいゾーン] をクリックし、[新しいゾーンウィザード] を開始します。[次へ] をクリックします。
  4. [標準セカンダリ] をクリックして、既存ゾーンのコピーを作成し、[次へ] をクリックします。[名前] ボックスにセカンダリ ゾーン名を入力して、[次へ] をクリックします。
  5. IP アドレスを入力するボックスをクリックします。ゾーンのコピー元 DNS サーバーのアドレスを入力します (この時点で、[追加] がクリック可能になります)。[追加] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  6. [完了] をクリックします。

セカンダリ ゾーンへのゾーン転送の初期化

セカンダリ ゾーンのゾーン転送を初期化するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[DNS] をクリックして DNS 管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、DNS サーバーを展開し、[前方参照ゾーン] フォルダを展開します。
  3. [前方参照ゾーン] フォルダを展開して、変更するセカンダリ ゾーンを見つけます。
  4. そのゾーンを右クリックして、[マスタから転送] をクリックします。

ゾーンの種類の変更

ゾーンの種類を変更するには、以下の手順に従います。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[DNS] をクリックして DNS 管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、DNS サーバーを展開します。[前方参照ゾーン] フォルダを展開します。
  3. [前方参照ゾーン] フォルダを展開し、変換するセカンダリ ゾーンを見つけます。
  4. そのゾーンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。[変更] をクリックして [ゾーンの種類の変更] ウィンドウを開きます。
  5. [標準セカンダリ] をクリックして、[OK] をクリックします。

関連情報

DNS の詳細については、以下の資料を参照してください。
  • 『Microsoft Windows 2000 Server リソースキット 6 TCP/IPガイド』の 第 5 章と第 6 章
  • 『MCSE トレーニングキット Microsoft Windows 2000 Network Infrastructure Administration』の第 7 章と第 8 章

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 301192 (最終更新日 2001-09-14) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 301192 - 最終更新日: 2014年2月10日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kbdns kbenv jptrf KB301192
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com