[OFFXP]管理者用インストールをSP-1にアップデートする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 301348 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP301348
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Office XP 管理者用アップデートは、管理者用インストールによってインストールされた Office XP プログラムとサポート ファイルを SP-1 レベルにアップデートするように設計されています。この資料は、Office XP 管理者用アップデートのダウンロード方法、およびインストール方法について説明たものです。

クライアント コンピュータにアップデートをインストールする方法の詳細については、この資料の「関連情報」を参照してください。

詳細

管理者用アップデートのダウンロード

以下の手順に従って、Office XP 管理者用アップデートをダウンロードしてください。
  1. Web ブラウザで適切なアドレスを指定し、アップデートのダウンロード サイトにアクセスします。
    Office XP 管理者用アップデートは、次の Microsoft Office XP Resource Kit Web ページから入手することができます。
    http://www.microsoft.com/japan/office/ork/journ/oxpsp1.htm
  2. リンクをクリックしてファイルをダウンロードします。
  3. [このプログラムをディスクに保存する] をクリックして、[OK] をクリックします。
  4. [保存] をクリックします。
  5. Windows エクスプローラで、ダウンロードしたファイルをダブル クリックします。
  6. アップデートの内容を新しいフォルダに展開するように求められたら、 [参照] ボタンをクリックして展開先フォルダを指定し、 [OK] をクリックします。 : 展開先フォルダは、「管理者アップデートのインストール」のステップでも利用します。あらかじめ、フォルダを作成しておく事をお勧めします。

管理者用アップデートのインストール

: 以下のコマンドは、Windows Installer がインストールされているコンピュータで実行してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a admin path\MSI ファイル /p C:\adminUpdate \MSP ファイル SHORTFILENAMES=1
    admin path には、作成済みの Office XP の管理者インストール ポイントのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

    : admin path または MSP ファイルへのパスにスペース記号が含まれている場合、パスを二重引用符で囲む必要があります ("C:\OfficeXP Admin" など)。

    MSI ファイル には、Office XP の Windows インストーラ パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    MSP ファイル には、展開した Windows インストーラ修正プログラム (たとえば、MAINSP1_Admin.msp) を指定します。

    : 上記のコマンド ラインに /qb+ を付ければ、ダイアログ ボックスを表示させないでインストールを実行することができます。

  2. [Microsoft Office XP 管理者用セットアップ] ダイアログ ボックスの [次へ] をクリックします。 : [Microsoft Office XP 管理者用セットアップ] ダイアログ ボックスの、CD キー、インストール先、および会社名を変更しないでください。

  3. [「仕様許諾契約書」の条項に同意します] をクリックし、[完了] をクリックします。
  4. アップデートに複数の MSP ファイルが含まれる場合、またはネットワーク管理者用インストールに複数のアップデートを適用したい場合は、残りの MSP ファイルについて手順 1 から 3 を繰り返してください。
この時点で、管理者インストール ポイントがアップデートされます。次に、元々この管理者用インストールからインストールを行ったワークステーションをアップデートする必要があります。これを行うには、後述の「ワークステーションのアップデート方法」を参照してください。この手順を実行することにより、この管理者インストール ポイントから実行する新しいインストールには、常にアップデートが含まれるようになります。

警告 : 元々この管理者用インストールからインストールを行ったワークステーションでは、アップデートをインストールするまで、この管理者用インストールを使用して Office の修復や新しい機能の追加などの操作を行うことができません。これらの操作を行う前に、「ワークステーションのアップデート方法」に示した手順をワークステーションで完了する必要があります。

ワークステーションのアップデート方法

アップデート済みの Office 管理者用インストールから Setup.exe を実行し、対話的にワークステーションをアップデートします。

または

次の手順を使用して、管理者インストール ポイントから以前 Office XP をインストールしたワークステーションをアップデートします。以下の手順は各ワークステーションで行う必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /iAdmin Path\MSI ファイルREINSTALL=機能リストREINSTALLMODE=vomus
    Admin Path には、Office XP の管理者インストール ポイントのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

    MSI ファイル には、Office XP 製品用 Windows インストーラ パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    機能リスト には、再インストールしてアップデートする必要のある機能名 (大文字と小文字が区別されます) のリストを指定します。

    : 機能名の詳細については、この資料の「関連情報」を参照してください。

    すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用します。

  2. には、Office XP の管理者インストール ポイントのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。 セットアップが正常に完了したことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  3. には、Office XP の管理者インストール ポイントのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。 コンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

ワークステーションに複数のアップデートを適用する

前述のとおり、1 度に複数のアップデートを管理者用インストールに適用し、これらすべてのアップデートをワークステーションに適用することができます。これには、「ワークステーションのアップデート方法」と同じ手順を実行します。このとき、REINSTALL プロパティに機能名をすべて指定してもかまいませんが、次のコマンド ラインを使用して単にすべての機能を含めることもできます。
msiexec /iAdmin Path\MSI ファイルREINSTALL=ALL REINSTALLMODE=vomus
Admin Path には、Office XP の管理者インストール ポイントのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

MSI ファイル には、Office XP 製品用 Windows インストーラ パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

関連情報

Office XP パブリック アップデートの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
305095 OFFXP: History of Office XP Updates

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 301348 (最終更新日 2001-12-18) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 301348 - 最終更新日: 2003年5月13日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP for Windows (以下 Office XP とします)
キーワード:?
kbhowto kbdta KB301348
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com